« 「笑っていいとも!」 を見なくなった理由って | トップページ | 蟹江敬三サン、さようなら »

2014年4月 3日 (木)

「キルラキル」 服を着るのか、服に着られているのか

 去年(2013年)10月から今年(2014年)3月までTBS系の深夜に放送されたアニメ、「キルラキル」。 「ど根性ガエル」 などの東京ムービー系の、懐かしい線の太い昔風の作画や、初回からトップギアで疾走しまくるそのテンションの高さに惹かれて、最後まで視聴を続けた。

 話としては、主人公の女子高生・纏流子(まといりゅうこ)が、殺された父親の手がかりを得て、そのかたきを討つために、全国制覇を目論む本能寺学園に乗り込む、というのが冒頭の展開。
 本能寺学園は、生徒会長の鬼龍院皐月(きりゅういんさつき)によって統一支配されているのだが、街ぐるみで巨大なヒエラルキーが形成されているのがいかにも不穏だ。 その階級闘争の道具として使われているのが、それを着ると普通の人間が超人になってしまうという、「極制服(ごくせいふく)」。
 この極制服に使用されている特殊繊維(生命戦維)の真の目的をめぐって物語はうねっていくのだが、とにかくその発端から、テンションが異様に高い(笑)。 「第1回からこんなにテンションが高くて、果たして最後までもつのか?」 という興味で視聴を続けた、と言ってもいい(笑)。

 制作は 「エヴァンゲリオン」 のガイナックスから独立したTRIGGER。 ただ絵の動かしかた、つまり動画に関してはガイナックスぽくなく、かなりラフな印象を受ける。 それでもそこには 「絵を動かすことの楽しさ」 を重視している姿勢が垣間見られ、一種の 「アニメ制作マニュアル」 というレールに則っている、昨今のアニメによく見られる、技巧に頼った 「妙に手慣れた余裕」、というものは感じられない。 こんなアナログ的な触感にも好感を持った。

 このラフな動画がもたらす奇妙なテンションの高さはそのまま、「制作スタッフが崖っぷちで仕事をしている」 という切迫感を、見る者に強いてくる。 こういう緊張感というのがいいんだよな~。
 最近のアニメは、あまりにも産業システム化されすぎて、こうした手作業的な 「人間臭さ」 というものが置き去りにされているように思えてならない。 この作品は、レトロな触感も相俟って、昨今の出来すぎたアニメに辟易している、アナログ世代のオッサンの琴線に引っかかる要素が多いのだ(ネットでは 「オッサンホイホイ」 の異名も見られた…笑)。

 この作品のレトロの根底には、旧世代のアニメ(そしてアニメーター)、とりわけ 「熱血」「スポーツ根性すなわちスポ根」 という、1970年代に流行ったコンテンツへの強烈な尊敬の念がある。
 主人公の纏流子は、簡単に言って 「アバズレ」(死語…笑)。 舞台は学園。 説明のスーパーはすべてぶっといフォント。 登場人物は全員ムダに熱く(笑)大声で自分の主張をぶつけ合う。
 このアニメの高揚感というのは、ぶっといフォントで登場人物たちが装備とか技とかを大声で宣言する、歌舞伎の見得の世界に相通じているものがある気がする。

 しかし、そこで声高に語られる 「熱血」 はただ単純な 「熱血」 ではない。 「熱血?ダセー」 という冷ややかな目で見られた時代も経た、一歩下がった冷静なスタンスが含まれているのだ。 言ってみれば、「熱血マンガ家」 の島本和彦サンが熱血根性もののブームが下火になって以降ダセーと言われるのを承知で描き続けたコンセプトに近い 「熱血」、と言えようか。

 さらに言えば、このアニメのタイトル 「キルラキル」 が物語るように、そこにはいったん海外に輸出され、タランティーノ監督などから 「クールジャパン」 と捉えられ逆輸入された映画、「キルビル」 の影響も見られる。
 いわば、このアニメはこうしたリスペクトやオマージュ、とカウンターカルチャーの応酬というごった煮状態の中から生み出された、2013年のアニメーション制作者たちの回答、とでも呼べる位置に属している、そんな気がする(あー解説の仕方がナマイキだぞ)。

 そんななかでこのアニメは前述したように第1回目からスーパーハイテンションで展開し、その勢いはまあほぼだいたい(笑)25回の最終回まで落ちることはなかった。 見るほうもテンションあがりまくりだったけれど、作ってるほうもさぞや大変だっただろう。 最終回は放送日の当日にテレビ局に納入されたらしい(マジかよ…笑)。

 けれども、こういうテンションの高い状態というのはすぐに受け手に飽きられるのが常なので、話は常に登場人物たちを無暗やたらにパワーアップさせていく必要性が生じてくる。
 このアニメはそこんところのイベントも過去の膨大なコンテンツから掻き集め、考えつく限りのことをやり尽くした、という印象がある。 仲間や主人公が暗黒面に陥る、とか、持ってる装備が強力化していく、とか、四天王が出てくる、とか(笑)、親子関係がシビアだ、とか(笑)、大阪みたいな別の文化圏と覇権をかけて戦う、とか(笑)、出生の秘密がどうだ、とか(笑)、全世界に影響力が広まっていって宇宙まで行きつく、とか(笑)。
 まあこういう、登場人物たちが限りなくパワーアップを重ねていく、というインフレーションがこの手の話の常道と言える。

 ただ、こうしたパワーインフレーションは過去のコンテンツにその元ネタが満載されている通り、常にマンネリ、という限界が控えている。
 しかしこの 「キルラキル」 という作品は、すべてを混沌の渦の中に投入していって、「ワケが分からないからこそ凄いのだ」 という、なんかワケの分からない理屈をそこから抽出した(笑)。
 つまり、理屈では割り切れない、「なにかに夢中になれる熱情」 とか、「物事にとことん執着するこだわり」 とか、そんなものでしか、人の心は動かせないのだ、というメソッド、とでもいえるだろうか(だからワケ分からん…笑)。

 そして物語は、ワケ分からん状態をまるで昇華していくように、登場人物たちが最終的に、み~んな裸になってしまう(だからワケが…笑)。

 だがそこから見えてくるのは、「極制服」 という 「着るもの」 に縛られることのない自由な精神への、作り手たちの憧憬だ(私の話もどうもワケ分からんな…)。

 要するに、このアニメの話というのは、「キル(着る)か、キラレル(着られる)か」。 たとえば、流行の服を着たい、とか、黒を着てりゃ安心だ、とか(笑)、人から 「コイツのファッションはカッコワルイ」 と言われるのが不安だ、とか、誰もが自分の着るものについて多かれ少なかれコンプレックスを持ったことがあると思うのだ。 この話は、そんな 「着るものに対するコンプレックス」 を突き詰めていった末に成立している、とは言えないだろうか。

 そしてこの物語は、「鮮血」 という名の、主人公纏流子の装備となるべき生きた戦闘服 「神衣(かむい)」 が、セーラー服であることに、大きな落とし所を用意していた。

 つまり、「制服というのは、学生時代が終われば脱ぎ捨てなければならない」、という、とても当たり前の事実である。

 着るものに対するコンプレックス、というのは、これはたぶん、思春期にいちばんあるんじゃないだろうか。 みんな大人になっていくと同時に、「他人から自分がどう見られているか」 などという恐怖心など克服していってしまう。

 しかしそれは、ちゃんと思春期の悩みを克服した結果なのだろうか。 私たちは、若いときの自分の幼さを、きちんと卒業して生きているのだろうか。

 だからこの物語のラストが見る側に与える感動というのは、そんな若い自分からの卒業を、あらためて自覚させられるゆえに起きる現象なのではないか、と感じるのだ。

 どうも分かりにくい話でスイマセン。

 全体的な話としては、確かにあり得なさすぎなのであるが、そのあり得なさを究極まで追求した潔さ、というものが気持ちよかった。 エロかったし(ハハ)。
 ただハダカに近いような神衣鮮血のイクイップメントに変身するときに見せる、主人公の纏流子が見せた恥じらい、というのは、その暴走気味な作品自体の過激さに対する、大きなブレーキになっていたとも思える。
 纏流子はしゃべり方から態度から乱暴ではあるのだが、元来がかなり自省的な孤独を抱えたままの少女だったという気がする。 物語のなかでも彼女は引きこもったことがあったが、彼女はもしかすると、引きこもりがちな人たちの、「自分はこうありたい」 という、行動の代弁者だったのかもしれない。

« 「笑っていいとも!」 を見なくなった理由って | トップページ | 蟹江敬三サン、さようなら »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「キルラキル」 服を着るのか、服に着られているのか:

« 「笑っていいとも!」 を見なくなった理由って | トップページ | 蟹江敬三サン、さようなら »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ