« 「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」 最終回 自虐の果てにある 「哀しみ」 | トップページ | 2013年 「第64回紅白歌合戦」 実況、やっぺよやっぺ~ »

2013年12月30日 (月)

「クリスマスの約束 2013」 小田サンの目指すゴールのあり方

 「フェードアウトというか、バットの置きかたは難しいやね…でも、なんかその、あそこ行ってポロンポロンって演ったら喜んでくれたとか、最後はそんなのがいいなぁとは思うけどね。

 でも、なんかこう、貢献できることは、しなくちゃいけないなっていう、義務みたいなものも感じるし。

 それとやっぱり音楽的なことで言えば、自分がホントはこういう音楽が昔好きだったよなあっていうスタートとこのへんの。 バンドやったり、オレのイメージで頼んでくる曲を、ちょっと書かなければいけなかったり。

 …置いてきたものを、そういう曲をやってみたいとかね」。

 これは今年の秋口にNHKBSで放送された 「吉田拓郎YOKOSO(ようこそ)」 のゲストとして小田和正サンがしゃべっていた、自分のミュージシャンとしてのゴールのあり方についての話です。
 今年の 「クリスマスの約束」 を見て、なんとなくこれってこの時の対談に対する、拓郎サンへの小田サンなりのひとつの答えなのかな、なんて気がしました。

 今回の 「クリスマスの約束」 の目玉は、なんといっても拓郎サンがゲストで出た、ということ。
 これ、その 「YOKOSO」 の対談のときに話が決まったんじゃないかな。
 「YOKOSO」 のなかで、拓郎サンは「最近なにごとにも億劫で…(笑)」 という話をしていたんですが、小田サンは 「テレビでこういう話をするのはさびしい(笑)」 という反応をし、ボイストレーニングを始めたという拓郎サンに対して 「新しいことを始めるのはいいことだ」 と大いにけしかけていた。
 新しいことをやって、自分のやる気を持続させる。 おそらくこの対談がきっかけになって、小田サンは拓郎サンを、今年の 「クリスマスの約束」 に引っ張り出したのかもしれない。

 逆に拓郎サンの側からすれば、この秋口で4年間続いたアルフィーの坂崎サンとのラジオ番組も終了し、自らの新作制作に没頭しつつあるときに、かつてのような 「曲が勝手に天から降ってきて簡単に出来てしまう」 ということがなくなり、七転八倒しているときに、小田サンとの共演は、多少なりとも刺激になるかもしれない、という思惑もあったのかもしれない。

 その 「YOKOSO」 で、ボイトレをやった結果オリジナルキー(いちばんの高音がG♯と言ってました)で声を出せるくらいになりつつある、と拓郎サンがしゃべっていた 「人生を語らず」。 「クリスマスの約束」 の小田サンとの共演の、いちばん最後がこの曲でした。 やっぱり、「YOKOSO」 と今回の 「クリスマスの約束」 は、繋がっている。

 ただどうも、拓郎サンに捧げたような、番組冒頭の 「the flag」 のあと、小田サンに紹介され、万雷の拍手のなか登場してきた拓郎サン。 …なんか固い(笑)。 いつもの砕けた感覚がない(笑)。
 最初の曲は、もう名曲中の名曲、「落陽」 だったのですが、すごくきっちり歌っている印象。
 もともとこの 「落陽」、あまりに名曲すぎて、拓郎サンも歌い飽きてるのかもしれないけれど(笑)本人あんまりきちっと歌うタイプの曲じゃないんですよ。

 なぜなのかはすぐ分かりました(笑)。 小田サンが完璧なバックコーラスをつけてるから(笑)。 小田サン特有の、あの後追いコーラスとかね。 だからきっちり歌わないと歌バラバラになっちゃう(笑)。
 曲のあいだのMCで、あまりにリハーサルに時間をかけ過ぎだみたいなことを拓郎サンが愚痴ってましたが(笑)、完璧主義者の小田サンにかかっては、拓郎サンのフィーリング重視も形無しだな、というところで(笑)。

 でも、小田サンのハーモニーが入った 「落陽」 は、なかなかに刺激的ではありました。

 そして次は、これまた初期の名曲、「リンゴ」。
 これは本来、拓郎サンがアタック気味のスリーフィンガー(要するに叩きつけるような感じで、弾くほうの指を3本で演奏する方法)を駆使する曲なのですが(レコードでは石川鷹彦サンだったかな~)、のっけから拓郎サンのストローク(つまり指で爪弾かないでジャカジャカやる奏法)で始まり、そこにフィンガーピック(指につけるギター弾くためのネイルみたいなもんですな)(んも~いちいち説明するのメンドクセエ…笑)をつけた小田サンがスリーフィンガーで追随する、という方法で演奏されました。 これも見る人が見れば、これまた非常に刺激的な場面でした(つまり自分はこの場面のすごさが分かっている、という、エラソーな自慢であります…笑)。

 続いては、ギターの弦を拓郎サンからタダでもらった小田サン無名時代の思い出があるという(笑)「今日までそして明日から」。 小田サンのハープ(ハーモニカ)も冴えてます。

 そして4曲目、最後の曲が、先ほどお話しした、「人生を語らず」。 ボイトレの成果が、ここに集結(笑)。 「♪届かないものおおお~~~っ身近に感じてえええ~~っ」 の 「おおお~~~っ」 の部分が先ほど書いたG♯の部分だと思うのですが、スンゴイよく声が出てた。
 しかも、近年の拓郎サンの声は、若い時よりもずっといい(と思っている)ですからね、もう最高でしたね。 まあアレンジが小田サン寄りなのは仕方ないとして(笑)。

 それにしてもこの、拓郎サンが登場の時ばかりは、いつも客席のうら若き美人の女性が涙を流しているとこばっかり映しているこの 「クリスマスの約束」 がですよ(笑)、完璧に 「オッサンのためのクリスマスの約束」(笑)。 どうして拓郎サンだと客席のオッサンが 「タクロ~~~ッ!」 とダミ声で怒鳴るイメージしかないのか(まあ、小田サンのコンサートだからそーゆーのはなかったですが…笑)。 仮にも 「フォーク界の貴公子」 とまで言われたお方ですよ(笑)。

 あと、蛇足ですけど、この日、拓郎サンがかけていたメガネ、なんか自分が今しているメガネと、形が似てたなー、という、どーでもいい話(笑)。 いや、まあ拓郎サンはいろんなメガネ持ってるけど、うれしいもんです、ファンとしては(笑)。

 で、そのあとも今年の 「クリスマスの約束」 は延々と続くんですが、そのあとは興味なしというか(笑)。
 拓郎サン退場のあとでてきたスタレビの根本サンは完全に自虐モード(笑)。 スキマスイッチやいきものがかりのメンバーなどと歌った 「プリーズ・ミスター・ポストマン」 は、もともとはモータウンのガールズグループの歌だったんですが、これはなんといってもビートルズのカヴァーで有名になった曲。 そのアレンジメントはさすがに小田サンのカラーが出たのか、どちらかというとカーペンターズがカヴァーしたほうにフィーリングは似てたけど、最後はビートルズばりに、全員が立ち上がって一斉にお辞儀。 これはビートルズスタイルなのです。

 その後は完全に興味がなくなり(笑)。

 世代的には、ミスチルの桜井サンがゲストで出て来たときのほうが、インパクトが強いんだろうな。 ただ私にとっては完全に管轄外。 細かい解説はその方面に詳しいサイトにおまかせします。
 で、番組もいつもの通り、客席の 「泣く女」 を映す方式に戻りました(笑)。 …まあこっちが本来の 「クリスマスの約束」 のあり方でございます。 拓郎サンが出てくるほうが、異色なんだよなぁ。

 あと、個人的によかったと思うのは、松たか子サンとJUJUのふたりと歌った、バート・バカラックの 「ホワット・ザ・ワールド・ニーズ・ナウ」。
 好きなんだよなー、この曲(つーかあの時代のバカラックはもう、神がかりまくりですけど)。 ディオンヌ・ワーウィックの名曲ですよ。 個人的にはセルジオ・メンデスとブラジル'77の、テンポの速いヤツも好きなんですが。

 そして最後に、東北大学の学長からあった、校内歌を作ってほしい、という依頼にこたえた曲。

 ここまでの流れを見ていて、冒頭に掲載した、「吉田拓郎YOKOSO」 でしゃべっていた小田サンの話と、今年の 「クリスマスの約束」 は、見事に合致しているんじゃないか、と思った次第なのです。

 つまり、もう70代という年齢が見えてきているこの時期に、小田サン自身がどうやってこの仕事を続けていきたいのか、ケリをつけたいのか、というひな形。

 ただ、フェードアウトなどと小田サンは言っておりましたが、この番組の1か月あとに来日した、ポール・マッカートニー。 彼は今年71歳なのです。 71で、あそこまでロックが出来る、というのは、拓郎サンにとっても小田サンにとっても、いいお手本になったのではないか、という気はどうしてもします。

 「YOKOSO」 の中でも、ふたりとも、自分のゴールを見定めないままに、いままで突っ走ってきた、という感慨を、自分たちの活動に対して持っていた。
 でも、いるじゃないですか。 生涯現役で、おふたりの前を突っ走り続けている男が。

 「クリスマスの約束」 のキャリアの中で、いちばんのピークだったのは、おそらく2009年の 「22'50''」 だろうと感じる。 この番組が最初始まったときの趣旨が結実したのが、この曲だろうと思うから。
 でも、そんなピークを過ぎたとしても、毎年クリスマスの時期に、何かしら心をホッとさせてくれる、潤いを与えてくれるような、このプログラムが、ずっと続いてくれることを、私は期待しているのです。

« 「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」 最終回 自虐の果てにある 「哀しみ」 | トップページ | 2013年 「第64回紅白歌合戦」 実況、やっぺよやっぺ~ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様

お仕事、ヤマを超えたみたいで良かったです。
あともうちょっとですね。

「クリスマスの約束」
私も拓郎と小田さんの対談番組をみて、この「クリスマスの約束」につながったんだろうなぁと思いました。

そして、今回の圧巻はやはり拓郎の「人生は語らず」です!
感動しましたね〜。声もよく出てましたしね。

ミスチルの桜井くんも出てたけど、やっぱりメインは拓郎。

拓郎は小田さんの完全主義に合わせるのは大変だったかもしれないけど、刺激になったんじゃないでしょうか?

ポールも来日したし、お二人ともまだまだ頑張ってほしいですよね。

今年も残すところあとわずか。

今年のドラマで記憶に残ってるのは、「家族ゲーム」「woman」「いつか陽のあたる場所で」「半沢直樹」「最高の離婚」松本清張「顔」他にもいろいろありますが。

リウ様はいかが?

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

今年は、ベストドラマを決められるほど、ドラマを見ていないというのが本当のところですね。 どうしてこんなに忙しいんだろう(このギャグ分かるかなァ?…笑)。

前に書いたと思うのですが、私の今年のベストは 「泣くな、はらちゃん」。 次点は 「あまちゃん」。

「半沢」 はまだ4話くらいしか見てないし(笑)、「リーガルハイ」 もガッキーが移籍してから見てない(笑)。 どうも堺雅人サンのドラマは、見るのにちょっと気合が要るもんで(笑)。

ミスチルの桜井サンを見ながら、ああ結構オッサンになったんだなぁと思うと同時に、いまの30~40代初めの人にとっては、ミスチルとかB'Zとかが彼らのカリスマなんだろうな、と考えながら見てました。

今のカリスマ的なミュージシャンって誰なのかな?

それにしても、年末のここに来て、大滝詠一サンが亡くなったニュースが入ってきて、ちょっと動揺しています。 こないだ坂崎サンのラジオに出てきて、とぼけた味を発揮してらしたのに。 リンゴをのどに詰まらせた、とのこと。 単なる偶然かも知れないけれど、この記事で取り上げた 「リンゴ」 も、リンゴを食べる歌ですよね…。

リウ様

大瀧詠一さんがなくなったって。。。

どうしてこんなに悲しいんだろう!

素敵な曲をいっぱい書かれて、まだこれからも活躍されるはずだったのに、ほんとに残念です。

今夜はリウ様も「紅白」ご覧になれてるでしょうか?

リウ様のおっしゃるように、「紅白」の世代分け あるいは 大規模な変革が必要な気がしますね。

綾瀬はるかちゃん、頑張ってるけど、ほんと「はらはらどきどき」もんです。
なんとか完走してほしい。。

それにしても、ふなっしー は凄いキャラだなあ。
(先週末、彦根城へ行って ひこにゃん に会ってきました。ほんと 動きが ゆるキャラでした。 ふなっしーと対極です。)


rabi様
あけましておめでとうございます。 コメント下さり、ありがとうございます。

ギャグについてはご理解いただけていたようですが、返しが哀しい…。

紅白でも、お祭り気分に浸りながらも、どことなく喉の奥に引っかかったような感じが。

大滝サンは、坂崎サンのラジオでもしゃべってましたが、そのラジオ出演が今年最初で最後の仕事とか。 確か9月くらいの放送だったので、その後のことは分かりませんが、たぶんこのラジオ出演がメディアに出た最後だったのではないでしょうか。

ホントに急死、という感じで、新年が来たというのに、今イチめでたい気分にはなれないですね…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クリスマスの約束 2013」 小田サンの目指すゴールのあり方:

» 【おまけつき】クリスマスの約束2013 小田和正 吉田拓郎 桜井和寿 [.net.amigo]
きょう、この曲にみなさんへの思いが込められています・・・the flag1970年代、多くの若者たちが背伸びをして何かを求めていた時代強くメッセージが求められていました。そこにはカ [続きを読む]

» NHK BS 吉田拓郎 YOKOSO 小田和正(抜粋) [.net.amigo]
ごくフツーに街なかを歩いてやってきた小田さん。小田: 歌で出迎えてくれたん?拓郎: きょうは時事放談でもやろうか小田: 難しい話はできないよ。打ち合わせいらないよね。 いらないいら... [続きを読む]

« 「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」 最終回 自虐の果てにある 「哀しみ」 | トップページ | 2013年 「第64回紅白歌合戦」 実況、やっぺよやっぺ~ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ