« 「花燃ゆ」 第1回 文字に命が生まれ、無名の人に命が宿るとき | トップページ | 「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」 紅白の舞台裏、そのほか »

2015年1月11日 (日)

「銭の戦争」 第1回 返せる奴だけが金を借りる資格がある

 えー、なんと申しましょうか。 超零細企業をやってる筆者には、かなり 「見たくない」 種類のドラマでした(笑)。 身につまされる、と申しましょうか(笑)。

 証券会社のエリート社員だった草彅剛クンが、親の会社の経営破綻でいきなり借金まみれになってしまう、という話で。
 この、小さな工場を営んでいる父親(志賀廣太郎サン)の会社。 大きな銀行からはもとより、サラ金から闇金にまで金を借りまくっている。 零細経営者の立場で申し上げますと、「どうしてそこまでになってしまったのか」 という原因がまず知りたいんですよね(笑)。 草彅クンが孤軍奮闘するのがドラマのメインなんですが、まずそっちに興味がある(笑)。

 いちおうドラマの中で説明はされていました。 「新製品の開発」 のための借金だったと。
 でもそれだけなのかな。
 まあ、違法な取り立てを行なう貸金業者の、「次々とアラを見つけては金を取り立てる」 ということがドラマの中核をなすのであれば、あまりその借金の原因について詮索するのは無駄なことなのですが。
 ただ、なにしろアッチャコッチャから借りまくり過ぎている。 まず会社がお金を借りる場合、最初はなんといっても銀行からの借金になるのですが、それを返せない上に運転資金を転がしながら自転車操業を続けていくうちに、雪ダルマ式に借金が膨らんでいった、というのなら納得できる。 しかしここまで無節操に借金しまくれるもんなのかな?という気がするんですよ。
 まず闇金なんかに関わった時点で銀行からは厳しいチェックが入るような気がする。 そうなると、会社にとっては、最もイメージダウンを食らうわけです。 つまり信用ゼロ。 銀行が黙っているはずがない気がするんですけど(知りませんよ、そこまでなったことがないから…笑)。

 そこまでの借金、となると、なんかほかにも原因がありそうな気がする。 例えば第1回ではいい人キャラだったけど、専務が遣い込んでいたとかね。 何かに騙されていたとかね。

 だいたいですね。 借金なんかする人は、返せる当てのある人しかしちゃイカンのですよ。 それをここまで無節操な借金というのはどうもね…。 父親の回想を見ていても、そこまでいい加減な人とは思えないんだが…。

 ただこのドラマの一種の救いは、草彅クン演じる 「元」 になってしまいましたが証券マンが、ドラマのなかでも出てきたけど、たった2日でかなり無茶なノルマを達成できてしまうほどの能力を有していること。 それに彼、アホみたいに記憶力いいし(笑)。 彼自身が巨大な資産価値ある人物だ、ということが、救いなんですよ。
 まあ、でなきゃドラマがドラマらしく動いていかないんですけど(笑)。 自己破産して終わり、ですもんね(そんなに簡単でもないのか?)。

 それにしても、原作が韓国のコミックだけあって、設定がいろいろと韓国チックであるのは、見ていて懐かしいです。
 なにしろ数年前までは、韓国ドラマ見まくってたからなァ。 あまりに見すぎて飽きちゃって、ここ数年全く見なくなったけど、なにしろ韓国ドラマというのは、日本のドラマより、かなりドラマチックで振り幅が大きいんですよ。 しかも国民性を反映してか、登場人物がよりファナティックである。 悪人はより悪人らしく、そうでない人はそれなりに…(ん?…笑)。 主人公がイケメン俳優だと、本命の女性と飛び入りの女性の二人が出てくるし(笑)。
 それらの設定をみな踏襲しているのが、懐かしいんですね、私にとっては。

 ただ、渡辺篤郎サン演じる闇金業者も、なんか韓国ドラマの悪人レベルからいうと、なんとなく悪に徹してない感じ。
 でもそこが渡辺サンの狙いどころなんだろうけど。 ゆるキャラっぽいクセして、ホワイト工業だったっけか、その借金に絡んでそうな重要書類を保管していたみたいだし。
 母親(木野花サン)の手術代を強奪していった連中が、正統な韓国ドラマの悪役ですよね(笑)。

 草彅クンのもうひとつの強み、というのが、落ちぶれるまで付き合っていた彼女(木村文乃サン)の祖母(ジュディ・オングサン)がなんとかファイナンスの社長だか会長だか、娘の手切れ金に1000万円ポンと出すくらいの資産家である、ということ。 草彅クンの男気からいって、この人の世話に一方的になる、ということは考えにくいけれども、ギヴアンドテイクのビジネスパートナーとしては成立しそうな気がする。 木村文乃サンとその祖母は、ドラマとしてかなり 「使い道がある」 気がしてます。

 それにしても草彅クンは、どうして父親の仕事を継がなかったのでしょう。 そこに至るまでのさまざまな引きずられた影であるとか、純朴な少年の心をどこか捨てている男を、彼は今回も、見事に演じていた気がします。

 ただ、借金の話とか、母親が倒れちゃうとか、父親が自殺しちゃうとか、新年早々(でもないか)かなり暗い話で、それでなくとも冒頭に書いた通りなので、見続ける勇気があるかどうかは未知数です。

 でもねー。 ちょろっと出てきた小林薫サンとか中居クンとか(えっ?いたのか?…笑)、予告で出てきた津川雅彦サンとか、気になるんだよなー。
 草彅クンの恋の行方はどーでもいいが…(大島優子チャンか…)。

|

« 「花燃ゆ」 第1回 文字に命が生まれ、無名の人に命が宿るとき | トップページ | 「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」 紅白の舞台裏、そのほか »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/60956690

この記事へのトラックバック一覧です: 「銭の戦争」 第1回 返せる奴だけが金を借りる資格がある:

« 「花燃ゆ」 第1回 文字に命が生まれ、無名の人に命が宿るとき | トップページ | 「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」 紅白の舞台裏、そのほか »