« 「八重の桜」 第18回 白河視察で見えてくるもの | トップページ | 「剣」 黒澤映画の脚本家たちが繰り広げるオムニバスドラマ――そして夏八木勲サンのこと »

2013年5月12日 (日)

「雲の階段」 第1-4回 満たされないグラス

 登場人物の考えが分からなくて 「つまんない」 という判断をされてしまうドラマがたまにあります。 このドラマの視聴率が悪いのも、おそらくそこに原因があると思う。 なにしろ主要人物の行動規範というものがちょっと分かりにくい。
 でもそこを乗り越えると、このドラマは結構面白い部類に入るような気がするんですよ。

 このドラマの面白さの中心は、無資格なのに医者をやっている主人公が、次第に野心をもたげていくピカレスク的な側面、そして医師免許がないことがどこでバレてしまうのか、というハラハラ感だと感じます。
 そして主人公をめぐる、恋愛模様、といったところでしょうか。

 で、その主要人物たちの、「分かりにくい」 行動規範なんですが。

 まず長谷川サンが演じる、主人公の相川三郎。

 彼は過疎の島の診療所で事務員をやりながら、無資格のまま医療行為をやっています。 いや、院長に無理強いされてやらされている、というべきか。 どちらにしろ、なあなあのうちにやっている。 でも村の人の評判はいい。 知識も豊富で腕もいいから。
 ただまず彼がどうしてこの島に来たのかが分かりません。
 なにしろしゃべりはボソボソで歯切れが悪く、なにを考えているのかよく分からず、そしてとにかく、とても暗い。 春の日差しのなかで、とても暗~い(ハハ…)。
 たぶん自分の人生の目的も分からず、優柔不断で流されるままフラフラとこの島に辿り着いた、そんな感じです。 過去に何かあって、その苦しみから逃避してきたのかもしれない。
 長谷川サンは現在、ほかのドラマ(「八重の桜」)で綾瀬はるかチャンの夫をサワヤカーに演じているだけに、この暗さをまず受け入れられるかどうかが、視聴の分かれ目になる気がします。

 そして彼に医療行為を無理強いしている院長、大友康平サン。

 彼の行動規範もよく分からない。
 違法行為を強制して、いったいどーゆーつもりなのか。 アホなのか(笑)。
 院長の考えるところによると、自分が死んだら後継者がいない。 しかしこんなへんぴなところに医者が来るわけがない。 だから見込みのある三郎に自分の持っている技術や知識を叩き込ませるのだ。

 でもですよ。

 大友サンはかなり勤務態度がよろしくなく(笑)、しょっちゅう休んでるし、三郎に何もかも押し付けて、とても無責任なように感じる。
 のちにこれが病気のためだということが判明するのですが、それにしたって三郎には医師免許を取らせる努力をすべきでしょう。
 診療所の大勢は、この院長の無理強いに批判的です。 でもなんとなく成り行きでそれを容認しちゃっている。
 どうも過疎の島、という限定的な狭い世界で、院長も周りの人間も、大局的なものの見方が出来ない心理状態になっている、そう判断すべきなのでしょうか。

 そんななか、ひとり積極的に三郎を応援する、看護師の鈴木明子(稲森いずみサン)。
 また彼女が、なに考えてるか、よく分かんないんですなぁ(笑)。

 彼女が三郎を応援するのは、彼女が三郎を好きだからなのですが、どーしてこんなにワケの分からんネクラな男を好きになるのか(笑)。

 まあマジメに考察すると、たぶん稲森サンは、このヤサ男がなにを考えているのか分からないところに最初に興味を持ち、それから 「無資格なのにかなりその医術の腕が確かだ」 という頼りがいがあるところに惹かれていき、「でも無資格」 という危険な側面をスリルとして味わっている。 そしてヨロメキ風の(いつの時代の表現だよ…笑)この男を守ってあげたい。 ユドンハフツーウォーリー。 そして私が、この人の医療スキル向上を支えてあげるの。 おそらくそんなところかと。
 それと見逃せないのは、彼女がかつて子宮外妊娠で子供を堕していた、という過去でしょうか。
 明子はその精神的な乾き、空虚感を、三郎というミステリアスな異性に満たしてもらいたがっている。

 まあいちばんの原因は、この男がイケメンであることなんでしょうけど(笑)。

 第1回、東京からやってきて同じく子宮外妊娠で、長谷川サンの手術で胎児は死亡したけれど一命を取り留めた、田坂亜希子(木村文乃サン)も、おそらく同じような感覚で、長谷川サンに惹かれていく。
 これ、稲森サンの役名も 「アキコ」、木村サンの役名も 「アキコ」 ですね。 同じ名前だから同じ感覚なのか(笑)。
 でも、人格も環境も違うけれども、同じ名前だからこそ同じ運命をたどる、みたいなことはあるかもしれない。

 またこの田坂亜希子の行動規範がですねぇ…(以下略…笑)。

 これもマジメに考察すれば、田坂亜希子は東京の大病院の令嬢。 親は仮面夫婦、望まない政略結婚に嫌気をさして、別の男との子供を身ごもっていたわけだったんですが、やはり彼女も、心にかなり満たされないものを抱えている。 その乾きが、長谷川サンに向かっていると思われるのです。

 つまり、モテモテなんですよ、このワケ分かんない男(笑)。 不愉快だなあ(笑)。 イケメンだったら何でもいーのか(笑)。
 でも手先が器用だし(笑)。
 長谷川サンのかつてのドラマ 「セカンドバージン」 でも、鈴木京香サンは長谷川サンの、指の長いところにキュン!キュン!(「あまちゃん」 かよ)してましたよね。

 ドラマの展開としては、たった3度の手術経験くらい(数え方の基準で違ってくる気がしますが)で田坂の大病院に移籍早々、VIP待遇の政治家の手術をしてしまう、という、ちょっと考えられないような急成長ぶりでリアリティに乏しい、ということはあるかもしれない。
 しかし実戦でメキメキ成長する、というケースもあるかもしれないし(医術のことも知らんとテキトーなこと言ってますけど)。

 ただお話として面白いから許せる気はしますね。

 最初の手術で大パニック状態になりながら明子に支えられて何とか三郎が面目を保っていく様子であるとか、2度目の手術では破格の待遇で診療所が迎えた 「本物の」 医者(田中哲司サン)がなにも出来ずに、屈辱にまみれながら 「無資格の」 三郎に手術をお願いするとか。
 3度目の手術では大病院の意地悪な衆目のなかで難しい手術をやり遂げてしまう、その爽快感であるとか。

 こうしたケースのなかで、「医療行為とは何なのか」 とか、「医師とはどういう存在であるべきなのか」 とかいう問題提起も、確かになされている。
 でも私がこのお話のなかでいちばん重要だと感じるのは、登場人物たちが共通して抱えている、「ワケの分からなさ」 のウラには、「心の渇き」 が潜んでいるのではないか、ということです。

 三郎はおそらく、今までの人生でなにをしても認められてこなかった、と私には思える。
 そして自分が何者なのかも人生の目的も分からず、空虚な気持で生きてきたその心の渇きを、他人から評価される医療行為によって満たそうとしている。
 でもそれは、どこまで行っても 「無資格」 という違法行為の範疇から出ないのです。
 言わば、間違った飲み物で、グラスを満たそうとしても、けっしてそのグラスは満ちることがない。

 明子が三郎に求めているものも、おそらく自分が何者であるかの答えであろうかと思われるのですが、三郎はおそらく、明子にとっての答えを持っている人間ではない。
 これは亜希子にしても同様で、亜希子が求めているものを三郎がもっているとは考えにくい。

 さらに言えば院長の大友サンが三郎に求めているものも、それは間違った方法であり、その答えを三郎は持っていない。

 分かりにくい話で恐縮ですが。

 でも、人間というもの、本当に自分にとって正しい生き方をしている人って、かなり少ない気はしますけどね。

 正しい目的、正しい手段。

 人というのは、間違った飲み物、自分には合わない飲み物でグラスを満たした気になっている、もしくは満足しようとしているケースが、とても多い気がするのです。
 おそらくこのドラマは、それを提示しようとしている。
 この物語の題名は、そんな実態のないふわふわした幻想を、象徴しているように、私には思われるのです。

« 「八重の桜」 第18回 白河視察で見えてくるもの | トップページ | 「剣」 黒澤映画の脚本家たちが繰り広げるオムニバスドラマ――そして夏八木勲サンのこと »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様
はじめまして。
雲の階段6話見ました。
無資格医ということがいつばれるのか・・・
事務長や院長に呼ばれるたびにこちらもヒヤヒヤしながら見ておりましたが、まさかの展開!
特に6話の後半、夜の院長室へ向かうシーンは緊迫感がありました。
原作は未読ですが、ドラマとは時代のズレがあるせいか、ん?という所も若干ありますが、そんなことは気にならないぐらいの怖さであります。
こういうドラマは女の人のほうが好きかも。
三郎もイケメンだし(笑)

リウ様のレビュー、いつも楽しみに拝読しております。
これからも楽しませてくださいね。

miyamiya様
こちらこそはじめまして! コメント下さり、ありがとうございます。

このレビューに関しては、反響がなかったために、その後 「雲の階段」 は録画したものを積極的に見る気にならず…(笑)、第4回で止まったままです。
でもmiyamoya様からコメントをいただいたから、ちょっと見てみようかしらん。 まさかの展開が気になる(笑)。

確かにコレ、女性受けのするドラマかもしれませんよね。 「第二楽章」 なんかもそうかも。 ただ 「第二楽章」 も、告白しちゃうとレビューの反響がないのでリタイアしてます(笑)。

miyamiya様にプレッシャーをかけるつもりはございませんが(笑)コメントをいただくと、ちょっとそのドラマをちゃんと見届けなければならないという義務感が私の場合発生いたしますので(笑)もし私の拙いレビューの続きをお読みになりたいと思った場合は、積極的にご投稿ください(プレッシャー、かけとるがな…爆)。

 自分は日頃、民放のドラマはあまり見ません。けれども、この「雲の階段」については別格で、配役、ストーリー展開、すべてにおいて無茶苦茶おもしろいと思います。個人的には、おそらく何年に一度出会えるかいなかぐらいの作品のような気がしています。
 なお、話しがずれますが、昨年のNHKの「平清盛」は総じてあまりおもしろいと自分は思いませんでしたが、「信西」のキャラクターだけは今だに印象的で、民放張りに彼だけをスピンオフしたドラマがいまだに見たいぐらいです。

らん丸様
コメント下さり、ありがとうございます。

先にいただいたmiyamiya様へのコメントでお約束していた手前もあって、大変遅ればせながら、きのう第5回のレビューをアップさせていただきました。

でも第6回も続けて見たのですが、「自分の破滅を待ち望んでいる」 というのはどうかな、などと書いたばかりのレビューを見直さなければならない羽目に?(笑) いや、もうこのテーマで書いてしまってるから、修正のしようがないですけどね。

このドラマの脚本である寺田敏雄サンは、「てっぱん」 では共同脚本でしたが、かなり叩かれていた。 私はそんなに叩かれるほどのものではない、と思っていましたが。
今回は、やはり文学作品が原作に控えている、というのがいいのかもしれませんね。

いちばんいいのは、登場人物たちに関して、深い考察が可能だ、という点でしょうか。 このドラマ、いちいち全部を解説したりしません。 でも断片的な情報によって、余韻を深いものにしている。

第6回は第5回みたいに個別でレビュー出来るものではない、と思うのですが(ばれるばれない、というせめぎ合いの回だったので)、今後も注視していきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「雲の階段」 第1-4回 満たされないグラス:

« 「八重の桜」 第18回 白河視察で見えてくるもの | トップページ | 「剣」 黒澤映画の脚本家たちが繰り広げるオムニバスドラマ――そして夏八木勲サンのこと »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ