« 「八重の桜」 第19回 「慶喜の誤算」(5月12日放送) 第20回 「開戦!鳥羽伏見」(5月19日放送) 第21回 「敗戦の責任」(5月26日放送) 第22回 「弟のかたき」(6月2日放送)を見て | トップページ | 「雲の階段」 第5回 破滅を待ち望んでいる自分 »

2013年6月14日 (金)

内海賢二サンの訃報

 仕事から戻ってパソコンを開いたら、声優の内海賢二サン死去の報が。 ショックです。
 あまりたいしたことは書けませんが、やはり書かないわけにはいかないでしょうか。

 このところ声優さんたちの訃報に接する機会が多い気がするのですが、40代とか私どもの年代にとって馴染みのある声優さんたちというのは、やはり私どもの親たちの年齢層とかぶるものがあるんですよね。 内海サンも75歳とのこと。 私の親とたいして年が変わりません。

 「この人の声は聞いただけですぐ分かる」、ということは、私たちが慣れ親しんだ声優さんたちでは当然のこと。 どうして最近の声優さんたちの声が覚えられないのかは私もよく分かりませんが、「個性がなくなったからだ」 などと通り一遍の分析で納得してしまう傾向がある。

 昔の声優さんたちも、そりゃかなりいろんな声色を出していたものですよ。 太田淑子サンなんかも、男の子の声をかなり頻繁にやっていたけれども、「ひみつのアッコちゃん」 の主役の女の子だったりしたし。 堀絢子サンなんかもそう。 だのになんか、分かるんですよね、その人が出てくると。

 内海賢二サンの場合、悪役であるとか、かなりシリアスなケースが多かったけれども、私にとって内海サンというと、やはり最初は 「魔法使いサリー」 のサリーちゃんパパだったわけであり。
 このサリーちゃんパパ、サリーちゃんを魔法の国に強制送還させたくてウズウズしている感覚。 要するに 「雪の女王」 の感覚なんですな。 すごくマヌケで恐妻家でコミカルな部分もあるのだけれど、やはりサリーちゃんを視聴者の子供たちから引き離そうとする、「掠奪者」 の怖さを常に秘めているんですよ。

 「新造人間キャシャーン」 のブライキングボスはその点で、内海サンの声の持つ 「怖さ」 がいちばん発揮されていたように思うけれども、やはりどこかでちょっとコミカルではあるんですよね。 「怖いけど、なんとなくコミカル」。
 そこに気付いて 「Dr.スランプ アラレちゃん」 の則巻千兵衛のキャスティングをした人は、とても冴えてたよな、と感じます。 「アラレちゃん」 のころは私も高校1年とか結構な年だったけれども、やっぱり見てましたし、内海サンと言えばコレ、というスタンダードになった気がします。

 そのほかにも印象的だったのは、「スター・ウォーズ」 のあのー、ハン・ソロの友人役の人(名前はエート…笑)。 最近じゃ 「マトリックス」 のあのスキンヘッドの黒人の人(名前はエート…笑)。 吹き替えでは黒人役が多かった気がしますね。
 個人的に言うと、「はじめの一歩」 の鴨川会長ですよネなんと言っても。 「小僧!」 という声が耳から離れません。

 たいしたこと書けないなどと言っといて、結構書いたな…。

 声優さんの訃報が入ると、ウィキを見ながらのレビューが常なんですが、「あれもあった、これもあった」 などとやってくうちに長くなっちゃうんですよね。

 7月からフジテレビ系 「ノイタミナ」 で放送開始になるアニメ 「銀の匙」 が遺作となってしまったとのこと。 これはチェックせねばなりません。

 ご冥福を、お祈り申し上げます。

|

« 「八重の桜」 第19回 「慶喜の誤算」(5月12日放送) 第20回 「開戦!鳥羽伏見」(5月19日放送) 第21回 「敗戦の責任」(5月26日放送) 第22回 「弟のかたき」(6月2日放送)を見て | トップページ | 「雲の階段」 第5回 破滅を待ち望んでいる自分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

魔法使いサリー、懐かしい。ひみつのアッコちゃんより、好きでした。サリーちゃんのパパも大好きです。そういえば、何かと、サリーちゃんを連れ戻そうとしてたけど、よい子の視聴者から引き離す為だったなんて!斬新!(笑)私はただ、パパは娘がそばにいないのが淋しいのだろうと思ってました。(笑)怖いとは思わなかったです。困ったパパだとは思ったけど。私はファザコンだったので。(笑)

キャシャーンは何回再放送で見たでしょうか。ブライキングボス、怖かったです。

ラオウは、北斗の拳はアニメじゃなくて、漫画派でして。あまり覚えてないです。でもラオウは怖いですよね。きっと。

のりまきせんべえ博士は大好きです。

声優さん達も、子どもの時から知っていた人達が旅立っていきますね。天国っていいところなんでしょうね。誰も帰ってこないですから。ご冥福をお祈りします。淋しいなあ。

投稿: ささ | 2013年6月14日 (金) 13時27分

リウ様、おはようございます。
内海さんの訃報、驚かされました。

デビュー作が「狼少年ケン」の片目のジャック。
それから「黄金バット」のマゾー。
モノクロ「サイボーグ009」で004。
アニメ、海外ドラマ、洋画etc.

甲高さと低音がブレンドされたVoiceが印象的な
大御所声優氏でした。

いずれ、高名な声優諸氏も彼岸の彼方に旅立たれる
かと思うと、昭和の残照が消えていきますね。

しずかちゃん(野村道子氏)が泣いてますね。
「ドラえもん」にも、夫婦共演してたっけ。 合掌。

投稿: M NOM | 2013年6月15日 (土) 03時46分

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。 返信が、少し遅れました。 申し訳ございません。

私も男の子でしたが、昔の少女マンガ、もとい少女向けアニメは妹たちと一緒にかなり見てましたね。
なにしろ描き手が横山光輝サンとか、赤塚不二夫サンとか、男性ばかりでしたからね。
最初に見た女性の描き手のアニメは、「キャンディ・キャンディ」 だったかな。

「北斗の拳」 は私、ほぼまったく見てませんでしたね、マンガもアニメも。 だからこのマンガについては全く何も書けませんで。

「魔法使いサリー」、後年になって見た再放送では、あまりパパが怖い、とは感じませんでしたが、私の場合、子供のころは怖いと思ってましたね(笑)。 「まほうばあさん」 だったかな、かなりシュールだったよな、なんて思い出してます(笑)。

投稿: リウ | 2013年6月16日 (日) 09時40分

M NOM様
コメント下さり、ありがとうございます。 返信に時間がかかり、申し訳ございません。

やはりM NOM様の視聴は私よりちょっと世代が上なんですねぇ(笑)。 私は 「おぼろげに」 覚えている程度です、「ボバンババンボン」 とか(しかも再放送だったかな)。

不思議なのは、私と同世代の声優さんで、すぐに思い出せるかたが少ないなぁ、ということですね。 みんな私の親の世代。 つまりもう、みなさん70代なんですよ。

ということは、もうこれから先の10年くらい、私どもの世代にとっては、声優さんたちの 「失われた10年」 になっていくのではないか、という気がしています。
それが世の常とはいえ、一抹の寂しさを禁じ得ません。

投稿: リウ | 2013年6月16日 (日) 09時57分

ご無沙汰しています。

内海さんも、とうとう逝かれましたか・・・。
感無量です。

私も、「片目のジャック」、覚えています。
えらいかっこよかった・笑

どんな役でもこなされていましたっけね。
私は洋画の悪役イメージのほうが強いんですが。

ほんとに、リウさまがおっしゃるように、
「失われた10年」になりそうで、悲しい。


いま、ヤマトに堀さんが出演されています。
声に若干、力がないような気がしますが、それでもご活躍のご様子、うれしいです。

投稿: マーシー | 2013年6月16日 (日) 17時25分

マーシー様
コメント下さり、ありがとうございます。

「同世代でパッと思い出せる声優さんがいない」、などと申し上げて、よくよく考えてみたら、「ER」 で耳馴染みのかたが多数いらっしゃいました。 訂正いたしますcoldsweats01ゞ。

小山力也サン(ジャック・バウアー!)49歳、平田広明サン(私の場合、FF12のバルフレアっス)49歳、田中敦子サン(「攻殻機動隊」 の草薙素子っス、なんつっても)50歳、てらそままさきサン51歳…and more。

しかし私よりも世代が下、となると、山寺宏一サンしか出てこない(これももしかするとゾロゾロ出てきたりして…)。 最近の半分アイドルみたいな声優さんたちは、まったく声の区別ができません。

そう言えば、「ヤマト」、ここ4回ばかり見てないなぁ。 なんか人気記事ランキング上位になってるので、続きを書かなければならないかもしれませんねcoldsweats01

投稿: リウ | 2013年6月17日 (月) 07時20分

「ヤマト」はねえ・・・・、
「ガンダム」になっちゃったかなあ、
私の中では。

なんせ、古代進が「ボク」なんて言っているんですからねえ・・・・・苦笑

リウさまと同年代の声優さんは、まだまだ個性がたっぷりあって、誰が誰だかすぐわかりますが、
その下となると、お手上げです。

むかし、父が御三家がわからず、郷ひろみをさして、
「あれが西城秀樹か」といったのを思い出しました。
いま自分が、その状態です・笑

投稿: マーシー | 2013年6月17日 (月) 20時55分

マーシー様
コメント下さり、ありがとうございます。

マーシー様、御三家は舟木一夫、西郷輝彦、橋幸夫でござんすよ(笑)。 つーか尾張、水戸、…いやいや(笑)。

私は 「エヴァ」 までは真面目に見ていたほうなので、エヴァの声優さんくらいは分かる気がするのですが、ここ数年来いちばんハマったアニメである 「電脳コイル」 の声優さんが、別の番組で出てきても、おそらく十中八九分からないでしょうね(笑)。

さーて、「ヤマト」 もそろそろ見ないとワケ分かんないんですけど(笑)。

投稿: リウ | 2013年6月18日 (火) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/57589433

この記事へのトラックバック一覧です: 内海賢二サンの訃報:

« 「八重の桜」 第19回 「慶喜の誤算」(5月12日放送) 第20回 「開戦!鳥羽伏見」(5月19日放送) 第21回 「敗戦の責任」(5月26日放送) 第22回 「弟のかたき」(6月2日放送)を見て | トップページ | 「雲の階段」 第5回 破滅を待ち望んでいる自分 »