« 「ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~」 第1回 まあ、ノリで見れば…(笑) | トップページ | 「ファースト・クラス」 第1回 蹴落とし合いの果てにあるもの »

2014年4月20日 (日)

「ロング・グッドバイ」 第1回 どこにもない世界

 テレビドラマが、自分の知らない別の世界を案内してくれるものだとすれば、このドラマは 「原作レイモンド・チャンドラーの世界をそのまま見せる」 ということにだけ目的を削ぎ落し、「まるでどこにもない世界」 というものを作り出すことに成功している気がします。
 つまり、レイモンド・チャンドラーのハードボイルドの世界、というものは、もういい加減この世から死滅している、ということにほかならない。 いや、もともとなかったのかもしれない。 少なくとも日本にはそういう世界は、過去にも現在にもおそらく未来にも存在しない。
 番組HPを見たりすると、設定的には1950年代半ばの横浜を舞台としているらしいのですが、これは単なる指標であって、作り手の意識としては、「ただの昔」 で見てもらいたいという意向を感じます。

 この、「どこにもないような世界」 というもの。
 ドラマを受け取る側としては、自らの感性を試される場だと言っていい。
 冒頭から無国籍風であり、かつレトロ的である場面の連続。 役者たちの話しぶりは日本語でありながら、今やだれもしゃべらないようなセリフばかり。 「失敬」 なんて、今じゃ誰も言わないでしょう。 つまり、2014年の現在、急速に古語化している日本語なんですよ。

 どうしてそんなドラマをやろうとしているのか。
 それは真っ先に考えられるのは、やはり 「レイモンド・チャンドラーの世界を再現したい」、ということなのですが、「自分の見てる世界がすべてだと思うな」 という、主人公の探偵、浅野忠信サンのセリフに、その鍵が隠れているような気がする。
 そしてもうひとつ、浅野サンを犯人隠避でしょっ引いた刑事、遠藤憲一サンのセリフ。 「時代ってのは足が遅いんだよ、そいつはまだお前に追いついちゃいねえんだよ」。
 先の浅野サンのセリフで、見る側は 「ああ、いままでの自分のものの感じ方を、このドラマのなかでは取っ払う必要があるんだ」、と気付かされます。
 そしてエンケンサンの後者のセリフ。 これは 「国民は国家の言うとおりにする義務がある」 というエンケンサンの言葉に 「いつの時代の話だよ」 と浅野サンが反応したあとに出てきたセリフです。
 これはドラマ第1回の終盤で出てくる、柄本明サン演じる大物実業家が政界進出の際に行なおうとしたクリーンイメージ戦略のあり方と呼応している。

 つまり、これは遠くて、近い話。

 そして過去のようでいて、近未来のような話。

 そう考えると、このレトロな画面の連続も、映画 「ブレードランナー」 を見せられているような気になってくるから不思議です。

 このドラマの中でだけ話される特殊言語みたいな日本語。

 そして展開していく、近未来の予言のような映像。

 「カーネーション」 を書いた渡辺あやサンが次に仕掛けてきたのは、かなり意欲的な、下手すればドン・キホーテと嗤われるような実験的な作品、と言える気がします。 スゲエな。

 連続5回。 この先、話はどうなっていくんでしょうか。 原作読んだことないんで楽しみです。
 ただ、ハードボイルドに影響されてタバコをくゆらせながらギムレットを飲んでも、自分は浅野サンや綾野サンみたいにカッコよくはならんでしょう(笑)。

« 「ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~」 第1回 まあ、ノリで見れば…(笑) | トップページ | 「ファースト・クラス」 第1回 蹴落とし合いの果てにあるもの »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様
こんばんは。

「スタイリッシュな日活無国籍アクション映画」という趣でした。また、やたらと雨を降らせているのは、やはり「ブレードランナー」を思い出しますね。

登場人物の言葉づかいや、若干棒読み気味のセリフ回し(失礼!)も、多分に昭和30年代頃の日本映画の世界を意識していると思います。
この、現実の世界ではなく、「映画の世界」というのがミソ。原作は未読なので、チャンドラーの世界をどのように表現しようとしているのかは分かりませんが、単なるノスタルジーや趣味嗜好だけで、このような世界を構築しようとしているのではない、という気がします。

「どこにでもない世界」の中だからこそ、現実世界を射抜くことができる。そんなものを表現しようとする目論見を、このドラマのそこここに感じてしまうのです。
それは例えば、荒れ果てた収容所のような警察署や、戦後の日本の政治家を、怪物的にデフォルメしたような柄本明さんのキャラクターなどの中に、私が現実世界のあるイメージを投射しているのかもしれませんが。

原作者のレイモンド・チャンドラーがハードボイルドの探偵小説を書き始めたのは、大恐慌で経済的に苦しく、文筆で糊口をしのぐためだそうです。そのためか、この作品の登場人物は、なにかしらを失い、あるいは、「失った後」に居る人達ばかりです。まあ、順風満帆、生活に何不自由なく家庭も円満、私の人生、とっても楽しいデス!なんて人は、そもそもハードボイルドな世界にゃいられませんが(笑)、「カーネーション」で「失うこと」に向かい合う人生を見事に描き切った渡辺あやさんが、この喪失感をどのように描くのか、注目しています。

そして、大恐慌という、アメリカ史上最大の喪失の時代を背景に生まれたハードボイルド小説を、戦争の影を引きずるどこかの時代の日本に舞台を置き換え、しかもそれを、今、この時代を生きている我々に向けて放つ意味を、このドラマを観ながら考えてみようと思います。

と、何か、小難しいこと書いてしまいましたが、そんなややこしい事抜きにしても、私の好物が詰まっているので(笑)、最後までおいしく完食できそうなのですがね。

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

たとえばシュールレアリズムの演劇を見たような感覚。 そういう、「ワケの分からないもの」 を見ると、たいていの人は戸惑います。 で、「ワケが分からない」 と、最初の人は脱落する(笑)。

そして次に脱落するのは、いちおう物語の背景とか学習して、そこから本編を考察し直して、「その背景を表現しようとして、失敗した」、と切り捨てる人。

今回 「1950年代の横浜」「チャンドラーの世界の再現」 というキーワードでこのドラマを見ることはあまり適当ではない気がします。 お仕着せの情報や、自分の枠にはめてこのドラマを見ることが。

Zai-Chen様が解説していただいたコメント内容で、稚拙な私のレビューの頭脳的な部分はほぼ埋まったのですが(笑)、つまりこのドラマは実際にあった世界を再現しようとしているわけではなく、「大恐慌(大震災、と言ってもいい)による喪失」 とか、「憲法の拡大解釈」 とか、そんな不安を再構築して、レトロな世界に投影しているにすぎない、と感じるのです。

つまり、脚本の渡辺あやサンや、演出の堀切園サンは今回、かなりややこしいことをしようとしているように感じる(笑)。

端的にいえば、NHK流の知的遊戯。

私はこのドラマを見ていて、棒読みのレトロな口調が徹頭徹尾貫かれないことに、却って苛立ちを感じたりした(笑)。 「現代風に反応しちゃダメでしょ!」 みたいな(笑)。

このドラマ、正直言って大人の感覚で見ないと楽しめない気がします。

Excellent blog right here! Also your site lots up very fast! What web host are you the use of? Can I get your affiliate hyperlink for your host? I desire my website loaded up as quickly as yours lol dgdeedk

リウ様
こんばんは。
コメントありがとうございました。

あくまで私見ですが、「ワケの分からないもの」に対する度量の大きさで、その人や社会の文化的成熟が推し量れるのではないか、と思っています。
「カーネーション」で糸子が、直子の同級生作のケッタイなオブジェを見て、「ウチにもよう分からん。けど、本気なんは分かる」と言ったあの感覚。あれがないと、新しい表現などはそうそう表に出て来ません。

そうした意味では、やたらと「成果」を求められ、更に「分かりやすい」プレゼンこそ正義とゆうてるような昨今の風潮の中からは、善きにつけ悪しきにつけ、人の心を引っ掻き回し、「何だこれは!」と言わしめるような表現は出て来にくい時代なのかもしれませんね。

だからこそ、このドラマに期待している部分も大きいのです。

でもですね、このNHKの土曜ドラマ枠って、結構昔から、前衛的、挑戦的な内容の作品を作っていましたよね。最近では「外事警察」だってそうだし、私は昔観たつげ義春原作「紅い花」の「ワケ分かんなさ」が忘れられません。
何が何やら最後まで理解できませんでしたが、金太郎飴売りの親子の、「ほらポッキン、金太郎」「ありがとう」というやり取りは相当クッキリと心に刻まれております。

それと比べると、この「ロンググッドバイ」でも、随分しっかりエンターテイメントしてると思うのですがねえ。

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

2014年の日本というのは(大きく出たぞ…笑)、「出る杭は打たれる社会」、と申しますか、「人に優し過ぎる社会」、という気がいたします。

つまり、少しでも誰かが傷つくようなことを言えば途端にバッシングが入る。 私もブログをやっていて、「滅多なことは言えんよなあ」 と自制することがとてもあります(本編では言わずにコメント欄で本音を言いまくるとかしてますが…笑)。

でもこれって、はみ出し者でも受け入れるような度量が国民の間で極端に目減りしている表れではないだろうか。 「寛容」 という気持ちの余裕がなくなってきていることの証しではないのか。

つまり、この世の中は成熟に向かっているのではなく、コドモ化しつつあるのではないか。

だからこそこのドラマがハードボイルド、という形を借りて、「大人とはこういうものなんだ」 ということを改めて提示したがっているように思えます。

「ワケ分かんないからパス(あるいは批判)」、というのは、実は子供の行動パターンの最たるものでもある。

「紅い花」 は原作は知ってるけど未視聴でした。 「ポキン、金太郎」 というのはつげサンの別のマンガですね。 つげサンのマンガをいろいろとつなぎ合わせて作ったんだろうなァ。

そう言えば土曜ドラマで私が最初に見たのが、唐十郎サンの 「安寿子の靴」 だったことを思い出しました。 唐十郎サンの息子の大鶴義丹サンのデビュー作。 大鶴義丹サンがまだタダのデブだった(笑)。 これも相当シュールな作りでしたね(唐十郎サンですし…笑)。

まあ、中島みゆきサンの主題歌と(これまだ未CD化だと思います)当時大ファンだった小林麻美サン目当てで見たんですが(笑)。

終わりましたー。

雰囲気重視の作品でしたな。
話が動き始めるのが後半になってからなので
(それも「カーネーション」三姉妹編のような怒涛ではない)
ちょっと好き嫌いが別れそうな確かに実験的作品でした。

しかし綾野剛は悲劇の男面して生き残る辺りは
大河から相変わらずでした(爆。

リウ様、こんばんは。

 巨炎様が書かれたように、3話目から引き込まれました。最終回まで視て、有名な「男はタフじゃなければ生きていけない、優しくなければ生きている意味がない」というフレーズの作品化には成功したような気がしました。今のところ、さすが渡辺あや様、といった感想です。小雪さんたち俳優を含めて映像も良かったと思います。(でもこの映像も好き嫌い分かれるでしょうね。)

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

綾野サン、生きてたんですか(笑)。 別のコメント返信にも書いたのですが、2回目途中で爆睡してしまってから、どうも先を見る気がしなくなって(笑)。 つーか、ドラマ自体をここ2週間以上まったく見ていない(ハハ)。

私も早くポール後遺症から立ち直りたいものです。

Fクルーラー様
コメント下さり、ありがとうございます。

じゃ私が爆睡した次の回から面白くなるんだ(笑)。

私はこういう実験的作品も好きなんですが、内容に引き込まれなければそれもただのカッコつけになってしまう、と思ってます。

私も若い頃は実験的な詩ばかり書いていたよなー(遠い目)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/59500096

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロング・グッドバイ」 第1回 どこにもない世界:

« 「ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~」 第1回 まあ、ノリで見れば…(笑) | トップページ | 「ファースト・クラス」 第1回 蹴落とし合いの果てにあるもの »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ