« 「ごちそうさん」 第7週 鯛が大阪弁でしゃべるキッチン・オペラ | トップページ | 「はつ恋」 1年4カ月遅れ、再放送を見てのレビューです »

2013年11月26日 (火)

紅白はもう、明確に世代分けをすべき

 今年の紅白の出場者が決まりましたが。
 どうも年々興味が薄れていきますな。
 世代間の断絶がここまで明確になると、前半は若者向けの紅白、後半は大人向けの紅白、というように、はっきりと分けたほうがいいと思います。 アイドルばかりのところにいきなり演歌歌手とか、そんなもの誰も見たくないんですよ。 若者も、大人も。

 だいたい流行ってる歌がないですからね。 そこがもう致命的であって。
 私が今年の歌で知ってるのは、「NHKラジオ深夜便」 で毎日かかっている 「深夜便の歌」(3カ月ごとに更新) くらいしかない。
 それと、「あまちゃん」 の挿入歌、「潮騒のメロディ」…アレ?(笑)。 「メロディ」 じゃない、「メモリー」 だったっけ?(笑)。 そういやキョンキョン、出てこないけど、なんなんだよコレ。 今年流行った曲、これしかないじゃん(極論)。

 まあ、もしかしてサプライズで出るのかもしれないけど、変に 「あまちゃん」 を神出鬼没みたいに出さないでほしいな。 見たくもないアーチストだかいう人たちの合い間合い間にひょこっと出たりとか。 見逃しちゃうよ。

 それに、「あまちゃん」 でせっかく80年代の歌謡曲が脚光を浴びたんだから、80年代のコーナー作ってもいいんじゃないのかな。 河合奈保子サンとか柏原よしえサンとか早見優サンとかシャネルズとか横浜銀蠅とか(まあ出るのに支障のあるかたもいらっしゃいますが)。
 それってそもそもNHKにおいては、「思い出のメロディー」 という別番組で需要があるんだと思うのだけれど、もう 「思い出のメロディー」、紅白に移行してやっちゃってもいいんじゃないだろうか。 テレビ東京さんとかぶるけど。
 だって流行ってる曲ないんだもん。 過去の遺産で食ってけばいいじゃないですか、もう。

 サブちゃんこと北島三郎サンが、今年を最後に紅白から引退、というのもさびしい話で。
 いや、後輩に譲るとか、やめてほしいよ。 いないもの。 見たい後輩ってもんが。 いないんだから、サブちゃんは続けるべきだ。 サブちゃんの後継と呼べる人が出てきたら、晴れて引退すればいい。 でもこうなりゃもう生きてる限り紅白には出てほしいですよ。 島倉サンもいなくなっちゃったんですよ。 屋台骨を支えていただかないと。 日本の歌謡界の。

 まあ、積極的に見たいのは、朝ドラ 「ごちそうさん」 のテーマ曲を歌ってる、ゆずくらいなもので。 あ~めのち~ぃ~、はれ~るやぁ~。
 あとはまあ、泉谷サン? 今年 「昭和の歌よありがとう」 というコラボアルバムを出したのだけれど、そのなかでデュエットしていたおひとり、大竹しのぶサンが、「紅白に出たい」 とご自分のラジオ番組で盛んにしゃべっておいでですよ(笑)。 お出しになってさしあげたらいかがでしょうか(笑)。

 それにしても今年ばかりは、当ブログ恒例の 「ツイッター風・紅白実況中継」 をやる気が起きてまいりませんなぁ…。

« 「ごちそうさん」 第7週 鯛が大阪弁でしゃべるキッチン・オペラ | トップページ | 「はつ恋」 1年4カ月遅れ、再放送を見てのレビューです »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

今年で北島三郎さんが卒業するようで、大トリだそうです。

泉谷しげるさんが初出場(笑)ご本人によると最初で最後らしい。(笑)NHKがそう簡単に諦めてくれるかしらん。(笑)

ところで、都知事はどうしちゃったの。無利子無担保で、5000万、借りられるんだ。(笑)政治の世界ってすご〜い!でも、八重の桜でも、新島襄が、大隈重信の計らいでの募金集会で、財界人から、めっちゃ寄付してもらってました。最初は渋られたんだけど、大隈さんが、西洋では、セレブになるほど、慈善に多額の寄付して当たり前なんちゃらのような事言って、お手本の寄付をしてくれてからだけど。都知事も慈善でもらったことにしたら(笑)

都知事もオリンピックで、ウハウハだったのに、年末になって、借金問題!(笑)

紅白。今年はおせち料理を作りながら見ると思います。あまちゃんは、いろんなところで、利用されるみたいだけど。(笑)アイドルグループだし(笑)

今年の歌は恋するフォーチュンクッキー!とあまちゃんのテーマソング(甲子園で何回も聞いたし)。

でもマンネリも紅白の楽しいところでもあります。毎年、同じって、妙に安心するんですよね。人間、守りに入っちゃうと、そろそろやばいとは、思うけど。演出はごった煮みたいにしてくれないと、トイレやお風呂タイムも必要でして。(笑)多分、そういう意図でしょう。(毒)

リウ様
こんばんは。

キョンキョン、薬師丸さん、GMT、潮騒のメモリーズ(Z)、そしてベイビーレイズも含め、あまちゃん関連ユニット出場せず・・
以外でもあり、そらがっかりもしましたが、どこかでホッとしている自分が居ます。

私、紅白で朝ドラの出演者が役のままどひゃ~と出てきて、妙な小芝居なんかするのを観るの、どうも苦手で、お尻のあたりがむず痒くなってしまうもんで・・・
そうは言いながら、今年のNHKのまさに「顔」ですから、なんにも無しということないと思いますが。
現に、能年ちゃんは、紅白「PR大使」ということで、12月から紅白の番宣出ずっぱりのようですし。

私としては、泉谷さんが一体何を歌うか?いやそもそも、あの泉谷が、あの紅白で、「春夏秋冬」あたりを(大好きな歌ですが)大人しく歌ったりして許されるのか?ということと、「進撃の巨人」のOpを歌っているLinked Horizonがちょっと興味あります。

あとは、きっと観たり観なかったりなりそう。

でも、これで年間視聴率で「半沢直樹」に負けたりしたら、NHK的には洒落にならんでしょうね。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

猪瀬サンは、どーも取り返しのつかないミスをしちゃったみたいですね。 私、あの人の作家時代、結構好きだったんだけど。 言ってることがまともで。 なんであんなんなっちゃったんだろうな~(笑)。 ええ、猪瀬サンに一票入れましたよ、告白いたしますと。 まともだと思ったから(笑)。

しっかしあの借用書(笑)。 社会で生きたことのある大人ならば、アレがどんだけい~かげんなものなのかが一目瞭然で(爆)。 あそこまで行くと、笑わそうとしてるんだろうな~と感じる(ハハ…)。

オリンピックをどのようなものにするか、という問題につきましては(美濃部サンかよ)、ラジオで山田五郎サンが盛んにしゃべっている、国立競技場の建設問題には、都民として一言言わねばなりません。

あんな予算のかかり過ぎるもの(しかも維持費もボータイにかかるという)、「今から即刻素案からやり直しなさい」。 あんなののために都民税なんか払わないぞ! ロンドンでも700億円くらいだったらしいのに、なにが1500億円だよ(しかも最初3000億とか吹っかけてダンピングしたマネまでして)。 ふざけ過ぎ。 猪瀬サン、アンタこういうのに昔は噛みついてたじゃないの。 無利子で借りたお金でなんとかしなさい(ハハ、足りねー)。

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

「妙な小芝居」、言い得て妙(笑)。 ドラマのなかのお国言葉で訛って応援とかね(笑)。 「ママ、頑張ってケロ~」 とか絶対言いそうだもんな、もしキョンキョン出てたら(笑)。 キョンキョンはそんなの潔しとしないよな、絶対(笑)。 キョンキョンの美学ですよね、これは(笑)。

「進撃の巨人」 って、なんか最近やたらとネットで目にするけれど、面白いんですか(ハハ…)。 私は絵が、あまり好きじゃなかったな~。 最近多いんですよ、マンガで、自分の好みの絵じゃないのが売れてるケースって。 「キングダム」 とかね。 絵がどうも好きになれない。 これは私の好みの問題ですけど。

「魔法少女まどか☆マギカ」 というのもありますよね。 今再放送中なのを見てるんですが。 あのアニメの絵も、そこを狙ってるんだけど、どうも見ててしっくりこない。 萌えキャラが残酷なことをするのが狙いなんだと思うんだけど、どうも…(好きじゃない)。

こうして世間とずれていくんだろうな~、初老の男としては(オッサンから初老の男に格上げ?)。

紅白ですが、私の見立てでは、「半沢」 には負けるでしょう(笑)。

猪瀬さんはおやめになるそうで。オリンピックで盛り上がった頃、こんな落とし穴、誰も考えなかっただろうに。(笑)食品偽装なんてなんだったのというぐらい、毎日、都議会のニュース。(笑)追求するのが得意な人って、守りは下手なんですねえ。(笑)5000万で、辞める羽目になるなんて。でも、権力の闇につかっているより、さっさと辞めて著作作業をした方が、いいって!言いたいこと書けるし!今の騒動の顛末を、本にしちゃえ!都議会の裏を暴露しちゃえ!(笑)

紅白は北島さんは「まつり」だそうで。

紙吹雪で締めるのかしらん。

半沢直樹に勝てるか?が焦点だったりして。

リーガルハイの最終回途中で、眠ってしまいました。(笑)面白かったんだけど、眠気に負けました。(笑)堺さんは無口な役をやりたいそうで(笑)。無口な役でも充分存在感あります!でも、あれだけ喋り倒せたら、いっぱい台詞も書きたくなるって!なんでもござれだもの。

都知事の騒動も、日本国民全体からしたら、そろそろしらけてきたところ。

紅白みて、スッキリ年越ししたいものです。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

ささ様は東京都民でいらっしゃらないから気楽でしょうけど(笑)、これでもう一度やり直し都知事選挙、なんて、とてもメンド臭いんですけどね、都民のひとりとしては(笑)。
しかも選挙だってタダでやるわけじゃないでしょう。 5000万円じゃ済まない(笑)。
1年間タダ働きするって言ってるんでしょう。 させてあげたらいかがでしょうかね。 そのほうが経済的だし(笑)。

しかしホンット~に、ウソつくのがド下手ですねこの人(笑)。 却って人間っぽくていいけどな~(半分皮肉…笑)。 だってこんなバカ正直な悪人より(笑)もっと悪いヤツは、そもそも悪事発覚しないって(笑)。

出版社だって、この人にどれだけ儲けさせてもらってんのか忘れちゃったのか、手のひら10倍返しでなんか節操ないよな~(ハハ…)。

あ~あ、なんだかなー。 紅白もつまんなそうだし

いやあ、お気の毒ですが、東京は都知事選挙になりましたね。お金、かかりますね。(笑)

猪瀬さんに石を投げられる政治家って、果たしていますかね。罪というのは、皆、抱えているでしょうに。猪瀬さんはちーいと世間知らずだったのでしょう。

紅白、何が楽しみかなあ。去年ラジオで、帰省の途中、聞いていて、意外と面白かったです。歌のうまい下手がはっきりわかって。(笑)きゃりーぱみゅぱみゅちゃんやAKBは聞くの辛いですよ。(笑)視覚の助けがないと。演歌の皆さんはその点、お上手です。(笑)聴きやすくて、ほっとします。

泉谷さんの春夏秋冬かなあ。聴きたいのは。

でも紅白も思い出のメロディとたいして差がないような。でも、見ちゃうんですよ。

リウさま
こんばんは。

どうやら特別コーナー枠で、あまちゃんのキャスト総出演だそうで、またまたお尻がむず痒くなりそう・・・
とは言いながら、結局観てしまうんでしょうけど。

泉谷さん、「春夏秋冬」を歌んですね。これは、素直に楽しみにしときます。
でも、どこかでデンジャラスな「泉谷」の出現を望んでいる身としては、「黒いカバン」も聴きたいよ~(無理か) 「おー脳!!」でも「国旗はためく下に」でもいいけど(余計無理ですね)

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

年の瀬の忙しい時期に祝日があると、結構仕事にしわ寄せがきて響きます。 天皇陛下、もうちょっと6月とか、いい時期にお生まれになっていただけたらよかった…と、休みをもらっておきながら不遜なことを申し上げております(まあ我々、サラリーマンと違って一日休むとそれだけ 「もらい」 が少なくなるのですが…笑)。

んで激いそがし。 返信も遅れました。 毎度ですが申し訳ございません。

ぱみゅぱみゅチャンは最近NHKのアナウンサーも練習してるのか、ヤケに噛まないでスッとしゃべれますね、その名前が(笑)。 彼女とかAKBとかはおそらく口パクではないか、と思うのですが、それでも聴くに耐えませんですか(ハハ…)。

「春夏秋冬」 はかなり聞き飽きてる、私の場合(笑)。 泉谷サンのファンでは特にないんで、ほかにあんまし知らないんですけど。

紅白は歌を聞くよりも、そのお祭り的な雰囲気で年忘れ、という感覚のほうが強いので、たぶんグダグダ言いながらもまた見ちゃうと思います。 サブちゃんがいなくなったらますます紅白っぽくなくなりそうですけど。

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

前のコメントにも書いたんですけど、ワタシ泉谷サンの歌、あんまし知らないんですよね(笑)。 「今夜も生でさだまさし」 の歌の特番のときに出てきて 「春夏秋冬」 を歌ったときは面白かったですよ(笑)。 客席が手拍子するのを嫌がって途中でいきなりギターを弾くのをやめ、「テメーラ拍手なんかしてんじゃねーぞバカヤローッ!」(笑)。

確かにこの曲、手拍子なんか要らない(笑)。

「テメーラ今年流行った曲1曲も知らねーでCD1枚も買わねーで紅白なんか見てんじゃねーぞバカヤローッ!」 くらいのことは怒鳴ってほしいな、と思います(そして永遠に紅白の出入り禁止…笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅白はもう、明確に世代分けをすべき:

» 【感想・まとめ】第64回紅白歌合戦出場歌手(2013)昨年度との比較。 [.net.amigo]
#あまちゃん枠はないの?枠というか、コーナーというか。天野春子さんは?【2013】●紅組初出場・E-giris・NMB48・miwa●白組初出場・泉谷しげる(←だからこの前「あさイ [続きを読む]

« 「ごちそうさん」 第7週 鯛が大阪弁でしゃべるキッチン・オペラ | トップページ | 「はつ恋」 1年4カ月遅れ、再放送を見てのレビューです »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ