« 「Woman」 第1回 ボロ泣きを阻害させるもの | トップページ | 「半沢直樹」 第1回 ありそうでなさそうな話 »

2013年7月 6日 (土)

「伊集院光 深夜の馬鹿力」 プリン事件(笑)についてチョット

伊集院光の機内トラブル体験談に批判続々……「面倒くさい客だな」「クレーマーだろ」

RBB TODAY 7月2日(火)19時59分配信】 タレント・伊集院光が2日に放送されたTBSラジオ 「伊集院光 深夜の馬鹿力」 内で語った飛行機内トラブルの体験談について、ネット上では賛否両論が巻き起こっている。

 九州旅行に行った伊集院は、帰路、空港でプリンを土産に買ったという。 しかし、機内に乗り込んでから、保冷剤の入った荷物は棚にも足元にも置けないと発覚した。 事前の説明がなかったことに伊集院は立腹。 そして、「隣の空席にプリンを置いていいか?」 とCAに尋ねたところ 「座席の料金が必要」 と言われてしまい、「料金を払う」 と申し出るも 「事前の手続きが必要」 と断られてしまった。 その後、別のCAから、特別に無料で隣席に置いていいとの許可を受けたが、伊集院は、「クレーマーとしての処理をされているんでしょうが、その恩恵は受けたくない」「僕は自分をクレーマーとはっきり分けていたいのでルールを守る」 と、結局福岡から東京・羽田までの1時間40分をプリンを手に持った状態で過ごしたそうだ。

 機内でプリンを持ったまま2時間近く過ごす状況を想像すると、なんとも気の毒なようだが、この話についてネット上では、航空会社の融通のきかない対応を非難する声もあったが、大半は 「クレーマーじゃん」「飛行機側も杓子定規な感じはするが伊集院は面倒臭い客だな」「『隣の座席に置いていいです』 の時点でありがとうで終わる話じゃん」「知らないルールやマナーなんてそこら中にあるんだから素直に従えばいいのに」 と、伊集院に対する批判が寄せられている。 また、伊集院が利用していたのが比較的低価格で利用できる航空会社だったことから、「安い代わりに色々我慢しなきゃいけないんだよ」 という意見も出ている。

 こうしたネット上の声に対し、さらに伊集院が反論するのか、注目される。



 私、夜のお仕事中にこの放送を聞いてたんですが、仕事中なもんで途切れ途切れとはいえ、なんかこの記事に書かれていることって、ちょっとニュアンスが違うように感じるんですよね。 「言葉を伝える者」 のはしくれとして、ちょっとこのことについて書きたくなりました。

 確かに事実関係からするとこの通りなんですが、伊集院サンがラジオで語りたがっていた本質を、この記事はきちんと書いていない。
 この記事を書いた人が伝えたがっているのは、伊集院サンがラジオでしゃべったことについて、「ネットでは批判が渦巻いている」 ということだけなのだろう、と感じます。 「賛『否』両論」 とかいかにも公平な立場に立って高みの見物をしているような書きっぷりですけどね。 まあ面白おかしく他人をやり玉にあげて読者を獲得しよう、というのが、この人たちの本質ですからね、いつも。

 でも、いろんなニュースに接していて、何かと大問題に発展する 「舌禍」、つまり不用意な発言が巻き起こす騒ぎというものについて、その発言しているVTRを詳細に見ていくと、伝わっている内容とニュアンスが違う、ということに、私はたびたび出くわします。

 確かに一連のやり取りを聞いてて、私も途中から 「安かろう悪かろうなんだなこの航空会社、だったらもう諦めるしかないじゃん」 と思ったのですが、伊集院サンは 「自分ってメンドクセエな」 と自覚したうえでこの話をしてましたよ。

 このプリン事件(笑)について上記の記事では簡単にしか書かれていないことですが。

 伊集院サンが確保した最前列の通路側の席というのは、そもそも荷物を置く場所がない席らしい。 で伊集院サンは 「棚に乗せるしかございません」、という説明を、チケットを買った時点で売り場の人に言われたらしいんですよ。
 で、女房へのお土産で(ここらへんの説明は要らんか…笑)空港で買ったプリンを、いざ飛行機に乗って棚に乗せようとしたら、「保冷材がある荷物は乗せることができません」、とCAの男の人に言われた。
 「そんなのは 『棚に乗せるしかございません』 の時点で一緒に説明すべきだろ」、というのが、伊集院サンの立腹のそもそもの発火点で。

 「じゃ隣が空いてるから隣の席に」、と言うとCAは 「別料金が必要」 と言う。 18000円だったっけな?
 これって、「空いてんだからいーじゃん」 とか軽く思ってしまいがちですが、まあ乱気流でプリンがこぼれて席汚したりなんだりしたら大変っスからね。 ほかの客が 「なんだアイツだけ」、というのもアレだし。 仕方ないか。
 で、伊集院サンは 「じゃ払いますよ隣の料金」 と言ったら、「ここでは手続きが難しいから無理」 とか。 ま、そりゃそうだ、もう乗っちゃってんだから。

 でもね、「だったら別料金とか言うな」、でしょ(笑)。

 つまりこの航空会社って、マニュアル通りのことにしか対応できないんですよ。 だからとっさに 「じゃ隣の席」 とか言われたら、「別料金」 とか口を突いて出ちゃうわけでしょう。 客の立場に立っていたら、「それはご勘弁ください」 でしょ。 「なんだメンドクセエな」 と考えるから、「別料金」 なんて答えちゃうんだと思う。

 で結局、「今回は特別に許してあげます」 みたいなこと言われたんじゃ、「なんだオレってクレーマーかよ」 みたいになっちゃうのも、分からなくはないですよね。 自分がクレーマーとしてこの航空会社に認識されちゃってる、と考えるのは、もしこれが自分だったらなんとも腹立たしいことですよ。 なんつーか、恥ずかしい。 だから伊集院サンは上記の記事にあるように、「クレーマーとしての処理をされているんでしょうが、その恩恵は受けたくない」「僕は自分をクレーマーとはっきり分けていたいのでルールを守る」 としゃべったんでしょうね。

 で、伊集院サンはこの問題の発端が、「もともと座席の購入のときにきちんとした説明、つまり棚には保冷材入りの荷物は乗せられませんということを一言付け加えられなかったこと」 にあると考え、「今後は事前にそのお断りを付け加えてもらえるように、会社に話してもらえませんかね」 とCAに言ったら、「それは出来かねます」、という返事。

 伊集院サンは 「ここでウソでもいいから 『分かりました』 とでも言ってくれればこっちは収まるのに」、と話してましたよ。

 つまり、CAの人にはその権限がもともと与えられていない、ということなんだな、と感じました、私は。 CAの人はしたくてもできないんだろうな、と。
 顧客の提案を上に通すシステム自体が、この航空会社にはない。
 「CAの分際で上奏するな」、くらいの上層部(シャレか)の意識が、そこからは見え隠れする。 客だって、安いからこれに乗ってんだろ。 文句言うな、と。

 まあそりゃ、「クレームは聞きません」 みたいなことを公然と言ってるよ~な会社ですもんね(笑)。

 でも、ここまで書かなきゃ、上記の記事だけじゃ、正直分かりませんでしょ。 伊集院サンの真意がどこにあるのか。

 私が感じるのは、「事実を伝えるうえで肝心な部分を抜かすと、まったく逆の感想が導かれるもんだな、あ~コワイコワイ」 ということであります(ハハ…)。
 今回肝心だと思うのは、伊集院サンが 「メンドクセエなオレ」 ときちんと自覚している部分。 本人がメンドクセエなと思っていることに関して 「メンドクセエんだよオマエは」 と追い打ちをかけるのは、正しくない。
 そして彼の怒りでかき消されてしまっているけど、冷静にこの光景を頭の中で想像してみると、「なんかクレームに対して必要以上に身構えてないかこの航空会社」、ということ。

 確かに伊集院サンの頭の中では、「カネを払えばいいんだろう」 という思考があることは確かですよ。 私だったらビンボーだから、「別料金なの、アホくさ、そんなの払えないよ」 となりますから。
 でも彼にしたって、やはり 「払いますよ」 と言った時点で、そのこと自体に腹立ってるはずですよね。 かなりの大金持ちでなければ2万近い大金なんか、たかがプリンを置くためだけに払いたくないのが人情でしょう。 言わば、かなり自暴自棄になりながらの発言だと思うんですよ(笑)。
 そしたら 「そんなことは出来ません」 て。
 出来ないんだったらゆーなよボケ、でしょ(笑)。 からかってんのか、つーか。

 ま、お客様は神様だとは思わないけれども、やはり最低でも客は客だろ、と(笑)。
 あまりにも 「乗せてやってんだ」 的でしょ。 「クレームなんか聞けるかアホ」 てなもんでしょ。 「特別に今回だけは許してやる」、でしょ。

 まあフツーは、私が冒頭に書いたように、「安かろう悪かろう、…か、フッ」(鼻で笑いました)なんですけど。

|

« 「Woman」 第1回 ボロ泣きを阻害させるもの | トップページ | 「半沢直樹」 第1回 ありそうでなさそうな話 »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

プリン事件(笑)私は、お土産を買った場合は、保冷剤に関係なくほとんど手荷物で預けて、飛行機に乗ります。なるべく身軽で乗りたいので。でも、格安航空だと、手荷物料金を別途に請求されるのかな。だけど、手荷物受け取りに行くのが面倒なので、預けずに持ち込みにする人が多いですよね。結構大きい荷物や、何個もの荷物を持ち込んでいらっしゃる方を見かけます。

プリンちゃんの場合、お土産を買ったお店が、そういう対応をされる危険性を、お客さんに教えてあげてればベターでしたかね。それと航空会社も、プリンちゃんにもう少し優しい対応ができたんじゃないですかね。でも、棚に載せられないんですか?載せてるでしょ?航空券を購入時に保冷剤入りの荷物なんたらってことわってないんだったら!客が、勝手に放り込んでるでしょ(笑)じゃないと、プリンのお客が乗るたび、クレームになるでえ〜!多分、対応をCAさんに尋ねたから、ダメダメだっただけで。ちなみに、私が乗った飛行機は、荷物の乗せ場所のなかったお客さんに、他の席の棚で空いてる所を、CAさんが探してあげて、預かって、乗せてました。

雨傘を持ちこんだお客さんもいたけど、次回からは手荷物でお願いします!で見逃してましたよ。

ただ、最悪、プリンちゃんの為に飛行機をおりなきゃいけなくなる事もあります。(笑)最近の航空会社は、立場が強い。9・11のせいですかね。

ただ、空席に乗せても大丈夫だったんでしょ(笑)いくらでも、柔軟な対応ができたと思います。航空会社も、伊集院さんも。しかし、罪作りなプリンちゃんだわ。(笑)楽しくて、考えさせられる記事でした。(笑)

投稿: ささ | 2013年7月 6日 (土) 20時40分

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

実はこの記事、結構あたためてまして(笑)。 3日くらい前にすでに書いていたんですが、アップするの忘れてた(笑)。 下らないかな、と思ってたかもしれない。

私は基本的に、飛行機ダイキライ人間ですから(これにはちょっと深刻な理由がございまして、小学校時代の友人が飛行機事故で亡くなったのです)生涯で都合2回しか乗ったことがなくて、あまり飛行機事情には詳しくないのですが、そのたった2回乗ったときの印象がかなり悪い(笑)。

まず、飛んでからは早いんですが飛ぶまでが遅い(笑)。

座席が安かったせいか 「オコチャマ向けか」 と思われるような狭さ(笑)。

しかもジェットエンジンの近くだったせいかムチャクチャな騒音(笑)。

「なァにが 『快適な空の旅をお楽しみください』 だバーロー」 と思いましたよ(ハハ…)。

そのときすでに友人は亡くなっていたので、やはり 「一歩間違えれば即死」 という恐怖もものすごいものがございましたし。

プリンに関しては(笑)やはり伊集院サンも 「知らん顔して載せてるやつもいる」 としゃべってましたね。 でも 「自分はタレントだから」、という意識もあるでしょうし。

この、「自分はタレントだ」 という意識って、やはりいろいろ行動を尋常じゃなくする作用があるのではないか、と感じます。

たぶん 「タレントだからポンとお金を払えるんだろう、と周囲の人に思われるのはなんかイヤ」 と思いながら、「じゃ金払いますよ」 と言ってるわけだし。 自分がフツーの人より注目されているから余計にそれが腹に据えかねてくる、ということもあるんだろうな~と思います。 トラブっちゃうとサラシモノ状態ですもんね(笑)。

まあ私は、「言葉で気持ちを伝えているブロガー」 の自分自身の戒めみたいな感覚でこの記事を書いたのですが、別の感想をささ様から聞けて、それも興味深かったですcatface

投稿: リウ | 2013年7月 7日 (日) 06時01分

飛行機、私も結婚するまでは、一度も乗った事がなかったのですが、結婚してからは、嫌だけど乗ってます。毎回離発着の時にお祈りしてますよ!この際なので、カソリックじゃないのに十字を切ってみたり!(笑)最初に乗った時は遺書も書いたし(笑)

座席はエコノミーだと狭いです。持ち込み荷物は9・11のテロの後、かなり厳しくなりました。我が家は娘が小学生の時、ハサミを持ち込もうとして、没収になりました!なんでそんなもの持ってきたんだ!(折り紙遊びの為だったかな)

プリンちゃんは抱っこされていたのなら、2歳未満のお子様の扱いだったのですね。ちなみに抱っこの場合席料はかかりません。(笑)後、隣が空いていたら、シートベルトを外せる時なら座らせてもお咎めなかったような。

有名人だったら?大変ですよね。多分対応されたのも、有名人だったからというのが、CAさんの心のどこかに身構えるものとしてあったかもしれない。失礼がないようにと同時に、なめられてはいけない、マニュアルを崩してはいけないとか。(笑)私だったら、二歳未満のお子様と同じく、抱っこでお願いします!ニコッ!だって、落とし所はそこだったんでしょ?

有名人ってクレームつけたりすると、晒し者(笑)クレームつけるなんて、ちっさ〜い!とかね。でも人間だもの、納得いかない事もあるさ!それを批判する世論もちっさ〜いと思いますよ!

50過ぎてたってあるんだし!参議院議員選挙の無関心ぶりとかさ!真夏の選挙!全然盛り上がらない(笑)国民の義務なのに!でも、税金かかってるんですよ!投票にいかなきゃ。無気力に棄権すると、将来に禍根を残す事になるかもしれない。会津の八重さんのように、絶対的不利でも、戦わなきゃ。しかし、この投票する前から、大勢は変わらないだろうという空気は、しんどい。(笑)アベノミクスを承認するかどうかだけでも、投票動機にして欲しいと思いますね。以上ぐだぐだしません。不在者投票に行ってこよう!エラそうにしながら、ズルしてすいません。(笑)

投稿: ささ | 2013年7月 7日 (日) 08時59分

PS、失礼、正確には期日前投票でした。これ、本当に便利!しかもお手軽(笑)

投稿: ささ | 2013年7月 7日 (日) 09時06分

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。 返信が遅れてゴメンナサイ。 暑くてダウンしてました(笑)。 まだしんどいです。

などとご無沙汰しているあいだに、タイミング悪くまた飛行機事故が起きてしまいましたよね。

(笑)←などと気楽に書けなくなったのがアレなのですが、ホントにこの乗り物、一歩間違うと確実に死亡だというのを今回もあらためて思い知りました。

プロテスタントは十字を切らないんですか、ってそこかよ(笑)みたいですが、ささ様はカソリックじゃなかったんですか、ってそこかよ(笑)。

じゃカタコンブ、じゃなかった、コンクラベなど興味がない、ということでよろしいでしょうか(笑)。

我々のコンクラーベは衆院選といったところですが、「争点がないから盛り上がらない」 というのも違うと思う今日この頃。

ただ昨今では、どうも選挙結果が極端に偏りがちで、「勝ったもん勝ち」 に容易になってしまう風潮がどうにも見ていてやるせない。

ここはバランス感覚でもって、「あまり自民党に勝たせたらイカン」 と別の政党に入れるのが正常な選挙民の感覚なのでしょうが、それ以外にやってくれそうなところがまるでない。

結局消去法で自民党に入れれば、いくらその一票の性格がいかなるものであろうと、自民党が勝ってしまうわけで。

ただそもそも衆議院なんか要らんわ、つーのもありますけどね(笑)。 つーか議員の数自体を減らせ、というか。

「ねじれ」 というものがあるからこそ国会はリミッターが効果を発揮するのであって、法律というのは一党の独占物じゃないんですよ。 立法府としてリミッターが効かないのは機能不全としか言いようがない。

もし憲法を改正できるというのなら、そういう国家のアタマ部分、行政の効率化を促進できる方向ならば許せる気がします。

投稿: リウ | 2013年7月 9日 (火) 08時54分

まさか、飛行機事故が起こるとは。

おかげで、息子が修学旅行へ行きたがらなくなりました(笑)今年から行き先が韓国になったので。

アメリカで、韓国の航空会社で、中国人の死者。客の半分以上は中国人だったとか。世界は動いてる。

事故は調査におまかせして。参議院、確かに不要論もありますね。でも、一党独裁を阻むには必要かも。議論を急ぎたくない日本向きなのかも。

安倍さんも改憲論、今は引っ込めてるし。もう、60年以上使ってると、憲法もアメリカからの押し付けだあ〜!って気もなくなります。腰抜けでも、平和憲法で、いいんじゃないかしら。自衛隊の立場をもう少し、よくしてあげたいというのもわかるけど、今の日本人には、きつい仕事の公務員の一つという感覚ですよね。どうなんでしょうね。しかし、参議院議員、今年は一段と地味です!暑いのに、選挙カーにがなられたら、もっと暑くなるので、こんなものでもいいかな。(笑)

投稿: ささ | 2013年7月10日 (水) 07時52分

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

どうもネットでは嫌韓というのが幅を利かせているせいか、今回の事故で自らの非を認めない、とか、死んだのが中国人だからよかったとか、韓国の体質みたいなものがあげつらわれている気がするのですが、別に我々日本人だって下手すれば陥りがちなスタンスでしょ、と言いたいですね。 なに自分たち日本人は違う、なんてエラソーなツラができるのか。 ニュースでだって、外国で起きた事故について [死亡者のなかに日本人はいませんでした] という但し書きがいつも必ず付いてるでしょ。 選民意識もほどほどにせよ、と言いたいですね。 優越感に浸るな、他山の石としてみずからの襟を正せ、と言いたいですね。

こういう意識が平和憲法にとってのいちばんの脅威なんだと思いますよ。 いくら中国や韓国がいつまでたっても謝罪を要求するとかエラソーでも、それを 「シツケーな」 と考えてはいけない。 親の犯した罪を償い続けるのは子供に課せられた十字架だ、とまではいきませんが、自分たちはあくまで毅然と、粛々と、彼らのシツケー謝罪要求を受け止めねばならないのです。 卑屈になれ、ということではない。 毅然、というスタンスを守れば、言うべきときにはきちんと言える、そんな態度もおのずから生まれてくるものでしょう。

あ~あ、暑苦しいのに考えることじゃないな(ハハ…)。

参院選は、暑いからよけ~に考えたくもないつーか(暑くてラリってるぞ)。 この暑さをなんとかするために、都市の緑地化を進める、とかいうマニフェスト出してる政党でもあれば投票してしまいそうな今日この頃。

投稿: リウ | 2013年7月10日 (水) 11時15分

リウ様、ささ様 
こんばんは。お二人のやりとりが面白くて、ついついクスリとしながら拝見してしまいました。
ということで、横から失礼します。

振り上げた手の落としどころというと大げさとも思いますが、共感してくれる方を求めて伊集院さんのラジオ発言はあったようにも感じます。
ちょっとー、俺、こんなに不条理な目にあったのよ  と身の回りの人に言うだけだと足りなかったような。

こういう時って、なにが正しい答えだったかってことよりも、あー 分かる分かる、なんて対応なんだろうね、その航空会社って自分の気持ちを丸ごと聞いてもらって相槌うってもらうだけで、少しずつ浄化されるんですよね。
…なんて、自分と重ね合わせつつ、思ってしまいました。

参院選、もー、おっしゃるとおりで、あの選挙カーの騒音が暑さに拍車をかけているようでしんどいです。
赤子が寝た瞬間にがなりたてられると、絶対、アナタには入れてやらない!と憎悪すら沸いてくる今日この頃です…

投稿: ろくすけ | 2013年7月11日 (木) 02時10分

ろくすけ様
どうもはじめまして! コメント下さり、ありがとうございます。

好き勝手なことを書いているだけなので、却って恐縮ですcoldsweats01ゞ。 特に嫌韓嫌中のかたには耳の痛いことを申しておりますので。

やはり怒りの感情って、はけ口がないと健康によろしくないですよね。 他人にしゃべって同意を得てもらうのが何よりの薬だったりします。

でもどうも最近は、他人の言うことを小賢しく論評する人が多いような。 いかにも自分は常識人で、「それは違うだろ、こう考えるのが妥当だろ」、みたいな。

いや、ネットとかそういう場が広く提供された、ということなんでしょうけど。

私だってこの記事ではおなじよーなことしてますしね(ハハ…)。 「こう考えるのが妥当だろ」 みたいな。

他人に自分の考えを伝えるということは、とても難しいですね。 選挙カーも、自分の言いたいことや、自分のことを認識してもらいたくて、がなりまくってるんでしょうけど(笑)。

このクソ暑いんじゃ、セミのほーがマシだ、とゆーか(笑)。

投稿: リウ | 2013年7月11日 (木) 12時01分

リウ様 
ろくすけ もといpickleです。寝ぼけ頭でコメントさせていただいていたもので、ハンドルネームを間違えてしまいました…

訪問先によってビミョーにハンドルネームが違うもので。
このままでもいいかな、と思いつつ、一応念の為、です。
暑さにやられているのでしょうか…

今日も暑かったです~

投稿: pickle | 2013年7月12日 (金) 01時11分

pickle様
訂正のコメント下さり、ありがとうございます。 いずれにせよお久しぶりです。

ご心配なく、私も暑さで壊れてます(笑)。 仕事でも 「どーしてこーゆー間違いをするのだ?」 というような簡単なミスをしでかしてますんで(ハハ…)。

暑さが一段落するまであ少し…でもいずれにしても30度以上、そしてまた暑さはぶり返す…

やめてけれ~~っ(ズビズバ~っ)。

投稿: リウ | 2013年7月13日 (土) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/57720836

この記事へのトラックバック一覧です: 「伊集院光 深夜の馬鹿力」 プリン事件(笑)についてチョット:

« 「Woman」 第1回 ボロ泣きを阻害させるもの | トップページ | 「半沢直樹」 第1回 ありそうでなさそうな話 »