« 2016年冬ドラマ、第1回目を見て その1 | トップページ | 「真田丸」 第2回 大マジメな 「はぐらかし」 の妙 »

2016年1月23日 (土)

2016年冬ドラマ、第1回目を見て その2(「ちかえもん」 だけ…)

 前回の終わりで 「一番面白く見たのは 『フラジャイル』」 などと書いてしまったのですが、そのあと見た 「ちかえもん」(NHK総合木曜夜8時) に、やられてしまいました(笑)。

 この時代劇、スランプにあえいでいた近松門左衛門が傑作 「曽根崎心中」 を作るまでを、NHKの許容範囲において(笑)出来るだけパンキッシュに描いています。 流れとしては、大昔に美空ひばりサンなんかがやってた無国籍風の時代劇を彷彿とさせるのですが、とにもかくにもそこには 「NHKの許容範囲」 がほどよいリミッターとなって働いている。

 「NHKの許容範囲」 というのは、時代劇なのに主役の近松がしゃべってるナレーションに英単語を紛れ込ませたり、みたいなことなんですが、これは 「あの世」 の近松が現代人に語りかける、というシチュエーションを想起させ、特に羽目を外しているわけではない。 その最大の許容範囲は、近松に 「大阪で生まれた女」 の替え歌を歌わせ、そこに 「うた 近松門左衛門」 というスーパーインポーズを入れる、という遊び心、といったところでしょうか。

 特にこのニューウェーブ風時代劇の、ひとつ間違えば単なるコメディドラマに堕してしまいそうな危ういバランス感覚を支えているのが、主演の近松を演じる松尾スズキサンであることは確かでしょうね。
 この人、「あまちゃん」 で有村架純チャンを雇っていた喫茶店 「アイドル」(だったっけな)のマスター役、というのがいちばん有名なところですが、コメディ演劇集団主宰の個性派俳優、という括りでよければ、その肩書きが 「あまちゃん」 なんかのチョイ役より、最大限に生かされている作品になっている、と思う。

 このドラマにおける笑いのツボ、というのは、「他人に決して伝わることのないツッコミ」 ではないか、という気がします。
 このドラマの近松は、本人がナレーションで明かしている通り、「スランプ中のシナリオライター」。 他人から褒められたくて、昔ちょっと味わったいい時代の栄光にしがみつきたくて、自分の才能の限界を思い知りたくなくて、ウジウジしている男。
 そんな男が日々直面するのは、「他人が自分に対して向けてくるさまざまな思い」 なのです。 あわよくば利用してやろうとか、昔はよかったのに、という憐れみとか、なんという情けない人生を送っているのだ、という失望とか。
 それらに対して、近松は心の声でいちいち弱々しいツッコミを行ないます。 弱々しいから、他人には絶対伝わらない。 ドラマ的にはそこが面白いのだが、また同時に、それが哀しくもある。

 その、「弱々しい心の叫び」 を表現する、松尾スズキサンの演技が絶妙なさじ加減なんですよ。

 それらは確かにパンチに欠ける笑いなのですが、その 「力の抜け加減」 でこのドラマを引っ張っていってしまう。 正面突破のお笑いではない弱々しさに味をつけられるのが、コメディ演劇集団主宰、としての才能なのではないでしょうか。

 その面白うて哀しい戯作者に絡んでくるのが、字幕では黄色で実はこっちが主役扱い、という青木崇高サン。 青木サンが演じる万吉、という男、最初 「親不孝の不孝糖」 という飴を売っている棒手売りなのですが、半ば(いや完全に)強引な形で近松に近づいてくる。
 ここで当時の時代背景を説明しなければならんのですが、面倒なので簡単に言うと、当時の将軍綱吉が親孝行を奨励していた(ホンマ簡単やな)。
 世の中親孝行がもてはやされるそんな風潮に 「オレも親孝行せにゃイカン」 と近松の精神的な足枷となっていたところに、その万吉は 「そんなもん辛気臭い」 という、逆説的な存在として登場してくるんですよ。
 だからその、万吉自体が実に現実味のない存在。 素性が知れないし、もしかすると近松のなかにくすぶっている 「世の風潮に対する反駁」 の具現化した、「もうひとりの自分」 なのかもしれない。
 近松は万吉の突飛な行動にいちいち呆れ果て反発するのですが、彼は近松をスランプから脱出させるアイコンであることは、容易に想像がつきます。

 しかしこれらの話の運びかたが、いちいち浄瑠璃とか歌舞伎とか、落語とかの下敷きの上に構築されているのは、さすがに 「ちりとてちん」「平清盛」 の脚本家、藤本サンの手腕であります。

 さらに注目すべきなのは、劇中でも触れられていましたが、この話が戦国の世が終わってからおよそ100年後の話である、ということ。
 つまりこの物語は、元禄時代という大昔を描きながら、実はいまから30年くらいあとの日本(いま戦後70年ですからね)を予見しよう、という、壮大な試みも隠されている可能性がある(オーゲサすぎ?)。

 今週放送された第2回目はまだ見ておりませんが、いまんとこ 「フラジャイル」 を抜いてこれが冬ドラマの中でベスト。

 そしてこの記事は、その3に続くのであります(「フラジャイル」 の感想はどうした?)。

« 2016年冬ドラマ、第1回目を見て その1 | トップページ | 「真田丸」 第2回 大マジメな 「はぐらかし」 の妙 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

青木崇高サンは毎度毎度、藤本サンと懇意ですね。
その内、京本政樹も出てくるかな?

「花燃ゆ」に批判的な人からは逆に好評だった
寿姉さん役の優香さんも登場。周囲に
年増扱いされていないと、そんなにオバサンかな?
という気がするのですが、嫁さんに逃げられた50歳
な主人公としては結構、気があったりする話。

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

このドラマ、近松の年齢が50というのも、自分と近くてシンパシーを感じるのですが、よく考えてみると、当時の50というのは、「下天のうちを比ぶれば」 の世界ですから、実はほとんど人生終わってるわけですよね。

つまり 「死ぬ前にもう一花」 という話になりそうなんですが、母親の介護問題も控えている感じで(笑)ずいぶん現代ナイズされた感じは、いたします。

リウさま、おじゃまいたします。

クイズ番組での回答が「近松門左衛門」だった時
「答えはちかえもん!」と言ってしまうくらい
ハマってしまいました。
続きが気になって、来週が待ち遠しい、というドラマになってます。

ついついリウさまの文章をも
ドラマ口調の関西弁で読んでしまってました。
くっくっと笑いつつ見てますが、なんだか最後は泣かされてしまうんだろうな、という感じがしてます。

あおぞら様
コメント下さり、ありがとうございます。

ボク「はしえもん」です(笑)。 って、続きをちーとも見てないっ(笑)。 「あさが来た」 がたまり過ぎて、見倒してる最中なのですが、やっと正月分までたどり着いて(笑)。

「冬ドラマ」 の記事の続きも、だからなかなか出来ません。 そのうち冬クールが終わってしまいそうです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2016年冬ドラマ、第1回目を見て その1 | トップページ | 「真田丸」 第2回 大マジメな 「はぐらかし」 の妙 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ