« ポール・マッカートニー本日(5月17日)公演延期の顛末 | トップページ | 「SHERLOCK3」 第1回 ドラマの行きつく果て »

2014年5月20日 (火)

ポール・マッカートニー全公演が中止、…。

 既報の通り、ポール・マッカートニーの今回2014年アウト・ゼアー・ジャパン・ツアーは全公演が中止、ということになりました。
 17日公演のチケットを持っていた自分は振り替え公演のわずかな可能性を信じていたのですが、ここ数日の心労に、さらに虚脱感が加わっている感覚です。

 まあネットでもいろいろと言われてますけど。

 とにかく1ファンとしては、ポールの病気の回復を祈る、というのが本音であり建前であります。

 しかし主催者側に対しては、何なんだよコレ、払い戻しだけで済むと思ってんのか、という感じ(確かにビンボー人根性というのはあるが…笑)。

 ポール自身が早期実現を希望しているという再来日公演ですが、それがもし実現したとして、正直なところ、今回のチケット購入者を何より優先してもらいたいし(無条件で同程度の席確保を受け入れるのは当然)、さらに今回、遠方からやってきた人々に対しては、それなりのリカバリーケアをしてもらいたいと強く思います。

 まあ冗談交じりに言えば、ポールとの握手券つきとかね(笑)。 そりゃ何万人もの人々と握手する訳にもイカンだろうから、これはあくまで冗談ですよ。
 でもなんか。

 あえて 「あしたのジョー」 的に言えば、「プレミアつけてけえせ」 つーか(笑)。
 例えば今回のチケット購入以外の出費が多い人ほど、レアなグッズを添付します、みたいな。

 そりゃ主催者も今回のことで大損害を受けているのは分かりますけどね。

 でも主催者側の無理なビジネスが、今回の事態を招いた、とも言えるんじゃないでしょうかね。

 特に武道館とか、まあキャパが1万程度しか入らないところだからそれをリカバリーしようというのは分かるけど、価格が尋常じゃなかったでしょ。
 さんざん大風呂敷広げといて。

 「皆様には大変な迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」 だって。

 いいよなあ、謝れば済むから(笑)。

 日本のファンは心が広いな~。

 そして何より健気ですよ。

 こんなにプロモーターに振り回されてですよ、それでもポールの健康のことを心配しているのだから。

 確かに今回のことで、ポールがそれなりの年齢である、という事実を、我々ファンは突きつけられました。
 そしてファンとして、どうあるべきかも考える場を与えられたような気がします。

 なにしろ私の場合、手前勝手ですからね。
 ブチブチ文句ばっかり言ってる。
 その後ろめたさを、今回はプロモーターのせいにして回避しようとしている。

 でももっと、キョードー東京にしても、ユニバーサルミュージックにしても、ポールを金儲けの道具として利用しまくるのは、やめにしてもらいたいと思うのが、偽らざる私の感想なのであります。

|

« ポール・マッカートニー本日(5月17日)公演延期の顛末 | トップページ | 「SHERLOCK3」 第1回 ドラマの行きつく果て »

ビートルズ」カテゴリの記事

コメント

橋本様
 ポールの公演中止、本当に残念な事です・・・。
ガッカリなされている橋本様のご心中、お察し致します。
はるばる日本に来ての体調不良、お昼のラジオで「手術が必要・・・」との情報もありと言ってましたが、本当、ファンならずとも心配になります。
元気でいれば、この先、又、公演があると信じ、今はポールの回復を祈るのみ、ですね・・・。

投稿: おばさん | 2014年5月22日 (木) 22時42分

おばさん 様
コメント下さり、ありがとうございます。

公式HP(英文)から 「日本からのメッセージ」 として、ポールは病院での治療を受け、快方に向かっているというステートメントが発表されました。 「入院」、とまではいかなかったようですが、情報がなにしろ錯綜していましたね。

ただ今回の一連のことには、当事者関係者ともどもどこか奥歯にものの挟まったような展開ばかりで、なにが真実なのかは全く茫洋としています。

あまり事実がおおっぴらになっちゃうと、ある種の関係者にとってはバッシングで潰れてしまいそうな事情が、なにかありそうですね(笑)。

投稿: リウ | 2014年5月24日 (土) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/59675794

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・マッカートニー全公演が中止、…。:

« ポール・マッカートニー本日(5月17日)公演延期の顛末 | トップページ | 「SHERLOCK3」 第1回 ドラマの行きつく果て »