« 「ベルサイユのばら」 新作発表、アニメ再放送で盛り上がってる… | トップページ | 「Dr.倫太郎」 多重人格なのは夢乃なのか脚本なのか(笑) »

2015年5月24日 (日)

「まれ」 第2-8週 トリッキーな展開にひそむもの

 NHK朝ドラ 「まれ」 は、第1週を見た限りでは堅実な作りかな、と思われたのですが、第2週以降はかなりトリッキーな展開が続いている気がします。
 まあ、振り返れば、第1週の物語開始時から主人公一家が 「能登に夜逃げしてきた」 ということからして、少々人を食ったような始まりでした。 「夜逃げ」 ってねアータ、みたいな(笑)。
 で、父親が夢追い人でその夢のために家族が不幸になってきたもんだから、娘のまれは夢が大嫌い、堅実な人生を望んでいた。
 しかし父親の血か、地方公務員になり堅実な人生の軌道に乗ったかと思われたまれはフランスでパティシエとして活躍していた祖母の姿を見て、自分も世界一のパティシエになろう、と一大決心し、能登を離れて横浜でパティシエの見習いになるのです。

 この物語を展開するうえでいちばん難しいのは、いかにしてまれを 「堅実第一」 の檻から解き放つかだった、と思うのですが、そのきっかけとなった母方の祖母ロベール幸枝(草笛光子サン)を限りなく常識外れにすることによって、作り手はまれを半ば強引に 「堅実の世界」 からはじき出した。
 ここで重要に思えるのは、堅実な人生に対して根本的に我慢が出来ない父親の 「血」 と、お菓子作りに人生を賭けた祖母の 「血」 を、まれを突き動かすモチベーション(動機)としている部分です。

 興味深いのは、まれの将来的なパートナーになるであろう(だって字幕の色が違うんだもん…笑)クラスメイトの圭太もまた、祖父弥太郎(中村敦夫サン)の 「血」 によって漆職人の世界に足を踏み入れている、ということ。 ここには圭太の父(板尾創路サン)の、「漆が体質的に合わなくて挫折した」 というもうひとつの 「思い」 が入り混じっていることには注目したい。 おそらく圭太の父親も、漆がかぶれるなんてことがなければ、弥太郎の元で漆職人として働いていたはずだろうから。 その道を断念して地方公務員になった、ということによって、息子の圭太にはある種の複雑な思いが 「血」 として注入されている。 まれの夢にも圭太の夢にも、三代にわたる 「念」 が込められている、と私は考えています。

 ところがこのドラマ、そうした用意周到な設定をあまり重要視していない。 冒頭に申し上げたように、ドラマ自体が 「堅実な作り」 から逸脱して、トリッキーな展開を欲し、かなりごちゃごちゃとした混沌状態に身を置きたがる。

 その端緒が能登でお世話になる桶作文(田中裕子サン)の 「文ちゃんクイズ」 だったんですが(笑)、内容は忘れたけど(笑)ドラマの中でいきなり田中裕子サンが 「文ちゃんクイズー!」 とかいって桶作家がいきなりアメリカ縦断ウルトラクイズの会場みたいになるんですよ(笑)。
 「15分のドラマの中で1回はなるほどな人生訓が語られる」 それまでの堅実な作りがここで一気に瓦解(笑)。 「なんだよコレ」 と画面に向かって突っ込んだんですが、こういうのってなんか以前、自分は途中挫折しましたけど、多部チャンの 「つばさ」 でよく見た気がする(笑)。
 かようなトリッキーな展開は、まれが能登を離れてたどり着いた 「横浜編」 で、さらに加速しています。

 「主人公が家族のもとを離れ、ひとりで生きていく」 とき、あらたな舞台にはなんか、突飛なシチュエーションが必須なんでしょうかね(笑)。 まれがたどり着いた横浜の中華街の裏路地にあるデッドスポットみたいな場所にたむろする、なんか胡散臭そうな人たち(笑)。 「ちゅらさん」 で主人公えりぃが東京で過ごしたアパートも変人揃いだったけれど、「まれ」 ではその度がさらに強められている印象がします。

 いちばんの変人は、まれが働こうと決心した、ケーキ屋のチーフパティシエ(小日向文世サン)。 とにかくこの人、人格的に破綻している(笑)。

 スタッフから 「シェフ」 と呼ばれているこの男、ものすごいケーキ作りの巨匠なのに、なにしろ自分の気に食わないことがあるとすーぐに店を閉めちゃう。
 その 「気に食わないこと」 には、特に一貫性はなし(笑)。 「どうすると小日向サンが我慢できなくなるのか」 なんて真面目に考えるだけ損です(笑)。 ま、とりあえずプライドが傷つけられると店を閉めたがる、つーか(でも一貫性はない…笑)。

 そのほかにも、このシェフの妻であり占い師であるりょうサン、そのふたりの子供で 「高等遊民」 的生活をしている(笑)柳楽優弥クン、かなり強烈なキャラです。
 これらの登場人物たちは、物語をリアルから遠ざけ、真面目にドラマを見ようとする人々の気持ちを挫くようなところがある。
 でも私個人としては、そのアンリアルな設定が却って物語にメリハリをつけて面白くしているように感じます。 彼らは中途半端なアンリアルではないがゆえに、リアルに対して奇妙な味付けをしてくれる。 フツーでない状況のほうが、主人公まれの感情を引き出しやすい、という利点もあるような気がします。 ま、それってドラマの常套手段ではあるのですが。

 夢とか志とか、最近のNHKドラマ二大看板は人生の目的作りをヤケに視聴者に押しつける傾向がございますが(笑)、これを積極的に否定する理由はないとはいえ(笑)、「夢」 だー 「志」 だーとしつこく言われればウザく感じないこともない(どっちなんだ…)。

 結局夢も志も、なにが重要かと言って、「積極的に、自分の人生に自分が関わる」、ということなんじゃないかな、と感じます。
 特に今回の朝ドラヒロインは、何事にも物おじせずにぶつかっていくことの連続です。
 それははたから見れば傲慢のそしりも受けかねない危険な所業ではあるのですが、なにも言えないよりも言ったほうが人生が開けていく場合もある。
 それで失敗しても、それが糧になっていくのだ。
 失敗を恐れず、貪欲に失敗せよ。

 なにも言わないことで、物事がうまく収まることを私たちは経験上すっかり身につけていますが、それで鬱積していくものは確実にある。 そうしたモヤモヤを抱えている者にとっては、まれの一見傍若無人そうな生き方、というのは 「場をかき乱す者」 としてとてもウザく感じるのです。
 その、誤解を恐れずに言えば 「鬱屈している私たちの代表」 となっているのが、今回まれが働くパティスリーのなかでの 「イジワル役」、陶子(柊子サン)なのではないでしょうか。 彼女は常に、まれのやることにイライラしている。

 このドラマを読み解くうえで重要だな、と私が考えているのは、まれを強引に堅実な公務員の仕事から引き剥がしたロベール幸枝の言葉。 彼女は世界一のパティシエになるために幼い藍子(常盤貴子サン)を捨てて渡仏、その後のこともあって藍子から徹底的に嫌われていたのですが、いきなり能登に現れて、孫のまれの中に潜んでいるケーキ作りへの夢を敏感に察知し、勝手にまれの勤める市役所に、まれの辞表を出してしまう。 そのときのシーン(5月8日、35回)。

 藍子 「どういうつもり? 勝手なことしないでよ!」

 幸枝 「本人がやりたがってんのよ。 見てれば分かるでしょ? 気がつかなかったの?」

 藍子 「私の家族に手を出さないで。 自分の力でやっと手に入れた家族なのよ。 都合よく現れて、ひっかき回さないでよ!」

 幸枝 「家族だから鳥かごに閉じ込めておくつもり? だから徹(大泉洋サン、まれの父親)だってどんどんつまらない男になっていく」

 藍子 「どういう意味よ?」

 幸枝 「夢だけが取り柄の男だったのに、あなたの顔色を見て、まあコソコソしちゃって」

 藍子 「徹さんはね、何度も失敗してるの。 ダメな人なの」

 幸枝 「ダメにしたのはあなたでしょ?」

 藍子 「はあ?」

 幸枝 「この20年間、徹はよく言ってたわ。 『藍子はオレがどんなに失敗しても待っててくれる。 見守っててくれる』って。 そんなふうに逃げ道を用意して甘やかすからあんたダメなの。
 あなたはね、懐の広い女のふりをして、徹を飼い殺しにしてるだけ。
 徹の夢をいちばん信じてないのは、あなたじゃないの?」

 藍子 「あなたには家族は分からない。 家族なんて、要らないんだもんね。
 だったらどうして…愛せないなら、どうして産んだの?」

 身じろぎもしない幸枝。 立ち去る藍子。

 憔悴する幸枝に、その場のやり取りを聞いていた文、田中裕子サンが 「あなたがその都度なにも説明しないからみんな傷つくのではないか」 と助言するのですが、幸枝は 「なにを言ったって言い訳になるから」 と答えます。
 そのとき文は 「一日一回の名言」(笑)。 「言い訳がダメな時もあるわいね、人生には」。

 ここで私がうまいなあ、と思うのは、藍子に 「どうして私を産んだの?」 と詰問されてからの、草笛光子サンの無言の表情です。 そこには、それまでの自分の奔放な人生に対する後悔の念とか娘に対する申し訳なさ、孤独や悲哀が余すところなく表現されていた。 この演技は、セリフだけでは到底伝えることのできない境地だと思います。 名優ここにあり。

 トリッキーな展開の中で私が唯一印象に残っていたのがこの回でした。
 だからこのドラマのトリッキーさに、自分がついていけてる気がする(笑)。
 つまり、不完全な言葉によって私たちは互いに生きている、ということを思い出させてくれるからです。
 思いを伝える時、自分はこの言葉がいちばんいいと思って言うのだけれど、それはけっして完全な言葉ではない。 相手に思いがきちんと伝わってこそ、それは完全な言葉になる。
 そして自分の生き方が、いつも必ずしも最良の生き方ではない。 夢に向かって突き進むとき、それが最良だと思ってしまうかもしれないけれど、実はどこかで、少しずつ私たちは、間違えながら生きている。 でもそれが、人生なんだ、と。

 かなり抽象的な論議になってしまいましたが、そう思いながらこのドラマを見ていると、許せてくるものが結構あるんですね(笑)。 能登のゴスペル隊としょこたんの 「能登半島」 は見ていてイライラするけど(爆)。

 だから小日向サンも、「なにかを得るためには何かを捨てなきゃならない」 みたいにエラソーなこと言ってるけど(笑)、彼の生き方も必ずしも最良、ではないんですね(見てりゃ分かるが…笑)。
 不完全な者たちが、不完全な言葉によって互いの人生を生きていく、そのたどり着く先はどこなのか。 私は結構、このドラマを楽しんで見ています。

« 「ベルサイユのばら」 新作発表、アニメ再放送で盛り上がってる… | トップページ | 「Dr.倫太郎」 多重人格なのは夢乃なのか脚本なのか(笑) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

>幸枝
言い訳云々以前に、孫の勤め先に勝手に辞表を送り付けるような非常識人間が真っ当に生きている娘に年長者面して説教している時点でドラマ的に終わっているような…。

お久しぶりです。
あまり真面目に見ようとはしていませんが。

トリッキーなのはいいです。
けれど、本筋が、書いている本人が忘れているのではと思うくらい。

せっかく昔のケーキの味にたどり着いたのに。
弟子入りしたとたん、味の話はなし。
大納言を売り込むよりシェフの味をつかもうと頑張るところを描かなければいけないのに。そういう修業がちゃんと描かれない。

それにしても幸枝、「この20年間、徹はよく言ってたわ」??
娘の藍子とは音信不通なのに?ムコさんと?
視聴者ですらガクガクとくる。それをサラッと流すとは・・・。

はい、冷静に、楽しもうと思います。

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

巨炎様から、ロベール幸枝について辛口のコメントを以前いただいていたので、それを念頭において草笛サン登場の週は視聴いたしました。

その、正直な感想がこの記事です。 先に予防注射打っといたから免疫が出来てたのかもしれませんが(笑)。

このドラマはロベール幸枝に限らず、突飛な展開のときは何かしらのフォローがされている、と感じます。 それをフォローとして機能している、いないの判断は見る側に委ねられる問題ですが、私がドラマとして弱い、と感じるのは、まれが公務員をやめてパティシエになる、と決断するそのきっかけを、ロベール幸枝の非常識な行動にもたれすぎている点ですね。 まれが公務員をやめるとき、板尾創路サンから 「税金をどぶに捨てた」 という手厳しい叱責があったことで、まれの非常識な行動に対して一応のフォローはなされているのですが、肝心のまれのその後の行動に、そこらへんの罪の意識が引きずられている描写がない。

つまり、まれは自分の思うがままに、突っ走っているのですが、それが若さ、とも言えるのではないでしょうか。 若いことは、常に傍若無人と隣り合わせ、なんだと思うのです。

ただかく言う私も、先週のラストで必要以上に 「カオス」 を盛り上げる演出には、「ちょっと外しちゃったな」 と思ってます(笑)。

ぼいぼい様
コメント下さり、ありがとうございます。

今週分をまだ見ていないので的外れなことを書くかもしれませんが、ご了承ください。

まれが小日向サンのケーキに肉薄しよう、とする前に、小日向サンの異常過ぎる性格に飛び込む方が先じゃないでしょうか(笑)。 それに、見習いの初期段階ですから、技を盗もうとかいうことにはなかなかならないと思います。 まずはシェフの心をこじ開けてから。 ドラマはそこの部分を今、描いていると思います。
けれどももしまれが小日向サンの心を開いてからも、このドラマはあまりケーキの作り方とか、味について修行することに重点は置かれないような気がします。
このドラマが重視しているのは、まれが思い描くケーキがどのような性格のもので、それによってまれに関わる人たちを、どのように変えていくか、ということなのではないか、と私は考えています。 そこにあまり技術的なことが介入する余地はない気がする。

あと、ロベールさんの 「20年」 の話ですが、藍子に内緒で、ちょくちょく連絡取りあってたようですよ。 徹がドラマの中でそう話してました。

お返事、ありがとうございます。
一点だけ補足させてください。

味をつかもうと努力する、というのは技術修業とか、ましてや技を盗むということではなくて。
そういう学ぶ姿勢を忘れて、それこそ見習いの初期段階で未熟さをわきまえずケーキの自作提案に夢中になっていること。

変人の小日向サンに弟子入りした理由は、一点、ケーキの味だけだったはず。これから小日向サンに飛び込むにしても、その理由も今のところ“味”しかない。でなければ「他の店でも」と、思ったものですから。“味をつかもう”と思うのが先だと思うのですが。

その“味”って、結構強烈に描かれていたはずなので、作者には簡単に梯子を外してくれるなと言いたい。ストーリーだっておかしくなるのではないですかね。
失礼なことを申し上げてスミマセン。

ぼいぼい様
コメント下さり、ありがとうございます。

いや~、別に失礼なんてことは全然ないですよー。 私もじゅうぶん失礼な男ですから、そういうことには鈍感なのかもしれませんが(笑)。

先週小日向サンから 「お前は不合格」 と言われて、どのような展開になってるのかは分かんないんですが、「味をつかもう」 とまれが考えているのなら、どんなに拒絶されても小日向サンについていくはずですよね。

なんだかこちらも、ぼいぼい様に失礼かなと思いつつ書いてしまいますが、「こうなるべき」 と考えながらドラマを見るのは、精神の健康上よろしくない気がいたします(それが悪い、と言ってるんじゃなくて)(また、ぼいぼい様がそういう見方をしているわけではないかもしれないですが)。

「味」 が強烈に描かれている、と感じたことで、ぼいぼい様はそこを発展させることに期待しているんだ、と私は勝手に解釈するのですが、もしかすると作り手のいちばん言いたいことは、そこではなかったのかもしれない、なにがいちばん言いたいのだろう、と考えながら見ると、「ストーリーがなってない」 とか思わなくなる気がします。 朝ドラの陥りやすいパターンって、「なかなか本題に行かず誰がくっついたとか離れたとかの恋愛話で時間稼ぎする」 というものですから、それもいちおう頭に入れながら。

まあ、私自身の個人的なことを申し上げれば、春クールで始まったドラマはほとんど2、3回見てから先を見る気が失せているのですが、「まれ」 だけはなんか、先が気になって週末になると見てしまう、というか。 そんな感じです。

リウ様
こんばんは。

なんか、もうやめよう、脱落しようと思っていると気になるシーンや台詞が出てきて、結局観つづけている。
私にとって、いまのところ「まれ」はそんなドラマです。

今週もですね~、呆気にとられるような展開がある一方、リウ様が言われるところのフォローが、それもかなり遠いところのエピソードのものがなされており、本当に、綿密な計算があるのか、行き当たりばったりなのかわかりませんね。この脚本は。

ただ、私としては、非常識なキャラばかりの中で、物語をリアルな地点に引き戻すアンカーとして、一子(清水富美加ちゃん)の存在が結構大きいのではないか、などと思っています。

このキャラって、あまちゃんで言えばユイちゃん、カーネーションで言えば奈津、のような立ち位置なのですが、ヒロインのまれに一方ならぬコンプレックスを持っているのが、他の「ライバル、裏ヒロイン」系友達キャラとは違うところですよね。
とにかく、この子はジタバタしている。東京に憧れるも上手くいかず、まれの代りと分かっていて、それでも圭太と付き合い、そんな自分のイタさも十分自覚していて、それでもジタバタしている。そのジタバタ加減が、この年代特有の揺らぎとリアルな感情をよく表していると思うのです。
演じる清水富美加ちゃんも、いい表情していますしね。

と、いうわけで、一子ちゃんのキャラが変わらんかぎり、なんだかんだ言いながらズルズル観つづけるのかもしれませんが(笑)

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

清水富美加チャンは私、個人的に佳子サマに顔の造りが似てるな、と思いながら見てます(笑)。

まれが一方的にイケイケドンドンの非現実的(笑)ベクトルを備えている、とすれば、まさしく一子はリアルな地平線上にいる気がしますね。 例えて言うと、「ちりとてちん」 のヒロイン、B子に通じるところがある気がします。

まれみたいに自分の夢に向かってあくまでポジティヴに動く人間なんていうのはそれこそ 「まれ」 で、たいていの人間は自分の夢に対してウジウジと考えながら、やがてその夢を諦めていく、というパターンを踏襲していくものですが(まさに自分がそう)、一子の陥るいちばんの可能性を、しょこたんによって見せている、ということは、ドラマの作りとしては結構興味深い。

このドラマは、「夢」 というものに対してどう向き合うべきなのか、ということが中心核となっている気がします。

だから徹の自らに対する 「夢」 への姿勢もドラマの核となるし、一見茫洋としている一徹の夢の行方も、核となりうる。

みのりという、まれにとってはあくまで癒しキャラだった人物にも、実はみのりなりの意思が見え隠れする。

「夢を追うこと」 がひとりの人間に対して及ぼす作用、というものをこのドラマは、半ばカオスになりたがりながら、追い続けているような気がしています。

お返事ありがとうございます。

「何がいちばん言いたいのだろう」、ですか。
どうも、見えないんですよね。

「こうなるべき」とか思って見ているわけではないのですが。
なんでそんな感じになるのか考えていたら、まれには当然あるべきはずの大人の思慮が欠けている、ということなのでした。それが見る側とのギャップになっている。
それがわかってみると、まれの言動のつじつまが合ってくる。
祖母と母の確執をケーキ一つで解決する。本気でそう思っている。
もちろん、ケーキ作りの基本をしっかり学ぼうなどという意識はない。
世界一のパティシエになる、も子どもの夢を語っただけ。
でも、それで何を言いたいのですかね。

ぼいぼい様
コメント下さり、ありがとうございます。

私もエラソーなことは言えませんが、自分なりにぼいぼい様の問いかけにこたえたいと思います。

たとえば、「マッサン」 なんかは世界一のウィスキーを造る、という男の話だから、ウィスキーを造る話をもっとするべき、「花子とアン」 は 「赤毛のアン」 の翻訳者の話なんだから、「赤毛のアン」 の話にもっと物語が集中すべき。

それが、「そうなるべき」 と思いながらドラマを見る、ということだと思います。

その方法論でいくと、「まれ」 の場合は世界一のパティシエになる、と宣言している女の子の話だから、ケーキ作りにもっと脚本の神経を行き渡らせるべき。

そう考えながら見てると、脱線しっぱなしな気がしますよね(笑)。

とすると、脚本が目指そうとしているところは、けっしてケーキ作りに関するいろいろではないのではないか、という気がしてくる。

かといって、キャロットケーキを母親と祖母の仲直りの道具としてまれは使ったかもしれないけれど、キャロットケーキというのは必ずしも万能薬、として使用されているわけではない、と私は思います。 結局はケーキがそのきっかけになっている、というだけであって。

つまり大事なのは、母親と祖母を仲直りさせよう、とするまれの気持ちなんだと思います。

つまりまれにとって、ケーキは人の心を頑なから解き放つものであって、人と人との思い出の一部になりえるものであって、人と人とを結び付ける一助になるものである。

だから、シェフから言われた忠告というのは、まれにとっては自分の価値観と180度違う考え方なんですよね。

世界一のケーキ職人になるには、人の情など捨てろ、と言ってるのと同じですからね。

でも私はいまのところ、このシェフの忠告が、全面的に正しいとはあまり思っていないのです(笑)。

それは、このドラマの登場人物たちが、なんかどこかで、ちょっとずつ 「間違っている」、ということにいつも気付かされるからです。

「客観的に見ると間違っているかもしれないけれど、でも本人はそれが正しいと思って生きている」。 この記事の本文ではそのところを書いたつもりです。

これはまれの場合でも同じです。

ぼいぼい様はまれを 「大人としての配慮が欠けている」、とご指摘されましたが、まれも完全な人間として表現されているわけではないですから、そう思われるのはとても正しい見方だと思うんですよ。

ロベール幸枝も、そりゃハチャメチャなことしたけれども、自分の生き方が間違っていたところもある、と自覚しながら生きている。
藍子の場合、先週は徹を突き放したけれども、どこかで自分のその決断は全面的に正しいのかどうか、決めかねているような部分が見える。

「自分が間違っているかもしれない」、という登場人物たちの葛藤がドラマを見ていて見えるのに、そこに切り込まない脚本であれば、それはダメな脚本と言わざるを得ませんが、私が見ている限りでは、いま書いたとおり、そこのフォローがきちんとされているように見える。 まあ、個人的な感想ですけどね。

ただ、私が気になるのは、必要以上に大騒動にしたがる話の運び方でしょうかね(笑)。 これはもしかすると、「あまちゃん」 の呪縛なのかもしれない(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/61633942

この記事へのトラックバック一覧です: 「まれ」 第2-8週 トリッキーな展開にひそむもの:

« 「ベルサイユのばら」 新作発表、アニメ再放送で盛り上がってる… | トップページ | 「Dr.倫太郎」 多重人格なのは夢乃なのか脚本なのか(笑) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ