« 食品偽装についての下らない私の意見 | トップページ | 「ごちそうさん」 第7週 鯛が大阪弁でしゃべるキッチン・オペラ »

2013年11月14日 (木)

最近の訃報に思う

 島倉千代子サンがお亡くなりになったりとか、訃報というのは特に自分が年配になってくるとそれぞれに感慨深くなってくるものです。
 以前はこのブログでも、訃報記事がひとつのジャンルみたいな位置付けをしてまいったのですが、このところ深く語ることのできるかたが少なくて、ちょっと意識的にやらないでまいりました。
 ただこのところ、ちょっと多い。
 やなせたかしサンとか岩谷時子サンとか川上哲治サンとか、そりゃもうこの歳まで生きたら…というかたがお亡くなりになることが最近の傾向のような気がいたしますが、それでもやはり、「この世」 というステージにまだおられる、ということの安心感というものは、あった気がいたします。 島倉サンで75歳、だったでしょうか、これで 「まだ早い」、という感覚ですから。

 たしかにやなせサンなんかを見てると、「このジイサン元気だな~、オレも頑張ろう」 という気にさせていただいていたのですが、アンパンマンのごとく、自分を切り売りして元気を分け与えていたようなかたがいらっしゃらなくなると、「また世の中が、ひとつ面白くなくなった」、という気にはなるものです。

 岩谷サンの訃報を聞いてまたウィキに駆け込んだりもしたのですが、郷ひろみサンの一連の作詞のなかで、「花とみつばち」 もしてたんだな、というのはちょっと意外だったかな。 あの歌詞はオフコース小田和正サンの 「Yes,No」 と同系列の、「しゃべり言葉による歌詞」 だと思うんですよ。 「♪どうでもいいけど~」 って。 そうか、ザ・ピーナッツの 「ふりむかないで」 も同じだ。 「ふしぎなメルモ」 も同系統だなー。
 しゃべり言葉による歌詞というのは感性が大きく作用するので、気を抜いたように見せかけてきちっとした言葉を選ばないと、聴き手の心に残ってこない。 スキルの要るジャンルだと思うんですよ。 まだ生きていらっしゃるんだな~というのは 「ラジオ深夜便」 でしばしば確認しておったのですが、いざ亡くなられてみると、やはりどこかに喪失感というものが残ります。
 合唱曲の 「空がこんなに青いとは」 もそうだったんだ。 「♪知らなかったーよー、空がこんなに青ーいとーはー」。 懐かしいな。

 その 「ラジオ深夜便」 つながりで申しますと、この番組で月イチの 「隠居大学」 というコーナーを受け持っていた、コラムニストの天野祐吉サン。 朝日新聞のCM天気図で最初に知ったのかな。 「面白い文章を書く人だな」、って。 「ブロードキャスター」 にもお出になってましたよね。 この人の根底には、いつも何か、世の中を面白がる、というのがあって、そこが結構好きだった。 80歳ということである程度の天寿かもしれませんが、でもやっぱり惜しい。 亡くなったあとに 「深夜便」 で放送された 「隠居大学」、所ジョージサンとの対談では、やはり軽妙な受け答えが素晴らしくて。 期間限定でお聴きになれますのでぜひ。 → http://www.nhk.or.jp/shinyabin/doga/04.html

 川上監督については、NHKの野球解説で頑張っていたのが印象的でしたが、このかたに関してはもうなんか、「巨人の星」 とか 「侍ジャイアンツ」 の、「架空のイメージ」 が強くてね(笑)。 たぶん実像とはかなり違っていたんじゃないかと思う。 梶原一騎サンの創作したイメージですよ。 特に 「巨人の星」 では、この作品の質をワンランク上に位置づける重要な役割を果たしたと思っています。 これについては当ブログで数年前に言及したのですが、探すのメンド臭いからリンクは張りません(ハハ…)。

 島倉サンは、よくラジオの大沢悠里サンの番組にゲスト出演していた印象があるんですが、ホントにしゃべりが少女みたいな感覚でね。 人間性が、根本から可愛らしいんですよ。 だから悪いヤツに騙されちゃったんだろうな、というのは感じます。 イカンですよ、こういういい人を騙しちゃ。 いい人っていうのは騙される。 特にお金を持ってると。 イヤな世の中だ。
 この人の歌う曲というのは、かなりキイが高い。 そこらへんにちょっと注意して聞いたことがないんですが、たぶん島倉サンは、いくら歳を重ねようとも、オリジナルのキイで歌うことにこだわり続けた、という印象が個人的にはあります(認識違いがあったらゴメンナサイ)。
 たぶん、だからだと思うんですけど、乳がんを患ってからの島倉サンは、高いままのキイの昔の歌を歌うのが、ちょっとキツそうに思えることがあった。 だから、「こんなに歌ヘタだったっけ?」 と思うことも、正直ありました。 でもオリジナルキイで歌うことが、彼女の歌い手としてのプライドだったんじゃないでしょうか。
 これも昨日の(正確には今朝の) 「ラジオ深夜便」 で、数年前の宮川アナのインタビューが、流れてました。 無邪気なまんまで。 とても亡くなったとは思えません。

 なんか、いつの間にか、世の中を面白くしてくれていた人たちがいなくなってる、ということに気付きます。 若い人たちにとって、そんな存在って、どんな人たちなんだろう。 サッカー選手とか、エグザイルとか、そんな感じになっちゃうのかな。

|

« 食品偽装についての下らない私の意見 | トップページ | 「ごちそうさん」 第7週 鯛が大阪弁でしゃべるキッチン・オペラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/58573477

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の訃報に思う:

« 食品偽装についての下らない私の意見 | トップページ | 「ごちそうさん」 第7週 鯛が大阪弁でしゃべるキッチン・オペラ »