« 「陽だまりの樹」 手塚治虫氏の意図って何だったのかな | トップページ | 「梅ちゃん先生」 第2週 とりあえずもう1週分見た感想です »

2012年4月13日 (金)

「カエルの王女さま」 不覚にも、泣いてしまったぞ(ハハ…)

 天海祐希サンの新しいドラマ、「カエルの王女さま」。

 ブロードウェイの夢はかなくやぶれたミュージカル女優が、吸収合併される市の落ちこぼれ合唱団を再生させる、という、スンゲー何度も見たような(いや見てないか)設定のドラマです。

 まず容易に思い出されるのは、こないだまでNHKBSでやってた 「glee」 かな。
 ところがワタシ、そっちの海外ドラマ、もう途中から見るのがやんなって、第1回すら完走してなくて。

 「落ちこぼれ生徒が報われることによって、生きていくことに傷つき疲れた先生が立ち直る」。

 アメリカというのはこの手の話が大好きらしくて、もう何度も何度も手を変え品を変えしては、同じ話をしたがる(笑)。

 このドラマのとっかかり15分くらいは、もうそんな、「このドラマはパクリのパクリのパクリで~す」(笑)みたいな空気が支配的で、市が吸収合併される、という話もリアリティの対極にある感覚。 岸部一徳市長がとんでもない暴言を記者団に吐くし、その吸収の話に反対する動きも画一的。 その市の音楽堂が取り壊されてゴミ処理場になってしまう、というのもなんだかな~という感じ。 そしてその、吸収されてしまうほうの合唱団だったメンバーの描写も、大げさで戯画的。 なにしろこの物語のトップスターである天海祐希サンの登場の仕方からして、「俺は田舎のプレスリー」 じゃないけど、いかにもオールドタイマーのステレオタイプ、といった雰囲気。

 「ダメだこりゃ」、てなもんです。

 要するにまあ、このドラマは宝塚出身の天海サンの 「ミュージカル志向、演劇志向」 という興味を大いにくすぐるものであり、だからこそ彼女もこういう 「パクリ」 とか言われること必至のなんのプライドもないドラマに出る気になったのだろう、と考え、私は再生停止ボタンに指がかかったまま(笑)。

 それでも、なんとなーくなんとなーくダラダラと見ていくうちに(笑)、ちょっとグッとくるシーンが。

 若き日にブロードウェイに抜擢され、この吸収合併される自分の出身地を出て行く前に遺していた、自分の書き込みだらけの楽譜を、天海サンが見たときです。

 「夢はかなくやぶれる」、という経験をした人であれば、こういう、若い日の自分の一生懸命を思い出させるツールに思いがけなく出会う、ということには、グッとくるはずです。
 箸にも棒にも引っかからない合唱団のレッスンを天海サンが引き受ける、これがとっかかりになっている。

 そして集められたメンバーを引き連れて、吸収合併 「するほう」 の合唱団の練習を見に行くのですが、そのあまりのレベルの違いに一同意気消沈。 スンゲー何度もどっかで見た感じだな(爆)。 お約束通り、そっちの合唱団から見下されます。
 ところがそれで落ち込みもうヤ~メタみたいになるメンバーを、天海サンは叱咤し出すのです。 まあよくある展開ですが、「前に見た」 などと思いながら見るには、私の場合これまでちゃんと見てないことが多過ぎて…(笑)。

 「なんなのよアンタたち。
 バカにされて何すんなり受け入れてんの?

 アンタたち悔しくないの?

 アッサリ負け認めちゃってなにがバーゲンイモ饅頭?

 アンタたちさ、いっつもそうやってあきらめてきたんじゃ…」

 「こんだけ差があったらしょーがねーじゃんかよ!」

 「今は今!

 未来は分かんないでしょ?!

 私はね、音楽堂がどうなろうが関係ない、合併しようが知ったこっちゃない。

 でも、戦いもしないで逃げるのはダイッキライなの!

 明日からやるわよ。
 朝8時集合1秒たりとも遅れないように!

 …勝負は、…ここからよ」

 今は今。 明日は見てろ。
 うまくいかないことだらけですよ、生きてると。
 自分が鬱々としてしまうのは、おそらく気付かないうちに、うまくいかないことだらけの人生に、自らフタをしてしまっているから。
 天海サンのタンカは、そんな鬱々とした気持ちに活力を吹き込んでくれる清々しさに満ちています。

 この脚本家さんは、「黄金の豚」 とか 「全開ガール」 とか、なんか手垢のついたものを取り扱うケースが多いように感じます。
 それって局側の方針に振り回されているみたいな、ちょっと力のなさを感じるのですが、それでもなんとなくきちんと仕事をやり遂げてしまう側面が感じられる。
 「全開ガール」 などは、それはひとりひとりのキャラクターをしっかり深い部分まで描き込んでいるからだ、と感じたのですが、やはりどことなくそれも、「どこかのパロディ」 を自虐しているようなカリカチュアを含みながらの、裏に潜む丁寧な作業だったと感じるのです。

 わかりにくいか。

 分かってください(ハハ…)。

 あなたの愛した人の名前は~…ちゃうちゃう、それで天海サンが 「歌いやすいから」 と課題曲に選んだのが、「風になりたい」。 この曲ってマジメに聞いたことがなかったのですが、「なにひとついいことなかったこの街に」 という歌詞にもちょっとグッときて。

 そんなとき、天海サンにアメリカのエージェント(草刈正雄サン)から、正式な 「ファイヤ~っ!」 …ちゃうちゃう、「クビ(すなわちfire)」 の通知が来ます。 それまで以上に合唱団メンバーにつらく当たってしまう天海サン。 抗議する石田ゆり子サンに、天海サンはチョークで床に一本線を引き、これをブロードウェイの合否ラインの象徴であるコーラスラインに見立てて、こう言い放つのです。

 「あなたたちは、自分に妥協して、一生この線のそっちで足踏みしてればいい!」

 天海サンのイライラは、現状に満足している人には響かない性質のものだと感じます。

 負けたら、悔しいと思う心。
 それを大事にしないで、どうやって這い上がっていくんだ。
 なあなあで意味のない協調性ばかりを大事にして。
 なにくそと思わないでどうするのか。

 それはとりもなおさず、天海サン自身がつきつけられている問題でもある。
 天海サン自身に向けられた言葉でもあるんですよ。

 この脚本家サンって、結構 「ナマのままの言葉」 を抽出するのに長けている気がします。 話がいくらパクリでも、なんのプライドもなくても、生のままの言葉は、見る側にストレートに入ってくる。

 そしてそんな合唱団に愛想を尽かして辞めようとする天海サンに、「旅立つ前にあなたが私に歌ってくれた、あの曲を忘れてない」 とアドバイスをするのは、市民センター館長の久野綾希子サン。 天海サンの高校時代の恩師で合唱団の主催者です。 これもまた、ありがちな話なんですが。 「まだ、未熟だったけど、ただ歌が好きで好きで。 心のままに歌った希望の歌。 私には、あの歌があなたの未来に見えた。 いつかまた、あんなふうに歌える日が、来るといいわね」。

 夢が破れたときに、その夢を見ていた熱いあの頃のことを鮮明に思い出してしまう、さっきの楽譜の方法をここでまた踏襲しているわけですが、こういう方法で見ている側の琴線を、この脚本家は揺らしにかかっている。

 しっかし久野綾希子サン、久々に見たなぁ。 昔はコマーシャルで見てときめいたものでしたが。

 天海サンは去りゆく前に、さびれた音楽堂の舞台に立ちます。
 そこで口を突いて出たのは、久野サンが話していた、あの歌。
 「あの鐘を鳴らすのはあなた」 です。
 つぶやくように歌い始めたその曲が盛り上がり始めると、舞台のスポットライトが天海サンをまぶしく照らしはじめる。

 この歌の歌詞は説明不要ですが、天海サンのこの歌をバックにして、合唱団のメンバーの鬱々とした気持ちで送られる日々の生活が、描写されていきます。
 それがまた、合うんだなぁ。
 なんか知らぬ間に、泣けてしまってました。
 なんだなんだ。
 あんなけ当初バカにしくさっていたドラマなのに(笑)。
 いや、どっちかっていうとドラマ、というより演劇的、ミュージカル的、宝塚的。
 これまでのカリカチュアな表現が納得できる展開になっていたのです。

 それでもこのドラマを見続ける自信があるか、というと、やはり心もとない(ハハ…)。
 でもなんとなく気になっちゃって見そうな感じ。

 で、元ネタの海外の映画やドラマが自分にとってダメだったのはなんでかな~と、ちょっと考えたりしました。
 それってやはり、違う人種の悩みだから、登場人物にあまりシンパシーを感じなかったってことになるのかな~。
 分かんないけど。

 いずれにせよ、天海サンの啖呵は聞いていてとても快感であることは間違いないです。

« 「陽だまりの樹」 手塚治虫氏の意図って何だったのかな | トップページ | 「梅ちゃん先生」 第2週 とりあえずもう1週分見た感想です »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウさまが感じた通り、私も「グリー」人気に便乗した企画だったんだなと思いました・苦笑
「グリー」吹き替え版は、私も駄目でした。
今月から地上波でも放映していますけど。


ケーブルの字幕版だと、違和感ないんですよ。
やっぱり向こうのショービズの世界はすごい。
で、意外な女優さん、俳優さんが歌や踊りがうまかったりするのも、楽しみの一つ。

日本では歌はともかく、踊りが期待できないところが消化不良で、アマミさんも歌はともかく、踊りはお茶を濁す程度でした(もったいない!)。

定番通りの設定、定番通りの進み方だけど、それをどう料理していくのか、少し見続けたいと思います。
なにより、やっぱりアマミさんの存在感ですね。
説得力があります。

マーシー様
コメント下さり、ありがとうございます。

「glee」 字幕版は結構いいんですか。 NHKの 「吹き替え」 の仕事って、かなりいつもレベルが高いように思えるのですが、こういうミュージカル仕立てのオーゲサなものとは相性が良くないのかもしれませんね。

合唱団のお話ですから、踊りを見ることはできないのは残念ですね。
ただやはり、元タカラヅカだけあって、天海サンの歌唱のシーンは、水を得た魚(ありきたりな表現ですが…)そのものでした。
私は宝塚の世界って、あまり分からないのですが、鳳蘭サンなどには、未だに追っかけ、というか、くっつきみたいなファンがいるらしくて。
その種のかたがたには、なんともタマラン、今回のドラマなのではないでしょうか。

>その種のかたがた
同じズカ出身の女優さんの昼ドラを見ると、アマミさんとマヤさんの実力が抜きんでていることが、よくわかります。

「グリー」、吹き替え版は、キャラのそれぞれの個性がはっきりしないんですね。
どの子も同じように聞こえてしまって、見る側が混乱してしまう。

字幕がいいのは、個性がはっきりしているからかもしれません。あたりまえだけど・苦笑


リウさまはご覧ではないと思いますが、昨夜の日テレの「三毛猫ホームズ」、
藤木が意外とよかったです。
この人は堂々の二枚目路線よりも、こういったチープなB級路線のほうが、個性が生きると思いました(褒めてます)。

で、音楽が!
例のBBCの「「シャーロック」に似た感じ・爆

長女が土曜日に家にいるときだけ、見るかな・笑

マーシー様
レス下さり、ありがとうございます。

「三毛猫ホームズ」、20分で脱落いたしましたcoldsweats01

これって猫が推理するのかなーなどと考えながら、20分たったころには爆睡。 もともと刑事ものって見ないタイプなのですが、今回は 「カーネーション」 依存症脱却のために見たんですけど。

天海サンと真矢サンのほかに、たまちゃんはどうでしょうかねー、たまちゃんsmile

この人って演技がヘタクソなようで実はすごいような気がいたしますが、宝塚の女優さんたちって、独特のオーラを放ってますよね。 「私を見てー」shine みたいな。

それにしても 「シャーロック」、まだかまだか…heart02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/54461456

この記事へのトラックバック一覧です: 「カエルの王女さま」 不覚にも、泣いてしまったぞ(ハハ…):

» カエルの王女さま - 天海祐希 石田ゆり子 [新ドラマQ]
カエルの王女さま 木曜 22:00 フジテレビ 2012年4月12日~ [キャスト] 天海祐希 石田ゆり子 大島優子 大島蓉子 菊地美香 玉山鉄二 片瀬那奈 濱田マリ 小泉孝太郎 久野綾希子 岸部一徳 ほか [スタッ...... [続きを読む]

« 「陽だまりの樹」 手塚治虫氏の意図って何だったのかな | トップページ | 「梅ちゃん先生」 第2週 とりあえずもう1週分見た感想です »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ