« 「まれ」 第1週 特に可もなく不可もなく | トップページ | 「ベルサイユのばら」 新作発表、アニメ再放送で盛り上がってる… »

2015年4月 5日 (日)

2015年春ドラマ、どれ見るの(またレビューは第1回目だけか?…笑)

 冬ドラマの総括もようやってへんのに、もう春ドラマの見立てでございます(笑)。

 まず目を引くのは、TBS日曜劇場の 「天皇の料理番」 でしょうか。 つーても私なんかの年代では、1980年に堺正章サン主演で放送されたドラマ化第1作目の印象が相当強烈で(同じTBSでしたが当時は日曜劇場が1話完結方式だったので大河ドラマの時間帯、日曜8時に堂々とぶつけていた)、「これに敵うもんはそうそう作れねェだろう」 という気がするのですが、それにあえて挑戦する気概やよし。
 まあ35年も前のドラマだから脳内補完が進んですごかったと思ってるだけで、今に比べりゃ見劣りするかもしれませんけどね。 今回は 「JIN-仁-」 の森下佳子サン脚本をはじめとしてスタッフも再集結してるらしいから、それなりのものを見せていただける気がします。
 1980年版で印象的だったのは、料理長の財津一郎サン。 この人、当時の私からいうと 「キビシーーっ!」 の人だったから、こういう性格が 「キビシーーっ!」 役を演じているのが結構ショックで(笑)。 あとは明石家さんまサンをきちんと見たのが、これが最初だったこと。 もうすでに当時、大阪じゃ活躍してたみたいだけど、私の記憶では明星かなんかに載ってた 「小林繁投手の形態模写」 というのを読んだのが最初で、「天皇の料理番」 ではなんか、とても情けない男の役をしていたのが、とても印象に残っていたものです。

 と、昔話をしだすと止まらないのが老害ですね。 もしレビューするとしたら、の話ですが、その時までとっときましょう。 4月26日スタート。

 次は、結構面白いコンテンツが続いている日テレ水10ドラマ枠。 主演の堺雅人サンが 「半沢直樹」 を蹴って(?…笑)大河ドラマ入り直前のドラマに選んだ 「Dr.倫太郎」。 「花子とアン」 の中園ミホサン脚本…つーか、この人の医療モノと言うと、私は見てませんが 「ドクターX」 つーことになりますか。 どうも私、最近堺雅人サンに関しては、「作品に厳しくなるあまり、なんか気難しくなってません?」 という印象があるので、作品でその印象をひっくり返していただきたい心境です。 「新選組!」 で山南やってた頃が懐かしい。 4月15日スタート。

 NHKでは土曜ドラマの 「64(ロクヨン)」。 まあ私のあまり得意でない 「事件モノ」 ですけどね。 ピエール瀧サンが主演って、…冒険するなァNHK(笑)。 「このミステリーがすごい!」 で1等賞になったのが原作、というなら面白そうだ、という単純な理由による(笑)。 4月18日スタート。

 同じ傾向で 「刑事モノ」 で面白そうなのは、日テレ土曜の 「ドS刑事」。 題名がまず笑える(ハハ)。 そのドS刑事が多部未華子チャンというのがい~な~(笑)。 タベチャンにどつかれたい(Mかオマエ)。 4月11日スタート。

 なんとなく気になるのは、ホントに滅多に見ないテレ朝ドラマですが、「アイムホーム」(木曜21時)。  木村拓哉サン主演、というのだけで物議がわき起こりそうなんですけど(笑)、内容が面白そう。
 原作は石坂啓サンのマンガ。 事故で記憶が曖昧になったサラリーマン(木村クン)が、資産家の妻(上戸彩サン)と子供の顔が仮面に見えるようになり、愛情があるかどうかも分からないのに、前の妻子のことはよく覚えている、とか。 なんかミステリーだな~。 4月16日スタート。

 私は見てなかったけど、「最後から二番目の恋」 コンビの岡田惠和サン脚本、宮本理江子サン演出によるフジテレビ水曜22時ドラマ、「心がポキッとね」。 なんとなく気になるから見てみます。 阿部サダヲサン主演。 4月8日スタート。

 マンガの影響でかなり人気のある戦国武将なのに、NHKの大河ドラマではまことに軽い扱いしかされない前田慶次。 今回もNHK木曜時代劇枠で、しかも老境に差し掛かった時期をやる、というちょっと 「外した」 扱いで 「かぶき者 慶次」 を放送します。 藤竜也サン主演。 4月9日スタート。

 あとはまた、テキトーに全部第1回目だけは録画します。 アニメでは 「攻殻機動隊」 のアーリーバージョンで、すでに映画化されたものをテレビアニメとして再編集、というのをやるんだけど、東京MXテレビとか放送される局が限定されているので、詳しくは公式サイトをどうぞ→ http://kokaku-a.jp/tv/

 さて、どんだけレビューしたいと思わせてくれるドラマに出会えるんでしょうか(まあ、しても第1回目だけだけど、最近…)。

|

« 「まれ」 第1週 特に可もなく不可もなく | トップページ | 「ベルサイユのばら」 新作発表、アニメ再放送で盛り上がってる… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりのコメントです。
堺正章さんの天皇の料理番、ボクも見てました。ボクにはさんまさんと共に鹿賀丈史さんが強烈だった覚えがあるのですが、記憶は薄れてますね〜(ジャガイモを小さく丸くくり抜いたフライドポテトみたいなものがメッチャ美味しそうだった記憶も 笑) 最後から二番目の恋は2まで見ましたが、中井貴一さんとキョンキョンの軽快な会話が面白く、毎週楽しみでした。ラブコメは良質じゃないとオジサンには無理かな。山田太一さんの連ドラ見たいな〜。

投稿: アールグレイ | 2015年4月 5日 (日) 11時23分

アールグレイ様
本当に、お久しぶりです。 当ブログ第1号のコメントを下さった方ですもんね。

ドラマで料理をやってそれがおいしく見えて、…というのは、私の人生においては(オーゲサ)このドラマが最初だった気がします。 「ケーキ屋ケンちゃん」 とかは見てたけど、ケーキがおいしそう、と思ったことなかったし(笑)。

ありましたよね、丸くくり抜いたポテトを揚げたヤツ!(笑) 私はあれ、くりぬいた後のジャガイモはどーすんのだろう、もったいない…と思ってました(マッシュポテトとか、考えてみりゃ使い道はありますよね…笑)。

山田太一サンの脚本で使われる話し言葉って、現代の役者さん達にはしゃべりこなせないんじゃないか、と山田サン最後の連ドラ 「ありふれた奇跡」 を見てて感じてました。 なんかどうしてもわざとらしくなってしまう。 きちんと脚本を咀嚼しないと、「なにかをしゃべろうとして結局言いよどんだ」 とか、表現できないんですよ、その 「しゃべろうとしたなにか」 まで理解できないと。 「おやじの背中」 での短編を見た限りでは、あまりそんなふうなことを考えないままに見終わってしまいましたが、もしかすると山田サンの脚本が、現代の役者さん用に分かりやすくなっちゃってるのかな、なんて感じました。 それは山田サンの時代が終わったことなのかもしれないし、山田サンがテレビドラマ(に関わる全て)に失望した過程なのかもしれない。

アールグレイサンのひと言で、ここまで膨大に書いてしまいました(笑)。

投稿: リウ | 2015年4月 6日 (月) 07時41分

リウ様
こんにちは。

「かぶき者 慶次」初回観ました。
藤竜也さん、相変わらず渋くて、老境に入った慶次の枯れた感はよく出されていたと思いますが、私としてはちょっと微妙。
やはり、申し訳ないですが、マンガの、もっと言えばその漫画の原作になっている隆慶一郎氏の小説に描かれた「前田慶次」のイメージが固定されているので。

でも、仕方ないですよ。今、日本人が抱く坂本龍馬のイメージの大半が、おそらく司馬遼太郎氏の「竜馬が行く」で出来上がっているのと同じく、前田慶次が世に知られたのはこの2作品があってからなのですから。
おまけに、今回は庄内藩・米沢が舞台であるにもかかわらず、直江兼続が出てこない!NHKは、よっぽどこの二人を会わせたくないんだな、と思っていたら、原作・火坂雅志さん、脚本・小松江里子さんの「天地人」コンビ。
なら仕方ないか、と、変に納得してしまいました(笑)

あと、今期のドラマで言えば、「アルジャーノンに花束を」で山Pが予想以上に(失礼!)知的障害者の演技を頑張っているのと、窪田正孝君の相変わらずの安定感に継続して観ようかな、と。
それと、NHKドラマ10の「美女と男子」、あまり期待はしてなかったのですが、これが結構拾い物でした。仲間由紀恵さんって、やはり、こうした「空回り美人」的なキャラクターを演じると、コメディエンヌとしての才能が引き出されますよね。
民放じゃ中々数字が獲れない「仲間由紀恵」という物件の活用方法のお手本を見た思いです。

ただ、基本、シンプルで、ある程度先も読めるお話であるにも関わらず、全20回もあるのがちょっと不安です。この設定なら、10回、いや5回で十分じゃないか、と。

大丈夫かなあ。

ちなみに、脚本は「江」の田淵久美子さんなのですけど(^^;;

投稿: Zai-Chen | 2015年4月16日 (木) 13時30分

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

「かぶき者 慶次」 は私も第1回目の途中でスヤスヤ…(笑)。 もう一度見ようかどうかは迷ってます(笑)。

私の場合、マンガとかは読んでないので、前田慶次に対する思い入れってないんですけど、マンガのイメージのままだと、慶次役は阿部寛サンとかでしょうね(笑)。

「アルジャーノン」 はなんとなく 「未成年」 路線っぽくて、あと設定に無理があり過ぎる気がして、最初からパスしました。 と言うより、ん~、あんまり山Pそのものに興味がない、つーか(笑)。

「ドS刑事」 は最初から 「下らねえな~」 と思いながら見れば特に目くじら立てる内容でもないか、と(笑)。 パワハラとかになっちゃうから、「言葉の暴力」 にとどめているのかな、と思ったのですが、それじゃ面白くない。 案の定、タベチャンの言葉の暴力には内容的に無理があり、そしてその言葉の暴力に悶絶しているほうも 「過剰反応気味」 で、なんと言ってもそこが物足りないです。 もっとクレームビシバシくるくらいのサディズムを披露しないと、「ドS」 なんておこがましくて言えない気がします(目くじら立てとるやん…笑)。 過激だと放送できないなら、最初からやらなきゃいい(オレのほうがドSかも…笑)。

「心がポキッとね」 はなんか、つまんなかったです(笑)。 これも登場人物たちが予定調和的に過剰反応気味で。 別にこの人たちがどうなろうが、興味がない、というか。

どうも冬ドラマに比べて、パンチが少ない気がしますね。

投稿: リウ | 2015年4月17日 (金) 07時23分

リウ様

ご無沙汰でした。
春クールの番組check。「天皇の料理番」以前の番組を覚えているようないないような。。。私はエピソード記憶が極端に悪いので、ほぼ記憶にないのかも。
佐藤健くん、好きなので一押しかも。

「心がポキっとね。。」は1回目見ましたが、そこそこという感じかなぁ。」今週は木村拓哉の「アイムホーム」の方を見ました。
視聴率は良かったらしいですけど、仮面をかぶった上戸彩ちゃんが、なんだかなぁといった感じ。仮面を被ってる時と被ってない時の区別はどうやってるんでしょう?
まあ、今後の展開次第かな。

NHKの仲間さんの「美女と男子」結構面白かったです。Zai-Chen様のご指摘のように近年珍しい20回という回数は長いような気がしますけどね。そして田渕女史の脚本だったとはビックリ。

「64」は今夜ですね。
リウ様のおっしゃるように、確かに冬クールの方が良かったような気がします。まあ、まだ1回目だから、今後に期待ですね。

リウ様も頑張って〜

投稿: rabi | 2015年4月18日 (土) 16時16分

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

「このクール、なに見ようかな?」 というのは、毎クールのたびにrabi様からご質問が来るので、いつの間にか恒例化しちゃった、いわばrabi様のための記事でございます(笑)。 ですので首を長くしてコメントをお待ち申しておりました(笑)。

まあ、ここ数年忙しくて、また歳のせいか疲れすぎて、すっかり記事の過疎化も進んでしまったのですが、とりあえずドラマブログとしての体裁はこれでかろうじて保っている、というか(笑)。

「美女と男子」 は昨日、途中まで見て寝ちゃいましたが(笑)、田渕女史はこういう下世話な芸能界に関する話は得意そうだ、と思いながら見てました(笑)。 あらためて第1回は最後まできちんと見てみます。
ついでに書けば、仲間由紀恵サンのほうがタベチャンよりよほどドSに思えた(笑)。

「かぶき者 慶次」 は逆に、最初見たときに途中まで寝ちゃったのを改めて最後まで見たんですけど、結構中身が渋くて好きかな、と。 なんか慶次が匿っている石田三成の息子、という男の子の演技が青くて、それで最初は寝ちゃったんですが。 さっそく第2回の再放送の予約録画をば…(笑)。

「Dr.倫太郎」 も見たのですが、どうしようかな、レビューで書こうかな~。 どうもこれで1本書くより、まとめて春クールのドラマの総括しちゃった方がよさそうな…(笑)。 ハリセンボンの春菜サンが、「花アン」 のときより演技が上達したような(笑)。

「アイムホーム」 は予約取るのをすっかり忘れてた!(爆)。 第1回の再放送しないかな~(笑)。

「64」 はまだ見てないんですが、同じNHKでは 「まれ」 が第3週になって結構面白くなってきた、というのはここで書いておきますhappy01

投稿: リウ | 2015年4月19日 (日) 10時02分

リウ様

お返事ありがとうございます。

私のためのレビューupだなんてcoldsweats01
みなさま、たくさんご覧になってますよ〜。
ブログを書くモチベーションを保つというのは並大抵じゃないと思いますから、リウ様がブログを継続してらっしゃることに対して頭が下がります。

リウ様、お仕事お忙しいようで何よりです。。。でも、体だけはお気をつけてくださいね。
齢50を境に、体力低下を切実に感じ始め、おそらく60になると、老後をまじまじと見据えなくてはならなくなりますね〜。

そうそう、こないだ だいたい20歳というのは「アラハタ」というのを知りました。
最初に略語としてでたのは「アラサー」だったでしょうか。「アラフォー」「アラフィフ」「アラカン」。「アラハタ」にはビックリしましたね。

さてさて「Dr.倫太郎」たしかにハリセンボンの春奈さん、うまかったですね。
女優に転身してもやっていけそうな感じです。1話限りのゲストだったのでしょうか?もっと見てみたい気がしましたね。

春クールのまとめ2〜3回?見てまとめ第1弾。
そして、pickupしたものについて、最終回終わってまとめ第2弾といったところでしょうか?

年間ベストとか、クールごとのまとめとか
定期的なレビューupすることで、ブログを保つことができれば良いですね〜。
(とは言いつつ、upするためには視聴が必要だし、リウ様のレビューは推敲にかなり時間が割かれちゃいますもんね。読んでるだけで本当に申し訳ないことですcoldsweats02

でも、リウ様のブログ好きなので
首をなが〜くして待ってますね。

投稿: rabi | 2015年4月20日 (月) 14時26分

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。 返信が遅れ、申し訳ありません。

まったく、数年前までのブログに懸けたあの情熱はいったいどこへ?という感じなのですが(笑)、トシとか多忙とかの言い訳に加えて、大きな動機を見失いつつある、というのが本当のところでしょうか。 「ドラマの感想を自分ならこう書く」 といういわゆるひとつの啓蒙みたいな役割も、もう果たしたような気もするからいいのかな、とか。

しかしこの、情熱の失われ方、というのが年齢によるものだとしたら、少々問題ありのような気もいたします…いたしますし、それはそれで人生って、そういうものなのかも、という気もいたします(なんだなんだ、重い話になってきたぞ…笑)。

ちょっとここで、認知症とか、失われていく記憶とかの話になりそうだったんですが、重たいのでやめまして(爆)。

ただまあ、体力だけは維持していたいものだ、と思いますよね。 健全な精神は、健康な肉体に宿りますから。

ちょっと感じているのは、ここ数年ドラマを見ていて、以前のように心を鷲掴みにされるようなことがなくなったかな~、と。 これって自分が諦観の境地に至りつつあるからなのか、それとも脚本家たちの言葉が軽く観念的になっているからなのか。 机の上だけで考え出したようなセリフには、心が動かないんですよ。 いくらロジックとして立派でも成立してても。 「泣くな、はらちゃん」 が最後だったかな~、鷲掴みにされたのは。

まあ、ドラマを見る目が肥えただけ、なのかもしれません(笑)。

投稿: リウ | 2015年4月22日 (水) 11時36分

リウ様

毎日、お疲れのこととお察しします。
そろっとGWですが、お仕事はどうなのでしょう?お休みとれるのでしょうか?

「天皇の料理番」始まりましたね。
佐藤くん良かったです。「るろ剣」での経験が生きてる気がしました。走りっぷりが半端なかったです。
鈴木亮平さんの20キロダイエットが話題になってましたが、見た目だけでなく、亮平さんの演技も良かったです。
それ以外の役者さんたちも、いい感じでバランスよかったです。
 
 さて、リウ様の嫌いな「事件もの」ですが「64」もいい出来だと思います。大友さんの音楽も臨場感を高めてますし。。。

 今クールで見続けようと思ってるのは「アイムホーム」「美女と男子」「64」「天皇の料理番」。「Dr 倫太郎」はどうするかなぁ?って感じです。

 大河「花燃ゆ」は、ついに松蔭先生が処刑されてしまいました。ほとんど主役だったんですが。。。(「八重の桜」の兄役の西島さんと同じパターンだったような気がします)
これから、真央ちゃんどうなっていくんでしょうね。

 大河もここ数年、男性と女性が交互に主役を務めるパターンになっているのですけれど、女性に関しては史実が詳細に残されているものは少ないので、制作される関係者は大変だろうなぁと思います。
 いっそのこと、清少納言とか紫式部くらいまで遡ってみればいいのにと思いますが、予算縮小の折、そういう時代ものは敬遠されがちなのでしょうね。
 大河ドラマを男女交互にというのは無理があると思いますが、どうしてこうなったんでしょうか?(それとも偶々なのかな?)

 話がだんだんそれちゃってますね。(^-^;
GWおやすみとれるようでしたら、休息にあてて英気を養ってくださいね。休養は大事ですよ〜。

ではでは

投稿: rabi | 2015年4月28日 (火) 07時20分

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

50にもなっていまだに精神年齢が低いせいで、しんどいだのなんだのと自分のつらいのをことさら誇示しちゃって、我ながら少々みっともなく思っております。 休日は暦通りなのですが、休みを取るために休みの分をあらかじめ働いておかねばならない、という理不尽な多忙に、現在襲われている状況です(笑)。

それで 「天皇の料理番」 もまだ50分程度しか見ておりません(2時間は長すぎる…笑)。 レビューするかどうかは全部見てからですが、篤蔵がカツレツを食べて感動する場面では、なんかマチャアキバージョンを見ていた遠い昔を思い出して、小生涙が止まらなくなりまして(笑)。 でもこれはドラマにではなくて、自らの昔に対して泣けてくるのかな~とか(笑)。 疲れてんのかな~とか(笑)。

それと合わせて佐藤健クンが堺サンの番組にゲスト出演した 「チューボーですよ!」 も、前にリニューアルしてから1回見たきりだったのに久々に見ました(このリニューアルにはすごく私、文句があるんですけど記事にしようかしらん…もう遅いか…笑)。 堺サンは新しい 「天皇の料理番」 にゲスト出演のオファーをずっと待っているらしい(笑)。 冗談めかしてたけど半分以上本気であろう(笑)。

「花燃ゆ」 はですねー(笑)。

なんか、オープニングテーマの歌詞が気に入らない、とゆーか(笑)。

それっておそらく松陰先生の言葉なんだと思うのですが、最後にとってつけたみたいに 「燃ゆ」 と付け足したのが気に食わない(笑)。 「いくらタイトルが花燃ゆだからって、脈絡もなく 『燃ゆ』 はねえだろう」 と言いますか。 どうもエセ詩人のはしくれとして、こういう用法には嫌悪感をもよおすのです(笑)。

と、それは言い訳でして、このドラマの視聴が頑として(笑)進まないのは、「作ってるところが見えちゃう」 という部分でしょうか。 「天皇の料理番」 などを見ていると、やはり小説が原作にある、って強みだよな、と感じます。 「篤姫」 だって、宮尾登美子サンの原作があったればこそ、田渕女史の力量でも感動大作に出来た、と感じるんですよ。 つまり、脚本家の人たちは、もっともっとちゃんとした小説をいっぱい読んで勉強すべきなのではないか、と。 「花燃ゆ」 の弱みというのは、ストーリーテラーとしての脚本家の力量的な限界が透けて見えてしまうところにあるような気がいたします。

男性主役と女性主役を交互にって、そういう発想をNHKがしてるとしたら、それ自体が陳腐なんですよねー。

戦国と幕末を交互に、という発想も同様です。

「トットチャンネル」 みたいなのやったら面白いんじゃないのかな~(いい加減なこと言っとる…笑)。 黒柳サンがNHKに勤め出したころの話とか(笑)。 NHKだから縛りないだろーし(笑)。

投稿: リウ | 2015年4月28日 (火) 08時35分

「天皇の料理番」は本日からパリで第二部でしょうか。
堺さんバージョンは数年前にBSで観まして、
もう民放でこんな近代ドラマは出来ないだろーな等と
思っていましたが、やるものですね。

「ごち」の脚本家が「カーネーション」や「マッサン」
のエッセンスも取り込み「カーネ」「純と愛」
「あまちゃん」「花アン」出演者と本当に民放?ただ主役が
日本に帰国する頃にどれだけ再登場してくれるか…。
堺さんの時には昭和初期までやってましたよね。

ちなみに料理番組方面には堺さんと鹿賀さんが
進出した辺りは、この作品の影響があったかも。

投稿: 巨炎 | 2015年6月 7日 (日) 18時22分

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

「天皇の料理番」、実はまだ第2回までしか見ておりません。
その理由は、「なんだか見ていて、息苦しくなる」。
その原因は何なのか考えてみたのですが、主役の佐藤健クンの秋山篤蔵ぶりにあるんじゃないか、と考えています。

堺正章バージョンでもそうだったのですが、この原作者の杉山さん、でしたっけ、この人の造形する秋山篤蔵、という人物が、もともと息苦しさを催す性格をしているんですよ。

つまり、どこまでも自分の感情に正直であり、人に合わせる理屈というものを持ち合わせず、そして彼の心の中で成立している理屈というのは、かなりの合理主義ですごく正しいのだけれど、だからこそ周囲との間で常に軋轢が起こる。

堺正章サンが篤蔵を演じたとき、そのギスギス感というのは堺サンの持つ独特の 「遊び」 によって緩和されていた気がする。 それでも堺正章バージョンの 「天皇の料理番」 も息苦しさを伴う内容であり、今回の新版を見ていて、秋山篤蔵に再び会えた懐かしさと同時に、その息苦しさも思い出した次第です。

それが佐藤健クンの場合、彼は真面目に演技し過ぎちゃうんですよ。

だから息苦しさに、ガスが抜ける隙間がない。

まあ、堅苦しい理屈をこねくり回しましたが、「なんか先を見る気がしない」、ということです、単純に言って(ハハ…)。

投稿: リウ | 2015年6月 8日 (月) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/61390941

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年春ドラマ、どれ見るの(またレビューは第1回目だけか?…笑):

« 「まれ」 第1週 特に可もなく不可もなく | トップページ | 「ベルサイユのばら」 新作発表、アニメ再放送で盛り上がってる… »