« 「あさが来た」 まだ視聴はまったく追いついてませんが… | トップページ | 「真田丸」 第1回 NHK 「真田モノ」 の遺伝子 »

2016年1月10日 (日)

「花燃ゆ」 最終回まで見て

 史上最低レベルの視聴率を叩き出した(笑)去年の大河ドラマ 「花燃ゆ」 でしたが、同じサイテー視聴率の 「平清盛」 と比べると、内容としてはたいへん劣っていたと言わなければなりません(歴然としててあらためて言うまでもないが)。 当ブログでも、第1回のレビュー以来記事がまったく途絶えた最初の大河となりました(記事付属のコメントでの言及は続いたけど)。

 内容が悪かったそのいちばんの原因は、複数の脚本家による語り口が、互いの長所を引き出していくよい化学反応を起こさず、内容の方向性の拡散を助長してしまった点にある(と断言…笑)。 巷間言われる、「吉田松陰の妹というネームバリューの低さ」 や 「主役の演技力」 などは問題の核心から遠く離れている考察だと私は考えます。

 なぜなら、一庶民の人生を描いた(しかも完全フィクション)かつての大河ドラマ 「いのち」 はじゅうぶん面白かったし、演技がたとえ稚拙であっても周囲の演技達者に引っ張られれば、視聴には耐えうるものに昇華するものだからです。

 「花燃ゆ」 の脚本家は当初2人体制。 それが途中でひとり加わり、後半(3分の1?)は小松氏の完全な独壇場。
 これって当初の目論みと言うか意図が完全に失敗だった、とNHK自身が認めた何よりの証拠でしょう。
 私が考えるに、2人体制でやる以上はもっと話し合いを密に持って内容の齟齬が起きないようにするべきだったと思いますね。 この回はあなた、この回はあなた、という振り分けしか行われなかったんじゃないのか。 お互いの脚本家はただ予定表に書かれた内容に沿いながら、お互いの仕上がった脚本家を読むくらいの意思の疎通しか行われなかったのでは?

 私がいちばんおかしいと感じたのは、長州藩の大奥(厳密には大奥は江戸にしかないが)に上がったときの主人公美和の目的(自分の夫がどうして死ななければならなかったのかを大殿さまに訊く、とか?…もう忘れた…笑)が、結局何ひとつ具体的な答えを用意できないままに終わってしまった、ということ。 そもそも藩に迷惑をかけた久坂玄随の妻を城に召抱えるという説明の仕方がなってない。 だから結果的に久坂の妻である美和(文)の存在意義自体が大きくぼやけてしまう。

 その、物語の迷走の中核に存在していたのは、長州藩主のそうせい様だったように感じます(名前は、毛利…えーと…笑)。
 この人、結局なにを考えてたのかが最後まで見えなかった。
 長州藩の頭がこれだから、長州藩自体がなにをやってるのかまったくつかめない。 そうせい様が吉田松陰のことをどう評価していたのかもつかめない。 吉田松陰の評価が定まらないから、松陰の妹の立ち位置もさらにぼやけていく。

 物語の流れを追っていくと、その吉田松陰が存命中はまだ話に緊張感がありました。 特に松陰が自分の考えを間違っているのでは、と自問自答するくだりなどは、この物語のいちばんの見せどころではなかったか、と思います。
 だがその松陰の思いが、どのようにその後の歴史に浸透していったのかという、いわばこの物語を面白くするうえでいちばん大事な部分が、「女子供向け大河」 というヘンな単純化によって完全に反故にされてしまった。
 そりゃ松陰を否定するのはかなり勇気がいりますけどね。 そこに切り込まないと、この大河の存在意義もない。

 ただ、吉田松陰の存在自体が強烈過ぎて、松陰の死後、物語の方向性はますます混迷を深めた、と言っていいでしょう。 そもそも吉田松陰でこんなに引っ張らなくてもよかったのかもしれません。
 いや、それは選択の問題でしょう。 「妹をやる」、と決めた最初の時点から、松陰の生前と死後の物語はガラッと変わることは分かっていた。 松陰の役割を死後を楫取に託したのが結局失敗に終わった、ということになるのでしょうが、それに成功していたらもっと物語は引き締まっていたかもしれません。

 結局のところ、「花燃ゆ」 最後の脚本家となった小松氏がこの物語の落とし所として使ったのが、「いのち」 で主役を張った三田佳子サンを要所で起用することだった(小松氏かどうかは知らんけど)。 三田佳子サンの役は、群馬の生糸産業のいわば上層にいた人物でしたが、美和の人生をきちんと普通人としてのステージに下げることに成功した気がします。

 しかしながら、小松氏には最後の厄介な仕事が残っていた(笑)。

 それは、楫取が美和の初恋の人だった、という、物語当初の設定をうまく回収することです。

 これは 「花燃ゆ」 という、 「吉田松陰の妹」 かつ 「群馬県初代県令楫取素彦の妻」、という人物の物語にとって、ドラマチックを演出するための唯一の手段だった気がするのですが、それが物語の最後に来て、わざとらしさを醸しだした最後の悪臭のもとになってしまった、と私は思うのです。
 つまり、第1回で純愛を演出してしまったがゆえに、話の風呂敷を畳む終盤で、楫取の妻であり美和の姉である優香サンの 「亡くなるのを待つ」 みたいな、ヘンな流れが出来てしまった。
 
 ここでさらに厄介だったのは、姉の優香サンの性格設定が当初、かなりキツイものだったこと。 自分の姉の性格がキツイまま、後妻に座るのはいかにも居心地が悪いため、小松氏は姉の性格を大きく方向転換せざるを得なくなったのです(と私は踏んでます…笑)。

 吉田松陰の実家である杉家において、唯一現実を直視していた姉優香サン(役名が思い出せないが調べる気がない…笑)は、「花燃ゆ」 のお花畑的なベースにとてもよいスパイスを与えていたのですが、これが物語終盤に来て 「そのままじゃマズイ」 ということで(笑)、姉はまるでマリア様みたいに穏やかな性格になっていった。 そしてその齟齬を隠すために、前半での優香サンの役割を、久坂の婚外子とか(笑)なんとかとかいう息子に委ねた(もう名前がね、全然ね、はぁ…笑)。

 こういうことに神経を使い過ぎた結果(笑)、美和と楫取は鹿鳴館で踊ったあと群馬を去って山口で新たな人生を迎える、という、「楫取美和の人生これからじゃん」という、実に中途半端なポイントで物語の幕引きを強引に迫られてしまった(笑)。 結局このドラマ何がしたかったのか、と言うと、美和が初恋の人と結ばれてメデタシメデタシ、という、実にクーダラナイクーダラナイのココロになってしまった、という…。

 鹿鳴館、というのは明治期の日本が諸外国に対して 「こんなに日本は進んでますよ」 というクーダラナイデモンストレーションの賜物だった、と学校では習いましたが、図らずも薩長が形成していった明治期の日本のありかたと、主人公の生き方が(辛辣に言えば)リンクしてしまったようにも思えた、そんな残念な最終回になってしまった。

 こういう、日本のドラマの代表とも言える大河ドラマにおいて、このような方向性の定まらないものを見せられるのは、もうこれっきりにしてもらいたいものであります。

« 「あさが来た」 まだ視聴はまったく追いついてませんが… | トップページ | 「真田丸」 第1回 NHK 「真田モノ」 の遺伝子 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様 

復活おめでとうございます
リウ様のレビュー なるほどなるほどの連続でした〜。

私は脚本家が複数だってことを後から知り、そうか それでなんか辻褄が合わないのね。
くらいの感覚しかありませんでしたから

それにしても、脚本というかNHKの裏の段取り不足に振り回されてしまった俳優の方々が可哀想になってしまった大河でした。

「真田丸」はどうなっていくでしょうね。

rabi様
ご心配をおかけして大変申し訳ございませんでした。 復活した途端に3本もまとめて書いてしまうとは、どうも躁鬱気味なのかもしれません(などと書くと、また心配させてしまいそうですが)。

分担作業となると、トータル的なテーマがどうしても形成されにくくなる気がします。 最後に担当した小松氏は、結局 「花燃ゆ」 という題名をそのままテーマにした気がするのですが(女たちが頑張っているそばで、花が咲き乱れている…という演出ですね)松陰の残した 「至誠」 という思想が家庭的なものに結びついてしまい、国家と国民の間に流れる 「至誠」 の意味まで切り込めなかったのが、とても残念なところです。

リウ様
復活した途端に3本もまとめてUP.
すごいパワーですね〜(◎´∀`)ノ
それなのに、あんまり反応がないのが

真田丸は録画したのを見ました。
草刈さん、上手くなりましたね〜。昔は喋り方に独特のクセがありましたけど(「美の壺」では、それを活かしてるのかも?)、大河では抑えているのか、とてもいい感じでした。武田勝頼役の平さんも・・・
大泉洋さんが、とっても真面目な役に取り組んでいたのが新鮮でした。

ところでリウ様、ノってる間に、冬クールの番組checkとかupされませんか?

今夜は「ダメな〜」の深キョンとディーンさんの番組見ました。こんな役どころありみたいなダメ女でしたけど、まずまずでした。

あとは、綾瀬はるかちゃんのドラマと「フラジャイル」「家族のかたち」etc

深夜帯にも面白そうなのがありそうですけど。。。

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

反応がないのは、まあそれだけ、「期待されとらん」 ということで(自虐笑)却って気が楽になります。 「どーせ誰も読んでないから」 と過激なことをバンバン書いてしまおうかな、と(やめときます)。

「このクールなにを見る?」 の記事は、ひと通り 「新」 のつくドラマを見てから決めようかな、と新ドラマを片っ端から見ているところです(いえ、ウソをつきました)。 予約して、そのままほっぽってます(なにしろ去年の秋ドラマを見倒していたので)。

あらためてヤフーの冬ドラマ特集を見ながら、書かせていただきます。

花燃ゆ、もう、初回記事のコメント欄に言いたい事、書き尽くしたのですが、残念な大河ドラマでしたね。
まず松陰先生の妹編は、うまく行っていたと思うんです。松陰先生のカリスマ性もありまして。
伊勢谷さんの松陰先生、素晴らしかった。伊勢谷さんの松陰先生に対する尊敬が演技に込められていて、現実と未来を見据え、異国の脅威に異国を知りたい、時に無謀、時に狂気、でも、知りたい、そして変えたい、己の知識や意見を世に届けたい。松陰先生、良かったです。
で、次は久坂の奥さん編。松陰先生の妹の時はでしゃばろうと、家族内だし、松陰先生が浄化してたので何とかなったけど、久坂編では、駄目夫、久坂のせいもあり、そこに愛はあったのかい?でした。で、大奥編。久坂の汚名を殿様に直談判して問いただすはずが、そんな事はどこかに消えて行き、美和さん、大活躍。最後は城の防備まで講義する始末。
で、群馬編。お姉さんのお手伝いさんとして、群馬に。で、群馬の女子教育に貢献して、ついに初恋の君とご結婚。鹿鳴館で群馬に鉄道ひけるようになったのも美和さんのおかげ。
本当は防府に隠居してから、彼女とカトリーの本当の社会貢献があるのだけど、そこは割愛。だって華がないもの。(笑)
この大河で一番損したのは大沢たかおさんかな。カトリーは木戸さんの分も働いたから、スーパーマンに。今まで山口県と群馬県以外では知名度の無かった人が、主人公の未来の夫という事で、無駄上げされて迷惑したと思います。JINでの好感度が下がっちゃた。(笑)
良かったのは伊勢谷さんと優香さん。
で、お気の毒だったのが、久坂と高杉。長州からの視点から描くはずだから、見所いっぱいのはずが、美和さん視点でしかない。(笑)
とはいえ、主役の井上真央ちゃんは一年、頑張りました。
この大河の最大の欠点、それは、カトリーを初恋の君にした事。お姉さんの初恋の君だったら問題無かったけど、義兄を妹の初恋の君ってのは、この大河の首を絞めてしまいました。
真田丸、やっと見られたので、ここにも書きました。(笑)

>反応がないのは、まあそれだけ、「期待されとらん」 ということで

まぁまぁ、みなさんシャイな方が多いだけじゃないでしょうかね。
過激なことをバンバン書けば、反応も大きいかも〜〜〜なんちゃって

今日はSMAP解散かのニュースが日本中を駆け巡りました。めちゃ驚きましたね。
SMAPはグループだから大問題ですよね。もし解散しちゃったら、もうsmapの歌は流れないのかもしれない・・・
一個人であれば、その人の持ち歌だから問題もないのでしょうけれど・・ 

SMAPは各人それなりの実績もあるし、解散しても個々で活躍していくのは確かでしょうけれど、やっぱりsmapとしての活動も続けてほしいなぁって思います。大ファンといわけではないけど、なんとかグループ活動を存続できないのかなぁ。

>「このクールなにを見る?」 の記事
一通り見てからってことは、1月下旬?2月上旬くらいにはupされるかなぁ。
楽しみに待ってますよ〜

ささ様
坐骨神経痛にめげず連投下さり、ありがとうございます。

愛は~、あるのかい~って、ケンとメリーでしょうか(♪あーいのーかぜーのようにー…違うかな)。

いずれにしても久坂も高杉も、よく分かんなかったです、なに考えてるのか(笑)。 前のさまざまな幕末大河では分かったような気になってたんですけど、去年の大河を見て、高杉も久坂もどういう人物だったのか、まったく分かんなくなってしまいました(笑)。 こうなりゃ再来年の大河は 「高杉晋作」 に決まりだ(いや、もう、いい…笑)(今後少なくとも10年くらいは長州の話は見たくない、かな…笑)。

その、久坂と高杉の長州藩内での立ち位置、というのも最後まで分かりませんでした。 いったいメーワクなのかどーでもいいのか重用されたのか(笑)。 高杉は外国にまで行かせてもらったから重用された、ようにも見えるけど、いや、よく分かりません…。

まあ、最初から 「花より男子」 みたいな大河を目指してたんだから別にいいのかな。

「真田丸」 にしてもそうなんですが、最近のNHK大河には、「登場人物の年齢的な配慮」 が全く欠如しています。 「真田丸」 第1回目の堺サンの設定は、おそらく15歳くらい、かな? その割には昌幸がやたら老けてたり。

それと同じように、「花燃ゆ」 でも真央チャンはいつまでたってもまったく歳を取らず、楫取は髪の毛フサフサなまま(そりゃ初恋の君がハゲてたんじゃドラマとして格好がつきませんから)。

これって、NHKが真央チャンのオバサン以降の話を見限った、ということだったのかもしれません。 せっかく楫取美和の人生がこれから始まる、というときをドラマの終点としてしまったわけですから。

特殊メイクでのオバサンの真央チャンを、見てみたかった気がします。

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

焚きつけないでくださいまし(笑)。 ただでさえなんとなく自分の情緒がおっかしいなーと感じているんですから(笑)。 どこかで自制してないと、自分が何を書きだすんだかちょっと怖い感じ、です。

冬ドラマに関しては、もう2、3始まっちゃってますもんね。 個人的には、綾瀬はるかチャン(チャンと言うにはもう彼女も三十路ですが)のドラマかもしれません(またよく知りもしないでいい加減なことを…)。 彼女、スタッフなのかもしれませんがいいドラマのアンテナ感度がいい気がするんですよ。 「会社休みます。」 も地味なようでしかもよく出来たドラマだったし。

あとは第1回目、すでに始まりましたが、BSNHKの 「鴨川食堂」?でしたか? 岩下志麻サンが出てるのがびっくり。 なんかすごい久しぶりなので、予約してあるヤツを見るのが楽しみです。

SMAPに関しましては、「真田丸」 第1回レビューのコメントに長々と下らないことを書いてしまいましたので、そちらをご参照いただけると幸いです(みなさんSMAPの解散にはショックを受けているんですね)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「花燃ゆ」 最終回まで見て:

« 「あさが来た」 まだ視聴はまったく追いついてませんが… | トップページ | 「真田丸」 第1回 NHK 「真田モノ」 の遺伝子 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ