« 「雲の階段」 第6-10回(最終回) みずからの居場所 | トップページ | 「空飛ぶ広報室」 最終回 「だけ」 見て »

2013年6月23日 (日)

「家族ゲーム」 第8-10回(最終回) みんな!エスパーじゃないよ!(笑)

 ドラマの構成、というものを考えた場合、確かに最終回、ラストシーンでいちばん感動することができればそれが作り手にとっても見る側にとってもベストであることは論を待ちません。
 でも、「このドラマの作り手って、ホントはこのシーンをいちばん見せたかったのではないか」、というようなシーンに途中で出くわすこともある。

 このドラマでのそれは、第8回、それまで互いに本音をぶつけてこなかった沼田家の人々が初めて本音をぶつけ合い、その果てに家じゅうのモノを破壊し始めるシーンと、その破壊後に訪れる、なんとも気まずい、長い長い静寂のシーンでした。

 吉本荒野を名乗る田子雄大(櫻井翔クン)によって、崩壊の行きつくところまで来てしまった沼田家。

 彼らは口論の末、その怒りを、食器や大画面薄型テレビ、そしてソファ、壁紙、カーテン、カーペット、種々の賞状・トロフィーへと向けます。 納戸の棚に塗るためにあったペンキは、そこらじゅうにぶちまけられる。 彼らは無言のまま、互いに背を向けあったまま、家財道具の一切を破壊する行動を続けるのです。 リビングは瞬く間に、凄惨な 「荒野」 へと変貌する。 まるで沼田家全員の、すさんだ心のように。

 この光景はかなり衝撃的。 あまりに徹底的に続けられるばかりに、途中で見ているほうが気分が悪くなってきます。
 この光景にカタルシスを感じる、という人は稀だろうと思います(笑)。 冷静に観察すると、演じている俳優さんに、「ここまでやっていいの?」 という躊躇というか恐れが見られるような気もした(笑)。

 この破壊のきっかけとなった彼らの口論。 本音をぶつけ合う、という行為は、互いに仮面をかぶって裏で冷え切っているような関係よりも、少なくとも一歩前進だと思えなくもない。
 だが確かに一面ではそうだけれど、違うんですよ。

 彼らの言い分。
 それはすべて自分中心の尺度でしかものを考えておらず、互いに自分以外の者に責任を覆いかぶせようとする姿勢で一貫している。
 その 「心」 から見直さなければ、いくら本音がぶつかり合っても、それは不毛しか生まないものだと思うんですよ。

 家族というのは、父親と母親の結びつきによって成立している、任意の関係です。
 必然的にそこには、「素の自分」 というものを委ねられる、「甘え」 が入り込む余地が生じるように、私には思われます。
 家族の構成員は互いに、「家族だから」 という、よくよく考えてみるととても曖昧な理由によって、互いに緩やかにお互いに甘え、赦されようとする。 地のままの自分でいやすい環境、と言えるのではないでしょうか。

 その 「甘えの構造」 というものは、お互いが家族のなかで演じる役割をこなす態度によって、「責任」 というものが 「ただの義務」 にすり替わってしまう危険性を、常にはらんでいる。

 「家族のために仕事をしている」「家族のために家事をしている」「家族のためにいい成績を取る」「家族のためにいい子になる」。

 これらの動機は、互いに対する愛情とか、感謝の気持ちの上にのみ、正常に機能するものだと思うんですよ。
 夫婦は互いの愛情。 子供ができれば、その子のために頑張ろう、という気持ち。 子供は、自分を育ててくれた親へのありがたさを感じる気持ち。

 この気持ちというものは、まあ結構、養われないもんだと思うんですけどね、少なくとも私の場合(笑)。
 これが当たり前、と簡単に思ってしまうし、誰のために頑張ってんだと恩着せがましく思ってしまうし、相手の欠点ばかりが見えてしまうし。
 言うは易く行うは難し、です。 なかなかご立派な人間にはなれません。

 でも、緩やかな任意の関係で一緒に生きていくためには、「互いのため」 というのは 「ただの義務」 になってはならないものでしょう。 「責任」 の上に立った家族のなかでの 「父」「母」「子供」 という役割をこなさなければ、成立しないんですよ。

 これがいちばん分かってないのが子供でね(笑)。

 子供は親を何か特別な存在であると思いたがる傾向があるから、親がただの人間だと分かると、途端に見くびってナマイキな口をきいてしまう。
 そもそも、「親に感謝する」 ということって、子供は学ぶ機会がないですから。
 自分で感じ取る以外にないんですよ。
 で、ナマイキな態度に出たりするけど、「家族」 というものに対して、定義が曖昧なまま甘えてしまう姿勢だけは崩れることがない。 「家族だから親が子供を養うのは当然だろ」 みたいな。

 でもそれは、やはり 「甘え」。

 自分が属しているその組織に不満があるのならば、究極のところそこを出て自分で生きていけばいいだけの話でね。
 そんな度胸もないクセに、ただただ親の愛情のいいとこ取りばかり求めようとする。
 バカな息子でしたよ私も(自分のことかい)。

 でも親からしたら、どんなバカでも子供は子供でして。

 なんの話をしとるんだ?(笑)

 いずれにせよ、自分以外のものに責任をなすりつけるその態度が改まらない限り、家族に対する怒りというものは、自分以外に向かうしか行き場がないわけですよ。

 沼田家の場合、殺し合いに発展しないだけまだマシでね(すごいこと語ってんなオレも)。
 結果犠牲になったのが沼田家のリビング、というわけであり。

 家を売却することになった(確かこの席で父親の生瀬勝久サンが 「明日見積りにくる」 とか言ってなかったっけな?)のにこういう破壊行為をするとか、「なんなの?アホなの?」 とか思うんですけど(笑)、おそらくそんな前後の見境など関係なく、このドラマの作り手には、「家族というものに対する曖昧な依存関係」 に対する極度な啓発意識というものがあったように、私は感じます。

 と同時に、このリビングの壊滅状況を震災の被災地の状況と重ね合わせることも可能なのですが、「絆」 に対するぬぐいがたい不信感、というものも、実はその言葉の 「曖昧さ」 に端を発している、そんな気もしてくるのです。 定義が曖昧だから、そこに甘えようとする構造において、「絆」 も 「家族」 も一緒だろう、と。

 でもまあ、それもこれも、互いに話さなければ、何も伝わらない。

 吉本荒野(田子雄大)は沼田家の全員に、「なにも言わなくても分かるなんて、みんなエスパーなの?」 みたいに揶揄してましたけど、家族は曖昧な結びつきに甘えることなく、互いの気持ちは常に確認しておかねばならないんだ、という作り手の主張も、ここからは見えるのです(「母さん助けて詐欺」w対策のためにも?)。

 物語の内容およびこのドラマの風呂敷のたたみ方、についてですが。

 今回の 「家族ゲーム」 の特殊性は、カテキョー吉本の素性を膨らませることによって、過去の松田優作・長渕剛バージョンと決定的な差別化を図ることに成功した、と考えられます。
 ただ田子雄大が名前を借りたその本人である、吉本荒野の 「怪物性」 に関しては、かなり説明が雑。 常軌を逸しすぎてるんですよ。 その異常性が。
 どうしてそこまでするのか、どうしてそこまで出来るのか。
 田子雄大は吉本荒野の母親に、「親の責任」 というものを指摘してましたけどね。
 だから田子雄大が沼田家の長男に、「第2の吉本荒野になる可能性」 を感じた、という危惧も、どこか 「原因探し」 の無理やり感が否めない。

 さらに、田子雄大が吉本荒野を名乗る意味についてでもですが、沼田家の長男が最後にそれを 「吉本荒野に対する贖罪なんですか?」 とぶちまけていたけれども、やはりこれも、どこかで無理な定義付けをしている、という気がする。

 その理由で昔なら、ドラマとして成立していたんですけどね(笑)。
 でも今のドラマの作り手は、予定調和的な結末の向こうにあるものを、探さなければならない。

 作り手はそんなモヤモヤ感を整理するために、「これも最後まで、田子雄大が吉本荒野として仕掛けた罠だったのか?」 という含みを持たせながら、このドラマを終わらせます。 長男が漏らした疑念に、「いいねぇ…」 というあの、決まり文句を使って。

 個人的にはこの含みは要らなかったかな(笑)。
 まあこうすることで、「続編」 としての含みも残った、ということで。

 以上で~す(軽いな…)。

« 「雲の階段」 第6-10回(最終回) みずからの居場所 | トップページ | 「空飛ぶ広報室」 最終回 「だけ」 見て »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

いいねえ〜!

でも、なかなか、ここまで、家族を抉るお話もありませんから。

桜井くん版の家族ゲームの世界というのもちゃんと成立していたと思うし。

最後に神木くん使うなよ!って!(笑)でも、彼があのキャストの中で一番演技が出来るから!(笑)

吉本荒野として、彼が再び登場する日があるのか?贖罪って、個人的には、永遠に終わりはないもの。自分が自分を許せる時、神の審判に向かえるのかもしれません。田子雄大の贖罪の日々は、終わらないんじゃないですかね。それも、いいねえ〜!なんでしょう!軽い!(笑)


ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

このレビューあらためて読み返してみて、「なんかけなしてるみたいだな」 と思ったのですが、書いてるときはそのような気分はまったくなし。 却ってこのドラマの作り手の気持ちになっていました。

神木隆之介クンが最後に、「アンタをぶん殴りに来た」 という話というのは、あらたに始まった 「正常な」 家族のなりわいのなかから生まれた発想にしてはいかにも不自然に思えたし、田子雄大としてどうして生きられないのか、という櫻井翔クンへの怒りも、「こういう形で展開するのはちょっと無理っぽいな」 と。 で、最後に 「ありがとうございましたっ!」 でしょ。 ちょっとクサイかな、と。
これて、まるで自分が、「このドラマをどうやって終わらせよう」 と考えながら、脚本家の気持ちで考えた感想だ、と言えなくもないのです。 不遜ですけどね。

そしてエンディングが、「実は解決していませんでした」 パターン。 昔からよくありますよね、マイケルの 「スリラー」 で、「これは夢だった」、と思わせといて、ラストでマイケルが、こっちを向いたらネコ目で不気味に笑ってた、みたいな(笑)。 ここらへん、局側から 「続編の含みを持たせといて」 と依頼されたエンディングのような気もするんですよ、意地悪な見方ですが。

でも全体を見ていて感じるのは、やはり櫻井クンのドラマとしては、個人的に最後まできちんと初めて見ることのできたドラマだったし、それだけのレベルの高いドラマだった、ということです。

いや、かなり突出して傑作だった、櫻井クンのドラマの中では。

このドラマの眼目というのは、やはり瓦礫の中から呆然としながら、再び歩み出す沼田家の姿だったと思うし、結果的に 「破壊することで再生する」 という、「家族ゲーム」 というお話が共通して持っているテーマを、現代的に蘇らせていた、と思うのです。

あ~あ、しちメンド臭いこと考えてますね、私も(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「雲の階段」 第6-10回(最終回) みずからの居場所 | トップページ | 「空飛ぶ広報室」 最終回 「だけ」 見て »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ