« 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その3) | トップページ | 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その5) »

2013年3月28日 (木)

「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その4)

 戻ってきた越前さんに突進する百合子さん。 ぶたれるのかと思って委縮する越前さんですが、百合子さんは越前さんを抱きしめます。 「よく、戻ってきたね」。

 ここでぶたれたのでは、また越前さんがこの現実世界を嫌になってしまいますよね。 でも、百合子さんは 「この世にはあなたを受け入れてくれる場所があるんだ」、ということを、敢然と示したかったのだと思うのです。 だから突進していって、その強い意志を示そうとした。
 「はらちゃんもこの世界で一緒に住むことにしたんですか?」 と訊く田中クン。 はらちゃんはそれには答えず、生前の玉田工場長(光石研サン)に聞いた、新婚生活というものを越前さんとしたいと言います。 しかし越前さんは 「さっき私のことを嫌いって言ったじゃないですか」 とこっちも敢然とこれを拒否(笑)。

 ふたりは新婚生活するしないでケンカしながら去っていきます(笑)。 「まったく切ないんだかコメディなんだかはっきりさせてくれよ」 と言う悪魔さん。
 このドラマは、「笑って泣かせる」 というスタンスで、展開に対する見る側のツッコミを避けようとしている傾向がある気がします。
 ここでも、田中くんの問いに対してはらちゃんは 「この世界で生きる」、ということを明言していない。 見る側はケムに巻かれてしまっているわけです。

 でも、話はここで、先に指摘した 「切なさ」、に言及していく。

 「ところで、『新婚』 って何なんでしょう?」 と訊くはらちゃんに、越前さんは笑ってしまいます。 「あなたと最初に出会った当時も、こんなふうにいろいろ聞かれて呆れてた」、と。
 出会ったときのことを話されて、はらちゃんは胸を押さえて痛がります。 「このあたりが、なんて言うかこう、チクチクします。 痛くはないですし、イヤではないです。 でも、チクチクします。 これは、何なんでしょう?」

 「きっと、それは 『切ない』 だと思います」

 「それは、つらいことなんですか? 楽しいことなんですか?」

 「…つらいけど、きっと、大切なものです。
 …ちなみに、私もチクチクしています」

 「越前さんもですか! 一緒ですね! 両思い、両 『切ない』 ですね!」

 話をしているうちに、越前さんの表情には、寂しさがはっきりと表れてきます。
 「玉田工場長さんが言ってました、『新婚は短い』 って」。
 そんなはらちゃんの言葉に、越前さんは、「はらちゃんは新婚生活を経験したらすぐにマンガの世界に帰ってしまって、もう会えなくなる」 と考えているようです。

 私もこのくだりを見ていて、このふたりは互いに、「新婚」 という最後の思い出を作って別れる決意を固めつつある、と思ったのです。
 でも、明言はされていない。
 ここがミソ、なんじゃないかな~と感じます。
 「もう会わない」、というのは、別に厳しく取り決めたわけじゃない。
 でも、「雰囲気」 が 「やっぱりふたりは別の世界の人間、一緒にいるのは無理がある」 という感じになっているんですよ。 「雰囲気」 が。

 これって見る人によっては、「会わないと決心したのだからもう会うべきではない」 と思っちゃいますよね。 私もそのクチでした。
 でも、「一緒にいることが出来ない恋人どうしがまためぐり合う」、ということに夢を感じてしまう人にとっては、ふたりがもう一度出会うラストというのは、胸キュンものなんですよ。
 それこそ、「切ない」 の究極と言っていい。
 「ロミオとジュリエット」 の話に萌えてしまうのは(笑)、それが 「許されない愛」 だからであって(笑)。

 「ふたりは別れるべきか、別れないべきか、それが問題だ」 と考えた脚本の岡田サンの、ここらへんが迷いの原因だったように私は感じるし、この 「どっちつかず」 の感覚が、最終回、「どこか話が迷ってるな」 と感じた原因なのです。

 切ない会話の最中、まつりばやしが聞こえてきます。 神様に感謝するためのものだとオカーサンから聞いたはらちゃんは、「神様」 である越前さんも担ぎたいです、と言い出します。 子供たちのお神輿に特別に加わるはらちゃん。 まるで最後の 「思い出づくり」 をしているかのようです。 切なさが加速していくかのような、越前さん。

 「この世界は素晴らしいですーーっ! ワッショイ! ワッショイ!」

 あ~もう、タイムアップ(笑)。
 10分づつしか進んでないぞ(笑)。

 スミマセン、次回に続く!

|

« 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その3) | トップページ | 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その5) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

フフフっやっぱり終わらない!読んでて、楽しくて!明日に続く、がこんなにわくわくするものだったなんて!リウ様、頑張ってください。ワッショイ!(笑)

投稿: ささ | 2013年3月28日 (木) 16時30分

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

ささ様は未視聴だからワクワクでしょうけど、皆さんイライラされてると思います(ハハ…)。
今日、仕上げられれば良いのですけど。

投稿: リウ | 2013年3月29日 (金) 10時02分

イライラなんてしてませんよ~
はらちゃんのレビューを長~く楽しめて(笑)私もうれしい♪
ワクワクしとります♪
あと2,3回続けてもらってもいいかな~(笑)

投稿: ほとりん | 2013年3月29日 (金) 12時25分

ほとりん様
コメント下さり、ありがとうございます。

ああ、今日もご期待通り(笑)終わらせられなかった…。

2、3回は無理ですが、明日にはケリをつけたいと思います。

余計なこと書きすぎるんだよな~だから終われない(笑)。

投稿: リウ | 2013年3月29日 (金) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/57050311

この記事へのトラックバック一覧です: 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その4):

« 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その3) | トップページ | 「泣くな、はらちゃん」 第9-10(最終)回 笑おう、たとえ心が痛くても(その5) »