« 「カーネーション」 第16週 抑えられる気持ち、抑えられない思い | トップページ | 「かもめ食堂」 なぜなのか、は要らない »

2012年1月23日 (月)

「カーネーション」 晩年の糸子を夏木マリサンに…びっくりしたなもう

 NHKが朝ドラ 「カーネーション」 のヒロイン、小原糸子役の晩年を夏木マリサンに交代する、と正式発表したらしいです。 3月3日からの登場とか。

 びっくりしたなもう。 冗談かと思った。

 たいがい尾野真千子サンでいいやん、というのは私も同様の感想でしかないのですが、いや、しかし、NHK、つーか、「カーネーション」 スタッフ、つーか、思い切ったことをしまんなあ。

 ここまで視聴者のことを無視して突っ走るとは。

 夏木サン、すっごハードル高いですよ、コレ。
 逆にあえて作り手がそこまでのことをするには、晩年の糸子に関してどうしても老けメイクとかでカバーできない何かを、作り手は表現したがっているように思えます。

 すっご気持ちがザワザワしてますけど(ハハ…)、逆に期待もしたくなるってもんです。

 けどこれ、いかにも 「カーネーション」 ぽい気がします。
 椎名林檎サンの主題歌のような突き放され方をしている感じ。
 紅白で尾野サンの出番がとても消化不良だったのと同じようなはぐらかされかた。

 最後まで心の中をひっかきまわされそうになる、近年まれに見る 「記憶に残る」 ドラマとなりそうな気もするし、夏木サンでコケれば 「木戸銭返せ」 の世界になるかもしれない。

 このムチャクチャな交代劇、「すごいなあ…」 と思わされることしきりです。

« 「カーネーション」 第16週 抑えられる気持ち、抑えられない思い | トップページ | 「かもめ食堂」 なぜなのか、は要らない »

テレビ」カテゴリの記事

NHK朝ドラ 「カーネーション」」カテゴリの記事

コメント

 おしんのように、長いドラマなら役者を変えるのもわかるのですが、あえて晩年だけ主役の役者を交代させるというのは、晩年にまでリアリティを持たせたい、老けメークでいかないという事ですね。面白い試みですが、吉と出ればいいですね。カーネーションは時々、見ています。小道具とか、時代を感じて懐かしいです。足踏みミシンも昔家にあったし。鏡にカバーがかぶせてあったり。母の時代だから、私の育った時代の前ですけど。リウ様のレビューも読ませてもらっています。NHKの試みがうまくいくといいですね。

同様のことを思いました。
夏木さん、尾野さんの演技を受けて糸子を表現していかないとならない。
大丈夫かしら?

あまり、役者としての彼女に、普段期待していないので(どちらかというと、「夏木マリ」という個性で突っ走っている方のように思うので)人の演技を受けて、その後を演じるって夏木さんにとってはどうなんでしょう、凶と出るか吉と出るか。

ココはもう、脚本と制作側の手腕に期待するしかないな、と思ってます、

が、・・・

やっぱりオノマチさんで最後までやって欲しかったなぁ、それはそれなりに彼女の芸の肥やしになっただろうに、と思います。。。

ほんとですか!
バトンタッチのニュースは暫し茫然…

ですが、確かにリウさんおっしゃるように幾度となく茫然、唖然となったドラマの展開はいい意味で裏切られ最終的には納得してきたので…

最後まで見る!と決めたからにはカーネーションを信じてついていこうと思いました。


しかし…オノマチさん。スゴすぎましたね

奈津と糸子の二人だけに通じるあ.うん の微笑など、表現者としての力量がなければかなわなかった場面でしたから


外は新潟を彷彿とさせる雪が舞っています。


今夜もお仕事でしょうか

雪路、くれぐれもお気をつけください。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。 腰のほうは治りつつあるのでしょうか、前回の返信でコメントし忘れました。 あまり冷やすとよくないのかな? 温熱療法とかあるみたいなので温めたほうがいいんでしょうか。 寒中おからだ大事になさって下さい。

交代劇に関しては、尾野真千子サンがあまりにも素晴らしすぎるので、夏木サンじゃちょっとキツイかな~、という気は正直しております。 いずれにしても注目ですネ

samantha様
コメント下さり、ありがとうございます。

私が夏木マリサンの演技で思い出すのは、映画 「里見八犬伝」 の玉梓ですねぇ~。 怖かった…(笑)。

ことによると、それまでの 「カーネーション」 とは完全に違う話になってしまいそうな予感も…。 だっておそらく、ん~、全員配役交代じゃないですか? もしそうなったらすごい世界だな。 すごい実験だな。 ああすごすぎ…。

尾野真千子サンに関しては、もしかするとこれで却って注目度が大幅アップしそうな予感もいたします。 こんなことされたら、「オノマチコール」 が世間を席巻しますよ(シャレ?)。

しかし夏木サンでほぼ1カ月、やるんですよね。 しかも3月3日ということは、土曜日からの登場。
おそらく老けメイク風情ではできない密度の高いドラマになると思います。

みち様
コメント下さり、ありがとうございます。

雪はたいしたことなかったですが、路面凍結がものすごいですね。 幹線道路は交通量が多いからもう凍結してない、と考える車のなんと多いことか。 車間距離はつめるわスピードは出すわ。 500件近くもスリップ事故とかいって、当然だと感じます。

尾野サンは演技だけでなく、良質の脚本を見極める眼力にとても優れている、と私は感じます。

少なくとも私がこれまで見てきた尾野サン出演のドラマ 「外事警察」「火の魚」「Mother」。

これらはことごとく、かなりの傑作です。

おそらく途中交代で注目度が上がっても、民放のつまらないドラマになんか出ないと感じます。

 主役交代は多分企画段階から決まっていたのかもしれません。尾野さんは私には、全く無名の女優さんでした。NHKでも、紅白での扱いを見ると新人女優さん扱いですよね。司会の真央ちゃんと違ってオーディションで決めた女優さんですし。

 でもとっても上手です。サザエさんの髪型で(失礼!)、役にリアリティ出せるだけでも只者じゃありません。画面にしっかりはまって演じていらっしゃるのが凄いです。だから、老けメークでも十分やれるでしょう。惜しまれて交代するのです。来年の大河とかに羽ばたいてほしいです。これだけ演じれる人を女優としてうまく育ててほしいです。うまくしたら、大竹さんのようになるかも。夏木さんは上手なので、クオリティが下がることはないでしょう。ドラマだけじゃなくて、映画でも舞台でも尾野さんは出来ます。


 腰と右足はまだ痛みと痺れがありまして、日常生活もおぼつかない状態です。でも少しずつ回復しています。少しは歩けるし。歩く事がこんなにしんどい事だったとは。ブロック注射を2回打って、明後日3回目打つし、痛みどめも毎日飲んでますが、思うようには治らないです。気長に頑張ります。

ささ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

尾野サンを大河ドラマに…、いいですねぇ…。 まあ去年みたいのでは閉口してしまいますが、もともとそんな脚本にはまったくのってこないと思われる尾野サンなのであります。

大竹サンの役へののめり込みかたは、もうなんかが憑依しているレベル、ですけどね(笑)。 尾野サンの、役へののめり込み方って、どことなくクレバーな感覚なんですよ。 理詰めで役に入っている感じ。 どことなく仲代達矢サンや緒形拳サンを彷彿とさせる。 男優的、というのかな。

私も別口ですが神経ブロック注射は、打ったことがあります。 特に正月休みでたっぷり休んで以降、どぉ~も疲れが取れにくくて私も困ります。 腰にもかなり疲労がたまっておりますし。

…お達者トークだなぁ…。

体が以前と同じ感覚ではない、ということになってしまいますかね。 あ~辛気臭い! 辛気臭いのは寿命を縮めんでぇ~っ(正司照枝サンの名文句、でしたよね)!

いずれにせよご自愛下さりませ。。。

訂正…。

正司サンじゃなくって、十朱幸代サンでした…。 どうもボケてんなあ…。

主役交代。

驚きでしたが、後半の娘役の方々の年齢を思うと、やはり同年齢の尾野さんが演じるには、無理があるということでしょうね。
リアリティを追究する「カーネーション」ならではのような気がします。

夏木さんは『千と千尋の神隠し』で老魔女「湯婆婆」の声優をやられてますので、年配の役でも大丈夫な気がします。
「カーネーション」のキャスティングはなかなか良いので、夏木さんにも期待しています。

もちろん、尾野さんが年配の役をやることによって、彼女の芸の幅は広がっただろうと思いますが、これからも、まだまだいろんな役を演じていかれると思いますから

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

rabi様からのコメントを読み返すついでに以前の自分のコメントを読んでいたら、文字変換はされてないわ事実誤認があるわで、慌てまくりました(爆)。 ささ様、申し訳ございません…。

さてrabi様のご高察。
まさにそのとおりでありますネ!
以前M NOM様から、コシノ三姉妹を渡辺えりサン、寺島しのぶサンらにやらせよう、などというコメントがあったときに、私もちらっとそのことは考えてましたよ、そう言えば。 大きくなった娘たちをどの年代の人でやらせるのかなぁ、なんて。

で、新山千春サンや安田美沙子サンらが大人になった娘たちを演じる、というニュースが伝わって、ああそうか、その年代までしかやらないんだ、と勝手に得心していて。

しかし番組HPだと、平成の時代をしっかりやるみたいですね。

ユバーバ! 忘れてました! でもあの声でやるわけではないですよね(当たり前田のクラッ…やめとこう)。

「ああ最後までやらないんだな」、と思いながら、今週末の尾野サンを視聴することになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「カーネーション」 第16週 抑えられる気持ち、抑えられない思い | トップページ | 「かもめ食堂」 なぜなのか、は要らない »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ