« 「HERO」 第2期 このシリーズ初めて見たんですけど、その角度からの感想です | トップページ | 「軍師官兵衛」 第26-29回 中国大返しに向けて話が緻密化している »

2014年7月20日 (日)

「あすなろ三三七拍子」 第1回 消えゆくものへの挽歌なのか、若者へのリトマス紙なのか

 柳葉敏郎サンが、リストラ要員から応援団長として西田敏行社長の出身大学に 「出向」 する、というドラマ。
 この、とんでもなく奇想天外なこのドラマ、原作が重松清サン、ということが唯一の希望かな、と思いながら見はじめました。

 作り話のひとつのコツとして、「あり得ない人物があり得ないシチュエーションに遭遇する」、というエッセンスがありますが、この物語はまずそれが生命線のひとつである、と言える。
 そもそもいくら社長が自分の出身校の応援団を潰したくないと考えても、それをリストラ要員に任せようとする時点で経営者としてはかなりイケてません。 つまりリストラリストが出来るほどリストラ要員が存在するコストダウン必至の会社で、大学に行かせる金プラス給料まで払おうというのですから、何をかいわんや、でしょう。 ここを見る側が容認できるかもまず問題ですが、いちばんの問題はこれを見る視聴者が、オッサン達の精神論についていけるかどうかなのだ、と感じる。 ギバチャンが応援団長、ということにどれだけ視聴者を食いつかせる要素が含まれているか。 かなりこれは賭けだな、と感じました。

 そして見はじめから感じる齟齬感。
 つまりキャスティングがどうもちぐはぐだ、ということです。
 ギバチャンって、応援団OB役の西田敏行サンやほんこんサン、反町隆史サンなんかより、イメージ的によっぽど応援団員らしいんですよ(笑)。 そもそもギバチャンの芸能界への出始めが、「一世風靡セピア」 という応援団チックな集団でしたからね。 その彼がほとんどノンポリ感覚でヒーヒー言いながら応援団の特訓につきあっている、というのが、どうも違和感がある、つーか(笑)。
 感覚的に考えれば、ギバチャンはOBの側に回って、場違いな応援団でヒーヒー言ってるのがほんこんサンならしっくりくる気がする(笑)。 でもほんこんサンじゃ菊地桃子クラスの女性を奥さんには出来んだろうし(笑)。

 ただ最初に感じた齟齬感でもっと大きかったのは、世代間に横たわる壁みたいなものでした。
 確かに私が大学生だった30年ほど前でも、応援団というのはかなり特殊な世界だった。 そこに入ろうなんてやつは友達のなかでも一人としていなかったし、当時から絶滅危惧種のリストに入ろうか(いやまだうちの大学の応援部は巨大だった)、という感覚であったことは確かです。
 しかしその応援団に入る前の導入部から、ギバチャンと家族や職場の若い世代とは、決定的に相容れない断絶が横たわっている。 私たちの世代がこだわったり大事にしようとしてきたものが、若い世代にはもはやどうでもいいことと化している。

 その実態は茫洋としているのですが、たとえばギバチャンの娘が連れて来たカレシのイトシ…じゃなかった(ギャグが固定化してますがな)風間俊介クンがミョーに父親に馴れ馴れしいとか、上下の立場などまるでないかのように振る舞う点であるとか、男女の付き合いに対しても歯止めが利いていない点であるとか。
 つまり彼女の父親に会う時なんていうのは、自分の生き方じたいを見直すくらいの覚悟が必要だったわけですよ昔は(笑)。 「オレの娘と付き合うなんて100年早い、君は何になりたいのかね、どういう人生を送りたいのかね」。 そういう父親の無言の圧力というものがあったわけですよ。 金髪になったイトシはそのこと自体を考えてない(笑)。
 それに彼女と付き合う上でも障害が昔はかなりあったけれども、いまは電話のひとつをかけるのもみんなケータイですぐだし、LINEとか意思の疎通が非常に楽できめ細かく出来る。 乗り越えなければならない壁がない点で、恋愛もとてもフリーになり過ぎてるきらいはないでしょうかね。

 若い世代の間ではもうKYという概念は固定化されちゃって、まわりに合わせることで 「ものごとにこだわる」 という気概そのものが育つ余地がなくなっている。 「意味のないことはしない、つまんないことはパスする」。
 この 「応援団」 というのは、それとは全く対極の位置にあるんですよ。 根性とか実態のない精神論にこだわりまくっているし、そもそも応援にこれほど形式ばったことをやることに意味があるのか、と言い出すと、「いや、意味なんかありません」、となる。 いまの世の中、応援する対象(応援される野球部などのスポーツ選手)にしてみればスポーツはシステマチックに分析され尽くして、自分のモチベーションを高めるためにどうしたらいいのかが科学的に解明されている。 精神論の及ぶ範囲は 「声援によって後押しされた、やる気が出た」 というレベルまでで、「応援団が昔ながらの形式ばった応援をしても、自分のモチベーションに関係してるかどうかは甚だ疑問」、という立場でしょう。

 でも、一見まったく無駄、と思えるようなことでも、それを一生懸命やるということで、人の心を動かすことはできるんじゃないか。 そしてそれは、システマチックに慣れ過ぎた現代の若者にも、通じるのではないか。
 この物語の眼目はそこにある気がする。
 そしてそこに、このドラマが見る者の心を動かす鍵があるのだ、と感じる。

 反町サンとかほんこんサンも、応援団で青春のピークを迎えてから、社会に出ていろんな蹉跌と遭遇してきたと思うんですよ。 でもそれを乗り越えてこれたのも、大学の応援団時代に培った、「気合と根性」。 いわば自分の人生の舵を取ってこれたのも、この応援団が思想的な故郷になっているからなのであり、だからこそ、廃部寸前のこの応援団を存続することに、尋常ならざる熱意を抱いているのです。

 じっさい、雨のなかでエールを送り続けるギバチャンを見ていて、心を動かされた人もいるのではないか、と思いますが、私が見ていて感じたのは、「応援団なんて突飛なシチュエーションでなくても、世の中あまりにも理不尽な状況で働かなければならないオトーサンたちが、いかに多いことか」、という、寂寞感とか怒りとかがないまぜになった感情でした。
 若い人たちにとって、ギバチャンが遭遇するいろんなことは、コミカルに感じたかもしれない。 このドラマはコメディドラマだと感じたかもしれない。
 でも私たちオッサンにとってみると、ギバチャンの置かれている状況は、笑うに笑えない。
 しかも若い人たちにそれが伝わっているのかという徒労感もついてまわる。 視聴率も、芳しくなかったみたいだし。 見てくれる人がいないと、こんなに虚しいドラマというのも、ない気がするんですよ。

 でも見てほしいよな。 特に若い人には、「意味のない根性とか、なにソレ超ウケル」 などと言ってスルーしちゃうような人たちに、このドラマを見て 「意味のないことの意味」 を考える契機になってほしいな、という気はするのです。
 でなければ、このドラマはただの 「消えゆくものへの挽歌」 になってしまう。 日本人は根性とか根拠のない精神論を捨てて、なんでも効率的にものごとを片付けてしまう、無味乾燥としたつまんない民族になってしまう。 そんな気もちょっとしたりするのです。

« 「HERO」 第2期 このシリーズ初めて見たんですけど、その角度からの感想です | トップページ | 「軍師官兵衛」 第26-29回 中国大返しに向けて話が緻密化している »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

時間に多少のズレはありますが
「ブラックプレジデント」終了直後に
正反対な設定のドラマを持ってきましたね~。
これは一応、停滞を忌避してんのかな?

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。 少々返信が遅れました。

設定的には 「ブラプレ」 と対照的ではありますが、「仕事にマジにならないでどーする」 という、妙な共通項がある気がしますね、この二つのドラマには。 自分に課されていることを、嫌々ながらやるのか、主体的にやるのか。 自分の人生も、そこで幸不幸が分かれていく気がします。

それにしてもゴーリキチャン、この先どうやって絡んでいくんでしょう。 いまのところどーでもいいと思って見てますが(笑)。

そもそも西田敏行やホンコンのキャスティングに無理がある。無精髭や年寄りではしまらない。現実はあれほど甘くない。

??様
コメント下さり、ありがとうございます。

まあこの話って、かなり現実離れしてますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/60014522

この記事へのトラックバック一覧です: 「あすなろ三三七拍子」 第1回 消えゆくものへの挽歌なのか、若者へのリトマス紙なのか:

« 「HERO」 第2期 このシリーズ初めて見たんですけど、その角度からの感想です | トップページ | 「軍師官兵衛」 第26-29回 中国大返しに向けて話が緻密化している »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ