« 「○○妻」「残念な夫。」 第1回 一見同じ土俵の同時間帯ドラマ、でも実は… | トップページ | 桑っちょの不敬事件について »

2015年1月17日 (土)

「アイアングランマ」 第1回 二大女優の空気の張りつめ合い

 大竹しのぶサンと室井滋サン。 この日本が誇る二大女優ふたりが、外交機密を取り扱う特殊捜査官の元バディ(最近この言い回しよく目にしますね、相棒というところか?)だった、という 「一見あり得ない」 設定の、NHKBSプレミアムドラマ。
 しかし 「どこにでもいるオバチャン」 が諜報活動をしていたというのは、考えてみれば 「ありそうな話」 でもあるわけで。 目が鋭くて隙がなくてまわりを注意深くキョロキョロ観察してたら、そりゃかなり怪しいでしょ(笑)。 「私はスパイ」 なんて触れまわってるようなのは、スパイ失格なのであって(笑)。

 このドラマの生命線というのが、実はこの 「ありそうでなさそうで」 というところにあることを、この実力派二大女優は 「役者としてのカン」 で嗅ぎ分けているのではないか、と感じます。
 でなければ、こういう、ともすれば 「二大女優の無駄遣い」 に堕してしまいがちな 「荒唐無稽」 なドラマに出演しようと決断しないのではないか。
 それほど、「二大女優のダブル主演」 というドラマは題材が難しい気がします。 私がさっと思いつくのは、岩下志麻サンと桃井かおりサンの激突だったかな~。 映画 「疑惑」 ですね。
 どちらも演技に関してはメンツがあるわけで、それを組ませるとそりゃ火花が散る、ってもんでしょう。 「女の戦い」 はかくもスリリングで見る者を惹きつけるのです。

 このドラマに関しては大竹しのぶサンがご自分のラジオ番組で結構前から言及していたので、結構前から興味深くは思っていました。
 そのなかでは室井サンが食事を用意してくれたとか何かと面倒見がよかったとか、ずいぶんと撮影現場を室井サンが引っ張って和気藹々と撮影が進んだみたいなことを言ってましたが、じっさいに出来上がったものを見ると、やはりすごいんですよ。

 なにがすごいって、ドラマの中にぴんと張りつめている、緊張感。 関東地方は冬で空気が乾燥してるけど、触ったら静電気でビリッと来そうな張りつめた空気。
 やってることは半分コメディが入ってる。 丁々発止も見ていて面白い。
 でも、そこにお互いを押したり引いたりしている、格段に高度な演技の駆け引きが行なわれている感覚。
 それが、設定が 「ありそうでなさそうで」 という奇妙なバランスだからこそ、成立している。 言ってみれば、「シーソーの上で綱引きをしている」、という感じ(笑)。

 この奇妙なバランスを思い切り後押ししているのは、のっけから始まる326作の絵本 「段ボールマン」 であったり、NHKにもかかわらずハチャメチャに多い下ネタだったりするわけですが、ワタシ的には 「なんかこの人見んの、ひっさしぶり~」 という羽場裕一サンや、斉藤晴彦サンだったりします。 昔はよくドラマで見てたんですが。 こういうキャスティング、狙ってんのかそれともただ単に私だけが久しぶりなのか、分かんないんですが、なんか奇妙な気持ちに拍車をかけるんですよ。 ますますドラマのリアル、というものを考える隙間が、このキャスティングで埋まっちゃう気がする。 326(ミツル)サンもワタシ的にはご無沙汰してたなー。

 こういうアンリアルを思い切り引っ張ってエンタテイメントにまで押し上げているのは、室井サンと大竹サンであることは自明です。 いわばアンリアルの楽しさが、思い切り凝縮されている。

 それにしてもSMプレイで、しのぶサンにグンパンいっちょで縛られてた羽場裕一サンが実は学校の校長で、「恥ずかしいことはやめましょう」 とか生徒に訓示してたのは腹抱えました(笑)。

 全6回なのですが、もっと見たい気がするぞ。

« 「○○妻」「残念な夫。」 第1回 一見同じ土俵の同時間帯ドラマ、でも実は… | トップページ | 桑っちょの不敬事件について »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様

早いレビューup,感謝感激です。ヽ(´▽`)/

「アイアングランマ」みましたよ〜。
第1回目は見られなかったので(わが家は、BSが録画できません(ρ_;))、今回初見です。最初は、なんだか良くわかんなかったのですが、やはり力のある女優さん2人の丁々発止のやりとりに引き込まれていきました。

ちょいちょいコメディっぽいし、アクションもあり、楽しめるドラマになってましたね。

>設定が 「ありそうでなさそうで」 という奇妙なバランスだからこそ、成立している。
なるほど〜と妙に納得。ありそうでなさそうで。。。確かに。

大好きな大竹さんに室井さんがどこまで張り合えるのかと思っていましたが、なかなかの見物になってます。
来週も見られそうにないので隔週視聴になりそうですが、見られる時は是非見ようと思ってます。

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

あのあと 「アイアングランマ」 と 「ウロボロス」 を見まして。 で、「ウロボロス」 のほうは 「いい役者が大量に出てるのに、『MOZU』 と比べて見劣りするのはなぜなのか?」 という感想でした。 やはり設定がマンガだけあって、マンガなせいだろう、と。 幼い頃にヒロスエを殺された恨みだけでここまでやっちゃうのって、もっともっと説明しないと説得力がない。 ドラマ中で両親が殺されちゃう女の子が 「犯人を殺してやる」 なんて考えるのも非現実的。 まあ、この女の子がテレ朝の事件モノドラマばっかり見てたんなら説明はつくけど(爆)。

と、「ウロボロス」 のレビューをここでしてしまいました(笑)。

というわけで、「問題のあるレストラン」 はまだ見てません。 坂元脚本は見るのに気合が要るんですよ(笑)。

BS、毎週見られるといいですね!

リウ様

「ウロボロス」 を「MOZU」と比較するのはちょっと可哀想じゃないでしょうか。
おそらく「MOZU」は役者以外のスタッフレベルもはんぱないのでは。。。
そして、制作側の、視聴率云々よりも作りたい作品を作るという気概が伝わってきますしね。

でも、「ウロボロス」もそれなりに良くできてました。小栗くんの熱意を感じます。

私もリウ様と全く同じで、養護施設の寮母的存在のヒロスエさんが殺されたことで、兄弟2人にここまでの覚悟が生じるのか??
と疑問に感じました。

ただ、殺しや集団?に寮母のヒロスエさんが殺されるということは何らかの原因があるはずなので。。。(原作のマンガ知らないのでなんともいえませんが)

兄弟役の小栗くんと生田くんは、プライベートでも、とても仲が良いそうで息のあった演技だと思います。
次回も見たい番組の一つです。

今夜は「流星ワゴン」ですね。
香川さんと西島さんコンビ。
かなりいろんな作品で共演されていますが、重松作品でどんな風になるのか期待してます。

rabi様
再コメント下さり、ありがとうございます。

スミマセン、「ぶっ殺す」 とかいうドラマってあまり見ないもんですから、カテゴリが一緒な 「MOZU」 とつい比べてしまいましたcoldsweats01。 しかしrabi様の 「金時計に殺されるだけの理由がヒロスエにも…」 のコメントを読んで、「なるほど!」、です。

ただまあ、吉田鋼太郎サンとか嶋田久作サンとか出ちゃうと、どうしても期待しちゃうんですよね。 もったいないなあ、と思っちゃう。

と、言ってたら 「問題のあるレストラン」 も 「ぶっ殺す」 という話だった(まあ一部…笑)。

これをレビューするかどうか迷っているんですが、食中毒の大失敗を 「裸になれ」、なんて、するかなフツー、と思いました。 しかも 「ぐるっと一周」 とか。 杉本哲太サンの好感度、地に堕ちた(吹越サンも…笑)。

あまりに非現実的なセクハラパワハラなので、どうもレビューする気が起きません。 こんなひどいセクハラって、ホントにあるんでしょうか?

と、ここでまたレビューになってしまったような…(笑)。

「流星ワゴン」 も、ここでレビューしちゃうのかな(笑)。 そうならない出来であることを、願います。

リウ様

最終回は見られました。
もう終わりなんて残念です。見てるとなんとなく爽快感を味わえます(ストレスたまってるのかな?)
リウ様はどうでしたか?

スクールカウンセラーの先生が怪しげな雰囲気だったので、まだ続くのかと思ってたら最終回でした!

最後の場面のケーキの投げ合いが秀逸。タイミングが良かったですけど、実際の撮影はどうだったんでしょう。。

続編を期待しています。
BSじゃなくて、総合で放送してもらいたいものです。

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

あっ、もう終わっちゃったんだ(笑)。 まだ第2回までしか見てない…(笑)。

でも、なんとなく危なっかしくて、相性もサイアク、それなのに自信満々のこのコンビ、それがいいんですよねー。 その能力が熟成するのを待っていた、という柄本明サンもなかなかのもので。

俳優さんがどのような基準でもってドラマを選ぶのか、私にはちょっと分からないところがあります。 大竹しのぶサンにしても、「江」 みたいな超駄作に出て、なにを考えてんだと思いきや、その駄作の中ですごく輝く演技を見せつけたり。

つまり自分が演技を伸び伸びとやれる環境であれば、ホンの良し悪しなどは関係ない、といったところなのでしょうか。 逆に、自分が存在感を出せないホンなら、どんな傑作でも食指が動かないとか。

大竹サン、ラジオで話していたんですが、アクションシーンでは結構トレーニングを受けたそうです。 まあ画面では一部分とかそれなりの効果でよく見せていたことはあるけれども、それでも殺陣についてはある程度の練習をしないと、ということだったらしいです。

あ~もう、見てないドラマがたまる一方だァ(一日24時間じゃ足らない…笑)。

リウ様

まだ2回までしかご覧になってなかったのですね。
内容、少し書いちゃっててごめんなさいcoldsweats01

大竹さんは、演技に入るとき、感情移入するというより、「用意ドン」という感じだそうでスポーツする感覚らしいですね。
きっとアクションシーンも、わくわくしながら?トレーニングされたんじゃないでしょうか。。。

大竹さんは、先々週?だったか「黒い看護婦」という実際にあった看護士仲間4人で実行した連続殺人事件の主犯を演じていらっしゃいました。こちらは結構、怖い役でしたが、こういう役もなかなかのものでした。

3回目以降も是非、ご覧になって下さいね。

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

いやいや、別にかまいませんよ、推理ドラマで犯人が誰だとかいう話でない限り(笑)。 それよりこのナマケモノのブログにコメントを下さることのほうが、どれだけありがたいことか。

まあ、ナマケているわけではなく、忙しいのと書かねばどうにもおさまらぬ記事(ISによる後藤さん殺害について、理由は 「花燃ゆ」 コメントにて)がなかなか納得できる形にならないのと、がございます。 1月前半の勢いはどこに行ってしまったのでしょう。

「黒い看護婦」 については、今日発売の週刊誌で 「完成作品に対してかなり編集の手が入ったために監督がクレジット入りを拒絶」、というごたごたがあったとの記事が。 それでもそんなに見応えがあった、というのは大竹サン、やはりタダ者ではございませんね。

リウ様

お忙しい中、返信ありがとうございました。

私もこの記事見てびっくりしました。
クレジットまで見なかったのですが、10分以上カットされたらしいですね。

監督さんは、主人公をキワモノにしないように気をつけて作品を作ったのに、局の都合でカットされたとか。。。

十分、見応えはありましたが、リアル過ぎてかなり怖いドラマになってはいました。
(映画「黒い家」ほどではなかったですけど)

どこがカットされたのか知りたいものですね。

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

記事ではカットされたのは、子供時代とかなんとか?(もう忘れとる…笑) 主人公がどうしてそのような人間になってしまったのかを描いていたらしいですね。

まあ、テレビドラマなんかでは、あまり演出とか監督とか、注意して見ませんものね。 そんなクレジットなんかどーでもいい、というのが、局側の本音かも。

それにしても今日は 「風立ちぬ」 ですよ。 去年映画館まで観に行って、あまりの内容に帰って来てすぐボロクソの記事を書いたんですが(笑)、あまりに過激すぎてアップ出来なかったいきさつがございまして(笑)。

なにしろ登場人物たちが何しゃべってんのか全然分かんなかった。 特に重要なシーンで聴き耳を立てても全部聴きとれず、すごくイライラしました。 これだからシロートを使うのダメなんだよ、みたいなこと書いたなァ。

それと主題歌の選び方が間違ってる、とも。 「ひこうき雲」 って、私もう自分なりのイメージが凝り固まっちゃってる曲なんですよ。 今更このアニメの主人公の奥さんの歌にされても、という気持ちが強かった。

とと、あんまり書いちゃうとレビューになっちゃいますね(笑)。 今日は字幕入りで録画しますので、初めてきちんとしたレビューが書ける、と考えております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/60988428

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイアングランマ」 第1回 二大女優の空気の張りつめ合い:

« 「○○妻」「残念な夫。」 第1回 一見同じ土俵の同時間帯ドラマ、でも実は… | トップページ | 桑っちょの不敬事件について »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ