« 「花子とアン」 第1週 かなりしっかりとした話 | トップページ | 「サイレント・プア」 第1回 ふわ~っと登場、ふわ~っと解決 »

2014年4月 9日 (水)

「ブラック・プレジデント」 第1回 フジテレビ(関西テレビ)のプレゼンの方法こそ、考えたらどうだろう?

 ブラック企業の社長が、経営学をもう一度学ぼうと思って、社会人枠を使ってもう一度大学に入学――。
 ほかに惹起の言葉が見当たらないとはいえ、もうちょっとテレビ局も視聴者を呼び込む方法、つまり視聴者へのプレゼンの方法を考えたらいいんじゃないのかな?というのが、第1回を見終わった感想。
 つまり、最初のうちはすごく見くびって見てたんですけど、話が進行するにつれて、どんどん引き込まれていく感じだったんですよ。 このドラマは面白い。 もっと上手に番宣したらいいのに。 先週 「さんまのまんま」 で主人公の沢村一樹サンが出てたくらいだったな、私の視聴範囲では。 まあ制作が関テレだから、関西のバラエティに出るのは王道なんでしょうけど。

 私がこのドラマを見ようと思ったのは、別に大した意味はありません。 とりあえず刑事モノ事件モノ以外の新ドラマは全部チェックする習慣なんで。 今日も、録画していた分で同時間帯でやっているNHKの 「サイレント・プア」 のほうをきちんと見ようとして、まあその前にちょっと見とくか、みたいな感覚。

 で、
 最初のうちの反応。

 「ん~つまり、この人はブラック企業の社長ということになるのか…○タミの社長とかそーゆー話題を採り上げてんのか、お手軽でフジテレビらしいや…沢村サンはお調子者のエロ男爵…これも他局の人気キャラの流用…お手軽すぎるぞ…右腕が永井大…ちょっとミスキャストなんじゃないか?…役名が 『明智』 とか、『コイツ裏切る』 のフラグがもう立ってんじゃん(笑)…秘書は国仲涼子チャン…こないだまで 『ちゅらさん』 の再放送見てたんだけど、やっぱこの子は天真爛漫な役がいいわ…で、相手役は黒木メイサ…ああなんか、いかにもって感じだな…で、壇蜜がまたこれが、話題作りっぽいんだよな…」。

 つまりなんだか、つかみの段階でかなり、テレビ局のスケベ心がスケスケに見えちゃってるんですよ。 ブラック企業の社長が大学生たちと触れ合って何か化学反応が起きる。 ドラマとしてはそんな社会性を目的としているんだろうけど、その化学反応の様が容易に想像できてしまう。

 でも、私が最初にこのドラマに引き込まれたのは、このドラマの中で沢村サンが演じる 「ブラック企業の社長」 が、テレビ局の思惑とは裏腹に、ちっともブラックになっていないところを見たからでした。 それは私が曲がりなりにも経営者の崖っぷちにいるからで(笑)、この沢村社長の抱えるロジックというのは、会社を利益主体の生き物として考えた場合、至極当然のことばかりなんですよ。 あえて 「この社長はブラックでよろしく」 というテレビ局の思惑を反映させた形として、脚本家はこの社長に 「社員はポールペンと同じだ」、つまり使い捨てだと悪びれさせているようにも見える。 おそらくその 「ゆき過ぎた部分」 が、これからこの社長が経験していく大学生活の中で、修正されていくのだろう。

 まあ社長の立場からモノを言えば、社員というのは、やはりひとりひとりが主体性をもって行動しなければならない、と思うんですよ。 目的意識がなく、「やらされている感覚」 で仕事をしている社員は、まあ私に言わせれば不要、というか(なかなかそう切り出せないのが社長のつらいところというかダメなところというか)。

 たとえば沢村社長が、抜き打ちで支店を視察にやってきてあれこれと指示を出し、そこの従業員たちは 「社長は思いつきでいろいろ指示を出すけど、それをやるのは大変でサービス残業は増える一方、やってらんねーんだよ」 という意識で社長の指示に従っている。 そのうちその従業員たちは社長を不当労働で告発する。

 でもこれって、店内の模様替えでも何とか工夫すればあっという間に終わることだってあるかもしれないし、その効率を考え出すのも社員の主体性の一環なのではないか。 そもそも何が売れ筋でどうすれば売れるか、と頭を常に回転させていれば、沢村社長にダメ出しされることもない。 そんなところに仕事の喜びというものも生まれてくるだろうし、会社という生き物が活性化するカギというものがある。
 これを 「やらされている感覚」 で社長のきまぐれとか、いま流行りの 「ブラック」 という括りで断罪しようとすると、自分が会社の一員として役に立っていないことを、自ら正当化する口実になってしまう。

 そんな沢村社長から見ると、大学生というのはまあなんともお気楽な存在にしか見えてこない。

 彼らは彼らなりに、自分の夢と現実とのギャップと戦っているとか、なにかと大変なのかもしれない。
 でもそれって、社会に出てみると、わりとちっぽけでどうでもいいことだったりします。
 でもその一方では、やはり社会に出てみると、なんだかなるようになっちゃったりする。 成り行きで流されても、なんとか生きていけるんですよ。 確か沢村社長のセリフに、そんなのがあった気がする。
 社会で生きていくために戦ったことがある人から見れば、大学生あたりの悩みというのはとても稚拙に思えたりします。 誤解があっては困りますが。 なんとか生きていくぞ、という気迫がないから、なんか悩んじゃったりするんだよな、みたいな。 会社に入るのだって、それが目的じゃないんですよ。 手段のひとつなんですよ、仕事というのは。 だからマニュアルで、面接でこうしゃべれば好感度アップなんてよくやってるけど、小手先でどうにかなる問題じゃ、けっしてない。 要はやる気があるかどうかだ。 その会社に入るやる気、じゃないですよ(笑)。 自分は主体的に、どういう仕事をしたいのか、その目的がはっきりと見えている人が、やっぱり会社にとっても必要な人材となるのであって(まあその方向性が合致しなければ会社は採用なんかいたしませんが)。
 それとやはり、挫けない人ですよね。 難しい状況でもなんとかしようという気力が最後までありそうな人。

 この第1回目、沢村社長が大学で入った映画制作のサークルで、上映会をするのに15万が必要になる、というエピソードがありました。 かたや沢村社長は、15億の出資で頭を痛めている。 15万なんか 「はした金」 で、ポンと出しちゃったりするんですが、サークルの連中はそれをよしとしない。 「もらいやすいところから金を工面するのはなんか違う」、みたいな感覚。
 これって要するにカッコツケ、ということ。

 ここで沢村社長がサークルの仲間たちに説教をくらわすんですが、これが実に、観念的に堕すことのない生きた理論で。 「金を工面したければ、どんな手段を使ってでも工面しよう、と思え」、みたいな。 DHCの社長に借りるのもいいでしょう(爆)。

 それはそれとして(笑)つまり、「がむしゃらになってやらなければ自分たちのやりたいことなんか、出来はしない」、というスタンスなんですよ。

 そのためには、自分たちの作っているものに一生懸命に打ち込み、多くの人に見せたい、という自信と誇りに満ちているか。 そこが原点になるのだ、と。

 そして組織で動いている以上、ひとつのチームなのですから、互いに助け合い切磋琢磨し合って目的を遂行させていこうという気があるかどうか。

 でも、説教の途中で沢村社長は、口をつぐんでしまうのです。

 「こんな連中になにを言ったってしょうがない。 言ったってしょうがない連中になに言ったってムダ」。

 確かにこの映画サークルは、自分たちが作っている映画に対していい加減な姿勢だし、互いの理想の低さを慰め合って大した傷でもない傷をなめ合っているなあなあの組織だ。

 でも、果たしてそうなのか。

 彼らのやる気というのは、いまはただ単に眠っているだけかもしれない。

 沢村社長のほうこそ、「ゆとり」 という括りで、彼らの可能性に期待せず、芽を摘み取っているのかもしれない。

 ここらへん、回を追うごとに沢村社長とこのサークルの仲間たちが、どのように変わっていくのか。 そこらへんの化学変化が、まあありがちと言えばありがちなんだけれど。

 と、勝手に先読みしてドラマの芽を摘んでるのは、私のほうなのかもしれないし(笑)。

 で、その化学変化の中で、おそらく永井サン演じる明智は反旗を翻すんだろうし(笑)、黒木メイサチャンは沢村社長に惹かれていくんだろうし(笑)。
 いや、裏切るのは 「小早川」 かもしれん(笑)。 沢村社長の古くからの友達で、ただ会議のときに1票が入る要員として雇っているだけの男がいるんですよ、小早川っていう(笑)。

 この、黒木メイサチャンが大学の経営学の新米教師で、経営学を教えているクセにまったく金儲けとしての経営のロジックが欠落している、という設定も、ただきれいどころを講師に据えた、ということになっていないのがいい。
 メイサチャンは15万問題の時も、サークルの学生たちと同じ意見。 これを沢村社長は、「アンタも学生たちと同じ、狭い大学という枠の中で生きているだけで世間知らずだからそう考えるのだ」 とバッサリ切り捨てるのですが、ここらへんの切り口は実に見ていて素晴らしかったと感じます。 「大学という狭い世界」…「理化学研究所という狭い世界」…似ている…(笑)。

 で、メイサチャンも出世のために自分のカラダを使うのかどうか、という局面に立たされるわけですが(笑)、なにがなんでものし上がっていく、というギラギラした人なら、自分のフェロモンを有効活用するでしょうね(セクハラ御免)。

 「なんとなく生きてるんじゃねーよ、しょうがないで生きてるんじゃねーよ」「会社が自分になにをしてくれるかじゃない、自分が会社をどうしたいのかだ」 、という作り手の声が聞こえたようなこのドラマ。 エンディングタイトルで尾崎将也サンだったことが判明(遅えよ…笑)。

 尾崎サンも 「結婚できない男」 とか阿部寛サンとの一連の作品で私のお気に入りの脚本家さんだったけれど、「梅ちゃん先生」 で完全にミソがついた形だったからなー。 今回のはかなりよく出来てますよ!

« 「花子とアン」 第1週 かなりしっかりとした話 | トップページ | 「サイレント・プア」 第1回 ふわ~っと登場、ふわ~っと解決 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

脚本家名を見て納得しましたね。
しかし沢村社長って作中のネーミング、
どうでしたっけ?

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

イヤ~、私も覚えてません(笑)。 番組HPで確認いたしましょう(メンド臭…笑)。

リウ様

いつも楽しく拝読しております。
私は年に一回ほど書き込んでいるリウ様と同世代のNobuと申します。

沢村一樹主演のドラマは、2011年放送の知る人ぞ知る秀作「DOCTORS〜最強の名医〜」が最高でしたね。
このドラマは全くやる気のない医者達が勤務する赤字経営の病院を、大学病院から転職した沢村が立て直すといったストーリーですが、ドラマの全体的なトーンはコミカルに仕上げられていました。それは演出のみならず沢村のキャラも大きく影響していたように感じます。

DOCTORSの主人公は終始ニコやかなのに腹黒さを持ち、対立する相手に歯切れ良く斬る、しかし孤独である故、憎めない・・。そんなとらえどころのない人物を演じられるのは、沢村の他に見当たりません。

「ブラック・プレジデント」はDOCTORSのシチュエーションと似ています。DOCTORSにおける沢村のスタンスは最後までぶれませんでしたが、今回はリウ様の言われる化学反応が起こるのかどうか楽しみです。
ちなみに主人公の名前は「三田村 幸雄(45)」です。

Nobu

ブログ復活おめでとうございます!
いつも見てるだけの人間ですが、復活してくださって嬉しいです。
お体に無理の無い範囲でずっと続けてくださいね。

でも、「刑事モノ事件モノ以外の新ドラマは全部チェックする習慣」という言葉に、えええーそんなーとなってしまいました。汗

私も普段は刑事モノや事件モノは見ないほうですが、今期は「ビター・ブラッド」楽しみにしていまして、リウさんの感想を聞きたいと思っていたんです。
検討してもらえないでしょうか。リウさんお願いします!

Nobu様
コメント下さり、ありがとうございます。

年に1回とおっしゃらず(笑)、気楽にコメントを頂けたら嬉しいです。 1行、2行のコメントでも歓迎いたします。

「DOCTORS」 は確か、高嶋政伸サンが面白いという話をネットのどこかで読んだ気が…。
確かテレ朝でしたよね。 私はホンット、テレ朝のドラマって食わず嫌いでして(笑)。 ほんのたまーにしか見ないんですよ(笑)。 で、たまーに見たりすると、こないだの木村拓哉クンの 「宮本武蔵」(笑…っていいのかな)。 「ああやっぱりテレ朝はダメだ」 とか(笑)。 どうも自分の肌に合わないようですね(たまたま見たドラマが悪かったのかも)(「信長のシェフ」 は好きでしたし、平成仮面ライダーシリーズは欠かさず見てたし)(ちなみに今回のフルーツ仮面ライダーは、どうも私には合わないようです)。

あ、そうそう、三田村サン!(って、まだピンとこないけど…笑)。 沢村サンはブラック社長を演じようとしても、どうしても人の良さが見え隠れしてしまうような気がいたしました。 これを阿部寛サンがやったら、嫌味でしょうがない人物になったことでしょう(笑)。

U 様
コメント下さり、ありがとうございます。

いつもごひいきにしてくださって、誠にありがとうございます。 まあ実に怠惰な新着記事アップとなりそうですが、気長にお付き合いくださいましconfident

で、ずいぶんとアバウトなことを書いてしまったのですが、「刑事モノ以外全部録画」 というのはまったくのウソで(笑)、実は 「これはつまんなそうだ」 というヤツは最初から外しております。 とりわけ刑事・事件モノは最初から度外、の割合が大きい、ということで。 阿部サンの 「新参者」 とか大野クンの 「鍵のかかった部屋」 とか見てるし(笑)。 もっと言うと、医療モノもちょっと敬遠する傾向にあるかな~(笑)。

でも、頼まれればイヤとは申しません(笑)。 来週からですよね? チェックさせていただきます。 ただ渡辺篤郎サンは、個人的には苦手です(「外事警察」 の時も、セリフが聞き取りにくくて参った~…笑)。

リウ様

ぼちぼちupされて、モチベーション回復されてきたみたいで、ホッとしてます。

それにしても、

「刑事モノ以外全部録画」 。。。ぷぷっヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ でした〜

「ブラック・プレジデント」まずまずのstartでしょうか。「Doctors」の方がインパクトはありましたけど。。
 私としては「MOZU」の方が良かったかな。リウ様は警察関連はご覧にならないから、感想は期待できないかなぁ?

あと今のクールで私が気になってるのは、「ルーズヴェルト・ゲーム」 NHKの「ロング・グッバイ」 新しい月9となるか「極悪がんぼ」  そして「ホワイト・ラボ」。 
Uさま、おすすめの「ビターブラッド」は佐藤健くんが好きなので見るかも?です。

警察関連、医療関連と相変わらずの番組企画ですが、「ダブルフェイス」に続く「MOZU」はこれから楽しみになりそうです。

リウ様も、お仕事の関係でモチベーションが下がることもあるかと思いますが、気長に続けていってくださいませね。

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

結構これでも、必死こいてアップしてるんですが(笑)。 でも 「ブラック・プレジデント」 の代わりに見そびれた 「サイレント・プア」 をまだ見てないとか(笑)、まあいくら4月になって多少は忙しくなくなったとはいえ、こんなもんでしょうか(ハハ)。

オノマチの月9はガチでしょうね(若者言葉を無理して使っている今日この頃…笑)。 他はあまり期待してません。 面白そうかなというのは 「銀二貫」 だったかな、これから見ますけど。 芦田愛菜チャンが出てるし(そこかよ)。 なんか、面白そうで実はそうでもなさそーな…、というのが今年の春ドラマは多いかな、という感じがします。

rabi様の気になっているドラマも、チェックしてみます。 もう始まっちゃってたらダメだけど。 なにしろきちんと予習してないもんで。 深夜ドラマもこういう場合面白いのを見逃しちゃったりするんですよねー。

朝、お礼の返事をしようと思ったら入力できなかったのですが、今、確認画面が出てホッとしました。
リウさん、ビタブラ観てくれるんですね! 嬉しいです。ありがとうございます。
リウさん好みではないと思いますが、感想楽しみにしております。☆

というか、上のほうのコメントで見つけちゃいました。
平成仮面ライダーシリーズは欠かさず見てたんですねw
最近、平成ライダー主演人気ランキングが出てましたけど、ビタブラはライダーやっていた佐藤健くん主演なので楽しみです。

ちなみに私は若いときの渡部篤郎さんの醸し出す雰囲気は好きだったんですが、コメディ演技は苦手なんです。 健くんと上手く化学反応を起こしてくれるといいなと期待してます。

U 様
コメント下さり、ありがとうございます。

私の平成ライダーは確かこの、佐藤クン主演の 「電王」 から。 それまでの平成ライダーは、どちらかというとイケメン起用で主婦層に人気とか、そちらにばかり話題が行ってて中身がどうも中途半端に思えていたので、見てませんでした。

いまにして思えばもうちょっとちゃんとチェックしてればなー、という感じですが。

「電王」 は 「史上最弱ライダー」 というのと 「仮面ライダーが電車に乗る?」 というコンセプトが興味深くて、平成ライダーとしてははじめてちゃんと見たんですが、そんなこともあってかお気に入りのシリーズですね。

あとは 「オーズ」 とか 「フォーゼ」 なんかが好きかな~。

「ブラック・プレジデント」 には、ライダーのひとりが参戦してますね(笑)。 仁藤…(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/59438554

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラック・プレジデント」 第1回 フジテレビ(関西テレビ)のプレゼンの方法こそ、考えたらどうだろう?:

« 「花子とアン」 第1週 かなりしっかりとした話 | トップページ | 「サイレント・プア」 第1回 ふわ~っと登場、ふわ~っと解決 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ