« 「とんび」 第1回 なんか今回は泣けました | トップページ | 「いつか日の当たる場所で」 第1回 遅ればせのレビューですが »

2013年1月14日 (月)

「八重の桜」 第2回 どうして銃をそんなに持ちたいのか

 今回は、セリフの書き起こしを中心のこのドラマの勘どころを探ってみたいと思います。
 それほどこのドラマのセリフは、よく練られている。
 あまりに的確すぎて、なんの引っかかりもなくスーッと見てしまう危惧さえ感じるのです。

 「やむにやまれぬ心」 という副題がついた今回のこのドラマ。
 その心を持っていたのは複数の登場人物です。

 まず黒船に乗り込もうと、脱藩まで考えていた八重の兄覚馬。
 「無茶しねえとなんも始まんねえべ。 断固として事を行なうとき、人はみな狂気だ。 狂気っつうのは、やむにやまれず命かけるってことだべ。 それぐらいの熱がねえど、黒船には太刀打ちでぎねえ」。
 覚馬はもし実行した時に露見した場合を想定して、会津藩脱藩まで考えています。
 この思考構造は、実に3年前(「龍馬伝」)の坂本龍馬と同じ(笑)。
 でも脱藩って、そんな笑いごとではない。

 そして覚馬が考えていた黒船乗り込みを、まさに実行してしまった、吉田松陰。 やむにやまれず、こっちは実行してしまった。

 そしてその松陰への手紙から奉行所へ呼び出された佐久間象山。
 お上の旧態依然とした考えに、「やむにやまれず」 大声を張り上げてしまいます。
 「海外渡航を禁ずる法など、もはや意味をなさぬ。 港を開いた今、諸外国の事情を探索することこそ急務。 寅次郎(松陰)、国を思い、やむにやまれぬ心で渡航を企てたのでござる。
 それを、つかまえて罰する。
 なんたる…大バカかぁっ!」

 やむにやまれぬ心は、佐久間塾で黒豚の番をしていた少年にも宿っています。
 この少年、新島七五三太(しめた)、「新島」 という名前でピンとくるでしょうが、のちの新島襄です。 なんでかような変な名前になったかというと、女ばかり生まれていた家系で初めて生まれた男の子で、父親が 「シメタ!」 と思ったからだとか(笑)。 ワダスもそれとなぐ勉強してます(訛っとるぞ)。
 この男の子は黒豚の絵を描いているうちに柵から脱走させてしまい(「あしたのジョー」 かよ)(「ジョー」 つながりだ…笑)塾生から大目玉を食らいます。
 「不思議な鳴き声が気にかかり、つい、入り込んでしまいました。 熱中すると、どうもいけません」。

 その場に居合わせ捕獲に協力していた西郷吉之助(隆盛、吉川晃司サン)が、それに反応します。
 「よかよか! それくらいの熱がなきゃあないもものにはなりもはん(なにもものにはなりはしない、つーことでしょうか)」。
 ブタが逃げても描きたいという、やむにやまれぬ心。 そしてその心意気に共鳴する、西郷どん。

 そしてドラマ上、いちばんの 「やむにやまれぬ心」 を持っていたのが、八重、ということになります。

 それは 「どうしても砲術を教わりたい」 というものですが、彼女が銃にどうしてそこまでこだわるのか、という作り手の説明は、私が見る限り希薄だったように思います。
 ただそれは見ていればおのずから分かることのようにも思う。
 つまり八重にとってあこがれの兄がしていたことだから。
 そして弾が命中した時の爽快感の、虜になったとも言えましょう。 真ん中に命中した板を、八重はのぞき込んでいましたよね。 おそらくこれって、スポーツ的な楽しさというものに気付いていたのかもしれない。

 でも、射撃がスポーツとして成立している現代に生まれていればよかったのですが、八重が生きていた時代は、銃を持つことすなわち対象を殺すこと。

 それを教えようとして、父権八は野鳥狩りに八重を連れ出します。 「お父っつぁま、とうとう鉄砲、教えてくれんべかな」。 八重はウキウキしながら、父がしとめた獲物の鳥を捕獲に行くのですが。

 鳥はまだ息があり、バタバタともがいている。

 躊躇する八重を尻目に、権八はとどめの一発を食らわせ、獲物を絶命させるのです。
 飛び散る羽。

 「死んだか?」「はい…」。 息絶えた鳥を両手で持ち上げ、悲しそうな顔をする八重。

 「息の根を止めたのは、鉄砲の弾だ。 弾に急所さ射抜がれたら、必ず死ぬ。 鳥も、獣も、人間もだ。
 鉄砲は武器だ。 殺生する道具だ。
 戦になれば人さ撃ぢ殺す。
 角場の的撃ちは面白ぐ見えるかも知んねえ。 んだげんじょ、的さ撃ぢ抜ぐということは、すなわち人間の心の臓さ撃ぢ抜ぐっつうことだ。
 恐れるこどを知らず、形だけ真似でいては、いづか、おのれの身が、鉄砲に滅ぼされる。
 んだがら、砲術やるもんは、学問と技を磨がねばなんねえ。
 何より、立派な武士でなければなんねえ。 分がんべ?」

 気落ちする八重は、機織りの際に、母佐久(風吹ジュンサン)から諭されます。
 「糸繰(ぐ)りはなんのためにやる? 機(はだ)を織るためだべ。 一家の着物を揃えるのは、おなごの大切な役目だからなし。
 んだら、鉄砲は、なんのためにやる?
 鉄砲撃づのは、おなごの役目じゃねえ。
 それでもやんねばなんねえわけが、八重にはあんのがし?」

 そのわけを、考え続ける八重。

 そして月日は流れ…。

 綾瀬はるかチャンに交代した八重は、久々に会津に帰ってきた兄覚馬に直訴に至ります。

 「わだし、砲術さ習いでえのです。

 お父っつぁまには叱られるし、おなごのやるごとでねえのも、よーぐ分がってる。

 んだげんじょ、やっぱりやりでえ。

 砲術のこと知りでえ。 鉄砲、撃っでみでえ。

 兄(あん)つぁまや三郎(弟)と同じように、砲術の家に生まれで、わだしだけやれねえのは、悔しい…。

 お父っつぁま、兄つぁま、わだしに砲術さ、教えてくなんしょ!」

 権八は八重から没収した、数年にわたる砲術書の書きうつしを覚馬に見せようとして、その膨大な束をドサッと落とします。
 権八は八重の意気込みとその才覚をよく心得ているのですが、だからといって鉄砲を覚えてなんになる?という親心を持っています。 いくらうまくなろうと、その技術を披露する場などない。 結果的に切ない思いをするだけだ、というのですが、権八の気持ちの中では、どこかに戦の匂いを感じ取っている部分があるのかもしれない。 戦場に八重が駆り出されるほんの少しの可能性を、感じ取っているのかもしれない。

 この書きうつしを見た覚馬は、幼い頃から長い間続いていた八重の気持ちに思いを馳せ、つぶやきます。

 「八重も同じだ…。

 やむにやまれず描いでる…」。

 覚馬はついに、八重に鉄砲を持たせます。

 「重いが?

 それが鉄砲の重さだ。

 命をやり取りする、武器の重さだ」

 覚馬は、なんにもならないかもしれないこの訓練に、八重の覚悟を強く促すのです。

 こうした 「やむにやまれぬ心」 のエピソードのたたみかけ、というのは、朝ドラみたいに15分刻み、1週間単位でやると、かなり分かりやすい性格のように感じます。 でも45分の大河ドラマだと、冒頭に書いたようにスーッと見てしまって、なんだかとても簡単なロジックでドラマが回転しているように思えてくる。

 八重が鉄砲を持つ意味というのは、ホントのところこのあと弟の三郎が絡んでどんどん重たくなっていくのですが、この第2回の時点では、山本リンダじゃないけど 「もうどうにもとまらない」 レベルで話が展開している(笑)。 理屈じゃないんだただやりたいだけなんだ、みたいな。

 そして八重は、そのうちに鉄砲と決別しなければならなくなる。
 ただ、その心の中に、八重はいつも鉄砲をしのばせながら生きていくことになっていくのであり、おそらく作り手の意識の中では、第2回の段階では、その精神を描こうとしている部分があるのではないか、などとつらつら考えるのです。

|

« 「とんび」 第1回 なんか今回は泣けました | トップページ | 「いつか日の当たる場所で」 第1回 遅ればせのレビューですが »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

 とても、丁寧に練られた脚本。そうですね。私もそう思います。ちゃんと内容が副題に沿っている。詐欺ったりしない(笑)

 八重さんは相変わらず木登り好き。「おはなはん」をちょっと思い出します。(笑)

 覚馬兄さん、立派すぎ!ここ2回は主役みたい(笑)幕末明治の偉人は将来の妹婿2人を含めて、塾でお知り合いになれるし。(笑)松陰先生知ってれば、長州はみんな先生の弟子みたいなものだし、西郷にもすれ違えるし。

 でも、みんな黒船には取り憑かれるものなのね。(笑)

 八重さんの会津を中心に丁寧に周りの人達をえがいているのは、篤姫に少し似ているかなと思います。私は最初の数回しか見てませんが、篤姫も薩摩の日々を丁寧に描いていた気がします。江と違って(笑)

 今回一番気に入っているのは西郷さん。吉川さん、かっこいい!豚を捕まえて、新島少年に優しく接している時と、佐久間先生に会うため階段を下りる時と、雰囲気ががらりと変わる!西郷さんの懐の広いところ、凄み両方演じてる!かっこいい!信長より、西郷さんの方が素敵(笑)

 綾瀬さんはJINを思い出させる、健気さですね。会津の言葉もかわいいです。時々、フランス語のように、柔らかく優しく聞こえます。

 会津の風景がとてもきれいです。

 それと、出戻りになった、稲森さんの照姫様。美しかったです。美しいって、哀しいのですね。

 この大河、震災の後で東北を舞台のものに急遽変更になった大河でしたけど、綾瀬さんのいじらしさ、健気さで、篤姫以上に化けるかもしれませんね。ならぬことはならぬ。やむにやまれぬ心!大河をずっと愛している年配の方たちの心にとても響くと思います。

 

 

投稿: ささ | 2013年1月14日 (月) 21時38分

ささ様
コメント連投下さり、ありがとうございます。

ささ様が全部ご覧になっていない 「篤姫」 のことを俎上に乗せるのは申し訳ないのですが、「篤姫」 の場合、西郷が江戸城に進軍してくることによって、同郷のよしみである篤姫と敵対関係になり、物語に重厚さを持たせる狙いもあり、薩摩のことをかなりしつこくやったのだと思っています。
島津斉彬・久光公のことまで詳細にやったですからね。
「篤姫」 にはちゃんと原作があったから、ちゃんとすることが出来たわけです(皮肉…)。

翻って 「八重の桜」 は、物語がかなり広範にわたってトータライズされているような印象を受けます。 その象徴が松陰・象山ラインで(笑)。 勝サンとか西郷どんとか、なんか各地の人が出すぎ(笑)。

私としては福島弁をもっと聞いていたいのですが(このドラマの福島弁が分からん、という声もネットではよく聞きますね~)、なかなかそのことばかりやらない。 第1回で出てきた西田敏行サン演じる西郷頼母とか、もっと会津の閣僚のことをやってもいい気がするのですが。

やはりこのドラマは、主人公八重が会津から飛び出していく話なんだ、と思うんですよ。 飛び出してからは、結構八重も里帰りもするけれども、あまり人生の根幹にかかわることに結び付いていかない、という気がする。 篤姫みたいに、故郷と対立することなんかなく。

でもそうなると、どうして稲森いずみサンにあんなに時間を割いているのかな、という気もします(笑)。
どうも稲森サン演じる照姫は、和歌を作るのが上手だったようで、「平清盛」 の文芸路線の継承者なのかもしれません(笑)。

…綾瀬はるかサンの福島弁は、なかなかイケてます。

投稿: リウ | 2013年1月15日 (火) 09時23分

綾瀬さんの八重は現時点で12歳か。
SQのコミック版と同じ。

「カーネーション」の尾野サン糸子は14歳は
さすがに無理を感じ17、8歳ぐらいに見え
女学校の人達の出演者の年齢を合わせる事で
違和感を打ち消していました。
静子役の柳生さんによる女学校は無理が
無かったですが第2週の11歳は本人も少し
恥ずかしかったのではないでしょうか。
一応、二宮糸子と同い年。

投稿: 巨炎 | 2013年1月15日 (火) 10時23分

 稲森さんに時間をさくのは、稲森さんが美しいから。照姫さまが美しい悲劇の人だからじゃないですか。会津公もだけど。(笑)美形には悲劇!日本人は大好きですから。

 綾瀬さん、鶴べえさん(変換がめんどーなので)のバラエティで、天然ぶりを発揮してましたが、そこが演技でも自然でいいのだと思います。松ケンくんとは違って余計な力が入ってない!(男と女の違いだろうけど)でも、健気さは表現されている。会津言葉、わかんないところも、ミステリアスでいいんですよ。(笑)綾瀬さんのかわいさをひきたてて。柔らかいの!九州弁の語調の強さなんかとちがって、上品!ほっこりします。お国ことばでしゃべってると、九州人はけんかしてると思われるらしいので、とってもうらやましいです。(笑)

 

投稿: ささ | 2013年1月15日 (火) 10時52分

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

ここんところ、NHKの年齢軽視傾向に(笑)少々感覚が麻痺されているせいか、「もうい~やこれくらい」 と思っている自分がいます(ハハ…)。

もうあとワンクッションあれば違和感もなかったんでしょうけどね(幼年期、少女期、成人期)。

コミックでも展開してるんですね、このドラマ。
予習が出来ていいな~。

投稿: リウ | 2013年1月15日 (火) 14時11分

ささ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

いろいろ調べると、結構鶴ヶ城の攻防の時に存在感を発揮しているみたいで、八重とどう関わっていくのかもちょっと楽しみかな~、照姫様。 和歌を詠み始めたときは、「また始まったぞ」 とか思いましたが(笑)。 まだ和歌の解説までテロップは出てませんでしたよね(笑)。

鶴瓶サンの変換は、私はいつも 「つるびん」 と打って変換させてます(笑)。 「家族に乾杯」 は予約しときましたが、見るヒマあるのかな~。
なにしろ仕事が始まると、ブログもテレビ視聴もしてる時間がなくて…。

投稿: リウ | 2013年1月15日 (火) 14時17分

「やむにやまれぬ心」に突き動かされ、ひたむきに前に進むヒロイン。まさしく朝ドラの王道ですよね~。八重ちゃんが出てくると、相変わらず豪華な朝ドラに見えてしまいます。

けど、朝ドラと違うのは、その行きつく先が、洋裁でも町医者になることでも、「まほうのくに」を作ることでもなく、鉄砲という、殺傷のための道具の修得。それから、目を逸らさず、父や兄にはっきりと語らせていることで、この脚本、信頼がおけると思いました。

このあたり、山本むつみさんという方は、大変バランスのとれた書き方をする作家さんなんだ、という印象があります。「ゲゲゲの女房」でも、皆いい人、いい話だけではなく戦争の傷を引きずった人や、高度経済成長に取り残され、消えゆくものもしっかり描いてましたし。

まあ、前作とは全くテイストが違う作品ですが、目下のところ、期待値上昇中です。

投稿: Zai-Chen | 2013年1月15日 (火) 22時20分

Zai-Chen様
コメント連投下さり、ありがとうございます。

「まほうのくに」 とか 「おじい」 とか聞くと、なんとなく 「はいはいはいはいわかりました、あーあーあーあーそうねそうね」 と漫才みたいなリアクションをしたくなる今日この頃(爆)。

山本サンの脚本はテーマ重視、ということにおいて文句はないのですが、それをどうやって歴史全体の意義と絡めて見せていくか、そこに今後は注目していきたい気がします。

明治維新に向けて時代がうねっていく流れの中で、「やむにやまれぬ心」 つまりどうしてもそうしなければおさまらない心、に光を当てる切り口というのは、結構斬新なように思える。

ぼんやり見ていると、分かりやすいドラマですが、今後とも深読みもできるドラマにさせてほしいなーと思います。

投稿: リウ | 2013年1月17日 (木) 14時13分

 私も照姫の和歌には、「西行を解説につけるか」とちょっと思いました。(笑)でも、先日の歌会始をNHKの中継で見まして、和歌の高貴さへの偏見?は見苦しいと反省しております。和歌ってだけで、身構える自分をそろそろ成長させようかと。でも川柳、俳句だっていまいちなので、道険しですね~。和歌って、日本でも男女の区別なく、心情をあらわす手段として、万葉集の時代から、脈々と受け継いできたものなんですよね。日本人のたしなみなんだなと理解しようと思います。敷居が高いとは思わずに。

 それに綾瀬さんや子八重ちゃんなんか、砲術ですから(笑)龍馬伝の龍馬たちよりずっと難しいそうな本を独学で読んでるし(笑)日本人って、「ダメ」といわれながらも、健気にくらいついてがんばる姿にやられちゃうのよね~。

 そして、八重ちゃんのお父さんもただ、女だからとかの狭い心で、反対しているわけじゃない。八重さんのこれからの人生を考えて反対している。命のやりとりを見せてまで。

 武士にとって、武器は戦争の道具でもある。自分の命、誰かの命。重いです。

 松重パパ、素敵。渋い。かっこいい。
風吹さんのママの包み込む優しさとうまく調和しています。それに覚馬兄ちゃんがかっこいい。先見の明のある人物。兄ちゃんは明治でも活躍するけど、三郎くんは。ジャンヌダルク編はなかなか、楽しいですね。ハンサムウーマンになる前に、視聴率を稼いでほしいなと思ってます。(笑)明治の偉人達の話を入れてるのも、視聴者を楽しませるためなんだろうなと思って見ています。でも、これから、どうなるかな~(笑)

投稿: ささ | 2013年1月17日 (木) 19時16分

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

はじめに、なんだか巨炎様から、「平清盛」 49話についてご質問をいただいておりますよ。 私は回答しましたが、ささ様もご指名なので(指名ってほどでもないか…笑)、もし煩わしくなければいかがかな、と存じます。 「『平清盛』 最終回まで見て」 の記事に対してです。 「最近のコメント」 で私が回答したものから飛べばたどり着くと思いますcatface

さてさて照姫の和歌の場面は、「なんとなく」 程度にしか分かりませんでしたcoldsweats01
でもまあ、「なんとなく」 程度でもいいのかな、とか。
それって教養がなくてもいいってことだから。

私の場合、和歌を勉強しようかな、という気にはなりませんが、世の中、「読んでも分かんない」 ものって、結構あふれてますよね。
「分かんないから別にいーや」 という態度では、どこまでいっても進歩がない。 分からんことは勉強するに限る、ですよ。

松重サンのいいところは、頬がこけるくらい痩せているところです(笑)。
昔はこんな顔の人がいたんではないか、という気を見る側に起こしますからね(笑)。

ではでは、ここんところ徹夜だったり、ちょと寝てないので、今から寝ることにいたしますconfidentsleepy

投稿: リウ | 2013年1月18日 (金) 06時43分

NHK「八重の桜」には、小さいときから銃を撃ちたいと言い続ける八重の姿が何度も出てくるだろう。
これは、日本に銃解禁を求めるアメリカ支配層の意向が反映されているのだ。
かつて、CIAは日本に原発を買わせるため、読売テレビと読売新聞を使い、原子力と平和を結び付けるプロパガンダを徹底的に行った事を、もちろん君たちも知っているだろう。
長期的な計画だがアメリカは日本の銃市場も狙っている。その為のステマ、意識作りをしている。
NHKはクローズアップ現代でも、ハンターが不足し鳥獣による農作物の被害が増えている、狩猟に関心を持つ若者を増やそう、そういう番組を作り放送している。

投稿: | 2013年4月 5日 (金) 01時08分

??様
ハハ、面白いですね、「君」 の言うことは。

マスコミの恣意的な世論誘導には注意しなければいけないけれど、もっと注意しなければいけないのは、毎日毎日好戦的な気分を煽っているネットの中のゴミのほうじゃないですかね? 好戦的になればなるほど、銃の必要性だって増してくるものでしょう。 テレビドラマなんかよりよほどそっちのほうが悪質だ。

このドラマに限らず、歴史ドラマを見る時の注意点として、人の死とか戦とか、根本的に現代の常識とは異なることを念頭に置かねばならない。

現代の尺度で見ようとするから、君はアメリカのロビイストとか持ち出すんでしょうが、それは論理の飛躍にほかならないことを自覚すべきです。

君たちが将来、この日本をどうしていきたいのかは分からないが、少なくとも、下らん妄想やカンチガイの愛国心で滅ぼさないでいただきたいものです。

投稿: リウ | 2013年4月 5日 (金) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/56535100

この記事へのトラックバック一覧です: 「八重の桜」 第2回 どうして銃をそんなに持ちたいのか:

» 八重の桜 第2回「やむにやまれぬ心」 [あしたまにあーな]
前回から引き続き子役の八重役で登場している鈴木梨央さんがいい味を出しています。鉄砲を学びたいという強い思いに対して、父である権八も見事な説得を行います。 それは、鉄砲を夢見るのは構わないがそれ自身が殺生の道具であり、生半可な気持ちで考えてはならないということ。すごく良いことをいいます。実際に狩りに参加させその無残な殺生は、時に人に向けられてしまうということも。 それでも、最後の最後は八重の兄である覚馬の助言もあり、鉄砲を学ぶことを許されることになります。いつの時代も異端児には冷たいのは世の常。この時... [続きを読む]

受信: 2013年1月14日 (月) 21時58分

« 「とんび」 第1回 なんか今回は泣けました | トップページ | 「いつか日の当たる場所で」 第1回 遅ればせのレビューですが »