« 「Dr.倫太郎」 多重人格なのは夢乃なのか脚本なのか(笑) | トップページ | 「アイムホーム」 木村拓哉という役者の 「自分さがし」 »

2015年6月14日 (日)

「ちゃんぽん食べたか」 青春、という 「もどかしさ」 について

 NHK土曜ドラマの 「ちゃんぽん食べたか」。 2013年にNHKBSプレミアムで放送された、さだまさしサンの小学校時代を描いた自伝的ドラマ 「かすていら」 の、青春編です。
 その前作 「かすていら」 の脚本は羽原大介サン。 単なる憶測ですが、羽原サンはこの 「かすていら」 の成功によって、朝ドラ 「マッサン」 の脚本家に抜擢された可能性が高い。 それほど 「かすていら」 というのはよく出来たドラマだったのですが、どうも予約録画がうまくいかないことが多く、当ブログではフォローいたしませんでした。 ただ、再放送などで見ることは見ました。

 今回その続編、ということで同じ羽原サンが脚本か、と思ったのですが、「結婚できない男」「梅ちゃん先生」 の尾崎将也サンに交代。 この人、阿部寛サンとの3部作を書いている頃は結構好きな脚本家だったのですが、朝ドラ 「梅ちゃん先生」 ではミソがついた、というか(笑)。 ただ去年の、ブラック企業の社長を題材とした 「ブラック・プレジデント」 はよく出来ておりました。

 で、その尾崎サンの 「ちゃんぽん食べたか」。 どうも 「マッサン」 と 「梅ちゃん先生」 の比較論がそのまま当てはまってしまうような出来のように感じます。 よく言えば牧歌的、ではあるのですが、なにか画面に緊張感がない、というか。

 しかしこれは、あくまで傑作 「かすていら」 との比較、という観点によるものです。 「かすていら」 はさだサンのご両親、そしておばあちゃんが主体で動いていくドラマであるために、ある意味さだサンの少年時代を描きながら、大人の厳しい世界の論理を的確に表現していた。 さだサンの 「転宅」 という歌をご存知なかたなら、ある種の懐かしさを感じつつ納得が出来る世界観でしたね。

 その 「転宅」 において、「初めて負けた親父」 がおばあちゃんに 「負けたままじゃないだろう」 と言われるのをそのまま転写したのが、「かすていら」 の第1話だった(副題が 「お引越し」。 「転宅」 はその、文語的表現ですね)。 そしてさだサンの親父(遠藤憲一サン)の就職放浪期が家族に色濃い影を落としていくことが、物語のメインでした。 そんな生活が厳しい中で、さだサンの母親(西田尚美サン)はさだ少年のバイオリンのお稽古ごとをやめさせない。 親族会議でそれを咎めるさだサンの親戚に、いまは亡き今井雅之サンがいたものです。
 そして戦争を大陸で過ごし引き揚げてきたおばあちゃんの、厳しくもたくましい物事の捉え方が、ドラマに大きな感動と太い安心感を与えていた。 このおばあちゃんを演じた佐々木すみ江サン、また私の中に印象的な演技がひとつ加わった感じでした。

 今回の 「ちゃんぽん食べたか」 では、そのご両親やおばあちゃんがドラマに果たしていた大きな役割が、ほぼごっそり抜けています。 つまり、さだ少年は生まれ故郷の長先を単身で出て、東京の下宿先でバイオリンのプロを目指すことになるからです。
 両親、特におかあさんの期待というプレッシャーからある意味解放されているさだ青年(菅田将暉クン)は、東京で拡散していく、自分の興味と格闘しなくてはならなくなる。
 ここで重要に思えるのは、そのおかあさんの期待、というものが実はそんなに厳格なものでないこと、そして 「かすていら」 の最後でさだ少年に才能を見い出した、東京の著名な音楽家だったか、その人のレッスンを 「レッスン代が払えない」 ためにランクの低い講師(岡田義徳サン)に鞍替えしていること、そしてそもそも、音楽系の高校に入れなかったこと。
 さだサンがバイオリンに対して集中できないような要素のすべてが、そこに潜んでいる気がするのです。

 もともと、ちゃんとバイオリンのレッスン代を払えない、ということは、親父さんの仕事の不安定さに起因している(笑)。 「かすていら」 では、売血に至ってしまう親父さんの人生でありましたが、それでもドラマは親父さんを責めるような描きかたはしていなかった。 でも 「ちゃんぽん食べたか」 では、なんでも大事なことは先送りしたがる、面倒なことを回避したがる、そしてあえて楽観視したがる、親父さんの悪癖が表面化している気がする。 ただエンケンサンの出番は極端に少ないので、そこらへんは最小限の表現になってはいますが。
 親父さんは職を結構変えているのだけれど、ドラマを見ていると、その移り気さ加減が息子のさだサンに影響を与えている部分も微妙に見えるのが、面白い。

 で、その、さだサンが人生の早い段階から味わっている蹉跌に挫けそうな自分を叱咤する役割で出てくるのが、前作 「かすていら」 でさだサンの少年時代を演じた大八木凱斗クン。 ドラマでは 「昔の自分に責められる今の自分」 という構図を使って、自らの中にある葛藤を表現していることになります。 これがまた、コミカルで 「梅ちゃん先生」 を彷彿とさせるやり取りなのですが、ドラマに独特な味を出している気がします。

 その、高校生のさだサンが向き合っているもの。
 それは自分の将来であり、自分の本当にやりたいことは何か、であり、そして恋愛である。
 それらはすべて茫洋としていて、今すぐにはつかめないもどかしさが、常に付きまとっている。
 そのモヤモヤを、さだサンはバスの停留所をゴロゴロ動かすことで解消したりするのですが(犯罪行為)(笑)、これって同じ尾崎将也サン脚本の 「白い春」 でもあったよなァ~、というか(笑)。 確か阿部寛サンが停留所を転がして、エンケンサンが直してた、みたいな?(もう忘れた…笑)。
 ともかく、尾崎脚本のこのドラマは、「かすていら」 に見られるような、親子の情愛、というドラマとしては構造力がもとから保証されているような題材を離れて漂流する、「青春のもどかしさ」 というものの表現に、ある程度成功している気がするのです。

 ドラマでは岡倉洋子(森川葵サン)という、ちょっと不良っぽくて言動がキツイ女の子が、さだサンの気になる異性、という形で出てきます。 彼女はほかの男の子から言い寄られることがイヤでさだサンを好き、などとデタラメを言ってしまうのですが、そのこともあってかさだサンはこの子に興味を抱いていく。 その、自分を曲げない凛としたところに惹かれているわけですが、ん~、この子の役を演じている森川葵チャンがですね、また微妙に、そんなにとびきりの美人とも言えない、というか(失礼)。
 だからさだサンがこの子に対して持っている興味、というものが、本当に恋愛感情であるのかどうか、ということもとても茫洋としている。
 結局第3話で、岡倉洋子は女優になるために高校をやめてしまうのですが、彼女はそのあいさつに、さだサンの下宿先にやってくる。 そして自分がどうしてこういうキツイ性格になったのかの種明かしをしてくれるのですが、いろんなものに目移りしているさだサンを見ているのが楽しかった、とも告白します。

 これって恋愛感情、というわけじゃないでしょうね。 でもどこかで、「もっと積極的に、もっと無神経に 『好き』 と言えたなら」、飛び越えられる壁だったのかもしれない。

 ドラマでは同時に、昭和40年代の高校生活で展開される、いまのデジタライズされて乾いた関係とは異質の 「友情」 が描かれたりする。 さだサンは友人の家で夕食をごちそうになったりするのですが、そうした他人同士との垣根の低さ、というものも同時に描写されている。
 第3話ではさだサンの相棒でのちにグレープを結成することになる、吉田政美サンとの出会いが描かれましたが、このふたりがロックのバンドコンテストがきっかけで出会う、ということは、グレープ時代からのさだファンとしてはちょっとした感慨を誘うものであります。

 つまりふたりとも、なんか最初はプログレッシヴロックを目指していたらしいんですよね。
 それがご承知の通り、グレープというのはモロ、叙情派フォークでしたからね。
 要するに、ふたりとも自分の違う意向で生きていたことになる。

 最近のさだサンの曲、「君は歌うことが出来る」 を聴いていて思ったんですけど、「さだサンがもともとやりたかったのは、こういうロック系の歌だったんだろうな」、と。

 その原点を垣間見ることもできるのが、私のようなグレープ時代からのファンにとっては、また興味深くもあるのです。

 ちなみに、「ちゃんぽん食べたか」 というのは、長崎弁で 「食べたい」 ということであって、「食べたか?」 という意味じゃない、というのは、まあ見ていて分かりますよね(笑)。
 さだサンも、ラジオ番組や 「生さだ」 でたまに、「ちゃんぽん食べたかぁ~~っ! 皿うどん食べたかぁ~~っ!」 と叫んでました(笑)。

« 「Dr.倫太郎」 多重人格なのは夢乃なのか脚本なのか(笑) | トップページ | 「アイムホーム」 木村拓哉という役者の 「自分さがし」 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウさま

ご無沙汰です。
「ちゃんぽん食べたか」ご覧になってるんですね〜。
私も見てますよ〜。前作の「かすていら」は見よう見ようと思ってたけど、結局視聴せずじまいだった(。>0<。)

同じような世代を生きて来た者として、「ああ、こんな時代だったなぁ」って感慨にふけったりしてます。

さださんの「君は歌うことが出来る」って歌、you tubeで探して聞いてみました。
いい歌ですね〜。歌手の人たち向け。。というより、どんな人でも「歌」を歌うことはできる。そして「歌」には想いをこめて、いろんなものに迎合しないで素直にねという、まっさんのメッセージが伝わってきます。

多分、どこかで1回くらいは耳にしたはずなんですけど、「生さだ」も見てるし。。
こうして you tubeで歌だけ聴くのもいいもんですね。

さださんが、「天皇の料理番」で歌ってる「夢見る人」もいい曲ですよね。

今クールもほぼ終了ですね。
「アイムホーム」「天皇の料理番」「美女と男子」「ようこそ、わが家へ」「64」が最後まで見た番組でした。「美女と男子」はまだ終わってないですけど。。

夏クールは
『リスクの神様』『永遠のぼくら』『まんまこと~麻之助裁定帳~』『デスノート』『ナポレオンの村』『かもしれない女優たち』
ここらへんは、ちょっと見てみたいかな といったところですが。。。

リウ様チェックはいかがでしょうか?

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

「かすていら」 はたまに思い出したように(笑)NHK総合、BSなどで再放送してます。 その情報を嗅ぎつけられるといいのですが。 このドラマは傑作です。

「君は歌うことが出来る」 は、たしか去年の10-12月期のNHKラジオ深夜便の歌で、毎日かかっておりました。 夜勤をやってますと深夜便の歌というのが、いちばん自分にとって、その年の流行歌になるんですよね。 どうして紅白で 「深夜便枠」 というのがないのか、とても不満な今日この頃(笑)。

春クールのドラマは 「Dr倫太郎」 を最後まで見ました。 いま、「アイムホーム」 を最後まで見ようとしている途中。 第3話だったか、木村クンと話していた水野美紀サンが倒れてしまうシーンがありましたよね。 あのロケ地、第三京浜の東京入口の架橋下で、実は私の家のものすごく近所(歩いて1分…笑)。 ゲッ、そう言えばなんか春先に、あそこで撮影してた…とか(笑)。 木村クンがいたんだー!とか(笑)。 私もミーハーです。 最終回まで見たら、なんか書こうかな、という気はしてます。

「天皇の料理番」 なのですが…。

実は第2話までしか見てません。 ほかのコメント欄にも書いたのですが、これってマチャアキバージョンの時も、すごく見ていて息苦しかったんですよ。 だってすぐに問題起こしちゃ職場を転々とするみたいな話でしょ。 マチャアキだからまだユーモアがあったけれど、佐藤健クンは真面目に篤蔵を演じすぎて、息苦しさが増してるんですよ、個人的感覚として。

もしかすると自分、佐藤健クンって、あまり得意な役者じゃないのかもしれない、です。

夏クールに関しては…。

またrabi様用に記事を書こうか知らん(未定…笑)。

とりあえず、「花咲舞」 の続編は去年楽しかったので見ます。 「ど根性ガエル」 はスンゲー逆風を自ら作ってる感じで(元AKBのなんとかっていう子を京子ちゃん役にしたり…イカン、名前忘れとる)、その挑発さ加減に乗せられて、第1回目は見るつもりです(笑)。

あとはないかな~(それじゃ記事になりませんね…笑)。

リウ様

すぐコメ返くださったのに、反応遅くてcoldsweats01

「かすていら」まだ放送されるかどうかわかんないですけど、check wordに入れてみましたhappy01

リウ様が「アイムホーム」のロケ地の近くにお住まいなんて。。。また何か別のドラマの撮影があるかもしれないですね〜
でも、ロケする時間帯がわからないと、野次馬にはなれないですものね。

「アイムホーム」の最終回。ちょっと、木村くんが、ヒーローチックに活躍していて違和感ありましたけど、、リウ様のレビュー拝見してみたいですね。

「天皇の料理番」 私は佐藤健くん、結構好きですから、楽しみに見てます。彼の一生懸命さが活きてるなぁって思いますけど、息苦しさが増す。。。なるほど、そういう捉え方もあるんですね。リウ様が苦労人ゆえなのでしょうか。。。
今日が最終回かと思って見ていたら、「つづく」で終わって、まだあるんだ 良かったぁって感じでした。最終回も楽しみにしてます。

夏クール、「花咲舞」「ど根性ガエル」どちらも見てみたい気はするけど、「花咲舞」は「リスクの神様」の裏だから、どうしようかなぁってとこですね。

『かもしれない女優たち』はSPドラマでしたけど、結構面白かったです。バカリズムさんの脚本。竹野内豊さんのタクシードライバーよりずっと良かったですね。連ドラじゃない方がバカリズムさんの良さが引き出されるような気がしました。もっとも主人公が女優さん達だったので、バカリズムさんのテンションも上がったのかもしれないですけどね。happy02

ここ数日、梅雨っぽくなってきました。
体調管理が難しい気候ですので、リウ様も体には気をつけてくださいね。

レビューupの方もぼちぼちとお待ちしておりますnote

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

新しい記事はよう書かんクセに(笑)、PC開けば自分のブログはチェックいたしますので、コメント返信も速攻なのです(笑)。 もうコメントのやり取りだけでいいかな、なんて考えたりもしてます(ハハ)。

「アイムホーム」 で木村クンも来た、近所の第三京浜架橋下ですが、実はかなり昔からいろんなロケに使われてるんですよ。 私のいちばん古い記憶では 「ウルトラマンレオ」 でモロボシダン隊長と主人公のレオになる男優さん(真夏竜サンって言ったっけな~…間違ってたらゴメンナサイ)がロケしてました。 もう40年も前になりますね。 どういうプロファイリングがされているのか分かりませんが、局も毛色も違うドラマで複数回登場してます。 最近でも私の自宅の前でロケがされてたり、遠い昔(これも40年前)「赤い疑惑」 で宇津井健サンと山口百恵チャンが近くの乗馬学校(いまはもうないですが)でロケをしてました。 宇津井健サンの行きつけの乗馬学校だったらしいです(話が長くなるのでここらでやめます…笑)。

「天皇の料理番」 は見たところ、かなりマチャアキバージョンとは違う話になっているような、そんな気がします(うろ覚えなのではっきりと言えませんが)。 今回のほうがよく練られてるな、とは思います(2回までで視聴が止まってるのでエラソーに論じられません…笑)。

夏ドラマに関しては、「見たい俳優がいないなァ」 というのが総括的な感想です。 松山ケンイチクンは、ワタシ未視聴ですが 「銭ゲバ」 でもやってくれたみたいだし、批判の嵐になることが確定している 「やっちゃいけないアニメの実写化」 をあえてやろうとする、その部分に一縷の期待をしている、というのが本当のところでしょうか(まあ裏を返せばあまり期待してない、ということですが…笑)。

体調をご心配くださり、恐れ入ります。 実はもうすでに体壊してたりして(爆)。 50すぎると、今まで大丈夫だったのが大丈夫じゃなくなってくるんですね(気をつけよう)。 rabi様も、どうぞご自愛くださいませ。

リウ様

ご近所の第三京浜架橋下って、そんな昔からロケ現場になってるんですね。
ロケ先を探してくるスタッフさんたちも、きっと大変でしょうけれど、やはり局単位でそういうロケ場所のデータベース化はなされてるんでしょうね。
でも、数十年たってもロケ先になるなんて驚きですね〜。

佐藤健くんの「天皇の料理番」は第9話で、鈴木亮平さん演じる兄やんがなくなります。この回は、ほんとに涙腺が緩みっぱなしでした。なんとか最終回まで視聴していただきたいですね〜。
そして、レビューしていただけると嬉しいんですけど。。。

リウ様、体を壊してらっしゃるって、また腰でしょうか?大丈夫ですか?

私の方は肩が春先から痛くて、衣服の脱着等に注意が必要だったのですが、2ヶ月たってもよくならないので、先日、ついに接骨院に行きました。sad 
肩の腱板が炎症をおこしているようですってことで、電気やレーザーの治療器をあててもらいましが、まだまだ全快には程遠い感じです。
これが五十肩ってやつなんでしょうか。
まあ、ギックリ腰よりはマシと思って、だましだまし日常生活をこなしています。

リウ様もお仕事が忙しいでしょうが、早目にお医者様にいかれて体調維持してくださいね。

ではではまたnote

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

ナヌ、篤蔵のお兄さん、まだ生きてたのか(笑)。 なんか第2話でもうすでに死にそうだったんで意外(ハハ…)。 巷間伝え聞くところによりますれば、鈴木サンはこの役作りのためにかなり減量したとか。 ロバート・デ・ニーロの昔から、役者さんの体重による役作りは、役者根性を量るバロメーターみたいになっておりますが、急激なダイエットは体によくありません。

私の場合は病名がよく分かりません。 最初は頭痛だったのですが、次第に悪寒、吐き気、動悸、冷や汗と症状が広がっていって、頭痛薬をいつもの2倍飲んで少し寝たら改善いたしました(こういう対処療法も、危険と言えば危険です…)。 いったい何だったんでしょう。 二日酔いに食中毒でも併発したのかな? 男の更年期かもしれません。 そのあとはだいぶん具合も元に戻ったので気にしてはおりませんが、脳とか心臓とか、気をつけなければならない年代になってきたのかな、と…。

rabi様は五十肩?とのこと、お大事になさってください。 私も肩こりなどしない人間だったのですが、最近ちょっと腕が昔みたいにスムーズに上がんない、というか(笑)。 これも五十肩の一種ですかね?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/61731731

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちゃんぽん食べたか」 青春、という 「もどかしさ」 について:

« 「Dr.倫太郎」 多重人格なのは夢乃なのか脚本なのか(笑) | トップページ | 「アイムホーム」 木村拓哉という役者の 「自分さがし」 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ