« 「とんび」 第2-5回 NHK版との違い | トップページ | 「泣くな、はらちゃん」 第2-5回 さよならを教えて »

2013年2月13日 (水)

「コドモ警視」 マリウス葉クンが、カワイイっ!(爆)

 鈴木福クンが特殊捜査課のボスを演じ、「太陽にほえろ!」 の完全パロディだった 「コドモ警察」 の、いわばスピンオフ作品。 前作で本庁捜査員を演じていた、マリウス葉クンが主役であります。 みんな子供なのは、悪の組織レッドヴィーナスの開発した特殊ガスによって云々…あ~も~めんどくさいから省略(ほとんど説明しとるがな)。

 ただ要するに、この春劇場公開される 「コドモ警察」 の完結編?の宣伝みたいな要素もなきにしもあらずかな。 ドラマの舞台は小学校で、そこでマリウス葉クンの同級生たちがさまざまないたずらをするのですが、これを解決していく、という話でまとまっていて、大人の世界に放り込まれた子供たちの姿がそれだけで楽しかった前作の面白さは、あまり期待できません。

 それに、マリウス葉クンが解決する同級生たちのイタズラ、というのも、まかり間違えば事件性を帯びてしまう危ないものでありながら、その謎解きは 「いくらでも突っ込めるぞ、ソレ」 みたいなものばかりで(笑)。
 さらに、話を面白くする要員としてマリウス葉クンの秘密(ホントは大人なのに仕方なく小学校に通ってるという秘密)を知ってる担任の教師がいるのですが、この人、滑りまくりで(爆)。

 つまり話自体がすっごくヌルイんですよ(笑)。 これが 「勇者ヨシヒコ」 と同じ人が書いたのかなと思うくらい(原案みたいですけど)。 「滑る」 面白さ、というのはこの人のドラマの確信犯的なものがあるのですが、「滑る」 のが 「滑って」 しまうとこーなる、とゆー見本みたいな(ハハ…)。

 でも、なんか見ちゃうんですよね。 どうしてかな?

 見ていて気楽だ、というのはありますね。 いつも難しいドラマばかり見て、それに対して考察を加えようなどというブロガー心理でドラマ見てますからね、最近。

 それと、「コドモ警察」 の捜査課のちびっ子たち(死語?…笑)がゲストでちょろっとだけ出てくるんですよ。 それを見るのが楽しみ、というか。

 たぶん前作から1年たっていると思うのですが、子供たちが確実に成長しているのが分かる。 やはり子供たちにとって1年というのは、すごいんだなと(どうすごいのか?…笑)。

 今まででいちばん成長してないように見えたのが、鈴木福クンだった(笑)。 背、伸びてるのかなこの子?(笑)

 それと、こないだなんかはイタズラ事件を起こす女の子が、「悪夢ちゃん」 のあの女の子だった。 えーと、木村真那月チャン。 相変わらず座敷わらしみたいな、つーか(笑)。 いや、さすがに主役級をやってただけあって、演技は確かだ。
 それと同じ回で、「スマート」 を演じていた子役の子が出てきて、そのモデルである小野寺昭サンと共演し、「きみは私の若い頃によく似ている…」 とか言うのは、ツボでした(笑)。

 ただ私が見続けているのは、主役のマリウス葉クンが、だんだんカワイク見えてきた、つーことかな(なんじゃそりゃあっ!…笑)。 別にそのケはないんですけど(笑)。

 彼、前作では演技下手なクセしてナマイキそ~なガキだ、という(スゲーこと書いてるぞオレ)印象だったかなーなんですが、なんとなく主役になったことで、回を追うごとに演技がうまくなってるよーな気がする(またいい加減なことを書いて…笑)。

 そんな彼が、時々発するどこかの国の言葉は、いかにも狙っている感じなんですが(何語だアレ?)、「私がわざわざ解決してあげましょう」「謎は、ざっくりと解けた」 という決めゼリフがカワイイ(あのー)。

 まあ、ど~でもいいドラマですよ、すごくミもフタもない言い方をすれば。
 でも、昔よく見ていた 「熱中時代」 とか、小学生が主役のドラマというもの自体に懐かしさを感じる、ということはあるかもしれない。

 マリウス葉クンのさらなる成長を、オッサンは期待するのであります。

|

« 「とんび」 第2-5回 NHK版との違い | トップページ | 「泣くな、はらちゃん」 第2-5回 さよならを教えて »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
コドモ警察は上級生が多いので分かりにくいのですが、鈴木福くんは身長伸びていますよ。
小学2年生では大きい方らしいです。

投稿: wafrge | 2013年2月13日 (水) 21時28分

wafrge様
こちらこそはじめまして! コメント下さり、ありがとうございます。

福クンはこないだも 「シェアハウスの恋人」 に出てましたし、コマーシャルとかでもいつも見ているから、成長が分かりにくいんでしょうね。

それにしてもまだ小2だったか~。 そう考えると、確かに大きいほうですよね。

投稿: リウ | 2013年2月14日 (木) 13時11分

初めまして‼
マリウスくんが大好きです☆
時々、マリウスくんが喋るのはドイツ語ですよ!ちなみに彼はドイツのハーフで中国と日本のクオーターなので(わかりにくくてすいませんm(__)m)、あれはネイティブです(^.^)
コドモ警察の時より演技上達しましたよね。私も思いました‼

投稿: 真利宇洲羅武 | 2013年3月29日 (金) 00時40分

真利宇洲羅武 様
こちらこそはじめまして! コメント下さり、ありがとうございます。

シャイセ!(ドイツ語で 「くそーっ!」) そーだったか!(笑)

このドラマ、つまんない事件がつながり出して、レッドヴィーナスの底知れない恐ろしさが浮かび上がってきて、なかなか面白かったです。 と言いつつ、まだ最終回だけ見てませんが。

もし最終回を見たあと感想文を書きたくなったら書きますので(いーかげんだなー)、そのときは読んでやってくださいまし。

投稿: リウ | 2013年3月29日 (金) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/56756914

この記事へのトラックバック一覧です: 「コドモ警視」 マリウス葉クンが、カワイイっ!(爆):

« 「とんび」 第2-5回 NHK版との違い | トップページ | 「泣くな、はらちゃん」 第2-5回 さよならを教えて »