« 2015年夏ドラマ、いちおう今週見た分についての感想 | トップページ | 「天皇の料理番」 自分の思うがままに生きよ、だが自分のために生きるな »

2015年7月18日 (土)

「表参道高校合唱部!」 第1回 いじめる側の汚れた心、それに立ち向かう澄んだ歌声

 いきなり告白から始めますが、私中学校のときに、臨時で合唱部に入っていたことがございまして。 合唱コンクールに出るのにメンツが足りなくて半分帰宅部が駆り出された(笑)。 けれどももともと遊び半分でやってた元の部活のほうが何やってたんだか今思い出せないのに、合唱部のことは未だによぉ~く覚えてる。 NHKの合唱コンクールとか、いまだにやってるのをたまたま見ればずーと見ちゃうし。

 で、今回の合唱部のドラマもしぜんと目が行っちゃうわけですが。 キャストの中に最近までさだまさしサンと一緒の高校に行っていた(笑)森川葵チャンがいたのも見る動機のひとつ。 なんかこのコ、飛び抜けた美人じゃないけど、印象に残ったんだよなー。 あ、そのドラマ 「ちゃんぽん食べたか」 では、すでに彼女は退学しています。

 で。

 結論から申し上げます。
 いまのところ、今年の夏ドラマの中で、なんだかんだの神田沙也加で(笑)いちばん心を揺さぶられたドラマだった。
 ついでにその神田沙也加チャンもドラマに出てるのだが(チャンという歳でもないか)、いちばん合唱に近いはずの彼女がいちばんそれを邪魔するような立場にいる、という設定も興味ひかれる。

 ネット批評ではあのドラマに似ている、あの映画のパクリだとか、ネガティヴな意見も散見されるけれども、そのどれも見てないので(「グリー」 は第1回だけ見たけど、どうも好きになれなくてリタイア)まあ自分にとってみたらラッキーだった、というか。

 話はそれますが、この、いろんなドラマや映画を見倒している、というのも良し悪しでしてね。 あれに似ている、などと考え出すと、途端に興醒めしたりするけれども、無知であることが逆に感動に正直につながっていく、そんなケースもままある、と思うんですよ。
 例えは違うけれども、昔の歌謡曲って、外国の曲のパクリが結構多かった。 でもそれはそれで、知らないで感動していたっていう記憶は、大事にしていきたい。 オリジナルをたどることも重要ですけど。

 で、ドラマの内容ですが、香川県から東京の表参道高校に転入してきたヒロインが廃部寸前の合唱部を立て直す、というお話であります。
 この主人公を演じる芳根京子チャン。
 私まったく記憶になかったのですが(笑)、どうやら 「花子とアン」 で仲間由紀恵サンの子供役をやってたり、こないだ始まった 「探偵の探偵」 で冒頭いきなりストーカーに殺されてしまう北川景子サンの妹をやってたりしたらしい。 ただそれなりに端役では出ていたものの、主人公としては初の抜擢。
 で、まあその知名度からいうと朝ドラのオーディションで合格した、というレベルの、強引に言えば 「無名の新人」 です。 こういうのはフレッシュでよろしいです。 ほかにもTBSの宣伝文句によると、次世代の若手俳優が多数出演、とのことです。

 さらに中身に対して言及していきます。

 冒頭、香川県を離れていくヒロインに、ヒロインの所属していた合唱部の 「涙そうそう」 が別れの曲として歌われます。 その澄んだ歌声に、冒頭からオッサンはウルウルモード(笑)。
 しかし転校してきた早々、ヒロインは廃部寸前の合唱部と、陰湿ないじめに直面することになる。 済んだ歌声に癒されていたオッサンは、その極端な描き方に、ちょっと見るのをやめようかな、とまで考えてしまいました。

 このいじめの描き方。
 階級制とかKYとか、まあ、正直言ってよくあるパターンではある。

 しかしいくらパターン化していても、やはり人がいじめられるのを見るのはイヤなものです。 私が学校に通っていた頃って、ドン臭いヤツとかナマイキなヤツに対する軽蔑はあったけれども、いじめそのものはなかったですから、理解できないんですよ(そー言えば先輩から、あいつはナマイキなヤツだって目をつけられてた…笑)。

 私がいじめられる立場にいたらどうしてたかな。 おそらく逆ギレしたと思います(笑)。 何かやられたら、犯人なんかを探すのはもどかしい。 教室内の全員に対して暴力振るったか、もしくは暴れまくっただろうな(血の気が多かったんですよ…笑)。 後先考えない無謀なヤツでしたから。 「アイツはナマイキなヤツ」 と認識されていながら、いじめが及ばなかったのは、おそらく些細な段階から、結構逆ギレしてたんでしょうね(え~、もう記憶がございません…笑)。

 その血が騒ぎ出すんでしょう、ドラマなんかでこういうパターン化されたいじめを見ると、いじめる側に対してものすごい殺意みたいなものを感じてしまう(ハハ、ハハ…)。

 いまその勢いでここに書いてしまいますが、いじめをする人間というのは、どんなに顔がキレイでも身なりが立派でも、その心は醜い。
 心が醜い人間は、どんな生物より下等である。
 心が醜い人間を、私は心の底から軽蔑し、最大限の言葉で唾棄してやる。

 人というのは、心のありようがすべてなんですよ。 そいつがどんなに人望が厚かろうが、チヤホヤされていようが、そいつは最低の人間以下のイキモノなのだ、と。

 それを今回のドラマで地を行ってるのが吉本実憂チャンなのですが、彼女が演じるタレント気取りのリーダー格の女生徒が、裏で手を回したりさまざまな汚いことをやっているのは、ドラマ的には私も感じた 「憤り」 のベクトルで見る側を引っ張っていく要因には、確かになっている。

 けれどもそれ以上に私を惹きつけるのは、いじめられる側であるヒロインの、心のありかたに対してなのです。

 彼女はテンパると 「10秒ジャンプ」 といってその場でジャンプし続ける(笑)。 (笑)、と書きましたが、やってることは突飛でも、ネガティヴな思いに煮詰まってきた頭の中の澱をふり払うには最適な行動らしい。
 そしてそれを伝授したおじいちゃん(平泉成サン)の言葉が、またふるっている。

 「ヘコんでる時間が、もったいねえもんな」。

 落ち込んだりしているヒマなんかない。
 つまり、これはいじめをするとかいじめられるとかの次元を乗り越えて行け、とするひとつの心のありかたに関する提起なのです。
 人をいじめるとか、そんなことに拘泥されることの、なんと愚かなことよ。 そんなヤツには、勝手にやらせておけばいい。

 そしてヒロイン、香川真琴(香川県から来た香川、だから覚えやすい…笑)の最大の武器は、合唱という、「自分のやりたいこと」 が明確に定まっている点です。 だから落ち込んでるヒマなんかない。 自分を強くするものは、なにかに向かって突き進もうとする、その何かを見つけられることなのだ。
 ヒロインの味方になってくれる男の子(志尊淳クン)も言っています。
 「みんな自分の好きなことなんてよく分かってねえから、オマエのことが羨ましいし悔しいんだ」。

 彼はトッキュウジャーだったらしいですが(笑)、どうも今回、不治の病にでもかかってるよーな? 番組HPを見ると、どういう経緯か分からないけれど、吉本実憂チャンも志尊淳クンも、合唱部に入部するらしい。

 そして活動を認めてもらうために実演をしようとする真琴たちなのですが、吉本実憂チャンの陰謀によって合唱部入りした森川葵チャンが直前逃亡。
 しかし土壇場で、真琴は森川葵チャン抜きで合唱を始める。 実は真琴が実演に選んだ歌は、ネットで森川葵チャンが覆面アイドルとして歌っていた曲なのです。 ここでドラマが、現実よりもバーチャルな世界のほうが居心地がいい、という現代的な問題にまで切り込んでいるのが興味深い。
 その歌声に惹かれるようにステージに上がっていく森川葵チャン。 実演は成功の裡に終わるのです。

 これらの葛藤の中で苦悶する森川葵チャン、「ちゃんぽん食べたか」 のときにはあまり感じなかったのですが、表現力がこれから成長していく可能性をとても感じました。

 そしてそれ以上に素晴らしいのは、ヒロイン真琴を演じる芳根京子チャン。
 とてもじゃないけど、主役として華がある、とは言えないフツーの女の子なんですが、真琴の生き方に引っ張られてどんどん輝いていく、そんな 「若さが持つ化学反応」 みたいなものを感じさせてくれる。

 あとは、この合唱部を落ちぶらせてしまった顧問の城田優サンの抱えている事情とかに焦点が当たっていくはずですが、いずれにしても合唱の持つ魅力がメインに据えられていることは強みです。

 それにしても、こうしたにわか仕立ての合唱部というのはですね、自分の経験上申しますが、まーずここまで素晴らしくはならないですよ、短期間で(笑)。
 私たちも貧弱なままで臨んだ合唱コンクールで、箸にも棒にも引っかからなかったもんな~(ハハ…)。

« 2015年夏ドラマ、いちおう今週見た分についての感想 | トップページ | 「天皇の料理番」 自分の思うがままに生きよ、だが自分のために生きるな »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

橋本様

暑中お見舞い申し上げます

 久しぶりに、それも何となくこのドラマ見てました~。特別売れっ子さんが出てるでもなく、さほど不自然な展開でもなく、平凡だけど、おばさん的にはこういうドラマ好きかも・・・。(あんなひたむきに頑張る子はなかなかいないし、ハーモニーはすぐには出来ないですが・・)
いじめっ子がこれからどんな風に変化していくのか、そこはドラマなのでいい方向になるのでしょうが、その展開の仕方と城田先生の心のありように興味・・・でも、なんとかいうセレブな女医さんが出演してて、びっくり!医者やってるんだろうかこの人、と思ってちょっとイラッとしまいましたよ(笑)。

 一生懸命、毎週絶対見よう!というわけではないのですが、何だかほんわかして好感が持てました。忘れなければ次回も見てみようかな・・と思っています。
歌が好き、と言うのも理由の一つかもしれません。

それと「ちゃんぽん食べたか」も懐かしい感じでいいですね。(「カステイラ」の時も時々見てました。)

キムタクやジャニーズ系のの「俺カッコイイだろ」的なドラマや、「お言葉を返す・・・」的なの、殺人もの、苦手ですので、なかなか見たいものがないのですが、いろんなドラマが作られてるもんだな~と感心、作りすぎじゃないのと思っているおばさんです(笑)。

おばさん 様
♪しょ・ちゅ・う~う~お見舞い、申し上げっますううう~~っ(笑)。 コメント下さり、ありがとうございます。

あああの、サンジャポに出てるなんとかいう女医さんですね(笑)。 あまりに大根なんで、爆笑して終わりでしたが…(笑)。 アレ、毎週出るんじゃちょっとツライですねー(笑)。 1回きりを希望します(笑)。

あとは彦麻呂クンが(笑)。 「オマエ、ちっとも痩せねえなー、マジで死ぬぞ」 とか。 スターウォーズにあんなのいたよなあ、みたいな。

こういうチョイ役が出てくるなんて、もしや隙のあり過ぎるドラマなのではないか、という危惧はありますね。 第2回目の出来に大きく視聴意欲が左右されそうな…。

「お言葉を返すようですが」(笑)、私あのドラマは好きです(笑)。 上川サンがいいんだなー、杏サン以上に。

で、「表参道高校合唱部」 で気になるのが、「口パクでも全然いいけど、ご本人が歌っているのかな?」 ということ。

もしそうだとすると、芳根京子チャンも森川葵チャンも相当スゴイ。 まあ、ドラマの魔力で、騙されているなら騙されたままでいましょう。

青春というものは、遠ざかるほど眩しい…などと感慨にふけりながら見るのも一興かと(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/61907677

この記事へのトラックバック一覧です: 「表参道高校合唱部!」 第1回 いじめる側の汚れた心、それに立ち向かう澄んだ歌声:

« 2015年夏ドラマ、いちおう今週見た分についての感想 | トップページ | 「天皇の料理番」 自分の思うがままに生きよ、だが自分のために生きるな »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ