« 「カーネーション」 晩年の糸子を夏木マリサンに…びっくりしたなもう | トップページ | 「小島慶子 キラキラ」 小島サン降板の真相 »

2012年1月25日 (水)

「かもめ食堂」 なぜなのか、は要らない

 「カーネーション」 の脚本家、渡辺あやサンの過去作である 「天然コケッコー」 がNHKBSプレミアムでやるので(本日1月25日夜9時より)、それを録画予約しようと思ったら、2日前(1月23日)に同じ枠でやっていたので 「どういうもんか、まあ見ても見なくてもいーや」 と思って予約を入れておいた映画。
 2006年の日本映画です。

 とは言うものの、舞台はフィンランド。
 なぜフィンランド?と思うことは、この映画に限っては禁物です。
 この映画、それだけでなくて、「どうしてなのか」 と理由を知りたがることを、まったく拒絶している映画だ、と言えるのです。

 で、「平清盛」 の第3回分を見ようと思ったのになぜかこっちに触手が伸びてしまい(これについても、なぜ?は禁句です…笑)、ちょっとのつもりで見出したら、なんか1時間40分、あれよあれよという間にすぎてしまって。

 結局全部見てしまいました(笑)。

 フィンランドで 「かもめ食堂」 という食堂を開いた日本人女性のお話。
 主人は小林聡美サン。
 開店から1カ月たつというのに、客はゼロ。 手持ち無沙汰にコップを磨いています。
 そこにいかにも日本アニメオタクみたいなフィンランド人の青年が入ってきます。
 Tシャツにはニャロメのプリント(笑)。
 そーか、「かもめ」 と 「ニャロメ」 の語呂合わせか…って違うって!(爆)
 その青年が 「ダレダ、ダレダ、ダレダ~」 と歌い出します。
 まあこれって若い人はどうか知りませんけど、「ガッチャマン」 の歌ですよね。 我々の世代には常識の権化であります。

 これをアニメオタクっぽい青年が、「この先を教えてくれ」 と言うのですが、小林サンもその先が分からない。
 まずこの時点で、はぁ?なんですよ(笑)。
 アニメオタクがこの歌を完全に知らない、というのも、小林サンの年代の人が知らないっていうのも、私にしてみりゃ 「あり得ねぇ~」。
 まあよほどガリ勉で(死語)テレビも見ないような人だったら分かるけど。
 女子だって知ってましたよ、「パンダちゃんの歌」 とか(元曲の替え歌です)。

 ただ小林サン、やはりその超常識が分からなかったことがとても気になったらしく、その後しばらく 「ダレダ、ダレダ、ダレダ~」 が頭の中を反芻し続けます(笑)。

 そんな小林サンの前に現れたのが、観光でフィンランドに来ていた日本人、片桐はいりサン。
 彼女に思わず 「ガッチャマンの歌」 の歌詞を訊いてしまう小林サン。
 それが縁で片桐サンは、小林サンの店を手伝うようになるのです。

 この映画、一事が万事この調子で進んでいくんですよ。
 深い事情とかの描写がまったくない。

 たとえば小林サンは、どうして1カ月もまるきり客のいない食堂を続けてこられたのか(食材を貯め込んでいるだけでも相当な出費になるはずなのですが)。
 もしかして経済的にとても余裕があるのか。
 宝くじでも当たったのか(笑)。

 片桐サンは、観光ビザで来ているならそんなに永久にこの店で働くことなんかできないのではないか。
 そもそもどうしてフィンランドまで来てるのか。

 この後ここにもたいまさこサンが加わってくるのですが、彼女をめぐる話はまたさらに不思議に包まれている。
 なぜなのかを考え出すと、特にもたいサンの場合は混乱を極めることでしょう。

 つまり事情を意図的に避けることで、普段自分がかかずらわっている社会とのつながりを、ふっと忘れさせてくれる絶大なる効果を生んでいるんですよ、この映画。
 この映画をふわ~っと1時間40分も一気に見させてしまったのは、そんな現実逃避っぽい、居心地のいい空間を作り出していることに、映画自体が成功しているからなのです。

 それは小林サンが作る、この店のメインメニューであるおにぎりを筆頭とした、フードコーディネイトが成功していることも大きい。
 ほんわかしてしまうんですよね。

 そんな現実離れした映画のなかで、「コーヒーは人に入れてもらうからおいしい」 とか、「人は変わるもんでしょ」 とか、ちょっとした話が自然と心の中に染みていく。

 忙しさにかまけていたからこそ、こういう映画が心に染みる時があるんですよね。

 それにしても、「平清盛」 のレビューが、また遅れそうだ…。

« 「カーネーション」 晩年の糸子を夏木マリサンに…びっくりしたなもう | トップページ | 「小島慶子 キラキラ」 小島サン降板の真相 »

映画」カテゴリの記事

コメント

リウ様

富山も雪。上越も雪。昨日、今日は富山で雪かきでした。多分、明朝もcrying
週末に上越に帰って雪かきするのが怖いですね、1mを超えてるかもです。
そうすると、同じ場所を3回は掘らないと排雪できないから、3倍の労力です。wobbly

「かもめ食堂」
私も以前、みました。良い映画でしたね〜。小林さんや片桐さん、もたいさんの何かほのぼのとした感じがとてもナチュラルでしたね。
出てくる食べ物も印象的でしたね。

さっき、BSで「天然コケッコー」見ました。
漫画家のくらもちふさこさん原作で、漫画は読んでなかったんですけど、見てみたいなあと思ってた映画だったので・・・

脚本は渡辺あやさんだったんですね。

何か行間を読ませるという手法というか、「カーネーション」の素地を感じました。
渡辺さんはここ数年で飛躍的に伸びてんだなあと思いました。
「天然コケッコー」は2007年の作品でした・・

これからどんな作品を見せてくれるのか、ほんと気になる脚本家さんですね。

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。
今朝のおはよう日本で見たのですが、新潟は市内でも結構な積雪。
ということは、上越はかなりのものでしょうね。 放っておくわけにもいかないでしょうし、雪掻きがさぞかし大変だとお察し申し上げます…。

雪国のかたにヒンシュクを買ってしまいそうですが、私は若かったころ、雪が大好きでした。 雪が降ると、風景が何もかも隠れてしまう。 なだらかな曲線だけになって、音がしなくなって。 田舎の福島では練炭のコタツだったのですが、あの匂いも大好きでしたね。 雪の日にコタツに入りながら、窓の外を見るのが大好きでした。 詩人の血がものすごく騒ぐんですよ(笑)。

でも仕事をするようになってからは、東京のわずかな雪でも、なんだかもう大迷惑の代名詞みたいになってしまって。

降り積む雪に叙情を詠嘆していた、あのころが懐かしい。

「かもめ食堂」 は、誠実に生きてさえいれば、食堂にも客が入るようになる、まっすぐに頑張ろう、という気になる映画でした。

「天然コケッコー」 についてレビューする予定は今のところありませんが、「かもめ食堂」 みたいに衝動的に書きたくなったら、書くかもしれません。

渡辺サン、この映画とか 「ジョゼ」 とか 「火の魚」 とか、短編しか書けない人だとばかり思っていたんですが、「カーネーション」 では完全に考えが改まりました。 すごい人ですネ(今のところ…)(また余計な但し書きを…coldsweats01)。

かもめ食堂、大好きです!
DVDも持っています。

年に1、2度くらいふわっと見返したくなって、見たらお腹が空きますsmileそして生きるのが少ーしだけ、楽になります。

この映画を見て以来、私の北欧あこがれ度が跳ね上がりました。いつか行ってみたいなあ~~(ただし夏にcoldsweats01

この作品には、同タイトルの群ようこさんの原作小説があります。といってもどうやら映画のプロットが出来上がってから小説をオファーしたような形らしく、実際のところ映画はオリジナルといってもよいみたいです。
私は映画を見た後に小説を読みましたが、リウさまが疑問に思われているような部分にちゃんと説明がなされています。

でもねー、やっぱりそんな事情なんて知らなくても良かったと思いました。不思議なことは不思議のままにしておいた方が幸せなこともあるんだなと。手品のタネを知ってしまってがっかりするのと同じですね。

あ、別に群ようこさんの小説がまずいわけじゃないんですよ。とてもよくできた小説でした。ただ、「かもめ食堂」のあの雰囲気は映画でしか楽しめないんだなあと思いました。

ちょっとヘンな人たちによる非日常で優しい映画、それでもう充分です。

ひゃく様
コメント下さり、ありがとうございます。

この物語に事情とか理由とか求めると、結構野暮、という感じはいたしますよねcoldsweats01

この映画をするすると最後まで見てしまったのは、事情が何なのか考えながら見ていることの精神的な 「落ち着かなさ」 と、「ロスト・イン・トランスレーション」 の逆バージョンのような、異邦人としての自分がフィンランドの人々にどのように受け入れられていくのか、という不安が入り混じった興味が持続したことによる、と感じます。

スンゴク構造的な解説をしてしまった(笑)。 レビュー本文中にやんなさいよ(爆)。

最後の、プールで小林サンがフィンランドの人々から拍手を受ける場面は、「エヴァンゲリオン」 の仮最終回みたいな、シュールな場面でした。 もたいサンが 「ネコをもらったので帰れなくなった」 というのも、「んなんじゃソリャああ~」 という感じでしたし。 でも、この映画はそれでいいんですよね。

極めつけはエンディングの 「クレイジー・ラヴ」 by井上陽水。 私はこの歌、百恵チャンのラスト・アルバムで初めて知ったクチなのですが、「なんでこの歌なんだよ」 と(笑)。 「粋」 という言葉が出てくるから、この映画に野暮を求めちゃいけないよ、というメッセージなのだろう、と感じたのですが。

テレビドラマを見ていると、「どうしてそうなる」 ということにばかり目が行ってしまいがちですが、そんな見方を離れれば、生きているのは案外のんびりとした、理由なんかないものなのかもしれない、なんて感じられます。 この映画はそんなことを私に教えてくれました。

リウ様

カモメ食堂、わたしも大好きです。
あのセットも、時間の流れが変わっちゃって好きです。

映画が先って、知らなかったです。
ひゃくさんの解説で知りました。ありがとうございます。
(このスタッフで今度は市川実日子さん主演の猫の話の新作でるようです。)

みり様
お久しぶりです。 コメント下さり、ありがとうございます。

連続ドラマでは、このような現実感に乏しい 「問題のない話」 というのは無理でしょうね。 2時間足らずの映画だからこそ、つかの間の非現実感を味わえる。

ところでドラマ日照りはまだまだですか? みり様の鋭いコメントを、またいただきたいものです…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/53822374

この記事へのトラックバック一覧です: 「かもめ食堂」 なぜなのか、は要らない:

« 「カーネーション」 晩年の糸子を夏木マリサンに…びっくりしたなもう | トップページ | 「小島慶子 キラキラ」 小島サン降板の真相 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ