« 「宇宙戦艦ヤマト2199」 第1回 「ヤマト第1世代」 のオッサンの感想です | トップページ | 三國連太郎サン死去…。 »

2013年4月13日 (土)

「あまちゃん」 第2週 いろいろあんだよ、人ってものは

 このドラマは、宮藤官九郎サンの性格によるものが大きいんでしょうが、見ていてなんかホッとするものがある。 どんなに登場人物たちが怒ったり喧嘩をしたりしても、こちらの気持ちまでささくれ立つことがない安心感、というか。

 その 「ホッと」 感の原因となるものを、今週のちょっとしたエピソードに見たような気がします。
 この三陸で暮らしている人たちの過去について、誰と彼は前に結婚してたとか離婚したとか、そんなことについて主人公のアキ(能年玲奈サン)と海女の先輩たちがしゃべるシーンです。
 彼女たちはそんな、触れられたくないような過去についても、「人間いろいろあるものなんだ」 というスタンスで許し合っていた。
 いろんな後ろ暗いこととか嫌なこと、人生にはそんなことがあって当たり前だろと。
 これが前作の 「純と愛」 では、「本性ではみんな汚い」 とか、ギスギスした話になっちゃってた感がある。

 ただクドカンサンのこれってある側面から見ると、とても責任の所在が曖昧でい~かげんな姿勢、ということにもなるのですが、あまりにこだわりすぎてばかりでは立ち行かなくなる場合には、とてもガス抜きになる考え方です。

 この、三陸へと失踪した(笑)アキと母親春子(小泉今日子サン)を追って、今週前半タクシー運転手をしている父親(尾見としのりサン)が現れます。
 このちょっとのほほんとした風情の父親、アキを見て最初、烈火のごとく怒り出す。

 尾見サンが現れてからキョンキョンの反応とか見てると、このふたりが東京の世田谷(私が住んでる世田谷の最南端ではなく下北とか賑やかなほうらしい…笑)で、どのような性格の家庭を形成していたか、だいたい想像がついてきます。
 つまり、尾見サンのほうは仕事以外では完全なる家庭第一人間。 妻も娘もものすごく大事にしている。
 キョンキョンのほうは、そんな夫にちょっと辟易しながらも、やはり娘のことをとても考えている。
 しかしこれが、家庭の閉塞感を助長しているんですよ。
 その結果アキは家の中では何もしゃべらない、笑いもしない、しかも学校でも疎外感と劣等感の塊で、引きこもりの一歩手前にいる。
 閉塞した家庭の中で、息がつまりそうになっているアキの姿が、想像できるのです。
 アキの酸素欠乏状態は(笑)、三陸の 「人間いろいろ過去はあるもんなんだ」 という 「許し」 の空気にさらされて、初めて大きく深呼吸ができている。

 逆に、アキの母親キョンキョンの場合、その過去に、拘泥されているがゆえに、この三陸で生きることが息苦しくなってしまった、という気がするのです。
 もともと子供のころから、母親の夏(宮本信子サン)が海に潜るのを、「これでお母さんが溺れ死んでしまったらどうしよう」 という恐怖心で見つめていた春子。 そんな過去のトラウマが海女に対する嫌悪感に結び付いていき、そして人間関係が濃密な、田舎の空気にも耐えられなくなっていく。

 けれども春子の場合も、いったんは捨てた故郷で、きちんと呼吸をしたいと思っている。
 春子にとって、それは過去への拘泥との対決なのです。
 それは、自分の居場所を見つけるための戦いという意味もある。 彼女がどこにも自分の居場所がない、と嘆くのは、過去にこだわる自分を変えられないがゆえの悩みだと考えられないか。

 すごくいい加減なようでいて、よく練られているように思えるこの脚本。 そこにはクドカンサンの、人生に対するおおらかさが潜んでいるような気がするのです。

« 「宇宙戦艦ヤマト2199」 第1回 「ヤマト第1世代」 のオッサンの感想です | トップページ | 三國連太郎サン死去…。 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

尾美さんは再放送中の「てっぱん」では
主人公家族の良き相談相手の住職だったのに
対して本作では問題の中核にきましたね。

「てっぱん」が孫とお婆ちゃんが中心だったので
本作もそうなると思っていましたが
地方の祖母と、東京の父親の狭間における
母親と娘のドラマを並行して描くようですね。
ただ春子のキャラクターやストーリーに比べて
アキの方がどうにもパンチが弱いなぁ。

オノマチvs小林薫のようにはいかんか…。

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

朝ドラって、まあ新人女優さんがやる場合は、だいたいこんなものかな~、という気がいたします。
前の 「純と愛」 の夏菜サンでも、結構なんかの映画に出てたりとか、キャリアがあったですし、それでいきなりハードル高い役を押し付けられてたよーな気がします(笑)。

余談ですが、尾見サンが乗っていたタクシーが、韓国製だったとかでネットがまたかしましい。
よく見つけるよなー、こんなの(笑)。
まあわざわざ?ヒュンダイ社製の車を使うとかいうのも、よく分かんないですが。
もしかして尾見サンは、在日の設定だったりして?

リウ様
おはようございます。

このドラマの舞台設定である2008年頃(今から5年前)って、結構ヒュンダイ社製タクシーが走っていたような気がします。とにかく安いからですね。いつの間にか、姿を見かけなくなりましたけど。

クドカンさんは、映画脚本のデビューが、在日3世が主人公である「Go」だったこともあるせいか、別に何の思想的な背景もなく、「だって、あるものはあるじゃん」というノリで出していると思います。みすずサン@美保純さんが済州島に駆け落ちしていた設定も含めて。まあ、これ以上は、何も言いますまい(笑)。

このドラマに見られる、夏と春子さんの、なんかっちゃあぶつかっている親子関係は、「タイガー&ドラゴン」の西田敏行さんと、岡田准一くんの落語家親子にも重なるところがあり、クドカンの得意技ですよね。
面倒くさいんだけど、厄介だけど、放っておけない。そんな不器用な人々の「情」を描かせたら、今のところ、この人の右に出る者は居ないのでは?などと勝手に思っています。

案外、山田洋次さんの正統的な後継者は、この人だったりして・・ちょっと違いますか(笑)

しかし半分以上、ストーリーを引っ張っている春子さんは作劇上、あまり否定的な印象はありませんが客観的に観たらかなり駄目人間のような…。

夫の正宗氏がアキに対して学校云々言うくだりは、娘を追い込む閉塞感を垣間見させますが、地に足が着いた考えとも言えます。
対して春子さんは地方の人間関係にも都会の社会システムにも馴染めずにフラフラしとるよーな。それでいて家出も離婚も先の生活を深く考えずに行き当たりばったりだし、そのくせ夫や自分の母親に対等の立場のような物言いしているし。
夏さんがスナック経営してなかったら、どうなってたんでしょうか?

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

コメント返信しづらいテーマですね(笑)。

まあ私は、街中で走っててもヒュンダイの車だってまず分かんないので(後ろについてエンブレムを見たなら気付くと思いますが)、3年前にそんなに走ってたかな~?程度ですが。

でも、3年前はまだ、嫌韓という流れは今ほど台頭していなかった気はしますね。 中国に対してもそうだけど、国と国との雰囲気を一気に悪くするもんですね、領土問題って。

家族のことを考えているのに、その愛情が逆に文句になって出てしまう、「純と愛」 のほうは、何がいけなかったのかなーなどと考えながら、この記事を書いたのですが、たぶんあっちのほうは愛情が強すぎて理想が高くなってしまう、という悪循環だったのでしょうね。

こちらのドラマには、「まあ、家族が道を間違えても、まずは見守ってやろう」、という態度があるんですよね。

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

ん~、つぶさに世田谷の暮らしを見てないので分かりませんが、春子さんはちゃんと掃除お洗濯食事はしていたと思うんですよねー。 どっかで気持ちが切れちゃったのは、自分なりの夢とか希望を持って東京に出てきたから、こういう平凡なのに我慢が出来なくなったのでは、という感じもします。
気持ちが切れちゃってるから、パチンコ屋にも入り浸るし(笑)。

でも、自分がダメ人間だということは、変な評価がすぐに付きまとう田舎ではしちゃならない行為だという自覚もあるし、自分でも認めたくない。

だからエラソーにしてるんだ、と感じます。

こんばんは。

連続テレビ小説「あまちゃん」に関して記事、拝読しました。私は現地点で、1週遅れており、3週まで見て感じたことですが、

心理的に怖い要素を含んでいる、と感じました。
これは、わたしだけなのか、よくわかりませんが、

小ネタなどで明るく話が進んでいくので、隠されてなかなかわからないのですが、私はなぜかすぐに反応してしまう。それは、家族のぎすぎすた描写です。

脚本家はじめ制作者側が意図しているのかどうは不明ですが、

私は、春子の家族、夏の家族、(さらには友人のユイの家族もそうですが)は、「機能不全」に陥っているんではないか、と感じるのです。


夏と春子との関係をみればよくわかると思うのですが、母子の問題。さらに、連鎖するように、春子と父・正宗との間に生まれたアキが、昔、笑顔がなかった(今も?)のはどうしてか。家族の食事のシーンなどみていると、ドキドキします。

春子が久慈に戻る決意をしたのは「アキの為ではない。私自身のため」といいすなわち、母と対峙しなければならない、それまで逃げていた母と向かわなければ自分の人生が立ちなおせない。「機能不全家族」の母子関係が浮かびがってくる、と私なんかは感じます。アキへの世代間連鎖。ユイの家族のバラバラなど。

もっとも、問題をそこには絞っておらず(そもそも意図的に描いたのか、私が勝手に深読みしているだけなのか、おそらく後者でしょうが)、明るく元気なお話として進んでゆくので、

今後の展開に注目です。

心の文 様
コメント連投下さり、ありがとうございます。

私もまだ3週目までの視聴で、アキがウニを獲ったとこまで見てないんですが(笑)、そうですね、特にユイの家族はちょっとボーソー気味ですよね、オヤジ役の平泉成サン(笑)。

考えてみたら、確か 「おひさま」 でも、同じような役をやってましたけど、今回の平泉サンは、どちらかと言うと 「純と愛」 の若村麻由美サンクラスのエキセントリックさで(笑)。

アキというお客さんがいるのに、ここで親子ゲンカを始めるかなみたいな(笑)。

でもそうしたギスギスとした場面があって食事がのどを通りそうもなくなってしまったアキを描写しながらも、そのあと 「いくら大変な事態になっても、おいしいものはおいしかった」 というオチが用意されていて(笑)、見ていて決して暗く淀んでしまわないんですよ。

ここらへん、うまいなぁ~と感心いたしました。

夏ばっぱと春子の関係も、お互いを牽制し合いながらも、どことなく気持ちがつながっている。

そんななかで明るく振る舞いながらも、どこかで一抹の不安を感じるのは、やはり主役のアキでしょうね。

彼女の東京での描写は、かなりイタいものがあった気がします。

同時に感じるのは、アキを演じている能年玲奈チャンの、内面的な暗さです。
この子、かなりナイーヴな性格をしているように思えます。
「朝まで生さだ」 の音楽会にもちょっと出てきたのですが、すっごく人見知りそうな感じ。 こんな地味~な子が、よく朝ドラの主役を射止めたものだ、と感じましたもん。

そんな彼女の内面が投影されているように思える、東京でのアキの姿。

東京に憧れていくユイとの対比が、今後見もののひとつになっていく気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/57166140

この記事へのトラックバック一覧です: 「あまちゃん」 第2週 いろいろあんだよ、人ってものは:

« 「宇宙戦艦ヤマト2199」 第1回 「ヤマト第1世代」 のオッサンの感想です | トップページ | 三國連太郎サン死去…。 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ