« 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その2) | トップページ | 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その4) »

2013年3月27日 (水)

「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その3)

 「そりゃあ、家族には悪いなって言うか、私がいなくなったら、泣いてくれると思いますけど。
 それに、仕事もね、私が急にいなくなったら、困ると思います。

 でも、それは、ほんのちょっとだけ。

 あの世界は、私がいなくても、なにも困らないんです。 なんの問題もないの。 私なんかいなくなったって、あの世界はなにも変わらないの。

 いなくなったら世界が変わってしまう人も、中にはいるかもしれないけど、私は、そういう人じゃないんです。 ちっぽけな、どうでもいい人間なんです」。

 このドラマ感想文の(その2)おしまいのほうで私が考えたことに対する、越前さんの答えがこれです。
 そこにも書いたとおり、これって、徐々に現実世界の扉を開きつつあった越前さんの行動パターンとしては、急激に厭世気分に針が振り切っちゃってる気がする。
 ここで越前さんは、自分が死んだら家族が悲しむだろうという予測までついている。 これって 「この世を見限る」(自殺の比喩)のをやめる大きなファクターだと思うんですけどねー。
 越前さんはそれほど汚い現実世界に絶望したのだ、と(その2)で書きましたが、これは同時に、暴力という手段を得てしまったはらちゃんへの、越前さんなりの贖罪だとも思うのです。
 そしてこの贖罪は、はらちゃんへの愛情と補完関係にある。

 でもそんな告白をする越前さんを、はらちゃんは否定します。

 「ありがとうございます。 私は、うれしかったです。 越前さんがこちらの世界に来てくれて、うれしかったです。

 でも…。

 私は悲しいです。

 あなたは、『私なんか』 と言う。
 『自分なんかどうでもいい人間なんだ』 と言う。

 そんな越前さんが、私は好きではありません。 嫌いです。

 越前さんは、帰るべきです。 自分の世界に。

 帰って、自分と両思いになってください。 世界と両思いになってください。

 自分が相手を好きにならないと、両思いにならないんですよ越前さん。

 どうしてあなたは自分に、自分の世界に恋をしないんですか?

 こんなに素敵な人なのに…。 (上の現実世界のある場所を見上げ)あんなに素敵な世界なのに…。

 あんなことを言う越前さん、…好きではありません。

 好きではありません」

 
 この世への絶望とはらちゃんへの思いとで補完し合っている越前さんの後ろ向きな思考(碇シンジみたいだな…笑)。
 それに対して、はらちゃんのこの発言は、その後ろ向きの思考に追い出されてしまった、越前さんのなかにある希望のように私には思えます。

 ここで注目してみたいのですが、はらちゃんは、自分のことを 「私」 と言いますよね。

 矢東薫子先生のマンガに出てくるはらちゃんが、どういう一人称を用いているのかの説明は、このドラマではなされていませんが、たぶん 「私」 という言い方はしないんじゃないかと思うんですよ。
 つまり越前さんのマンガから飛び出したはらちゃんは、越前さんの分身でもある。 そう考えられないでしょうか?
 このはらちゃんは越前さんの考えている不満、文句、愚痴をいつもしゃべっているから、自分のことを 「私」 としか言わないんだと思うんですよ。

 そのはらちゃんが、この時点で、越前さんの分身、というだけでなく、越前さんのなかにくすぶっている、良心を体現している。

 ドロドロの球体状ATフィールドのなかから出てきた、碇シンジっつーか(エヴァの見すぎだ…笑)。
 もっと分かりやすく言えば、はらちゃんは、越前さんのパンドラの匣(はこ)の隅っこに残された、たったひとつの希望。

 そんなとき、ヒロシがなかなか帰ってこない越前さんを連れ戻そうと、かなり強硬な手段に出ます(笑)。
 越前さんのマンガノートをなわとびの縄に括りつけ自転車につないで引きずりまくりながら暴走(笑×2)。 「うおっしゃ~~~っオラ~~~っ姉ちゃん帰ってこいよ○×△~~~っ!!!」 ブレーキが利かなくなった自転車は、そのまま坂道を加速していきます(笑)。

 しかし当方、見ていて笑いながらも泣けました、このシーン。

 このヒロシの行動は、姉を心配する弟の行動、であると同時に、自分に対する苛立ちでもある。 そう思えたからです。
 マンガの世界に行ってしまった姉は、いわば引きこもりをしている自分と同じ。
 こんなことじゃいけない、というのは、自分でもじゅうぶん承知しているんですよ。
 でも外の世界に出るのが怖い。
 そんな自分に対する碇シンジ…じゃない、怒り(エヴァから離れろっつーの…笑)。

 崩壊しそうなほど揺れるマンガの世界。 はらちゃんが、越前さんを抱きしめます。 一緒に現実の世界に戻ろう、というのです。 「みんなついてるぞ、仲間がついてるぞ」、と送り出すマンガ世界の住人達。 自転車は、越前さんの勤めるかまぼこ製造工場に激突(笑)。 抱き合ったままのはらちゃんと越前さんは、現実世界に帰って来るのです。

 ここで、このふたりが、「あの大地震で死んだ人たち」 の比喩になってはいないだろうか、などと、また余計なことを考えるワタシ。

 つまり、かつてないほど揺れるマンガの世界から旅立ったはらちゃんと越前さんは、実はきっと、ここよりもいい場所に旅立ったのだ、という比喩、というか。
 大震災で旅立ったかたがたも、きっとここよりもいいところに行ったのだ、と。

 「ああ わたくしはけつしてさうしませんでした
 あいつがいなくなつてからあとのよるひる
 わたくしはただの一どたり
 とあいつだけがいいとこに行けばいいと
 さういのりはしなかつたとおもひます」

 これはトートツですが宮澤賢治の詩の一節です(なんだなんだ、なにが始まったんだ?…笑)。
 このドラマはやはり、ひとりの幸せだけでなく、みんなが幸せになる方法を考えている、という点で、賢治のような広い慈悲の気持ちを持っている、と私は思うのです。
 それは岡田脚本の持つ、「人の良さ」 なのかもしれない。
 でも、ニヒルに世界を見つめるよりも、ペシミズムに染まるよりも、そっちのほうがずっといいではないですか。

 どうも話が飛躍しすぎてスミマセン。

 同時に、また今回もラストまでいけないようです、スミマセン。
 忙しいもんで。
 その4に続く!

« 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その2) | トップページ | 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その4) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

えええ~~!その4に続くのですか!(笑)
どこにコメント書けばいいか悩みます(笑)

…今、いろいろ書こうと思ったんですけど・・・
消しました(笑)
次回まで待ちます♪(^^)

いいなあ。その4!待ってます。このレビュー、もう、エンドレスで、いいんじゃないですか!頑張ってくださいませ。お目汚しでごめんなさい。つい、コメントしてしまいました。終わりのない物語で!

ワクワク!o(*^▽^*)o
リュウ様の感想は概ね自分と共通する感じなので、だからこそ楽しみにしていまして、私はそこまで深い考察出来ないので、いつもいろんな番組の感想拝読して「うんうん、同感!自分が面白く視聴していたドラマの感想をちゃんとした言葉に変換してくれて!しかも、もっと深くて、すごいな〜!!』って更新されるのをめちゃくちゃ楽しみにしているんですが、リュウ様の文章に見合うような賢いコメント出来なくて、でも本当に毎日更新して下さるの楽しみにしています。
毎回コメント出来なくても毎日ワクワクさせてもらってるこんな奴も居ますんで、よろしくお願いします。
そして今超続きを期待中!

ほとりん様
コメント下さり、ありがとうございます。

す、すいません…(と、田中くんになってみたりする…笑)。

今日も頑張ったのですが(と言っても1時間程度)、フィニッシュすることができませんでした。

でも、「最終回、話が迷走してるな」 という私の感想の原因は解明いたしましたので、また明日以降にご期待ください。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

なんかひと事みたいでいいですねーこのコメント(笑)。 「終わらない物語」 になりそうです(笑)。

あくび様
コメント下さり、ありがとうございます。

これも愚痴を言ったおかげでしょうか、やはりいろんなかたからコメントをいただけるというのは、とても励みになるものです。 調子に乗って本日も(その4)を書いてしまって、また未完です(笑)。

1日1時間の執筆、という枠でも決めれば、このように毎日アップすることが出来るかもしれませんね。

あんまり長いレビューだと、みなさん読む気が失せるでしょうし。

拙いブログですが、今後とも御贔屓下さいまし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/57043311

この記事へのトラックバック一覧です: 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その3):

« 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その2) | トップページ | 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その4) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ