« 「軍師官兵衛」 最終回まで見て | トップページ | ビートルズは今年(2014年)、ポールを含めて完全に金ヅル状態 »

2014年12月26日 (金)

「クリスマスの約束2014」 今年は約束の 「y」 くらいでしたが…(笑)

 出演ミュージシャンたちによる井上陽水サンの 「最後のニュース」 で幕を開けた、小田サンの入魂音楽番組 「クリスマスの約束」。 「原子力」 という言葉がまるで予言のように使われたこの曲をやる、ということは、今年の 「クリスマスの約束」 は社会的なメッセージ色の強いものになるのか、と思っていたら。

 ここから2時間の番組中、ほぼ1時間40分くらいは 「2001」 からのこの番組の総集編。
 まあこの番組を録画したものは何度か見ていたのですが、久しぶりに見たから結構新鮮で、特に気にはならなかった、と告白してしまいましょう。
 とりわけ2009年のJ-POPの巨大な叙事詩、「22'50''」 は何度見ても圧巻のひと言で、これはたぶん、日本のミュージック・シーンにおいて後世まで語り継がれるべき 「一大事件」 と呼べるモニュメントである、と断言したくなります。 何度見ても泣ける。

 この組曲はおそらく、参加した人たちがレーベルを超えて多岐にわたることや、著作権上の理由から、CDとか配信になる可能性はゼロであるといえます。 すなわちこの曲をエラソーに流せるのは(笑)TBSだけ、ということになる(笑)。 番組のディレクターか何か知らんが、この組曲の制作過程で 「これをやる目的が分からん」 とかほざいていたところを当のTBSが流すのも、実に出来レースの印象がぬぐえないのですが、どうも今年の 「クリスマスの約束」 の、総集編的な 「放り投げられた」 感の後ろに、「小田サンとTBSの間で何かがあったのではなかろうか」 という勘ぐりを挟み込む余地が生まれてしまった気がする。

 ただ、 「22'50''」 がひとつのピークとして、その後のこの番組の存在意味を失わせつつある、ということも同時に感じるのです。

 今回の 「総集編」 でも語られていたように、番組当初、小田サンの呼びかけにゲストとして応えてくれたミュージシャンは、ただのひとりもいなかった。
 それは13年前当時、もはや21世紀になっていたにもかかわらず、前世紀のような 「テレビに対する不信」 であるとか、ミュージシャンどうしのあいだにあった壁、自分の歌に対する独自性へのこだわり、自閉性みたいなものが、いまだに厳然とあった、ということを提示していた。
 その壁が氷解していったのは、それは小田サンがこの番組を辛抱強く継続していったことに主な原因があるのだけれども、これって先に掲げた、ミュージシャンたちがそれまで持っていたこだわり、というものが氷解していった過程なのではないか、と思うこともあります。

 その根底には、ミュージシャンたち自身が、他人とコラボレートすることによって何かを得たがっている、現状のミュージック・シーンに対する閉塞感を打破したいという欲求の発露があったかもしれない。
 そのためには、自分の中に存在していた、ミュージシャン特有の強力なATフィールドをこじ開ける必要があった、と。

 ただこの、「22'50''」 みたいな巨大なコラボレートがその後、ミュージック・シーンに根付いているか、というとそこまでには至っていない。
 「クリスマスの約束」 には、もしかするとそんなミュージック・シーンのカオス的な融合が宿命づけられているのかもしれない、そんな気もするのです(オーゲサか)。

 そして長~い総集編が終わってよーやく始まった 「クリスマスの約束2014」(笑)。
 ゲストは細野晴臣サンです。
 はっぴいえんどの曲をやるのかな、と思っていたら、チャプリンのスタンダード・ナンバー、「スマイル」。 ちょっと肩透かし。
 細野サンというとこの、はっぴいえんどとYMOという、超メジャーなバンドの構成員であったことは小田サンから触れられていましたが、ワタシ的にはこの人は、ベースギタープレイヤー。
 小田サンがいちばん最初の 「クリスマスの約束」 でたった一人で演奏した、「ひこうき雲」 をはじめとして、ユーミン初期のアルバムを強力にサポートしている、という印象が大きくて。
 だから絵的には小田サンがあらためて 「ひこうき雲」 を歌って、細野サンがそのバックであの印象的なベースを弾く、というのが見たかったな。

 ただ、やはりこういう総集編みたいなのを流されるとですね、「この番組の目的とか、役割って、もう終わったのかな」、なんてさびしい気にもなるんですよ。
 まあ今年はこれでイイですから、来年また、じっくりと楽しめる番組を期待します。
 ある意味では、完全に紅白歌合戦などよりも、日本のうた歌いたちの本気というものを垣間見ることのできる番組なのですから。

|

« 「軍師官兵衛」 最終回まで見て | トップページ | ビートルズは今年(2014年)、ポールを含めて完全に金ヅル状態 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです(^^ゞ
今年のクリ約はこちらで書きました。
http://ami-go45.hatenablog.com/entry/2014/12/26/083207
ちょうど1週間前、12月20日、
TBSチャンネルで2013年のクリ約が放送されておりました。

思うところは色々ありまして
番組予約をしようとEPG番組表を見ても
ギリギリまで「番組内容発表までしばらくお待ちください」でしたし
新聞広告も例年になくシンプルでしたし
毎日のラテ欄には「13年間の集大成」と
あったとかなかったとか・・・
もしかしてだけど♪もしかしてだけど♪
放送されない可能性があったんじゃないの♪

・・そう感じてもおかしくなかったわけで。

ネット民が騒ぐように
「約束が違う!」とは思わなかった。
どこぞの口パク番組より、良かったんじゃないの?
別に怒ってなんかいませんよ。

ただ小田さんも67歳だし
もう終焉に向かっているのかな。
リウさんも言われるように
この番組の役割は、もう終わろうとしているのかもしれませんね。


投稿: あみーご長嶋 | 2014年12月27日 (土) 13時11分

あみーご長嶋様
コメント下さり、ありがとうございます。

あみーご様はホントに堅実にサイトを運営していらっしゃいますね。 リンク先見ました。 私なんぞは多忙だ、PCの調子が悪い、スランプだ(どこが?とお思いのかたもいらっしゃるでしょう)と、記事の過疎化がここに極まっているわけですが。

せめて1アクセスにつき1円が入るとかいうシステムにでもなってくれれゃもっとやる気も上がるんでしょーが…(爆)。

有名人のブログなどにはそれに似たシステムもあるらしいですが、私みたいなしがないブロガーにゃただ羨ましいだけのお話で。 アフィリエイトもようやらんし。

なんにしても、あみーご様からコメントをいただくということは、まだ首の皮一枚でこのブログに注目してくださっている、ということで、今後のモチベーションの糧といたします。 ありがとうございます。

肝心の 「クリ約2014」 についてですが。

ネット民は、タダでこういう至高の番組を見せてもらっているのに、ワガママ多過ぎですよ(笑)。 以前にやってたような、「小田サンぽ」 みたいのでもいいんじゃないですかね?(笑)。 「ババア元気」 とか(笑)。

投稿: リウ | 2014年12月27日 (土) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/60868612

この記事へのトラックバック一覧です: 「クリスマスの約束2014」 今年は約束の 「y」 くらいでしたが…(笑):

« 「軍師官兵衛」 最終回まで見て | トップページ | ビートルズは今年(2014年)、ポールを含めて完全に金ヅル状態 »