« 「ごちそうさん」 前半まで見て | トップページ | 「軍師官兵衛」 第2回 動の信長、静の官兵衛 »

2014年1月 8日 (水)

「軍師官兵衛」 第1回 正攻法な、あまりに正攻法な…

 豊臣秀吉の軍師として活躍した、のちの黒田如水、黒田官兵衛が主役である今年(2014年)の大河ドラマ。
 第1回を見た印象を申し上げると、「大河ドラマとしてこれ以上ないほどの正攻法」、ということになりましょうか。

 この作品の作者である前川洋一サン、この人の書いたドラマで私が以前見ているのは、竹野内豊版の 「人間の証明」(2004年フジテレビ)、「陽だまりの樹」(2012年NHKBSプレミアム)。 その2本に共通しているのは、どちらも奇を衒わない、誠実な作りだったという印象です。 今回もその特徴が色濃い気がします。

 こうした正攻法を旨とする脚本、というのは、裏を返せば 「面白みに欠ける」、という欠点も併せ持っている。 話題性に乏しく、華がない。 特に 「陽だまりの樹」 を見ているときに、どうにも退屈な場面があったような記憶があります。 良くも悪くも、「NHKBS時代劇」 の枠を超えていなかった、というか。

 ふつう大河ドラマともなると、第1回では大盤振る舞いで、「寄ってらっしゃい見てらっしゃい」 というサービス精神旺盛なものが多い。 だけども今年の大河は、竹中直人サンが18年ぶりに同じ大河でもって秀吉を演じる、ということくらい。 それ以外は淡々とドラマは進行し、堅実な作りに終始していた気がします。

 その竹中サンですが、まあ官兵衛との年齢差とか考えるとかなり無理のあるキャスティングなんですけど、秀吉って 「猿」 というあだ名が有名なくらい、顔がサルみたいにシワクチャだった?みたいに考えると、その違和感も払拭されるかな~(笑)などと思われます。 20歳だか岡田准一クンと年が離れてない、と思えばいい(笑)。
 興味深いのは、大河って同じ人物でも、作品が変わると解釈の仕方が違って別のキャラになることが多いんですけど、第1回を見る限りでは、18年前の 「秀吉」 と変わんない感覚である、ということ。 おそらく今回の大河では、黒田官兵衛を頭の切れすぎる奴、として警戒した、という秀吉のキャラになっていくのでしょうけどね、この先は。

 そしてその、当の黒田官兵衛。

 秀吉の軍師、というわりには、これまでの大河ドラマであまり印象的ではないスタンスで扱われることが多かった気がします。 直近のものでは 「江~姫たちの戦国」 での柴俊夫サン。 確かにいたな、つーか、あのドラマはまあ…ゴニョゴニョ(なんなんだ)。

 比較的印象に残っているのは、2006年 「功名が辻」 で斉藤洋介サンが演じた官兵衛。 このときは同じ軍師の竹中半兵衛が、主役の千代(仲間由紀恵サン)と恋仲だったみたいな設定で、筒井道隆サンが演じていたのですが、このとき官兵衛とライバル関係だったかなァ?くらいの認識しかない。 却って如水になってからのタヌキぶりのほうが印象に残っている感じかな。

 18年前の 「秀吉」 で官兵衛を演じたのは伊武雅刀サン。 …うーん…。 記憶にないぞ…(笑)。 こちらもどちらかというと、竹中半兵衛を演じた古谷一行サンのほうがよほど印象に残っている、というか。

 だからなんというのかな、大河を通じて私が黒田官兵衛に持っているイメージというのは、「結構秀吉に疎まれていた?」(笑)みたいな、権謀術数の持ち主、みたいな?(ハハ…)。 いずれにしてもあまりいいイメージがない感じ。

 それがですよ、今回第1回の冒頭から北条に対してただひとりネゴシエイトにやってきて 「命を粗末になさるな!」 などとヒューマニズムたっぷりでブチ上げ敵陣の真っただ中に飛び込んでいく岡田官兵衛は、なんつーか 「コイツ主役じゃん」 みたいな意外性があって(いや主役なんだがね…笑)。

 そして、冒頭から一気に時代はさかのぼり、少年時代の官兵衛(幼名は万吉)が描写されていきます。
 万吉はかなり膀胱が弱くていらっしゃるようで(笑)要するに 「ションベンたれ」(笑)。 跡取りとしての覚悟なんぞさらさらなく、幼女とデレデレしているようなフヌケで(ちゃうっての…笑)。
 振り回されるのは守役の、琥珀のベンさん…じゃなかった塩見三省サン。 「あまちゃん」 人事発令か(笑)。 ただ、ほかにもピエール瀧サンとか吹越サンとかいるけど、あまり 「あまちゃん」 推しは見られないかな。
 ベンさんは(ちゃうちゃう)万吉がいなくなるたびに 「若~!若~!」 と探しまくるのですが、それがあながち 「バカー!バカー!」 と鬱憤を晴らしているように見えなくもない(笑)。

 同時に黒田家の置かれている状況というものが、巧みに描かれていくのですが、ここらへんの語り口は見事。 親分さんが小寺氏で、片岡鶴太郎サンが演じているのですが、「仁義なき戦い」 の金子信雄サンをモデルにした、というその親分さん。 鼻は赤いし演じ方にかなりのクセをつけている感覚ですね(ワタシャその映画見たことないんですが)。

 こういう、ちょっと良識をはみ出したような役作りというのは、ここ数年の大河では 「江」 で秀吉を演じた岸谷五朗サンなんかがおりましたが、なんとなく久しぶりに見る気がします。 クセがあると、結構賛否両論湧きあがるんだよな(笑)。 私はいいと思いますよ。 マヌケなようなフリして、その実抜け目ない、という人物が物語に出てくると、結構話が引き締まる。

 黒田家はこの小寺氏から小寺の姓を賜っていて、小寺氏にひとかたならぬ恩がある。 でも親分さんはなんだか鼻もちならない人物。 だから官兵衛の父親役である柴田恭平サンが、小寺氏の外様の家臣として微妙な位置関係にあることがよく伝わってくる。
 同時に小寺氏と敵対関係にある赤松氏からは、柴田恭平サンに対して再三のヘッドハンティングの誘いが。 柴田サンは潔癖で厳格な人間だからそれには全く応じない。

 そんな折、万吉は病弱の母親、戸田菜穂サンの病を治そうとその赤松家領地に入って捕まってしまいます。 柴田サンはこのとき、単身、敵の懐に飛び込んでいくわけですが、これも冒頭での、北条にひとりネゴシエイトに向かった後年の官兵衛にきちんとつながっている。
 助け出された万吉は、戸田菜穂サンから 「お前の軽はずみな行動で人の命が危険に晒されるのです」 ということを、厳しく学びます。 結局母親はほどなくして亡くなってしまうのですが、それを機に万吉も後継ぎとしての自覚を育んでいく。 ここらへんの描写も、実に堅実ですね。

 さらに小寺氏内部の謀略を知ることで、軍師としての素質も頭角を現し始める。 バカ息子でオヤジからなじられっぱなしだった万吉が初めて父親から褒められる、というその発端。
 ここらへんのビルドゥングスぶりは、たしかに使い古された感覚はある。
 けれども、きちんと 「黒田官兵衛はどうして黒田官兵衛になっていったのか」 を描こうとする作り手の姿勢には、やはり好感が持てるのです。

 小寺氏のことを中心として回っていくこの段階での物語は、確かに今まで見たことがないので、結構新鮮です。
 ただしこれからは、戦国大河ではもう幾度も繰り返されてきた、織田・豊臣・徳川の話の渦に巻き込まれていくはず。
 これを、いままでの 「印象がかなり薄い、イメージが比較的いいほうではない」 黒田官兵衛、という視点からどのように脱却して描かれていくのかを見るのは、楽しみであります。

 まあ、「江」 みたいにならなきゃなんでもいーんだけど(笑)。

« 「ごちそうさん」 前半まで見て | トップページ | 「軍師官兵衛」 第2回 動の信長、静の官兵衛 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

鶴ちゃんの赤鼻の小寺さん。でも全然意外性ないです。太平記の北条高時に比べたら!多分、北条の半分以下の脱力演技です。(笑)鶴ちゃんも役者になったんだあ(笑)

それよりか、柴田恭兵さんがやつれ具合が気になって!岡田くんに変わってやっと釣り合いが取れてきました。他にもしぶ〜い役者さんが脇を固めてますので、視聴率は低空飛行でもしぶとく横ばいでいくかも。

リウ様、お忙しい中、レビューして下さってありがとうございました。

リウ様
こんばんは。

第1回目を見た限りでは、可もなく不可もなくと言ったところでしょうか?

前川洋一さんは、私としては、WOWOWのドラマの脚本を手がけられている印象が強いですね。特に、「下町ロケット」や「空飛ぶタイヤ」など、「半沢直樹」の池井戸潤さん原作のもの。主人公は、あくまでも誠実で真っ直ぐ。組織内外のイヤな奴の妨害にも敢然と立ち向かい、最後は必ず正義は勝つ!の、ような。まあ、「半沢直樹」自体が、WOWOWドラマの外連味大増量版みたいなものですが。

キャストも、柴田さん、江口さん、戸田さん等、升毅さん等はそちらの方でもお見かけしましたし、全体に漂うドラマづくりへの生真面目さに、共通のものを感じさせます。

そんな中だからこそ、鶴ちゃん演じる山守の親分・・・じゃなくて小寺の殿様のキャラは立っていますね。仁義なき戦いのパターンで行くならば、一見バカ殿に見せかけて、実は家来の手柄をしたたかに美味しいところどりしていくのでしょうか?

ただ、懸念していたアイドルドラマ化はしそうなりそうじゃないので、その点はホッとしています。まあ、岡田君自体、もはや「ジャニーズアイドル」という枠では括れない役者になっていますもんね。また、今回の演出チーフは「カーネーション」の田中健二さんというのも期待ポイントです。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

こういう堅実な作りのドラマでは、鶴太郎サンみたいなのがいないと飽きられちゃうような気はいたしますね。

私はこの大河、内野聖陽サンが山本勘助を演じた、「風林火山」 にスタンスが似ている、と踏みました。 地味で視聴率が取れませんでしたけどね、あちらも(笑)。 でも評価は高い。 まあ往年の大河と比べれば 「風林火山」 も大したことない出来だとは思いますが(「風林火山」 ファンを敵に回してます)。

ネットによると、「岡田准一クンが黒田官兵衛なんて、カッコよすぎる」 という歴女のかたの批判もあるようですね。 私は冒頭のシーンを見ていて、「なんか若かりし頃の岡田真澄サンに似てるな」 とか(笑)。 同じ岡田だし、息子じゃないよな、と思ってウィキで調べましたけど、違うようです(笑)。

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

どうも事前に勉強したところによると、小寺というのはこの先、官兵衛を裏切るようですね。 裏切りに次ぐ裏切り、がこのドラマのひとつの見せ場だとすれば、これは結構面白くなるのではないか、という気がいたしますね。

なにしろ自分も、やはり社会に出ていろんな人に裏切られましたから(裏切ったことも、自覚はないけどたぶんあると思います)。 まあその動機の大部分はカネ、ですけどね(笑)。 カネの切れ目は縁の切れ目、とはよく言ったものです。

岡田クンの出演作品って、私たぶん見たことないんですよ。 だから今回はじめて。

でも第1回、チラッと出てきたのを見ただけだから、まだどうにも評価のしようがございません。

思ったのは、あのションベンたれが元服したらいきなり立派だよなぁ、ということで(笑)。

子役の男の子もカッコよかったけれど、いかんせんションベンたれだから(笑)。

まあ、子役が騒がれるのは一時ですから。 世の中シビアです。

それより相手役の女の子がかわいかったな(ロリコンか)。
次回は南沢奈央サンとして出てくるようですが、この子も可愛いですよね(これじゃヘンタイオヤジだ…笑)。

山本勘助の風林火山は、ほとんど見ていません。(笑)軍師は三国志の諸葛孔明が好きなので。

内野さんは、蝉しぐれのイメージなんですよ。私は。豪気な内野さんはあまり好きじゃなくて。(笑)繊細な内野さんが好きです。

岡田くんはSPで随分、身体を鍛えたそうで。だから、身のこなしとかは、期待できると思います。一応ジャニーズなんで、歌って踊れるし。それが演技にプラスか邪魔かは、別だけど。

ハンサム過ぎる官兵衛(笑)龍馬伝の龍馬ほどじゃないから大丈夫。(笑)汚いとまた、兵庫県知事からクレームくるし!(笑)

堅実でも、これから、実に面白い大河になる事を期待してます。去年の草笛さんより、藤村志保さんの語り、いいと思うんですが。(笑)私も、年寄り(笑)かしらん。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。 どうにも自分、返信が間延びしちゃってますね。 なんかもう、最近どうもくたびれちゃって、老化をひしひしと感じております。

とイーワケをしたところで(笑)。

諸葛孔明と比較したらみんな撃沈するつーか(笑)。 私も森本レオサンの諸葛孔明にはシビレたクチですから。

内野サンって、私 「風林火山」 を見た時が初見だったんですよ。 こんな役者がいるとはまったく知らなかった(笑)。 なんなんだ、オレの知らないヤツが大河の主役だぞ、これってどーなってんだ?みたいな。

ですから内野サンの演技というのはほとんど豪快なミフネばりのヤツばっかりで(笑)。 例外は、数年前に上戸彩サンと共演した、「10年後も君に恋して」。 冴えない科学者の役をやってましたけど、こういうソフトな役も出来るんだ、と意外でした。 結構傑作だったですね(当ブログにレビューあり、これは宣伝…笑)。

なんつーか、もう視聴率とか評価とか気にせずに、渋~い大河を貫いていただきたいですね、今回は。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/58900655

この記事へのトラックバック一覧です: 「軍師官兵衛」 第1回 正攻法な、あまりに正攻法な…:

» [軍師官兵衛] 万吉がカッコいいぞ/第一話「生き残りの掟」 [窓の向こうに]
新しい大河ドラマが始まった。今年は気楽に見られるか、どうか。 公式サイト http://www1.nhk.or.jp/kanbe/story/story01.html 出演 若山耀人(黒田(小寺)万吉、幼少期) 岡田准一(黒田(小寺)官兵衛、元服後) 柴田恭兵(黒田(小寺)職隆、官兵衛の父) 竜雷太(黒田... [続きを読む]

« 「ごちそうさん」 前半まで見て | トップページ | 「軍師官兵衛」 第2回 動の信長、静の官兵衛 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ