« 「PRISELE$S~あるわけねぇだろ、んなもん!~」「悪夢ちゃん」「猿飛三世」 最終回まで見て | トップページ | 2013年1-3月期ドラマ、私のチョイス »

2012年12月31日 (月)

2012年 「第63回NHK紅白歌合戦」 実況、するっぺかなァ

 はじめにおことわり。 この記事、初出時は2ちゃんねるみたいに実況したのですが、少々体裁を整えました。

 いつも第1部では家族が寄せ集まってパーティをしてるので、まともに見ることが出来ない 「紅白」。 21時からの第2部を中心にした実況であります。

 AKB48。
 やはり前田敦子チャンが出てこないと、ぽっかりと穴があいたような気がするものですね。 結構彼女って、AKBを象徴する顔だったんだなーと感じます。
 レコ大を今年も獲ったらしいですが、服部克久サンが授賞式のとき、「これが今の日本の現状です」 とか言ったらしいですね。
 CD付き握手券を売ってるのだからこんな言いかたになってしまったのでしょうが、彼女たちの頑張り、競争社会を見てるとすごいなーと思うんですよ。 しかも楽曲的にもよく練られていると思うことが多い。 握手券だけ別に売りゃ、こんな歪んだ評価などされないのになー、と思います(21時30分)。

 五木ひろしサン。 「夜明けのブルース」。
 この曲、今年(2012年)の確か夏季の 「ラジオ深夜便」 の 「深夜便の歌」 だったんですよ。 よく聞きました。
 スゲエぞ、フェンダーストラト抱えて歌っとるぞ、五木サン(笑)。 間奏ホントに弾いてるのか? フェイクか?(笑) 後ろのAKBが少々UZA(ハハ…)(21時40分)。

 ごりーぱみゅぱみゅ(爆)。 稲垣吾郎クンがデブのメイドの特殊メイクで出てきたぞ(笑)。 「ぱみゅぱみゅ」 言えてないし(笑)。 きゃりーぱみゅぱみゅ本人は、さすがにファッションモンスターだ(笑)。 今年なにが流行ったのかまったく知らない私でも、彼女の曲はよく聞いた気がします(21時41分)。

 「梅ちゃん先生」 の共演者が出て来たけど、高橋克実サン、ドラマの中ではかなり本人のキャラと違う役だったので、なんか堀北真希チャンのお父さんのコスプレしてるみたい(笑)。
 それにしても徳永英明サン、またカバー曲だけど、定着しちゃいましたねこれが(今回は 「上を向いて歩こう」)。
 私の甥っ子などは、オリジナルの曲を知らないくせに、徳永サンの歌でその曲を知ってる場合が多くて(笑)、「オリジナルのほうがずっとよいのだぞ」 と言いくなるんですよね(21時55分)。

 なんだ、由紀さおりサン、日本で歌わないのか。 ピンク・マルティニとの共演。 ホテルリッツみたいな場所。
 曲は定番 「夜明けのスキャット」。 これって、「サウンド・オブ・サイレンス」 のアレなんですよね(それ言っちゃ野暮…笑)。 なんかが画面を横切ったぞ?(22時00分)。

 斉藤和義サン。 髪染めたんスね。 相変わらず不機嫌そうだ(笑)。
 思い出します。 「イカ天」 の後番組で、たったひとりで出てきたときのこと(23、4年前)。
 バンドじゃないとか審査員に言われて仏頂面で(笑)。
 それが紅白かぁ~。
 これ、「家政婦のミタ」 の主題歌ですよね? 去年やったらもっと旬だったのに(22時03分)。

 天童よしみサン。 ジャニーズとどっちが主役だ? まあよくある組み合わせですがね。 視聴率が下がりそうなとき、AKBとかジャニーズを動員する方法(22時10分)。

 氷川きよしサン。 和製ブルース調ですね。 森進一路線かな(22時18分)。

 坂本冬美サンと言えば、ラジオ人間の私は 「♪のぉどぉ~にスウぅ~ッキリぃぃ~~っ」(笑)。 「誰が27歳やねん」(笑)。 「桜」 対決は、坂本サンっスかね~。 「夜桜お七」 は名曲です。
 西田敏行サンも出てきて、来年(2013年)の大河 「八重の桜」 も楽しみです(22時20分)。

 おお~っ、堀北真希チャンと綾瀬はるかチャンのツーショットだ!(ハハ…)(22時22分)。

 握手券なしの実質的セールスナンバーワンの登場ですね。 嵐。 まあいっこも聞いたことがなくて恐縮です。 「鍵部屋」 に主題歌ってあったかな?(22時24分)。 3回も衣装替えしたぞ。 堀北真希チャンは相変わらず醒めてるな(笑)(22時27分)。

 来たぞ、美輪サン。 「ヨイトマケの唄」。 今年一番の注目です(22時29分)。

 曲のすごさは言うまでもなく。 今さら論じるまでもありません。
 衣装は、スーツっぽいいでたち。
 「男装の麗人」 なんてよく言うけど、この場合はなんと言うべきか?(笑)
 全身真っ黒で、「黒は不幸を呼び寄せる」 とか言ってませんでしたっけ、この人? でもすごくまともに見える、今までで一番(22時32分)。 金髪にしてるのは、金運がつくからとか聞いたことがありますが、この人はこういうおとなし目のきちんとした髪形にすれば、若かりし頃、「伝説の美少年」 みたいに言われた頃を彷彿とさせると思うのですが。

 若い人は、「ヨイトマケの唄」 を聞いて、どう感じるんでしょうね。

 和田アキ子サンは、今年は森光子サンと中村勘三郎サンの追悼バージョンか…。
 途中でバックのスクリーンに向けて(つまり観客にお尻を向けて…笑)歌ってましたね。
 審査員席の中村勘九郎サンに感想を求めるとはちょっと酷なような気もいたしましたが、気丈に答えてましたね、勘九郎サン(22時43分)。

 MISIAサン、アフリカの砂漠で歌っとるぞ(スゲ…)。 なんで 「大奥~誕生」 のテーマ曲を歌わんのだ?(22時46分)。 最後はすごい声量だったな~(22時48分)。

 永チャン、また登場ですか。 永六輔(違う…爆)。
 なんか一度出て味しめちゃったんとちゃう?(笑)
 今年は歌詞間違えないかな、矢沢永吉サン(間違えなかったみたい)。
 格が違うな、やっぱり。 迫力が違う(22時50分)。

 出たな、オモダカヤ(素直に変換できん…笑)。
 どうして福山雅治サンのライヴで襲名披露などしておるのだ?(笑) 「龍馬伝」 つながりか?(笑)

 それにしても市川中車こと香川照之サン、かなり気合入ってたな。 いろいろござんしたからね。 亀治郎サンあらため猿之助サンは、勘三郎サン亡きあと、歌舞伎界の中心を担う人になりそうですよね(23時08分)。

 プリプリですか…。 同世代なんですけどね。 私より妹たちのほうがよく聞いていた気がします。 「M」 とかね。 奥居サン、いや違った、まあいいか、ダイヤモンドみたいな衣装ですね(笑)。 声を外しまくってましたけど、まあいろいろありますよ、ね。
 キーボードのオバサン、好みだなぁ(あーゆーのがいいのかオレって…)(23時12分)。

 石川さゆりサン(「天城越え」)、頭が巨大化してる(笑)。 アイメイクが濃いぞ(笑)(23時17分)。

 サブちゃんっ(「風雪流れ旅」)! また大雪だぞっ!(笑) 猛吹雪だっ!(爆) 完全に狙ってるよな…(笑)(23時21分)。

 いやー、いきものがかり、トリですか。 びっくり。 オリンピックテーマですもんね(「風が吹いている」)。 きよえチャン、久々に見た。 大雪はそのまんま残ってる(笑)(23時26分)。 にしても、澤サンと吉田サンのツーショット、迫力あるなァ…(23時31分)。

 あれ、ごりーぱみゅぱみゅがいない(笑)。 大トリ、SMAPの登場(23時32分)。

 「さかさまの空」 って、菅野よう子サンの作曲だったのか…。 アニメとかその道の人にとっては大家なんですよねこの人(23時34分)。

 私が考えていたのは、ここでバックスクリーンに 「梅ちゃん先生」 のタイトルバック、そして 「梅ちゃん先生」 の出演者が出てくる予定だったんですが…(笑)(23時35分)。

 ここで今年の紅白フラッシュバック。
 うえっ、水森かおりサン、小林幸子サンの代役したんだ、今年…(爆)(23時38分)。

 まあ白組でしょうね(23時40分)。

 やっぱり白組だった。 でも結構競ってたな(23時41分)。

 ほーたーるのーひーかーありー。 平尾昌章サン、また髪の毛が…(23時43分)。

 それでは皆様、よいお年を~(23時45分)。

 …というわけで。

 紅白に対しては、年々その興味が低下しているのに、いざ見始めると、結構面白がっている自分がいます。
 結局私にとっては、その年をフィニッシュする思い切りを促す番組なんですよ。
 「今年? なんか流行ったの? なんにも知らない。 売上チャートの曲、なんにも知らない」。
 今年は特にそうだったけれど、どこかでヘビーローテーションしている曲がある(AKBの曲じゃないですよ…笑)。 「ダイヤモンド」 だって、プリプリの再結成とかで、ラジオでよくかかっていた気がするし、いきものがかりの曲はオリンピック中継のたびに流れていたし。
 「さかさまの空」 はなんだかんだ言って深い曲だよなあと思いながら朝ドラを見ていたし、ももクロの曲のひとつは 「悪夢ちゃん」 の主題歌だったし。

 服部克久サンが言ったように、今の日本の音楽産業は、壊滅的なのかもしれない。
 でもそれは、CDセールス、という観点から見た問題で、もしかするとダウンロード、というやり方を含めれば、もっともっと多くの人が音楽を聞いている、とは思うんですよ。 集計の仕方を、もうとっくに変えなければならないのに、いつまでも旧態依然としていることが悪いのではないか?と思うのです。

 いずれにしても、「ヨイトマケの唄」 みたいな、人の心にズシンと来るような曲を1曲でもやっていただければ、年の瀬を感慨深く終えることはできる、と思うのです。

« 「PRISELE$S~あるわけねぇだろ、んなもん!~」「悪夢ちゃん」「猿飛三世」 最終回まで見て | トップページ | 2013年1-3月期ドラマ、私のチョイス »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくです。

紅白について、ほぼ、同様の感想です
美輪さんは、さすがに迫力でしたね。
黒にしたのは、ワーキングスタイルをイメージしたらしいです。そのため髪も黄色から黒のウィッグ?にしたようです。

misiaさん、凄い声量でしたね。砂漠の風の音もすごかったですね。

今はBSフジ(181)で、新海誠のアニメ特集を見ています。
物悲しいですけれど、細部まで緻密に書き込んでいる部分や、光や影の描き方は秀逸です。

rabi様
あけまして(まだ日は昇ってませんが)おめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします

この記事、少々体裁を整えた文に、直させていただきました。 どうもrabi様の投稿の時間とほぼ同時に変更された分を更新したようです。

私は今、「年の初めはさだまさし」 を見ながらこれを書いてます。 rabi様は新年いきなり海賊ものですか(笑)。

美輪サンの話は、本文中で更新いたしました(笑)。 「ヨイトマケの唄」 は、私の中ではちょっと定番すぎたんですが、若い人には衝撃的でしょうね。

リウ様、明けまして御目出度う御座います。
本年も、宜しく御願いします。

紅白、不覚にも爆睡してしまいました。
美輪さんの歌唱場面、YouTubeにUPされていたのを観賞。改めてその迫力に感動です。

出場歌手選出方法の一新>
全芸能界に登録された歌手をエントリー
        ↓
籤箱に入った歌手名を、デジタル阿弥陀籤に貼付
(横棒は、一回毎に更新)
        ↓
決勝に振り分けられた歌手をルーレットで決定
即、出場オファー開始 此れを男女別に行う
仕事納めから番組スタート迄のイベントとして行う

セレクト次第では、大御所のトップバッター登場。
意外な常連歌手の落選。
無名歌手のオオトリ、といった展開が実現するかも。

予定調和が崩壊した現在に、相応しい選択方法では?
確率論、ギャンブル、表現は多々有りますが、
出場希望歌手にとって「究極の運試し」という事で。

M NOM様
あけましておめでとうございます。 今年もなにとぞ御贔屓のほど、ズズズイ~っと(笑)よろしくお願い申し上げます

「マイ紅白」 を考えるのは、楽しいものですよね。 私の場合、八代亜紀サンが 「雨の慕情」「舟歌」 を歌ってもらえれば、「これが紅白だ」 と得心してしまうのですが。

まあ大トリに変なのが来たら(ヘンなのって…)一気にテンション下がりますよ!(笑)

だけどこのデジタル時代、どの歌手が何時頃に出るのか、データ放送で分かってしまうというのは便利なものです。 私はずっとデータモードで見てました。

だけど正直なところ、昔のように9時からやったほうがずっと内容が引き締まっていいと思います。
昔のほうがずっと知ってる曲だらけだったのに、落選する人たち続出だったんですもんね。

リウ様、明けましておめでとうございます。
私、紅白はもう卒業?してしまいましたが
メンツを見ると初出場にもかかわらず一番
存在感あったのはやはり美輪さんでしたねえ。
プリプリのキーボードのオバサン(悲)は
現役のころ(つまり若い頃)はそりゃ美人
でしたが、年月とは残酷なものです。

fuku様
あけましておめでとうございます。 ご無沙汰しております。

私の場合は、これを見ないとなんとなく座りが悪い、と申しますか、1年終わる感じがしない、と申しますか…(笑)。

プリプリが現役だった頃は、奥居サンがカワイイ、くらいにしか思ってなかったのですが、キーボードのかたもチェックしとけばよかったかな(笑)。 でもオバサンにはオバサンなりの魅力というものがありますよー。 まあ自分もオッサンだから年のことは言えません

まともなコメントだったなあと思います。批判ばかりのコメント見るのは辛いです。紅白楽しみましたよ。演歌が多いのが気になりますが、色々な世代が見るのが紅白。上手な歌が聴きたかったら、フジテレヒのFNS見れば良いと思います。

りんご様
コメント下さり、ありがとうございます。

私はいちおうオッサンなので、演歌にもそんなに抵抗はないのですが、この番組は、家族などみんなでワイワイ面白がりながら見るのが定石だと思います。

フジテレビとかミュージックステーションとかは、若い人向けでしょうかね。 私も気持ちは若いつもりだけど、エグザイルとかちょっと無理かな。

 紅白、10時半くらいから、実家で見ました!それまでは、車中、ラジオで聴いてました。歌のうまい下手がラジオですと、よくわかります。視覚のごまかしがありませんから(笑)

 NHKホールは音響はどうなんでしょ?素人の私が言うのも失礼ですが、いまいちなような気がします。

 とてもあわただしく見ていたので、北島さんの吹雪の凄さと、おもだか屋さんの襲名のあいさつ、そして、「ヨイトマケの歌」くらいしか覚えていません。堀北さんはとってもお顔が小さくて、足が長くて、可愛かったです。AKBより、ルックスでは勝っていたような。(笑)

 一日かけて、やっと、今夜帰ってきました。(笑)

 ラジオで紅白を聴いたのは、初めてでしたが、面白い経験でした。ラジオのアナウンサーの実況も、楽しかったです。昔ほど、みんなが見る番組じゃなくなってきているでしょうけど、家族で一緒の時を囲む貴重な機会を一年に一度提供してくれる、それだけでも、価値のある番組だと思います。(笑)


 

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。 今年もどうぞよろしく

帰宅早々こちらにお立ち寄りくださったようで、甚だ恐縮です。 長時間ゆられて腰のほうは大丈夫だったでしょうか?

まあなんか、ラジオの場合は映像の面白さがないので、どうしても上手下手があからさまになってしまいますよね。 去年はサブちゃんとかも口パクだったみたいですが(演出のせいか年齢のせいか)AKBなんかも含めて、そこをこの実況では突っ込みませんでした。 見て面白がるものですから。

澤瀉屋(オモダカヤ)、澤瀉というのは実は、橋本家の家紋でもあるんですよ(笑)。 まあ市川家とは関係ないですけどね。 漢字変換、「さわ」「しゃ」 でようやく出来た(笑)。

この実況ブログ、実況中からアクセス数がすごくて(笑)、いかに皆さんがこの番組に注目しているかを、毎年実感しております。

では、今日は 「八重の桜」 ですネ! まだ休養中なので、リアルタイムで視聴いたします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 「第63回NHK紅白歌合戦」 実況、するっぺかなァ:

» 第62回NHK紅白歌合戦2012  金爆よりヨイトマケとNUKE IS OVER. [.net.amigo]
誰が口パクで誰はちゃんと歌っていたとか そこへ神経を集中させたわけじゃなく。やはり毎日のように「金爆が怒られた」と問題児扱いのような報道をされ 当初の集中は彼らに集中していたけど ... [続きを読む]

« 「PRISELE$S~あるわけねぇだろ、んなもん!~」「悪夢ちゃん」「猿飛三世」 最終回まで見て | トップページ | 2013年1-3月期ドラマ、私のチョイス »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ