« 2016年冬ドラマ…その3 「家族ノカタチ」 | トップページ | 「真田丸」 第4回 カマの掛け合い化かし合い »

2016年1月31日 (日)

「真田丸」 第3回 「飽きさせない」 ための技術

 すでに去年の 「花燃ゆ」 が記憶の彼方に行きつつある昨今ですが(笑)、今年の 「真田丸」 を第3回まで見ていて、「ドラマを飽きさせないことって、こういうことなんだな」 と思い知ることが多いです。 「花燃ゆ」 なんか、見ている途中で何十回寝たことか。

 つまり、「どーでもいいことを延々とやられる」 と、寝てしまうんですよね。 「この人はこれだけみんなに尽くしました、これだけのことをやりました」 ということって、人ひとりの人生にとっては意義のあることなんだけど、それをドラマで見せようとすると、見ている側は 「あーはいはい、そうねそうねそうね、はいはい立派立派、はいはい分かりました」 みたいな、どこかの漫才師みたいなことになってしまう。

 「真田丸」 第3回では、まず信繁(堺雅人サン)を取り巻くふたりの女性、長澤まさみサンと黒木華サンでドラマとしての起伏をつけ、小山田一族と共に死んだはずの小山田茂誠(高木渉サン)を落ち武者として登場させることで、信繁の姉であり茂誠の妻である木村佳乃サンもきちんとドラマに絡ませていく。
 政治的状況においては信州の国衆(まあ、豪族みたいなもんでしょうか)に寺島進サン、西村雅彦サンらの手練れを配置して昌幸(草刈正雄サン)のパワーゲームを見せる。
 信繁の兄、信幸(大泉洋サン)の 「マジメさ」 というものを第2回で見せておいて、その 「マジメさ」 故に、昌幸のパワーゲームの中で翻弄され傷ついていく信幸の姿を第3回で活写する。
 そのなかでは家康(内野聖陽サン)の 「信長様はキレイ好き、とっ」(小林克也サンの歌…知らんだろうなァ)でおおいに気を使う場面や、信繁の母親(高畑淳子サン)とおばば様(草笛光子サン)のやり取りを挿入することも忘れない。
 信繁は信繁で、国衆の民どうしの 「薪取り合戦」 において 「下から攻撃したら上から丸見えだから、上に回って攻撃」 などの 「戦上手」 なところを、これまたさらっと見せてくれるし。

 要するに、内容がこの45分だけで、てんこ盛りなんですよ。 眠たくなるヒマがない。

 この、登場人物すべてに気配りがなされている点は、三谷脚本のすごいところだと、素直に感じます。
 気配り、と言って、大したことじゃないんですよ。
 ほんの5分でも、いや、2、3分でもその人を画面に登場させ、その人たちの考えそうなこと、言いそうなことをあらかじめ調べてから性格設定し、肉付けしていく。 そうしたうえでその人物たちにしゃべらせれば、もうほんの数分でも立派に印象的な場面が作っていける。
 こういう簡単な、脚本家として初歩的なことが、なんで去年の大河にできなかったのかな~。 だからダブル脚本とか、トリプル脚本とか、ダメなんだよ。

 で、第3回の白眉は、先にも書いた昌幸が繰り広げるパワーゲームなのですが、それはほかのドラマブログに任せるといたしまして(笑)。

 ただそのパワーゲームに翻弄された、信幸についてはちょっと。
 結局 「お前はマジメすぎて演技が出来ないから黙ってた」 と父から言われ、傷つきながらも、そこにいろんなフォローが入っていくのは見事。 寺島サンが堺サンに 「兄貴は今しんどいだろうから話を聞いてやれ」 と声をかける、という流れは、もう去年の脚本家たちには書けなかったでしょうね(ズタボロだ)。
 そこに絡んでくるのが、先にも書いた小山田茂誠であり。 こういう用意周到なところがドラマ好きにはたまらないんですな。
 信幸は自分のプライドがズタズタにされていた矢先だから、「知ってしまった以上は 『腹を召されよ』 と言うしかない、それが嫌ならわしがここで斬る」 と、自分のマジメさを押し通す反応しかできないんですよ。
 この反応の展開の仕方が、実にドラマ的である、と言える。

 結局信幸は 「この人を斬るなら、姉も一緒に斬りなさい」 とかばった木村佳乃サンの姿に自分の持ち場のない怒りを鞘に収め、茂誠が逃げるための猶予を与える。 第3回序盤で茂誠を失って食事ものどを通らないさびしい木村佳乃サンの姿をさりげなく描いていたからこそ、この展開が説得力あるものに仕上がるのです。

 しかし第3回で私がもっとも萌えたのは(笑)、信繁に片思いを募らせる長澤まさみチャンでしたねー(笑)。
 彼女は 「このドラマ、現代語がおーすぎ」 という巷の 「真田丸」 批判にいちばん深く刺激を与えるような役で(笑)。
 でも、いーんだなー、こういうツンデレ系のオキャン系(笑)。
 信繁がまさみチャンの恋心などちーとも気付いていないのはまあお約束といたしまして(笑)、「華チャンに櫛を買ってきた」「ああ、そー言やオマエのもあるよ」 で、じっさいの櫛は華チャン用が木箱にうやうやしく入っていて漆塗りの上等なヤツで、まさみ用が粗末などーでもいい櫛(笑)。 そこに華チャンの兄の藤本隆宏サンが入ってきてさらに会話に入っていけなくなり、そこに薪取り合戦の展開。 そこにのこのこついていって、「足挫いちゃったかな~」 とか。

 もうこういうコ、オジサンは萌えるんだよな(笑)。 たぶん三谷サンの趣味でもあろう(笑)。

 かくして 「飽きさせない技術」 をまざまざと見せつけてくれる今年の大河、次回は織田に乗り込むぞ~。

« 2016年冬ドラマ…その3 「家族ノカタチ」 | トップページ | 「真田丸」 第4回 カマの掛け合い化かし合い »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

もう、次回を見終わりましたが、信幸どうでしょう、ドッキリ回は、見応え有りましたね。
洋ちゃんが真面目に頑張る程、面白い。しかも、草刈パパ、真面目な息子に、「お前は芝居が出来ない」と。これを、聞いて、どれ程の役者さんが耳が痛かった事でしょう。だって、このドラマ、芝居上手の人ばっかりがでてるんですもの。今までの大河への、三谷さんからの皮肉に聞こえました。勿論ストーリー上は信幸の真面目さを言ってるわけだけど。
信幸のドッキリへの苛立ちも、昌幸の、だって嫡男だから、何かあったら、お前が真田を守れ!で救われるわけだけど。苛立って逃げてきた義兄に腹を召されよ!と刀を抜いても、疲れてるからパパに報告するのは昼過ぎね。っていい人すぎる信幸君。信幸どうでしょう劇場でした。(笑)
このドラマでは長男、次男はきっちり区別されてて、お家の大事な会議に主人公は、呼ばれない。立聞きとか盗み聞きもしない(笑)
でも、その分、自由に恋愛したり、薪の取り合いに参加して賢さを披露したり。あの櫛。縁側で綺麗に紐を結んでたのが梅ちゃんへの櫛で、仲介を頼む長澤まさみちゃんへは、箱無しの普通の櫛。
大河ではあまり報われていないまさみちゃんだけど、今年はどうなんでしょう。
おじ様の萌えが続くといいですね。(笑)
今回は織田につく真田家ですが、第4回と第5回で、織田信長の出番は終わりそう。真田丸の航海、波高しが続いております。(笑)その間、恋愛してる主人公、いいなあ。(笑)


ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

あ、今週はお仕事じゃなかったんですか(笑)。 なんだか今年の大河はレビューのタイミングが遅れると悲惨になりそうだ(現に仕事休みの土曜日に見て、それからレビューというのは、さすがに遅すぎる)(だからほかのドラマブログと差別化を図らなければならなくなるのです)。

大河の出来がいいのも、良し悪しであります(笑)。

この第3回では、長澤まさみチャンの恋心に次々と難題を仕掛けてくる三谷のヤローの(笑)意地悪と、それにめげないまさみチャンに、心底萌えました(笑)。

それにしてもですよ。

黒木華チャンが綾瀬八重チャン並みに相撲取りクラスのオオヂカラ持ちとは(笑)。 これこそミスキャストか(爆)。 ぶっ飛ばされるのが広瀬大尉の藤本サンだからなおさら笑えるんですよ。

こういう、見ていて罪のない面白さがそこかしこに隠れているのが、またドラマを飽きさせない手段のひとつでもあるんですよね。

ちなみに来週は録画組です。(笑)久しぶりというか、今季初めて、オンタイムで第4回見ました。(笑)この頃、シフトがグダグダでして、そのしわ寄せがパートに来てるんですよ。社員がシフトを決めれない!ですって(笑)
人数が足りないって、雇ってる側がどうにかする問題だと思うんですけどね。一族経営会社だから甘えもあるんでしょ。パートも消耗品扱いだし。
だから社員もパートも、すぐ、辞める(笑)
梅ちゃんの怪力。梅ちゃんは意外にしたたかな女性らしいです。堺さんによると。梅ちゃんもきりちゃんも母上的には嫁にするのは気に入らないだろうって。
徳川の養女を押し付けられるにいちゃんと違って、今は病弱の嫁がいるけど、このお嫁さんの演技がとても辛気くさい(笑)次男は恋愛もオッケー(笑)
松姉さんの旦那は将来、昌幸に仕え、信幸の家臣になるんだとか。だから、死なないんです。(笑)サバイバル術は一番持っていそう。
それでは、また。来週は録画でみます。本能寺もう来る。ちょい役の信長。でも武田が滅んでから本能寺の変まで、三ヶ月くらいらしいから、戦国時代って、本当に大変。航海波高し。(笑)

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

基本的に会社なんてものはですね(と、会社をダメにした男が申しますが)、「いくら辞めさせてもほかになり手はいっぱいいる、募集かければ一発でくる」 などと思っていてはイカンのじゃないですかね(説得力なし?)(いちいち自分を卑下するのも嫌味かな?)。

パート、アルバイトというのはある意味で客に接する最前列の 「会社の代表」 な場合もあるのですから。 ぶすっとしてレジ打たれたんじゃこっちの気分も悪くなるもんです(笑)。

それはそうと。

あちゃ~、信幸の妻の話を書くの忘れたぁ~っ(笑)。

これって 「シャボン玉ホリデー」 の 「病気のおっかさん」 じゃん、って思ったんですよ(笑)。  ハナ肇サン。 あれは完全に笑わせに入ってますね(笑)。 その、完全ギャグの妻に対する大泉サンの反応が、またいいんだこれが(笑)。

これほどまでにてんこ盛りなら、寝てしまうヒマなどないはずです。

信幸の奥様の病弱演技がハナ肇さんや、ドリフのコントに出てくる演技に見えてくるんですよ。(笑)たらいが天井から落ちてくるんじゃないかと。(笑)嘘くさいでしょ?
病弱な妻を持つ兄と、怪力健気なお梅ちゃんを好きな弟!
うまく作ってますよね。
何しろ、昌幸が一番、怪しい人物ですから。上杉に書状を取られて佐助が口から血を垂れた時は、本気で悔やむ兄ちゃんには悪いけど、笑ってしまいました。挙句かけられた言葉が「芝居できないじゃん!」だもの。
虚実混ぜつつ、史実はしっかり押さえて、脚本が練られていますよね(笑)今回は国会で文句なんぞ言わせるものか!という三谷さんの意気込みが笑いの中、滲みでてます。
こうなると、花燃ゆが前座だったのは、吉としか言えなくなります。


ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

佐助が(フェイクで)死んだときは、「佐助、オマエ真田十勇士になるんじゃなかったんかい!」 と思ったんですが(笑)。

ただこのドラマ、画面が暗すぎて佐助が藤井隆サンであるかどうかの確認が出来ない(笑)。 「画面が暗い」 という点では 「花燃ゆ」 も同じでしたが、これってうちのレグザがヘンな明るさ設定になってるんじゃないですよね(笑)。

まあ、昔は暗かった、ということで(笑)。 「陰翳礼讃」(笑)。

ただ役者の顔が分かんない、というのは、演じる側も顔芸が出来ないから不利ですよね(「半沢直樹」 のことを言ってるのか?…笑)。

うちもレグザだけど、確かにAQUOSより画面は暗いです。映画を見る時はいいんですけどね。
AQUOSも家に3台あるけど、画面が明るいですよ。(笑)
私は映画好きなので、家の中で一番古いレグザをリビングで見てます。寝室にはチューナーを引いて、古いTVも置いてあって見てます。今では、それが一番重くて古いTV。でも薄型液晶にない味が見た目にあるんですよ。何せチューナーの具合が悪くなると、急に画面が止まってリセットしなきゃいけなくなるし。(笑)面倒くさいけど。
顔芸に頼らなくても、十分お芝居の出来る人達が演技しているドラマです。私の好きな龍馬伝では、よく、美しい龍馬のアップが多用されていてそれも良かったけど、三谷さんのお得意は群集劇なので、出演者全員、画面上主役の勢いだと思います。(笑)その中でも、堺さんの演技力を持ってすれば、十分主役は輝くっと。レグザ、暗いけど、私は好きなんですよ。だって私のお金で買ったから(笑)


ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

レグザってそうなのか~。 いや、私もいろいろと画面の明るさ設定を変えてみて、これがベストだと臨んで見ているんですが。 部屋の明るさに応じて照度が変わってしまう、ヘンな設定とかあるんだよな~(要らない…笑)。

アクオスは10年前くらいのヤツをオフクロが見てたりしますが、亀山がなんぼのもんなの?みたいな解像度の悪さです(笑)。 こんな仕事してるからシャープ業績悪くなったんじゃ?みたいに思ってます(ハハ)。 亀山だ亀山だって、さんざんエバってましたからね(笑)。 今は知りませんが。

ブラウン管、という言葉が理解できない人が、この先どんどん増えていくんでしょうね。 プリプリの 「ダイヤモンド」 がイミフになる(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/63145727

この記事へのトラックバック一覧です: 「真田丸」 第3回 「飽きさせない」 ための技術:

« 2016年冬ドラマ…その3 「家族ノカタチ」 | トップページ | 「真田丸」 第4回 カマの掛け合い化かし合い »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ