« 「梅ちゃん先生」 第3週 とりあえずさらにもう1週見た感想です | トップページ | NHKスペシャル 東日本大震災 「生中継 樹齢千年 滝桜」 »

2012年4月21日 (土)

「コドモ警察」 笑えるけど、どこまで笑えるのかなァ?

 はじめに ちょっとこの記事、書き足しました。

 悪の組織レッドヴィーナスを追い詰めた特殊捜査課の敏腕刑事たちが、そいつらの作った特殊ガスを吸ってしまったことにより、全員子供になってしまった!…という設定のドラマ、「コドモ警察」。
 「タモリ倶楽部」 の裏番組であったためにほぼ完全に見逃し、個人的には忸怩たる思いでいる 「勇者ヨシヒコ」 を作った、同じ監督の作品とか。

 捜査課のボス鈴木福クンはまんま 「太陽にほえろ!」 の石原裕次郎サンだし、捜査課の刑事もそれぞれあだ名がついており、タイトルロゴは完璧に 「西部警察」 のパクリ。
 元ネタを知っている人には抱腹絶倒の作りであることは間違いがありません。
 ただの1回だけ見た 「勇者ヨシヒコ」 と、その笑いの質が同質であることはすぐに分かります。

 つまり、心の底から笑わされているのとは違う。

 「オレこれ、知ってるのっ、知ってるのっ!」 とまわりに誇示したくなるような笑いの質なんですよ。

 「勇者ヨシヒコ」 の場合、それは 「ドラクエ」。 今回はそれが石原プロの刑事ドラマなわけです。

 それにしても、体型が子供になったのだけれど、頭のなかは元のまんま。 だったらその姿のまま刑事活動にいそしめばよかろうものを、「世間体が悪い」 とかなんとかそーゆう理由で(笑)彼らはフツーの家に入れられ(フツーでもなかったけど)小学校に通わされる羽目になってしまう。
 その設定自体がまた面白くて。

 で、ガキの体型になったのだから、子供用の服を着させてりゃいいのに、背広とかジーパンとか(ジーパンって、元ネタがすぐに割れますよね…笑)女性用の服とか、わざわざ子供サイズに作り直して彼らに着させてる(ジーパンは違うか)。 ただだからこそ鈴木福クンが裕次郎ボスだというのが瞬時に分かるんですけどね。

 …今の若い人には 「ゆうたろう」 の格好している、と説明したほうが分かりいいのかな…。

 で、思考形態が元のまんまで、みんな小学校に通ってるから、こーゆーギャグができる。

 「張り込みだ」

 「すいませんデカ長」

 「どうした?」

 「明日は算数の先生に居残りだと言われてるんです」

 「んなんだとぉぉっ!」(ハハ…)

 「昨日テストで落第点を取ってしまって…」

 「(デカ長、デスクを思いきり叩き)小4の算数だぞっ?!」

 「今の算数は難しいんですっ!」

 「実は…オレも…劇の会の練習なんです…」 横からおずおずと話し始めるジーパン刑事(笑)。

 「劇の会だとっ?!…何をやるんだ…?」 ってボス、そーゆー問題かよ?(笑)

 「『ロミオとジュリエット』 です」

 「休ましてもらえ」

 「無理です…オレ、ロミオなんスよっ」

 「んなんでそんなデカイ役を引き受けたんだぁっ!」(ワロタ…)

 「推薦されたんですっ! 仕方なくですよっ!」

 「ウソをつくなぁっ!」 口を挟んでくるゴリサン(役名違ったと思うけど…)。

 「…ウソなのか?」

 「……どうせなら、…ロミオやりたいじゃないっスかっ!」

 驚愕する一同(爆)。 なるほど…ガキの頃できなかったのね…(爆)。

 絞り出すように口をひらくボス。

 「…分かる…分かるがな…捜査中のロミオはイカン…」





 …腹痛ぇ…。




 この鈴木福クンの同僚で愛人?なのが、吉瀬美智子サン。 毒ガス吸ってないから、匂い立つような女性のままです。 ただなんか理由もなく、「こんなドラマになぁ…」 とかわいそうになってくる(ハハ…失礼)。
 いや、逆に役者冥利だとは思いますけどね、こんな抱腹絶倒の傑作ドラマに出ることができるのは。

 「…最近…全然来てくれないのね」

 「フッ…こんな体じゃな」

 「子供になる前から、ご無沙汰よ」

 「レッドヴィーナスを追い詰めたんだ…それどころじゃなかった」

 「こう見えて、アタシ、モテんのよ?」

 「知ってるさ…」

 「いつまでもひとりにしとくと、酷い目に遭うわよ」

 「分かったよ…今度ファミレスでオムライスでも食べようか」(笑)

 「アタシ、保護者じゃないわよ? …ホンット勘弁」

 「本当にわがままな女だな、君は…フッ」

 こーゆーきわどい会話を鈴木福クンにさせるとは、言語道断だ(笑)。
 しかもこの会話、「ファミレスのオムライス」 というのは、子供になってしまったその体型が言わせているのではなく、あくまで自虐的な皮肉として発せられているのがさりげなくすごい(褒めてんのか?)。

 そして捜査課の紅一点には、「家政婦のミタ」 で末っ子を演じていた女の子。
 元がとてもクールで口の悪い女刑事だったためか、とてつもなくナマイキな(笑)こまっしゃくれたガキになってます。

 さらに後追い情報ですが、どうもこのコドモたちの中に、私の妹の息子の友達が含まれているらしい(誰だか言ってしまうとまずいか?)。 こんな子供のうちから頑張っているのだから、自分も頑張らなければ(ヘンなところで励まされとるぞ)。

 そのコドモたちの中に入ってきた新人が、勝地涼クン。 新人なのにいちばん年上という奇妙な現象が起こってます。
 この新人がドラマの中でいちばんのスパイスになっている。 彼は 「リバウンド」 でもかなりコメディが出来るところを証明したのですが、今回はそれがさらにいかんなく発揮されている。

 とりあえず初回は笑わせていただきましたが、どうやって手を変え品を変えてこちらを笑わせてくれるのか、その引き出しの多さを期待したいと思います。 「ヨシヒコ」 でも毎回飽きさせなかったみたいだから、杞憂だとは思いますが。

|

« 「梅ちゃん先生」 第3週 とりあえずさらにもう1週見た感想です | トップページ | NHKスペシャル 東日本大震災 「生中継 樹齢千年 滝桜」 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/54525681

この記事へのトラックバック一覧です: 「コドモ警察」 笑えるけど、どこまで笑えるのかなァ?:

» コドモ警察 視聴率 [るり色ダイアリー]
コドモ警察 視聴率がすごい! って言っても、視聴率が低いんです。 すっごく残念。 中年の刑事が特殊ガスのせいで子どもになるって設定はともかく、 キャストだって、人気の鈴木福・本田望結、 さらにSexy Zoneのマリウス葉が顔を揃えてるのに。   ★★ 鈴木福くんと似…... [続きを読む]

受信: 2012年4月28日 (土) 18時29分

« 「梅ちゃん先生」 第3週 とりあえずさらにもう1週見た感想です | トップページ | NHKスペシャル 東日本大震災 「生中継 樹齢千年 滝桜」 »