« 「坂崎幸之助・吉田拓郎のオールナイトニッポンゴールド」 山下達郎サン登場 | トップページ | 大滝秀治サン死去… »

2012年10月 4日 (木)

秋ドラマどれを見るか

 ドラマ好きなクセにいいドラマを探すアンテナが錆びついている私が、この秋見ようと思っているドラマ。

 まずフジテレビ火曜22時からの 「ゴーイング マイ ホーム」 でしょうかね。 ギリシャ人の(ちゃう)阿部寛サン主演。 監督脚本が、是枝裕和サンというのが注目かと。 あと山口智子サンとか宮崎あおいチャンとか、最近テレビドラマと疎遠だった人が久々に出るのも興味があります。 番組HPをのぞくと、なんとなく 「見えんけどおる」 みたいな、「ゲゲゲの女房」 かよ、という気もしてきますが。 初回は10月9日。 2時間スペシャルのようです。 最初に2時間も見てられるかどうか?…これが視聴の分かれ道かな。

 そして同じフジテレビの木曜22時、「結婚しない」。 「しない男」 なんじゃないか?とか言いたくなりますが(笑)。 タイトルがフツーだとどうもいいドラマの匂いがしないけど。
 菅野美穂チャンと玉木宏サン、というと、「ギルティ 悪魔と契約した女」 を思い出しますが、今回は天海佑希サンも共演。 「結婚しない理由」 とか、なんとなく手垢のついた題材のような気もしますが、語り口次第で見せることのできるドラマになるのではないか、と。 初回は10月11日。

 そしてTBS金曜22時からの 「大奥~誕生(有功・家光篇)」。
 この枠で時代劇なんて、ちょっと記憶にないんですが(笑)。
 それに 「大奥」 題材のドラマなんて、いろいろありすぎて正直よく分からん(笑)。
 でも金曜ドラマで時代劇、という突飛なところに惹かれるのと、主演が 「リーガル・ハイ」 の堺雅人サン、直近では 「カーネーション」、時代劇では 「JIN」 で綾瀬はるかチャンの母親役を印象的に演じていた麻生祐未サンも出る、となると、ちょっと見たくなりますね。 多部チャンも出るし。 多部チャンの出るドラマって、なんかあまり見ないんですけど、口コミで評判が高まるものが多い気がするんですよ。 初回は10月12日。

 とりあえずこんなとこですが、日テレ水曜夜10時からの 「東京全力少女」(初回10月10日)も、武井咲チャンが主役でなんとなく 「またかよ…」 という気もしますが、今回は渡部篤郎サンとのハートウォーミングコメディみたいで、伴一彦サンが脚本だし、もしかして化ける可能性を秘めているような気がいたします。 フジテレビ火曜夜9時からの 「遅咲きのヒマワリ」(初回10月23日、ちょっと遅いな…)も、チェックだけはしてみるつもり。 生田斗真クンのドラマって、あまり期待したことありませんが。

 テレビ朝日系の 「ドクターX」 と TBS 「レジデント」 は、木曜夜9時に医療ドラマで激突。 こういうのはたいがい、両方とも見ません(笑)。 打ち消し合って結局つまんないみたいな感覚なんですよね、「同カテゴリーのドラマ同時間帯激突」 っていつも。

 日テレ土曜21時の 「悪夢ちゃん」 って、「悪魔くん」 のパクリかよみたいな感じのタイトルですけど、北川景子チャンのドラマって、あまり面白いと思ったことないんだよなー。 日曜夜9時は相変わらずTBSとフジテレビが張り合ってますけど、今回は両方とも見る気がしない感じ。

 深夜ドラマになるとこれがまた、掘り出し物がたま~に出てくる感じなのですが、「ヨシヒコ」 は裏に 「タモリ倶楽部」 があるためにいつも諦めてます。 放送時間なんとかならんか。 「花のズボラ飯」 とか 「孤独のグルメ」 とか、久住昌之サン原作のマンガが相次いでドラマ化されているのも個人的には気になりますが、気になるだけです(爆)。

 いずれにしても夏ドラマは、オリンピックとぶつかったために最初から 「やる気あんのか?」 みたいなドラマが多かったですが、今クールはだいぶ注目できるドラマが多い気がしています。

|

« 「坂崎幸之助・吉田拓郎のオールナイトニッポンゴールド」 山下達郎サン登場 | トップページ | 大滝秀治サン死去… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウさま
こんばんは。

秋ドラマ、私も気になるのは、「ゴーイング・マイ・ホーム」ですね。あと、「遅咲きのひまわり」は、「白線流し」のように息の長いシリーズ化を狙っているようですが、どうでしょうか?キャスト、地味目ですしね。まあ、ただ、真木よう子サンが出るようなので、ちょっと観てみようかと(笑)

それと、「大奥」は映画連動企画で、謎の熱病で日本の男の大半が死に、男女の役割が逆転して江戸時代という、パラレルワールド時代劇です(既にご存知なら失礼しました)。
ですので、家光が、多部未華子ちゃんです。
私としては、オノマチが出る映画版の方が興味があります。こちらは5代将軍綱吉の時代。綱吉は菅野美穂さんで、我らがオノマチは、柳沢吉保ですよ。

投稿: Zai-Chen | 2012年10月 4日 (木) 21時41分

私もリウ様と同じかな。

最も気になるのは「ゴーイング マイ ホーム」
次が「結婚しない」

「遅咲きのひまわり」も、少し見てみたいかな。。。

多部未華子ちゃん、深田恭子ちゃんは、あまり好みじゃないから、今ひとつかなあ。

でも、「大奥」は堺さんだから、見ると思いま〜す。

秋クールは夏よりも良さそうだけど、リウ様、レビューはあまり無理しないで下さいね。
(でも、何かに集中してた方が痛みを感じないかな?)

投稿: rabi | 2012年10月 4日 (木) 22時38分

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

是枝監督の作品って、正直見た覚えないんですが(笑)、なんかいろいろ賞を獲っていらっしゃるらしいし、それにキャストが 「見たい」 と思わせますしね。 阿部チャンのドラマは一応どんなドラマでもチェック、というのが最近の慣習です(笑)。

「大奥」 って、そんなドラマなんですかっ!?(笑)。
なんだかな~(急に見る気がしぼんできたぞ…笑)。
ただ堺雅人サン頼みですな、こうなると(笑)。

「遅咲きのヒマワリ」 は、サブタイトルがちょっと気に入った、つーか(なんだったっけな…忘れたけど…)(相変わらずい~加減の権化です)。

投稿: リウ | 2012年10月 5日 (金) 07時42分

rabi様
ホント気まぐれにコメント寄こしますね(じょーだんですのでお気になさらずに…笑)。 や、ありがとうございます。

それより体をお気遣い下さり、恐縮の至りです。 ホントだましだましでやってますね。 つまんないドラマばかりならレビューを書く気にならなくてちょうどいいですが、もし書きたくなるようなドラマばかりだったら…と思うと戦々恐々です。

実は 「つるかめ助産院」 も見ているのですが、なんとなくレビューに繋がるまでに至らず…(仲りいさチャンが、とにかく暗すぎる…爆)。

投稿: リウ | 2012年10月 5日 (金) 07時47分

「つるかめ助産院」 私も見てますよ〜。

なんとなくですが、仲りいさチャンのイメージと主人公のキャラがマッチしてない気はしてますね。

仲りいさチャンも暗いけど、溝端ジュンペーくんも暗いしね。

まあ、そういう都会の暗い2人と対比して沖縄のあっけらかんとした明るさを描いてるのかな?とは思いますが。。。

余さんと伊東さんがいい雰囲気出してますね。

確かにレビューをupするモチベーションが湧くかといわれると、???。

朝ドラになりそうな感じの雰囲気ではありますけど。。

          気まぐれrabihappy02

投稿: rabi | 2012年10月 5日 (金) 15時18分

リウ様、こんばんは。
御加減は如何でしょうか?

新ドラマから離れますが、馬淵 晴子氏や大滝 秀治氏等、昭和のドラマを支えた名優の訃報が相次ぎました。

演者層の力量が、又薄くなって行くのでしょうか? それとも新陳代謝で、新しい演者の芽が吹いているのかな……。

改めて故人となられた方々の、ご冥福を祈りたいと思います。

投稿: M NOM | 2012年10月 5日 (金) 18時38分

気まぐれrabi様(笑)
コメント下さり、ありがとうございます。

rabi様のご指摘の、「沖縄の人々は、いつも陽気で前向きでした」、みたいな感じでくくられているのが、ちょっとレビューに繋がらない点かな~(直近の2回くらい見てないんですが)。 沖縄弁をしゃべる伊東四朗サンにも違和感あり(笑)。

それにしても、最近はこのブログも 「平清盛」 ばかりで、少々雑談ぽい記事がなかったこともrabi様がコメントしづらかった一因かな、などと考えております。 おお縄跳びと同じで、回っている縄の中になかなか入れないとっつきにくさがあったかな、なんて。 ハイパー縄跳びみたいになってたかな(笑)。

投稿: リウ | 2012年10月 6日 (土) 09時57分

M NOM様
コメント下さり、ありがとうございます。

大滝秀治サンの死去の報には驚きました。
なにしろ数週間前に 「仕事の流儀 高倉健スペシャル」 で、見たばかりでしたからね。

ただその記事にも書いたのですが、健サンが大滝サンとのシーンを撮ったあとに泣いていたのが、やはり健サン、大滝サンのご病状をご存じだったのかな、なんて感じています。

馬淵サンに関しては、あまり印象に残るドラマを見たことがないのですが、うまい役者さんがどんどん鬼籍に入ってしまうのは切ないものがありますね。 いま味のある若手の役者、と言ってすぐに思い出せませんしね。 六角サンとか? ん~、まだまだだなあ。

大滝サンに関しては、ちょっと何か書こうかな、などと考えております(と言って書かなかった前科あり、ですが…笑)。

投稿: リウ | 2012年10月 6日 (土) 10時06分

 先日、映画の「大奥」(嵐の二宮くんが出演)を見ましたので、ドラマを見てみようかと思っています。(笑)

 ただ、堺さんはいいのですが、多部ちゃんは、時々ハズレがあるのです。ワンコは可愛かったですが、東野さんの浪速の探偵はいまいちだったし。

 ただ映画を一応見たので、世界観がわかっているので、多部ちゃんの演技がはずれても、それなりにがっかりせずにすみそうです。問題は夜10時頃テレビを見てるかって事かしら?堺さんに魅せてもらいたいです!

 

投稿: ささ | 2012年10月 6日 (土) 12時27分

ささ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

「大奥」 って、なんかいろいろシリーズがあるんですか? フジテレビでやってたやつとはまた別の? なんかわからないですねー(笑)。

まさか堺サンも 「リーガル・ハイ」 のキャラでくるとは思えませんが(笑)「篤姫」 では結構よかったし。 堺サン目当てですかね、私の場合。

それにしても夜10時にテレビを見てないって、もうお休みなんですか、その時間?coldsweats01

投稿: リウ | 2012年10月 6日 (土) 14時59分

 夜の10時は洗濯(家族の風呂が終わってから)しながら、PCの前にはたいていいますけど、テレビはニュースを見る事が多いです。ドラマって集中しないといけないでしょ。ニュースの方が細切れで見るのに楽なんですよ。(笑)寝るのは洗濯がすんでからです。(笑)どうしても見たい時は、録画しますけど。(笑)

 大奥はパラレルワールドのお話で、将軍が女性の多部ちゃんで、男が大奥に囲われているんですよ!美男がはべっているのです。(笑)なんでそうなったかは、ドラマを見て楽しんでください。(笑)

投稿: ささ | 2012年10月 6日 (土) 15時53分

秋ドラマの季節ですね〜。
深夜からぼちぼち始まっているので、ちょこちょこ見てます・笑

個人的なオススメは月曜23:25〜の「野田ともうします。」という5分間ドラマです。(NHK Eテレ)

他の方もおっしゃってますが、「大奥」は原作ありの作品で、女将軍にオトコの側室候補がズラリの作品です。
2011年に小学館漫画賞の大賞を取ってる作品です。
原作は「オトコの嫉妬渦巻く大奥」「男と女の役割が変わってもジェンダーが変わらなければ意味が無い」というのを「男女逆転」という演出で見せてるものです。
原作者がかなり力のある漫画家さんで、ライトなフェミニストさんです。(あとかなりグルメ好き)
私は原作者が好きなのですが、「原作のメッセージを出したら視聴者は見ない」「メッセージを出さなければ、何が言いたいのか分からない」ドラマになると踏んでます。

個人的には「数字取れないな」と思ってるところです。

投稿: まぐのりあ | 2012年10月 6日 (土) 18時03分

ささ様
レス下さり、ありがとうございます。

夜に洗濯とは、一軒家でなければできませんね(いや、最近は音の静かな洗濯機もあるか…)。

あ、2階に上がってとか言ってたから一軒家か(笑)。

詮索は御迷惑でしょうからこの辺にいたしまして、大奥が男だらけとは(昔 「女だらけ」 というせくすぃ~マンガがありましたが…笑)。

女性にとっては逆ハーレム状態でしょうけど(爆)、男にとってはあまりいい気持ちのするものではないかもしれないなぁ…。

投稿: リウ | 2012年10月 6日 (土) 19時43分

まぐのりあ様
コメント連投下さり、ありがとうございます。

5分間ドラマなんて、とてもチェックできませんでした!(笑)

それにしても、「大奥」 がマンガ原作ものだというのは知っておりましたが、原作のメッセージを出したら視聴者は見ない、というのが気になります(笑)。 かといって原作マンガを読む気にもなれず…(笑)。

それにしても女性マンガは相変わらず侮れませんね。

小学館の漫画賞というのは、確か他社から発行されているマンガ誌も関係なく受賞できてしまう、という性質を持っていたように思うのですが、だからこそ信頼が置ける実力が、原作には備わっているんでしょうね。

ん~、でも読む気になりませんが(ハハ…)。

投稿: リウ | 2012年10月 6日 (土) 20時04分

リウ様の記事を読んでいたら、この秋はたくさん見るものがありそうで、大変でありんす☆
「大奥」は、先日放送されていた映画版を私もたまたま見たんですが、前知識ナシで最初は「???」でしたけど、見始めたらこれがすごく面白くて!途中本気で泣かせてもらいながら、あっという間の2時間でしたよ~
奇をてらった設定というのは最初に感じただけで、虚構の世界がとてもリアルに描かれていて、見てる途中で「昔はこんな時代がしばらくあったのか~」と本気で思いかけてネットで調べましたもん(アホです・笑)
柴咲コウさん演じる吉宗が見事な男前で(心意気も政も)、気持ちの良い映画でした。
でも、堺さんと多部ちゃんは大好きだけど、ドラマになるとどうなるのか・・・
興味シンシンで見てみたいと思います^^

「ゴーイングマイホーム」は、今期一番の楽しみかな♪
ただ、是枝さんの映画は私は4,5本見てますが、苦しさや苦さを感じながらの視聴になるんですよね。。
こちらもドラマだとどうなるのか・・・
楽しみです♪ リウ様のレビューも♪^^

投稿: ほとりん | 2012年10月 7日 (日) 16時54分

追伸です☆

リウ様、連休中でしょうか?

お身体ゆっくり休めてくださいね~(^ー^)ノ

投稿: ほとりん | 2012年10月 7日 (日) 17時04分

ほとりん様
コメント下さり、ありがとうございます。 そ~です、私も連休中です(2連休ですけど)。

「大奥」 情報、ありがとうございます。 皆様からのお話で、だいたいど~んなドラマかは、視聴前からつかめてきた気がいたします(笑)。

このところ腰の調子も一進一退で、いい時もあれば悪い時もあるのですが、PCの前に座っていられるだけマシ、というものですね。 この連休、皆様あまり外出されていないのか、やたらとコメントをいただいてますけど、こちらも療養中でヒマなので返信しまくってます(笑)。

しかしこの秋ドラマ、みんな出来がいいと困ってしまいますね(笑)。 最近あまりたいした記事が出来ないのは、腰のせいにしてますけど(笑)なんとか半分くらいは駄作であってほしいですね(冗談です)。

投稿: リウ | 2012年10月 7日 (日) 19時09分

お久しぶりです。

「ゴーイングマイホーム」
みましたよ。

まず、作りがおもしろかったです。
1話ではタイトルが内容につながりにくかった、というより
私はどう繋がるのか興味津々です。
これは、続けてみます!

後は、アニメで「PSYCHO-PASSサイコパス」みます。

そうそう、11/2ごろ、「最後から2番目の恋 スペシャル」だそうです。

”ゴーイング〜”はスレッド立ちそうなのでまたお邪魔します。

投稿: みり | 2012年10月10日 (水) 21時26分

みり様
お久しぶりです。 コメント下さり、ありがとうございます。

実は 「ゴーイングマイホーム」、初回2時間スペシャルのうち半分は見ました(笑)。 やはり1時間以上になると体力的にも気力的にもキツイようです。

プレレビューになってしまいますが、やはり映画監督が作っているだけあって、かなり映画的な作りのように感じました。

アニメはホント、最近よく分からないですぅ~(声優ノリ…笑)。

題名を見て、パッとひらめくものがないんですよね。
題名がよくても、みると、ああいつものアニメ乗りとか。

「電脳コイル」 以来、きちんとしたアニメを見てない気がします(ルパンの 「不二子という女」 はよかったです)。

投稿: リウ | 2012年10月11日 (木) 07時58分

 11月に入ってからですが、松本清張原作「疑惑」というドラマがあるそうです。常盤貴子さんと尾野真千子さんの共演だそうで、常盤さんは弁護士、尾野さんは悪女だそうです。

 尾野さんの悪女は、「朝ドラの主役がここまでやるか」というぐらい、期待がもてるらしいです。(宣伝によると)

 二人の演技派女優のバトルは面白そうなので、録画して、見ようと思ってます。!リウ様は推理物はあまりお好きではないみたいですが、たまにはいかがですか?

投稿: ささ | 2012年10月11日 (木) 16時39分

「八重の桜」の新島襄先生役はやはりオダギリジョーさんだそうです。ジョーつながりと留学つながりらしいですよ。(笑)

 NHKも攻めてきますね。この冒険はちょっと楽しみです。来年へのモチベーションが少し上がりました。(笑)再来年や来年の話題が出てくるようになると、大河も終わりが近付いていますね。

 月9は木村拓哉さん主演ドラマとか。多分私は見ません。(娘は見るでしょう!)何をやってもキムタクとよく叩かれるけど、キムタクの個性にドラマが乗っかっている部分もあるので、彼だけが非難されるのは気の毒だと思います。山田洋次監督の映画での彼は良かったと思うし、作品とうまくはまれば、彼の個性は輝くと思います。(もしくは、彼の個性で作品が輝くかな?)

 是枝監督は、来年封切の映画に私は期待しています!

 

投稿: ささ | 2012年10月11日 (木) 22時14分

横から失礼します。

タベちゃんファンの我が家ですが、今回の大奥は、またもやTBS、やらかしかなあと・・・。
映画の柴崎さんが良すぎましたし、タベちゃんは演技力あるけど、イメージがどうも・・・・。
あまり取れないのではと、思います。

>疑惑
オノマチと、常盤さんですか。
常盤さんはドラマでは久しぶりのような気がします。
映画が良かったのでどうなるかなあと思いますが、期待できる顔合わせですね。

「ゴーイング」、長いと思ってみませんでした。
あちこちの感想見て回ると、評判いいようですね。
次回は見てみようかな。

ちょっと前に、ケーブルのララテレビと、BSフジで「結婚しない男」を放送していました。
今あらためて見てみても、面白い!
この脚本家さんは、理系の浮世離れした男を書かせたら、天下一品ですね。
「梅ちゃん」でもそうですし。

見逃した回があるので、ララの一挙放映、録画しようと思っています。

>電脳コイル
の脚本家さんは、高校の後輩です。
今は何書いているのかな。

投稿: マーシー | 2012年10月12日 (金) 07時42分

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

いや、別に 「推理モノ」 が好きではないというわけではないですが、人を殺すとか殺されるとかいうドラマが、少々生理的に受け付けないだけです(じゃ 「鍵のかかった部屋」 はどうして見たのか、というと、謎解きを一種のエンターテイメントにしてしまっていた部分で、嫌悪感が軽減された、というところでしょうか)。 テレビ朝日系の殺人ドラマ(なんだソレ)(殺人を旅行とか職業とかと絡めた作り、ということかな)が嫌なんですよ(おかげで 「相棒」 を1回も見たことがない)。

別件コメントに失礼ながら一緒に返信してしまいますが、綾瀬はるかチャンの大河は、山本むつみサンの脚本で、大河らしくない大河になっていく期待が大きいです。 正直戦国時代と幕末は、10年くらい封印してもらいたい(そんなに封印したら死んでしまう?…ハハ…)(5年にしとくか)。 イヤなんかもう、信長とか秀吉とか家康とか千姫とか淀君とか秀長とか秀忠とか秀頼とか明智とか利休とか、もういいっちゅーねん!みたいな(笑)。

こいつらみんな 「江」 に出てたな…(爆)。

木村クンのドラマって、面白ければ見ます(あたりまえか)。 いろいろ言われて大変だけど、左卜全サンも、どんな映画に出てても左卜全だったし(比較対象がアレすぎる…)。

投稿: リウ | 2012年10月12日 (金) 08時41分

 再来年、信長と秀吉がでるのは確定です。主人公の上司ですから(笑)

 多分家康もセットで出てくるでしょう!(でも江ちゃんは出ないかもよ?)

 NO.2を描くのはいいのですが、天地人のように、なんでも、官兵衛さんの手柄にしちゃうと、面白さが半減するかもしれません。みんなとお知り合いお友達は勘弁してほしいです。

 今日、「大奥」初回ですね。見る予定!映画の柴咲さんは本当に良かったです。多部ちゃん、わが道を行けば、堺さんがなんとかしてくれるのではないでしょうか。ガッキーも堺さんといるとそこそこになってたし、多部ちゃんも触発されて、良くなるだろうと期待しておきます!

 

投稿: ささ | 2012年10月12日 (金) 09時11分

マーシー様
コメント下さり、ありがとうございます。

TBSの変形時代劇って、「JIN」 があるから期待してるよ~なもんなんですけど…(笑)。 アレ、もう今日か。 「結婚しない」 の録画も見なければいけないし、半病人としてはつらいところです、が、まあ初見の感想くらいは頑張って書こうかな…。

で、「ゴーイングマイホーム」、やはり2時間はキツかったです(笑)。 もうなんか、45分以上拘束されるのがつらい(これってヘルニアやる前からその傾向だったですが)。

だから2日に分けて見たのですが、緊張感が途切れることはありませんでした。 独特の空気の中に、スッと入っていける感覚なので。

ただ、来週はサッカーかなんかでいきなりお休みです。 だから初回2時間にしたのかな。 もしかすると、第1回目を適当な日の4時あたりに再放送するかもしれないけれど。

「梅ちゃん先生」 の理系の浮世離れした男って、誰なのかな~? ちゃんと見てないので分かんないけど、高橋克実サン?

「電脳コイル」 の作者さんが後輩なんですか! 最近アニメ事情にはものすごく疎くなって、その後なにを作っているかはとんとわかりませんが、「電脳コイル」 に関しては、当ブログでも記事にしております。 もしよろしかったら…→ http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/post-2aa6.html

投稿: リウ | 2012年10月12日 (金) 09時18分

ささ様
レス下さり、ありがとうございます。

多部チャンという女優さんは、実に不思議な女優さんだと思います。 正直不細工(失礼)なのに、なんかカワイイ。 ファニーフェイス(古…)というよりもっとアグリーが加わっているような気が(ますます失礼だな)。

モデルさんでも、そんな 「美の基準をどこに置いたらこの人がきれいに見えるのかが分からない」 という人っていますけど、その人を輝かせているのは、紛れもなく、「自信」 なのだ、と感じます。 一本ぶっとい確信というものを自分に対して持っている。

戦国時代、スマホがあるわけじゃないんだから、誰とでもお知り合いとか、現代並みの情報戦とか、やめてもらいたいですよね。 新幹線使ったみたいに神出鬼没、つーのも(笑)。

何事にしろ今とちがって格段に不便なことを見せたほうが、物語は却って面白くなることに、製作者たちは気付くべきです。

投稿: リウ | 2012年10月12日 (金) 09時26分

リウさま
おはようございます。

「大奥」は、なかなかでした。

「JIN」も同じなのですが、こうした突飛の設定な作品は、一つの大嘘に説得力を持たせるため、100のもっともらしい小嘘を、どれぐらい上手くつけるかにかっています。初回を見た限り、役者の演技も含め、みんな真剣に視聴者を騙そうとしてくれているなと思いました。

堺さんが演じられた元お公家さんの高僧も、ハンナリとした雰囲気をよく出して流石だったのですが、今回はやっぱり麻生祐未さんの春日局、これに尽きますよ。今まで、あまたの時代劇に登場してきた人物ですが、この「麻生版」春日局は、ある意味最強(狂)。この怪物っぷりを見るためだけでも、このドラマ、観ようかなと思っています。

再来年大河は「黒田官兵衛」ですか。ちゅうことは、クライマックスは九州での戦いということになるんですかね。で、あるなら、私にとっちゃご当地大河になるんでちょっと楽しみかな。

でも、織豊徳周辺は、正直もうヨか、という感じですバイ(取って付けてますバイ)。戦国でも、島津兄弟とか、色々面白い素材はあると思うんだけどなあ。今回の清盛の低視聴率が、大河の保守化を加速することにならんか、ちと不安ですね。

投稿: Zai-Chen | 2012年10月13日 (土) 08時26分

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

「大奥」、さっそくレビューアップいたしました。 詳しくはそちらを読んでいただくことにいたしますが、春日局が最強、というのは、私も奇しくもレビューのなかで書きました。 感想がリンクしてしまいましたね(笑)。

それと。

ちょっとここのコメント欄に書くのが適当だと思うのでご報告いたしますが。

「結婚しない」 は、開始40分弱で、リタイアいたしました(ハハ…)。
「東京全力少女」 は、開始3分でリタイア(爆)です。

大河はそろそろ、戦国の3大巨頭を完全に外した話、というものが見たいですね(外せるわけもないけど、地方大名が3大巨頭と知り合いみたいに描かれるのを見ると興醒めします)。 とにかく話には出るけどちっとも出てこない、というのがいいですな、3大巨頭は。

投稿: リウ | 2012年10月13日 (土) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/55811659

この記事へのトラックバック一覧です: 秋ドラマどれを見るか:

« 「坂崎幸之助・吉田拓郎のオールナイトニッポンゴールド」 山下達郎サン登場 | トップページ | 大滝秀治サン死去… »