« 中村勘三郎サン、死去 | トップページ | 「平清盛」 最終回まで見て »

2012年12月28日 (金)

入退院の顛末そして御礼…

 コメント欄をご覧のかたがたには周知のことなのですが、しばらく入院いたしておりました。
 このほど退院しましたので、ご報告申し上げます。

 病名は椎間板ヘルニア。 だましだまし仕事をしておったのですが、ついにある日、ベッドから起き上がれなくなりまして。

 救急車で病院搬送、そのまま入院とあいなりました。

 自然治癒を当初は目指したのですが、回復の見込みなく、このままだと春先までかかるという話になったので、手術を決意いたしまして。 もともとが緊急搬送だったうえ、2週間も3週間も入院の期間が延びたのは、そのせいです。

 で、その手術をするまでの2週間というもの、すなわち完全なる寝たきり状態。
 これは半端なくキツかったです。
 将来、絶対寝たきり老人にはなりたくないという決意が、これでかなり固まりました(笑)。

 寝たきりというのは、まあもろもろの屈辱的な話は省きまして(笑)、すごく体に悪い。
 体力が落ちるのはもちろんですが、心臓が血液を無理して運ぶ必要がなくなるから、血流がすこぶる悪くなる。 久々に立ち上がったとき、足がガクガクなのは当然として、貧血みたいになりましたもん。 もっと老いてしまうと、いったん寝たきりになるともう、蟻地獄みたいに、回復するのは困難なのではないか、と思います。

 とりあえず一介のブロガーとしてはこれ以上説明すると野暮になってしまうのでやめますが、過去の入院時と確実に違ったのは、私のようなつまらない者の病状を心配してくださる、このつたないブログの、賢明なる読者のかたがたからの励ましのコメントを、たくさんいただいたことです。

 なんとお礼を申し上げていいのやら。 私はつくづく、果報者です。
 病室からケータイで返信を数回いたしましたが、素っ気ない返信で誠に心苦しかったです。 なにしろパケホーダイじゃないので私のケータイ(笑)、ちょっとケチ臭くひよりました(笑)。

 それで、この場を借りて、コメント欄にメッセージをくださったかたがたおひとりおひとりに、御礼の返事をいたしたいと存じます。




 rabi様。

 真っ先にメッセージをお送りいただき、誠にありがとうございました。 rabi様には常に、このブログを温かく見守っていただいているような気がいたします。 雪のほうはいかがでしょうか。 病室はいつもぬくぬくとしていたので実感がわきませんでしたが、シャバは寒いですね(笑)。
 坂元裕二サンについては、個人的な評価としては、「負けて、勝つ」 でだいぶ低下いたしましたが、今回、宮本理江子サンの演出というのは期待できそうな気もいたします。
 まあもともと、坂元サンってそんなに注目していた脚本家さんではなかったんですけどね…。 連発してたからなー、ここんところ傑作を。

 「クリスマスの約束」!
 ああ~今年は見逃した…。 BS-TBSとかで再放送してくれないかな…。



 マーシー様。

 ご心配おかけいたしました。 とりあえず動いてます(笑)。
 カンバーバッチがビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインを演じるというのは知ってましたが、そういや結構似てます(笑)。
 ただこのエプスタインという男、同性愛者でして(そりゃ当時のモラル社会からすれば明らかな異端)、しかも死因がドラッグの過剰摂取。 これは確かに現代でなければドラマ化するのが憚られる人物であることは確かです。
 ただ、彼は弱冠26歳くらいで(確かそれくらいの年齢だったと思います)ビートルズを見い出し、彼らを効果的に売り出すプランナーとしての才能が図抜けていた。 機会があればドラマを見てみたいですね。



 
 みち様。

 ご無沙汰してます。 ご心配くださり、ありがとうございました。
 自分の文章が軽妙な語り口であるとは思ってなかったのですが(笑)、まあオチャラケ癖がありますから(笑)。 ぼちぼちレビューも再開したいですが、頭もまだ寝たきりモードかな(笑)。
 「ゴーイング マイ ホーム」 は最後の数回、HDD容量不足で結果的に見逃すことになってしまいました。 お正月とかに集中再放送とかしてくれないかな~。



 ささ様。

 無事、生還いたしました(笑)。 いつもいつも、大河では熱いコメントを下さり、本当にこのナマケモノブロガーの起爆剤になっております(他人行儀かな?)。 足の痛みはいかがでしょうか? このたびは私もささ様と同じ病気で入院してしまいました。 まあ、私の場合は寝たきり2週間ですから、寝たきり3日間のささ様には勝った(勝ち負けの問題か?…爆)。

 「平清盛」 については、総括的なレビューになってしまうかな、と思ってます。 なにしろ録画したものが残っておりませんので、細かいレビューは無理かな、と…。
 それにしても最終回、禿が琵琶法師だとは、ちょっと気付きませんでした。 やはり寝たままで見てると細かいところに気付かないのかな。 そういう点から言って、あまり最後の数回は、深く見ることが出来ていないかもしれません。

 結局今年の大河は、私にとって、思い入れという点ではなく、作品の出来から言って、ベストワンに推したいものであったと感じます。 「花神」 にしてもそうでしたが、良質の大河というのは、おしなべて視聴率がすこぶる悪い(笑)。 「花の乱」 も視聴率低かったし。

 要するに、暗くて難しかったのが視聴率の悪さに響いたんだと思います、今年の大河は。




 えみし様。

 お励ましのコメント下さり、ありがとうございました。
 寝たきりは、もう金輪際ごめんですよネ!(笑) 私もよく2週間も耐えられたものだと思います。




 PIPI様。

 ご心配いただき、恐縮です。
 「平清盛」 の理解度が低くなってしまう、とのお嘆き、申し訳ありません(汗)。
 ただ、拙ブログの 「平清盛」 レビュー、本編だけでなく、コメント欄のやり取りをお読みいただければ、大まかな理解が可能なような気がいたします。 特に最終回、このドラマが室町時代まで見据えた話にまで切り込んでいるのを見て、「なんかコメント欄でもう書いちゃったな」 などとちょっと考えたりして(ああ自画自賛)。




 Zai-Chen様。

 ご心配おかけいたしました。
 弁慶の仁王立ちはなんかオマケっぽかったですけど、義経が割腹して、白馬が飛び出さなくてよかったです(「義経」 を見ていた人にしか分からないギャグ?…笑)。




 ゆみ様。

 入院中はコメント欄にばかり書き込みしてましたので、至らなかったことをお詫び申し上げます。
 今回ケータイで自分のブログに初めてアクセスしたのですが、パソコンとずいぶん勝手が違うので自分でも戸惑いました(笑)。




 あみーご長嶋様。

 お励ましのコメント下さり、ありがとうございました。
 1か月休むと、なにかと大変ですけど、再発しないようにそろりそろりと仕事も再開せねばならないようです。 お互いに、健康には留意いたしましょう!




 Fクルーラー様。

 無事退院いたしました。 ホッ…。
 映画 「大奥」 情報、ありがとうございます。 結局ドラマの 「大奥」 も、たぶん最終回まで録れてないと思う(未確認)ので、レビューにはつながらないと思いますが、何より 「はつ恋」 の集中再放送も見逃してしまったこと、Fクルーラー様には申し訳なく思っております。
 それにしてもオノマチにまたやられたとのこと。
 来年の冬ドラマの彼女も、大いに期待できるかな?




 わかば様。

 ご心配おかけいたしました。
 大河の最終回はこのところ回想シーンで15分、30分延ばしというテが常套だったので、実にスッキリしてよか最終回だったと思います。
 ただ最後の清盛は、歯がまぶしかった(爆)。 ホワイトニングしすぎつーか(笑)。




 そら様。

 励ましのコメント下さり、ありがとうございました。 いい骨休みになりました。
 ただまあ、休んだ分また働かにゃあならないでしょうね(笑)。




 巨炎様。

 「江、落馬しちまえ!」 には病室のベッドの上で笑いました。 だけどああいう分かりやすいのがよほど視聴率がいいんですもんね。 「梅ちゃん先生」 もそうだったけど、みんなドラマをしかめっ面で心臓バクバク言わせながら見たくないんでしょうね(笑)。




 皆様のコメントを読んで大いに励まされました。 心配をしてくださるかたがたは、私にとってかけがえのない財産なのだな、とあらためて感じております。 本当に、本当に、ありがとうございます。

|

« 中村勘三郎サン、死去 | トップページ | 「平清盛」 最終回まで見て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

リウ様
退院おめでとうございますshine

首を長うしてお待ちしておりましたよ〜happy01

シャバは、お寒うこざいましょう。
年末年始、またしても雪の予報weep
となっており、1月、2月が怖いですね。

リウ様は、やっと、ご自宅に戻られてホッとなさってるのではと推察致します。

入院なさっている間に、政権交代、
株価は上がり、円安モードに。。。
この状態がいつまで続くのやらですが。。

年明けから、またお仕事でお忙しいのではと思います。
くれぐれもご無理をなさらぬようにsign01
これから、ますます寒くなって参りますから早めの手当が肝心かと思います。

ではでは良いお年をお迎えくださいね。

投稿: rabi | 2012年12月28日 (金) 19時03分

 退院おめでとうございます。

 良かった!私は、足の痛みはあったりなかったりです。

 正月、宮崎の実家に帰ります。親の顔を見ておかないと。

 かむろは、くたびれた赤い着物を着て、捕えられた盛国のいる屋敷の庭で、座って、平家物語を琵琶をひきつつ唄ってました。かむろの、リーダーだった子でした。びっくり!盲目のようでしたね。それが、かつての、清盛からの仕置きのせいかはわかりませんが。諸行無常でした。

 それでは、リウ様、御養生して、お正月をお迎えください!良いお年を!

投稿: ささ | 2012年12月28日 (金) 21時57分

リウさん
退院、まことにおめでとうございます!
あ~良かった良かった
年越しを自宅で迎えられること、何よりです。
ご無理なさらず、やわやわと(新潟の方言 のんびりと)お過ごしくださいませ

『平清盛』は私初めての完走でした。
そもそも大河を見る習慣がない家で育ったのでお初でこれかよ!なのですが
確かに難解で、リウさんやささ様に助けられてではあったのですが見続けて良かった!としみじみ思います。
松山くん、中2病と揶揄されてもあの青春野郎の描写があったればこそ、晩年の汚れちまった悲しみが胸に迫りラストに向けて毎回泣けて泣けて仕方なかったです。

特にひいきの俳優さんが出演していた訳ではなかったのに、一年キッチリみちゃいました。

最終回、安徳帝を抱いて入水する場面でのフカキョンがとても美しかったのには、あれ、こんなに美人だったかしらん?と思いました。
西行がとってもいい仕事をしていたので(清盛の口寄せか?)あれこれ思い出すに、またまた泣けました。

『ゴーイング マイホーム』は阿部ちゃんの惚けた味わいが、噛めば噛むほど染み出してきて、地味な作品だったけどジンワリジンワリ、半身浴みたいにあったかくなれた。


今日は年末の大掃除で、キッチンを徹底的にやっつけました。
けど…
すぐ疲れる。
来年も同じように動けるかしら?
不安になりました。
とうとう老眼鏡を買いました。
腰にはカイロをはっつけてます。
右の前髪のとこに束になった白髪を見つけ、暫し固まりました。
こうやって、母も年を重ねてきたんだと今更思います。

それにしても寒いですね…
どうぞよいお年をお迎えください!
来年も、リウさんのブログ楽しみにしてます。

投稿: みち | 2012年12月29日 (土) 00時17分

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

確か今年の1月2月あたりも豪雪でしたよね。 それがまだ12月の段階から北海道では氷点下30度近くとか、なんなんだ、という感じですよね。

なにしろこの3週間余り、病院の風景(しかも2週間はほとんど動けませんでしたから)ばかり見ていたので、外の景色がこれほど新鮮に映るとは思いませんでした。

行き交う人も白衣を着てるわけではなくて(笑)さまざま、街路樹はすっかり冬の装いで、車が動いているのさえ珍しい(そこまでか)。 何気ない当たり前の風景がこんなに慕わしいものだったのか、と感じました。

しかしまた俗世間に揉まれて心が汚れていくのでしょうかね(笑)。

投稿: リウ | 2012年12月29日 (土) 01時37分

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

もうご実家には戻られたのでしょうか。 ごゆるりと年の瀬をお迎えになられるよう、念願しております(確か去年の年末や今年の初めにも、同じようなことを申した覚えがあるのですが、ささ様にとっても私にとっても、かなり試練の年になってしまいましたね。 来年こそは!)。

「平清盛」 のレビュー、書けるのかなァ?(笑)

今回退院して久々にキーボードを叩き続けたんですが、かなり疲れた(笑)。 立ち上がればフラフラしますしね。 座っているより外に出て歩くとかリハビリしたほうがいいような気がします(笑)。

投稿: リウ | 2012年12月29日 (土) 01時44分

みち様
コメント下さり、ありがとうございます。

恐れ入ります。 やっと退院いたしました。

白いメッシュの入った深キョン(メッシュじゃないつーの…笑)、私も 「美しい…」 と感じ入りました。 なんだこの凛然としたたたずまいは。 この子、こんなにすごい女優さんに化けたのかー、と思いました~。

イカリを体に巻きつけて海に落ちて行ったのは、私の場合どうしても前回の大河 「義経」 の阿部寛サンを思い出してしまって。

その阿部寛サン、「ゴーイング マイ ホーム」 ではかなり笑えました。 でもそれまでの 「アットホーム・ダッド」 や 「結婚できない男」 のような突っ走り方ではなくて、抑えて抑えて醸し出している可笑しみ、というものを表現していたように思います。 最後まで見られなかったことは、とても残念です。

ともあれ、今年もまだ、年内に 「私のベストドラマ」 を選定せねばならない、と感じておりますが、最後でつまづいたことで、かなり片手落ちなランキングとなってしまうような気がいたします。

ここでバラしてしまえば、今年のベストワンはもうすでに不動であります。 「カーネーション」 です(笑)。

でも、このドラマがすごすぎたおかげで、その後 「梅ちゃん先生」 の当ブログレビューに大きな支障が出てしまいました。 そのことはどうしても書かなければならない、と感じております。

ともあれ、まだ当ブログ、年内の店じまいをしたわけではございませんので、年の瀬のご挨拶はあえてご遠慮させていただきます(ハハ…)。

追伸 私、もうすぐ48になるというのに、老眼鏡はまだまだ要らないみたいですcoldsweats01

投稿: リウ | 2012年12月29日 (土) 01時59分

 30日の深夜に出発しまして、紅白の途中で実家に着けば上出来な感じの予定です。車で帰ります。娘が30日まで、バイトをするのです。しめ縄や餅、お飾りがいっぱい売れて、十分すぎるくらい年末気分を味わっているそうです。(笑)実家に帰る私は何も用意してません。(笑)でもお掃除を少しずつやってます。去年、先送りしてたら、腰の爆弾が破裂しまして(笑)結局できなかったですから。

 残った分は来年に回すけど(笑)

 というわけで、30日までは、リウ様のブログを読ませてもらいます。(笑)

 さて、今朝も起きたら、娘のお弁当を作らなくては。(笑)雨音がしてます。おやすみなさい。

 

投稿: ささ | 2012年12月29日 (土) 02時37分

リウ様、おはようございます。
退院、おめでとうございます。

ブログ更新、後回しで構いませんので、
気力体力の充電を第一義に考慮して、
決意の一助となさって下さい。

ネタ投下>
NHKで放映された重松 清原作『とんび』が、
TBSの連続ドラマで此の度スタートです。

ヤスさん……内野 聖陽
アキラ………佐藤  健

年末年始、本格的に寒くなります。
御自愛して、お過ごし下さい。
よいお年を。

投稿: M NOM | 2012年12月29日 (土) 03時38分

ささ様
レス下さり、ありがとうございます。

ヒエ~、強行軍ですねぇ~。 くれぐれも事故にはお気をつけていってらっしゃいませ。 しかも長時間のドライブとなると、腰にはかなりの負担かと。 1時間ごとのサービスエリアをお勧めいたします。

今年の冬って、なんか雨が多いですよね。 今はもう晴れてますが。

退院して調子に乗って、夜昼構わぬ生活をしてます(イカンなぁ)。 なにしろ病院では強制的に9時消灯、6時起床、って、結構きつかったですから。 1日ほとんどベッドの上なのに、そのうえ寝てられるかみたいな(笑)。

調子に乗ったあげくの果てに、部屋の模様替えとか犬の散髪とかしてます(笑)。 当ブログはたぶん、年末年始関係なく作動すると思います。

投稿: リウ | 2012年12月29日 (土) 12時00分

M NOM様
お久しぶりです。 おかげさまで退院いたしました。 コメント下さり、ありがとうございます。

「とんび」 は、えー、NHKのやつでは少々お涙頂戴みたいに感じて泣けなかったのですが、主人公のヤスさん、ですか、前の人(え~、名前は…あの 「三丁目の夕日」 の人です…笑)もそうでしたけど、実力じゅうぶんですよね、ご両人とも。

個人的な話で恐縮ですが、話的にあまり 「泣け泣け」 タイプのものは白けてしまうタイプなので、あまり期待はしておりませんが(はっきり言うなあ…笑)、見てみようかな、という気にはなっております。

投稿: リウ | 2012年12月29日 (土) 12時07分

リウ様
ご退院、おめでとうございます!・・・と思ったら、もうコメント全開ですね。どうか、無理をなさらぬよう。

清盛の最終回、ここの皆様の丁寧なご指摘もあり、もう一度見ようと思います。なんか、アメリカの群像青春映画(アメリカン・グラフティとか)のエピローグを1話丸ごとやったような最終回でしたが(○○○○、1970年、ベトナムで死亡とか出るパターン)、それまでの回があまりに濃すぎたんで、あれぐらいで丁度よかったのかなあと思っています。

ただ、清盛の生霊に説得された頼朝が、義経斬りを決意する描写が、ちょっと軽かったかなあという気はしましたが、まあ、仕方ないでしょう。ここでまた、頼朝のダークサイドとか業を表現すると、それこそエンドレスになってしまいますからね(笑)
今、JINの一挙再放送やってますね。これって、次回大河へのあやかり作戦でしょうか?「八重の桜」予告を見た限りでは、戦闘シーンなどは「坂の上の雲」っぽく、期待できるのですが、さて、どうなのでしょうか。

1月からのドラマは、瑛太、オノマチ、真木よう子の「最高の離婚」に期待しています。基本、コメディーということと、尾野真千子さんが「怒鳴る女」ではなく、大雑把でアバウトな妻の役というのが気になりますので。彼女のコメディエンヌの才能を密かに買っている私としては、とりあえず、観ないわけにはいきますまい。
それと、TBS日曜劇場枠の「とんび」ですかね。これは、去年NHKでやった堤真一さん主演の同じ原作のドラマスペシャルが大変良かったので、今度は内野聖陽さんが、あの不器用な昭和の父親をどう演じるか、ちょっと観てみようと思っています。このところ、残念な出来の作品が続く枠ですが、いい作品になればいいのですが。

と、無理をするなと書いておいて、結構長くなってしまいました。どうもスイマセン(笑)くれぐれも、ご自愛のうえ、楽しいレビューをお書きくださいませ。

投稿: Zai-Chen | 2012年12月29日 (土) 12時36分

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

おかげさまで危なっかしくも突っ走っております(笑)。

「平清盛」 の考察についてですが、「頼朝挙兵」 の項の、ねこ様へのコメントを今しがたまで書いておりまして、そちらに結構言いたいことをぶっ込んでしまいました(笑)。 これ以上、「最終回まで見て」 のレビューが書けるかどうか微妙です(ぜひともコメント欄をお読みください、たぶん理解が深まるかと思います…笑)。

最終回グラフィティは、まあ清盛が死んだあとですもんね(笑)。
頼朝が自分の義弟である義経を追討しようとしたのも、この最終回ののっけから強調されていた、「平家は一蓮托生」 のアンチテーゼとして、私は自然に受け入れられました。
まあ、その 「一蓮托生」 を言った頼盛があっけなく死んでしまったのは、ちょっと 「それじゃダメじゃん、平家存続しないじゃん」 と言いたくなりましたけど(笑)。

でも平家も、結局いろいろいらっしゃったようで、平左衛門尉頼綱みたいなのも鎌倉時代にはいましたし。 あれも平家の残党の一員なのかな?

来年の冬ドラマに関しては、これからお勉強ですが(笑)、今のところ皆様からの情報だと、「最高の離婚」 がいちばん注目なのかな、なんて感じています。

投稿: リウ | 2012年12月29日 (土) 14時40分

リウ様

ご退院おめでとうごさいます!
大変な入院生活だったようですが、
ご自宅で年越しできてよかったですね。

ただ戻るなりずっとPCの前だと
また腰によくないかもしれないので、
ぜひお気をつけ下さい。

平清盛、私的には
最後の小兎丸までつなげて
くれたところなど、よかったです。

ぜひ来年もレビューや、みなさまとの
コメントのやりとり楽しみにしてます。
最高の離婚、含め、新年のドラマは
見たいものがいっぱいです!
ブログ楽しみにしてます。

(決して書いて下さい、という
お願いではありませんが、
私は、八重の桜、書店員ミチルの身の上話
夜行観覧車 カラマーゾフの兄弟・・あたりは
初回チェックするつもりです♪)


投稿: PIPI | 2012年12月29日 (土) 16時26分

リウ様、ご退院おめでとうございます。

 今年中にご自宅にお帰りになる事が出来て本当に良かったです。それにしても身動きの出来ないお辛い入院生活でしたね。

 今月初めに私の連れ合いも入院しておりまして(既に退院できましたが)、病院は治療していただける有り難い場所ですが、今年は悪いウイルスなども流行っていて、一日も早く病院から解放されたいとも思いました。

 病院の中は気温が一定で暖かかったので「娑婆」に出ていらっしゃると寒いでしょう? お風邪には充分注意してくださいね。 

 「ゴーイングマイホーム」は最後まで本当に良かったです。素敵な所は沢山ありましたが、youさんと吉行さんの母娘の会話や阿部さんとyouさんの姉弟の台詞のやり取りが絶妙でした。

 「清盛」も今日の再放送まで思わず見てしまいましたよ。どちらも視聴率が悪かったようですが、充分素晴らしいドラマだったと思います。

 お体に無理の無いようにそろそろと始動されてくださいね。「あー、退院されて、良かった!」

投稿: ゆみ | 2012年12月29日 (土) 17時25分

おかえりなさい!
年内に退院されて良かったです。

無理なさらずにぼちぼちとですね。

といいつつ、ブログ楽しみにしています。
どうぞ佳き年をお迎えください。

投稿: わかば | 2012年12月29日 (土) 21時03分

リウ様
 退院おめでとうございます。既にご経験があるようですが、入院すると想像以上に体力が落ちますので、東京も雪と聞きました(私も明日帰る予定ですが)が、何卒ご自愛下さいますよう。「はつ恋」はまたご縁があれば是非ご覧いただければ。今回の再放送はおそらくDVD発売に合わせてのことと思いますが、また情報をキャッチできたらご報告できればと思います。
 「ゴーイングマイホーム」、私は最終回だけ視てみました。地味と言えばそうなのですが、セリフにリアリティがあり、私の好きなトーンのドラマでした。民放では珍しい、いかにも視聴率では苦戦しそうなドラマでしたね。こちらも縁があればはじめから視てみたいです。(さすがに最終回だけではクーナの世界に浸れませんね。。)
 

投稿: Fクルーラー | 2012年12月29日 (土) 22時05分

リウ様。初めてお便りします。
退院おめでとうございます。

「JIN」以来、ずっと楽しみに拝見しておりました。「カーネーション」そして「平清盛」と、これほど深いレビューはなかなか見られるものではないと、感嘆しております。根底に深い哲学のようなものを感じます。共感することしきりです。

「清盛」、特に後半は素晴らしかったですよね。私の中では歴代の大河でナンバーワンです。リウ様のレビュー、楽しみにしています。

来る年がリウ様、そしてこちらに集われる皆様にとりまして素晴らしい年になりますように。

投稿: 老犀 | 2012年12月29日 (土) 22時16分

PIPI様
コメント下さり、ありがとうございます。

ご指摘くださいました通り、PCの前に座り続けていたら、少々お尻が痛くなりましたcoldsweats01。 座っているだけでも、寝てるだけに比べれば幾分体力がいるのかな?

やはり1か月近くも入院していると、そのほかにもやるべきことが多くて、どうも自分の体力と相談することを忘れてしまいます。

でも、退院したから即フルスロットル、つーわけにはいきませんね。

PIPI様の見たい番組を拝見して、まだまだ知らないのが多いなーと思った次第です。 私の場合とりあえずTBSの 「ダブルフェイス」 は年末年始、押さえとこうかな、と思いました。

投稿: リウ | 2012年12月30日 (日) 06時43分

ゆみ様
コメント下さり、ありがとうございます。

起き上がれないというのは実につらいものでございました。 なにしろ両手の動く範囲でしか行動できない(笑)。 じっとしてても痛み続けるので、夜などは特に眠れず、たぶんモルヒネみたいな(なんだか知りませんけど)強い注射を毎晩打ってもらって。 それでも4時間くらいしか効かないのです。

ノロウィルスは病院内でも、特に警戒が強いように感じましたね。 なんにつけ消毒消毒で。

本当にご心配をおかけしたしました。 昨日は少々頑張ったせいで早々からお休みモードに入ってしまいましたが、今日のうちに片付けたいレビューもひとつ残っておりますので、また頑張っちゃうかもしれません。 どうもPCを我慢した反動が出てます(笑)。

投稿: リウ | 2012年12月30日 (日) 06時54分

わかば様
コメント下さり、ありがとうございます。

どうも、座ってるだけでも体力消耗するみたいで、「無理をしないで…」 という加減というものが分かってないようですcoldsweats01
ただでさえ年末なのに、どうも困ったものです。

また皆様にご心配をおかけしないようにしなければ、いけませんよね。

投稿: リウ | 2012年12月30日 (日) 06時58分

Fクルーラー様
コメント下さり、ありがとうございます。

フレンチクルーラー、食べたくなってきた(まだミスドあいてないって…笑)。
病院内でのコンビニでもドーナツは売ってましたけどね。 私、お菓子人間なので(笑)手術後体が自由になったらそのコンビニで毎日1袋は買ってました(笑)。

どうも 「はつ恋」 にはいつもフラれ続けているような気がいたします(笑)。

またドラマって、旬を逃すと 「なにをいまさら…」 感が強まるので、見逃したものを年末年始にやってもらいたいのですが、このたびはフジテレビでも、あまり一挙再放送とかやってくれてない模様(「ラッキーセブン」 とか、別に個人的に興味のないものはやるみたいですが)。 「ゴーイング マイ ホーム」「遅咲きのヒマワリ」 などを期待したのですけどね…。

投稿: リウ | 2012年12月30日 (日) 07時08分

老犀様
はじめまして。 退院お祝いのコメントを下さり、ありがとうございます。

私のレビューに対しておほめの言葉を賜り、恐縮至極です。 特に哲学的な思想を意識して書いているつもりではございませんが、もともと自分自身説教臭い人間なので(笑)、それが文面に出てしまうのかもしれません。

「平清盛」 はなんとかかんとか全部視聴したので、今日中にはレビューを仕上げたいな、と思っておりますが、元来怠け者なのでもしそれが叶わなかった場合、どうぞ 「頼朝挙兵」 の項の、私のねこ様への返信をお読みくだされば、幸いです。

投稿: リウ | 2012年12月30日 (日) 07時13分

リウさま、
退院おめでとうございます。
ちょうど年末年始に当たりますので、ゆっくりと休めるといいですね。

無理なさらずに、また新しい年のドラマのレビュー、楽しみにしておりますので、ご負担にならない程度に、更新してくださいね。

では、良いお年を。

投稿: マーシー | 2012年12月30日 (日) 20時56分

マーシー様
コメント連投下さり、ありがとうございます。

さびしんぼうなので、休んでいるのをいいことに、ブログを書きまくってます(笑)。 無理をしているつもりはないのですが、たまっていたものを吐き出すような形で連発してます(笑)。

このブログはたぶん年内明日まで続きますが、どうぞよいお年をお迎えくださいませconfident

投稿: リウ | 2012年12月30日 (日) 22時57分

リウ様のお言葉に甘えて。

実はケーブルで、グラナダ版のシャーロック、連続放送していたんですよ。

シーズン1の若いころのジェレミー・ブレッド、
実に実に美しくて、ユーモアもあって、
なにしろ、若い!!!!
ワトソンは言うに及ばず、ハドソン夫人とのやり取り、ほんとに面白かったです。

字幕だったらもっと楽しめたのになあと残念でした。吹き替えはカットしている部分もありますし。

かえすがえすも、ジェレミーの病気が残念です。

投稿: マーシー | 2012年12月31日 (月) 14時06分

マーシー様
いやいや、まぁー、またお会いいたしましたね、淀川長治です(笑)。 コメント下さり、ありがとうございます。

いや~、「SHERLOCK2」、まだ見てないい~(笑)。 お正月を使ってゆっくり見ようかなァ。 どうも見るのに勇気のいるドラマというのは、後回しにしてしまう傾向が強くて。

そういえばこれ、1日から3日連続でNHKBSプレミアムで再放送ですよね。 字幕でしっかり見たいからそっち見ようかな。

それにしてもジェレミー版をまたまたご覧とは、マーシー様はドラマのシャーロッキアンですね(海外ドラマファン、と申し上げるべきかも?)。

ではでは、またまたよいお年をconfident

投稿: リウ | 2012年12月31日 (月) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/56410975

この記事へのトラックバック一覧です: 入退院の顛末そして御礼…:

« 中村勘三郎サン、死去 | トップページ | 「平清盛」 最終回まで見て »