« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

「花子とアン」 第1回 ずらずらずらずら(笑)

 どうも、お久しぶりでゴンス(笑)。 当ブログ再開の手始めは、当初の予定通り、NHK朝ドラの 「花子とアン」 であります。 まずは、軽いジャブ程度で。

 「赤毛のアン」 を日本で初めて翻訳した、村岡花子に題材をとった、今回の朝ドラ。 脚本は、「はつ恋」 の中園ミホサン。 主人公を演じるのは、吉高由里子サン。 かなりクセのある女優さんという印象がありますが、いっぽうで負けん気が強いような印象もある。 こういう、現代人的なイメージの強い女優さんが、近代の女性を演じるということにまず興味を惹かれます。
 「はつ恋」 つながりでは、三島ですな。 主人公の父親が伊原剛志サン。 カンニング竹山サンも地主で出る模様。 そんだけか(笑)。

 第1回目は、太平洋戦争でのアメリカによる空襲のなかを逃げまどう吉高サンのシーンから。 「赤毛のアン」 の翻訳執筆中の出来事です。 花子は娘たちに、焼夷弾を花火だと 「想像」 しながら逃げれば怖くない、と言い含めますが、もうこの時点で 「赤毛のアン」 が入っている。 ここから絢香サンの歌うオープニングテーマ。 いきなりアンの家、グリーンゲイブルズの風景がタイトルバックに広がります。 「赤毛のアン」 に親しんだ人ならば、このタイトルバックを見ただけでアンの世界に没入できる。 私はこのタイトルバックで早くも目がウルウルしてしまいました(ハハ)。

 ただまあ、この「赤毛のアン」 は敵性の本。 カナダが舞台とはいえ、連合国軍の爆撃を受けているわけですからねえ。 そこらへん、花子の気持ちといったものは、どういうものだったんでしょう。 まあそれもおいおい分かっていくことでしょう。

 そして物語は、花子の少女期に。 花子の 「想像する」 というクセから始まって、自分の名前を 「はな」 じゃねえ、「花子」 だ、と強弁するところ、学校でちょっかいを出した男子に石板攻撃のお見舞い…と、「赤毛のアン」 のアン・シャーリーとエピソードが重なる様が、やはり 「赤毛のアン」 に親しんだ人にとってはとてもうれしい。

 と同時に、花子が毎日やらされている水汲みの様子とか、自分の名前を 「はな」 ではなく 「花子」 だとこだわっているところなど、これは私の親やそのまた親の昔話を彷彿とさせる話で、個人的には近代日本の精神的なディティールがきちんと描かれているのではないか、と感じます。

 ほんで。

 家事手伝い要員で学校になど行ってなかった花子を、長い行商から帰ってきた父親の伊原サンが 「これじゃイカン」 ということで学校に連れてったとき、授業でも山梨の方言で 「学問して、善き人となれずら」 ハイ、リピートアフターミー 「よしよし、ほうずらほうずら、よく読めたずらよー」 みたいな感じでやってんのを(笑)、授業を監視していた伊原サン(笑)が 「これじゃ東京じゃ通じんぞ、ずらずらずらずら」 とツッコむところ。 あそこは笑いました。 朝ドラの第1回目で、こちらも結構警戒して見てるんですが、これで視聴するのに肩の力が抜けた、というか(笑)。 伊原サン、三島とはマ逆のキャラだ(笑)。

 ナレーションは美輪明宏サン。 おどろおどろしくなりそうな感じなんだけど(笑)品がよくて、ある意味どこか可愛らしい感じ。 「この続きはまた明日。 ではみなさん御機嫌よう。 さようなら」。 この終わり方で後味がとてもよくなった気がしました。 美しい日本語でございます。

 物語は今後、花子の親友に仲間由紀恵サンが出てくるらしいし、結構先が楽しみな気がいたします。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ブログを、再開いたします

 え~、長らくお待たせいたしました。 って誰も待っちゃいないか(ハハ)。 ブログを再開いたしとう存じます。

 ただ多忙なのはあんまり変わっていないので、今後もそんなに記事を量産できないかと思いますが、まあコイツはこんな程度なんだろうということでご了承くださいまし。

 それにしてもこのブログ、お休みしていることで、人気記事のランキングが激動しているというか(笑)。 ちょっと前までは、「手塚治虫のムーピーに見る征服欲」 だとか、なんかエッチな話題の記事がランキングされてたりして(笑)。 最近ではミポリンが離婚?とかで、中山美穂サンの過去記事の閲覧が増えてるみたいだし(どんなんだよ)。
 なんかこういう、隙間記事がコンスタントに読まれていくんだろうなー、この先私がこのブログを終わったなんてときは。
 ただ、自分があんだけハッチャキになって書いた 「カーネーション」 の記事なんかが読まれないのは、まあ世の中こんなもんなんだろう、というか。
 でも 「カーネーション」、来週から再放送が始まるからな。 こういうのがあるとまたアクセスが伸びるんだと思います。

 世の中の不条理と、見てほしい自分との乖離という重苦しい問題を抱えながらの、再出発でございます。 ま、ホントは詩集なんで、詩をいちばん読んでもらいたいんですけど(もうどーでもいーか)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »