« 「カーネーション」 第4週 人は、品格と誇りを持てて初めて、夢や希望も持てるようになる | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第42回 構造的に江が主役、は無理 »

2011年10月29日 (土)

「ランナウェイ~愛する君のために」 善と悪の居場所

 脱獄ドラマ、「ランナウェイ~愛する君のために」。

 まず題材が脱獄、逃走劇、という時点で背徳の匂いがぷんぷんして、良識のあるかたがたは敬遠される内容のように思われます。 なんかタイトルもダサいんだよなあ(特に副題)。
 ただ私の場合、昔のアメリカドラマ 「逃亡者」 の遠ーい思い出が懐かしくて(ほぼストーリーの記憶なし、なんですが)「今さら脱獄劇をやろうとするドラマスタッフの気概、というものはどんなものか」 という動機で、ちょっと見てみようかな、と思いました。

 さしずめ逃亡者のリチャード・キンブル(映画版じゃハリソン・フォード)は市原隼人クン、追いかけるフィリップ・ジェラード警部(映画では地球調査員・宇宙人ジョーンズ、じゃなかった、トミー・リー・ジョーンズ)は嶋田久作サン、と言ったところでしょうか。 フィリップつながりで(なんやソレ)「仮面ライダーW」 のフィリップクン(菅田将暉クン)が脱獄犯の一員(運び屋で投獄)で出ています(カンケーないって)。

 初回2時間の長丁場を見ての感想を申し上げれば、「設定その他展開はかなり強引だが、熱い思いは伝わってくる」「結構あっという間だった」。

 こういうのは、昔からある 「スクール・ウォーズ」 とか最近の 「ROOKIES」 とかのヤンキー絡みの系統と言っていい気がしますが、「若者の勢いを体感するドラマ」、としてひとつのジャンルなような気がする。
 そんなヤンキー系のカテゴリーで 「逃亡者」 をやるとこうなる、という感じ。
 追いつ追われつのスピードに、あり得なさすぎと思いながらもその疾走感に身をゆだねる。
 感覚的に 「ダイ・ハード」 でも見ているときのような 「鑑賞上ある種の理屈をわきに置いちゃう」 という態度が必要なのかもしれないです。

 逃走メンバーは市原クンを中心として、「運び屋」 としてハメられた菅田クン、「テンペスト」 での高級官僚からガラッと変わって、暴力団から足を洗おうとしてほかの組員の殺人の身代わりで刑務所に入った塚本高史サン、ホストで客の踏み倒した借金絡みで(ちょっと不注意でよく罪名が飲み込めてないのですが)覚せい剤使用を押し着せられて刑務所入りしたKAT-TUNの上田竜也クン。
 市原クンも恋人の不可抗力による殺人の身代わりをしているし、4人とも、本当は自分が罪を犯してない、もしくは同情される余地があるという点で、共通しています。
 これが見ている者の4人に対する心情を、共感させる方向に導いている。

 その市原クンの恋人役に福田沙紀チャン。
 「IS」 でのイケパラ役(?)から一転して、刑務所入りした市原クンを健気に待ち続ける役です。 この子は主役級より、こういうポジションのほうが合ってる気がする。
 そのふたりの間に生まれた女の子が、篠川桃音チャン。 「ゲゲゲの女房」 での、何代目かの藍子チャン役で、「エロイムエッサイム、エロイムエッサイム」 って踊っていた、あの純朴な演技をしていた女の子です。 近頃の子役は 「すごい」 演技をする子が多いのですが、この子の演技はあくまで癒し系。 こーゆーフツーなのが、お父さんはいいですなあ。

 で、彼らは脱獄後、菅田クンが運び屋として全国に隠した合計2億円をまず回収しよう、という目的で動こうとする、のですが、なかなか動けない。
 そこで市原クンたちの逃亡を手助けする重要な役割を演じるのが、熊田聖亜チャンという女の子。
 市原クンたちが逃亡中偶然入り込んだ家で虐待を受けていたため、母親と内縁の夫(ガチだな…笑)から逃げて東京の父親のもとに行こうとする、ちょっとハスッパなしゃべりをする女の子です。
 この子の演技がまたすごいんだな。
 ハスッパなのはちょっと気になるけど、今どきの子役ってどうしてこうも演技がすごいのが多いのか。
 これね。
 世の中不景気で、親が子供を道具に使ってる感じがして、ならないんですよ。 その傾向の表れなんじゃないかって。 親の必死さが、子役たちの演技のすごさに直結している感覚。

 ともかく市原クンは娘の桃音チャンがあと3カ月の命、ということを知り、脱獄を決意する。 ほかの3人も、それぞれ割の合わない刑に服役していることを、なんとかしようと思って、脱獄する。

 まあ、話的にはいかにもあり得ないことが多過ぎるのですが、もともと脱獄をする、という時点であり得ないドラマ(笑)。 多少のことには目をつぶる用意が、こちらには出来ています(笑)。

 ただその 「あり得ないこと」 を挙げれば。

 刑務囚の竜雷太サンが彼らの脱獄を最初指導し、すんでのところで自分を犠牲にして4人を逃がすのですが、まずその方法からして荒唐無稽。 でもこのくらいあり得ないと、実際に囚人たちはみんなこぞって脱獄しそーな気もするし(笑)。 脱獄指南になってない、という点では反社会性のそしりをすりぬけている。
 そして上田クンが、「脱獄なう」 とか、ツイッターをしまくるんですよ。 足がつくだろっ(笑)。 こういうマヌケなことをよくするよ、つーか。 でもそれで上田クンの、チャラ男のあぶなっかしさ演出しているし。
 そして九州を脱出するとき、検問をすりぬけるために熊田聖亜チャンが一芝居打つのですが、これもあそこまで市原クンがキョドってしまったら、いくら温厚な警官でも、見逃すはずはない、と感じます。
 まあ、そこらへんのことは、みんな不問です。

 で、そのあり得なさを前提にして見ていると、不思議と4人を応援したくなってくる。

 それはこのドラマに流れる、「本当に悪い奴って誰なのか、本当にいい奴って誰なのか」 という問題提起の論調が、見ている側につねに突き付けられているからです。

 それをはからずもあぶり出していた出来事が、彼らが脱獄の際に刑務所慰問をしていたギター侍、波田陽区クンのギャグだった気がする。

 脱獄の争乱のなかで、一方的に刑務官から 「今日は中止」 と言い渡された波田クン、「まだ終わってないですよ」 と言ったら 「うるさい一発屋!」 とそのコワモテ刑務官から一喝され、怒りを込めて歌い出す。

 「♪けーいーむかんはいっつも、マジメな顔して働きます、ってい~んじゃな~い?
 でもこの刑務官の顔がいちばん、犯罪者みたいですから~~~っ! 残念!」

 大笑いしました。
 久しぶりに 「残念!」 で笑ったぞ(ああそれ…)。

 そのほかにも、熊田聖亜チャンを虐待していた内縁の夫(ガチ)、彼はいたいけな女の子に暴力をふるい煙草の火を押し付け、その時点でもう人間じゃねえ、という感じですが、さらに自分で拘束を解いて反撃しようとするもあっけなく返り討ちにされて、かなり卑屈に命乞いする。
 人間じゃないうえに、誇りすらない。
 なんなんだよ。
 動物ですらない。

 こういうロクでもない刑務官とか虐待男とか見ていると、やってることは違法だけれども、市原クンたちのほうがよほどまともだ、という気がしてくる。
 善と悪の居場所が、齟齬をきたしているこの違和感。
 このドラマの吸引力は、そこにあります。

 第1回終盤、九州脱出を前にして、彼らは途方に暮れてしまいます。
 そのとき、市原クンは絶対にあきらめない、とみんなに訴える。

 「オレはあきらめない。
 助けるんだ。娘を。
 一度も抱っこしたことがない。
 手を握ったことも。
 まだ、五つなのに。
 心臓病で、手術しなきゃ、あと3カ月の命だって言われている…。
 あと1年我慢すれば、親子3人、仲良く暮らせるはずだったのに…。

 オレだってホントは迷ってる。
 脱獄なんかしてホントに良かったのかって。
 だけど、オレが行かなきゃ娘は助からないんだ…。
 どうしても助けたいんだ…!
 なにがなんでも助けたい…!
 助けたい…。

 だから、オレはあきらめない。
 なにがなんでも、娘を助ける。
 人にどう思われようが関係ない。
 娘が助かるなら、なんだってする…!」

 泣き叫ぶようなこのセリフの、あまりの強引さ。
 そしてそれを感動に結びつける、あまりの強引さ。
 このドラマは、その強引さですべてを、見ている側に、納得させるのです。

 なにがベストなのかは分からない。
 でも思いだけは負けない。

 とりあえず市原クンの目的は、菅田クンが隠している、というその2億円の山分け分です。 それがあれば娘の手術への足がかりが開ける。
 その金にしたって、菅田クンの話をどこまで信用していいのか、まったく不透明、このうえない話であります。 どこでどう事情が変わっているかもしれない。
 でも一切のモヤモヤは吹き飛ばして、いくしかない。
 このドラマはそのパワーだけで、すべてを押し切ろうとしている。

 そして市原クンはとりあえず、竜雷太サンの頼みごとを叶えるために、娘の井上和香サンのもとへと向かう。
 井上サンはもう、事件を起こして服役なんかしている父親なんか完全に見限っているのですが、市原クンが持ってきた、父親のお守りの中に入っていた、自分が小さいころに描いた父親の絵を見て、父親と和解するのです(かなり話をはしょってますけど)。

 市原クンの熱い思いが、完全に崩壊していた親子関係を、ひとつ修復することが出来た。
 彼らの脱獄に、ひとつの成果が生まれたのです。
 ここは泣けましたね。

 そして市原クンのことを見守ろうとしている、元刑事役の渡哲也サン。

 この渡サンの存在感って言ったら。

 渡サンが見たくて、次回も見ちゃいそうであります。

« 「カーネーション」 第4週 人は、品格と誇りを持てて初めて、夢や希望も持てるようになる | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第42回 構造的に江が主役、は無理 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ランナウェイ~愛する君のために」 善と悪の居場所:

« 「カーネーション」 第4週 人は、品格と誇りを持てて初めて、夢や希望も持てるようになる | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第42回 構造的に江が主役、は無理 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ