« 「真田丸」 第8回 信繁が開けた 「大人への扉」 | トップページ | 「真田丸」 第9回 「人の命を失わないこと」…なんて、当たり前じゃん? »

2016年3月13日 (日)

NHK 「震災から5年 明日へコンサート」 SMAPの存在を実感する契機

 東日本大震災から5年と1日が経った12日、被災地の復興を念頭に置いた生放送のコンサートが福島県の會津風雅堂をメイン会場に行なわれたのですが、その全体的な印象はまるで 「プチ紅白」 のようでした。
 司会がSMAPの中居クンと有働由美子アナで、曲の前説に出てくるスーパーインポーズの体裁、そして巨大スクリーンをバックに繰り広げられる演出などが紅白歌合戦にかなり似せた作りをしていたからで、それが會津風月堂という規模の小さなキャパのなかで展開し、見ているほうはなんとなく 「大晦日の疑似体験」 をさせてもらった気さえするのです。

 ただ会場がNHKホールと比較してかなり狭いため、体裁は紅白ながらも出演者と観客との距離はぐんと縮まり、紅白のよそ行き感よりも断然アットホームな雰囲気であったことは確かです。
 そして紅白と決定的に違ったのは、出演者たちの歌に絡んで流される、被災地の人々と出演者たちの交流のVTR。 これが流されることで、復興から5年を経た東北の現在を垣間見せる努力がなされていた、と感じます。 歌番組において震災の遺してきたものに思いを致すには、申し分ない内容だったのではないでしょうか。

 會津風月堂を 「メイン会場」 と先に紹介しましたが、これも紅白の体裁と同じように、出演歌手によっては東北の別の地域からの中継でした。

 プリンセス・プリンセスは実に紅白の出場以来何年かぶりの(年数忘れた…笑)歌番組出演で、宮城県のライヴ会場から。 被災地への義援金を募るために再結成していたプリプリ、その寄付額が3億円とかいうニュースを最近聞いて驚いたばかりでした。 「3億…オイシイな(笑)」。 義援金目的でなくてもプリプリで食ってけるのではないのか?みたいな。
 歌ったのは代表曲の 「ダイアモンド」 でしたが、数年前紅白で見たときより、奥居サン…もとい、岸谷サンは声がよく出ていたような気がしました。
 さだまさしサンは 「絆診療所」 という被災地の病院(申し訳ない、注意深く見てなかったので情報が曖昧です)で、それこそ 「生さだ」 クラスの2、30人程度の観客を前に、「家族に乾杯」 の主題歌 「Birthday」。
 これら中継の趣旨は紅白のそれと違って、被災地からのものであるだけにきちんと意義が存在している。 紅白での中継って、「NHKホールで一緒にやんなきゃ意味ねーじゃん、カッコつけてんの?」 と思うことが多いけれど、こちらの番組は違います。

 「観客との距離が近い」 という点では、Kis-My-Ft2などはモロに客席に降りていっての歌唱で、メンバーのひとりなどは(ゴメン名前知らん)被災地でこの11日まで営業していた食堂のオバサンにかなりしっかりと手を握られ(笑)そのオバサンの 「手が震えてます」 と状況を説明するなど、キスマイをよく知らん私などにもほほえましい内容になってました。 歌知らんでもこういう演出はいいな。

 八代亜紀サンはもう、ガチのなかのガチ(スイマセンなってない日本語で)「舟歌」。 これ聴くだけで世界は一気に 「紅白」。 高倉健サンと倍賞千恵子サンの気分になれる(笑)。

 セカオワはNHK合唱コンクールの課題曲 「プレゼント」 を、郡山第二中学校(だったっけ?)の合唱部の子たちと。 この合唱部の女の子の 「いろんなことがあったから…」 と涙がこみ上げてしまうVTRではもらい泣きしてしまいました。

 キロロも久しぶりに見たのですが、VTRで歌ってた 「Best Friends」が聞きたかったけど、より被災者の方たちの心に寄り添ってると思える 「未来へ」。 沁みますね。

 そのほか、ゆずとか乃木坂46とか。 やはり楽曲は被災者たちのために歌われている、といった風情でしたが、やはりもっとも沁みたのは、綾瀬はるかサンが主導で出演者全員で歌われた 「花ーははーなは花は咲くー」。 亡くなった人への手紙が届くポスト、というパートで、そのポストの管理人さんが 「手紙を書いているあいだ、書く人の心は亡くなった人を思っている」 という言葉が、重たかった。 そのうちの手紙のひとつを綾瀬はるかサンが読んでから歌に入る、という演出でしたが、どうも以前の紅白のように、綾瀬はるかサンを泣かそう、という演出が入っていたような…(笑)。 でも泣きませんでしたよ、彼女(笑)。
 ちなみに綾瀬はるかサンはちょうど1週間後に始まる 「大河ファンタジードラマ 精霊の守人」 の主演ですね。 その関係でこの歌番組に出たのかな?

 ラスト近くでは北島三郎サンが、これもガチのなかのガチ、「まつり」 です。
 サブちゃん、やはり紅白にどうしても必要だぞ。 この人がいなくなった紅白は気の抜けたサイダーも同然ですよ。 戻ってきてくれーっ。

 そしてPerfumeの歌のとき、コケシスターズと会場のみなさんと一緒にペンライトを振ってた中居クン。 すごいコワイ顔でムチャクチャ吹きました(笑)。

 その中居クン、やはりさすがにさすがの司会進行…だったのですが、私がこの1時間半の番組を見ていていちばん気になったのは、年明け早々解散騒動があった、SMAPのあいだに流れる空気感だった気がするのです。

 そしていちばん感じたのが、SMAPの存在感。

 「人気歌手不在の時代」 みたいなものがどうも日本のミュージックシーンの主流となっているように感じる現在。 そんな時代がずいぶん長いように思っていたのですが、VTRで東北のかたがたと交流するSMAPのメンバーって、老若男女全員に認知されている。 「これってすごいことなんじゃないのかな」、と。
 そして彼らは例外なく、周囲から歓迎されている。 誰が人気ないとか、ないんですよ。 全員が均等。

 この番組、まずSMAP全員が会場の観客出入り口からこっそりと場内に入り、歌歌いながら観客席を通りステージに上がっていく、という演出だったのですが、そこでもうすでに会場の空気を主導していた。
 そしてラストの 「世界にひとつだけの花」 でも観客席に降りていって、観客との一体感を高めていく。 きっちりと、ホントにきっちりと締めてくれる。
 なんなのかなー、こういう種類の観客席って、SMAPのファンばかりじゃないわけですよね。 それが、みんな例外なく熱狂するんですよ、彼らと触れ合いたくて。 はからずも木村クンとデュエットしてしまった女性などは、恍惚とした感じにも見えた。
 これって彼らが、漏れることなく全員エンターテイナーである証拠ですよ。
 たしかにあの騒動の後だから、SMAPの存在の有り難さをみんなが分かってしまった証拠でもある気もする。
 彼らはどうしても、この5人のユニットでしか、実現できないパワーというものを持っている。

 そのアビリティを、彼ら自身がどう評価するのかはまた別の次元の話なんですが、もし彼らが今後ホントにひとりひとりでやっていく、という決断をした場合、そのかけがえのないアビリティはもう再び戻ってはこない、ということだけは確実に言える。 それを自分たちがどう天秤にかけるのかの問題、なのでしょう。

 最後になりますが、東北の復興状況を考えた場合、保育所の問題よりもよほど 「日本死ね」 的な気分にはなりますね。
 それこそ五輪のエンブレムとか国立競技場とかで、数千億円も無駄に使っている。 数千億ですよ? 数十億でも数億でも数千万でもない。 アホの集団だと思いますね政治家は。 あげくに足りないお金は税金増でなんとかなると思ってる。 日本の人口が減少してるのにどうして国家予算が史上最高とかなんのか、ワケが分かんない。
 どっかの野合は自分たちの名前決めるのに汲々としてるし。 「寄せ集め党」 とでもしとけ(笑)。

 で、「コストが安い」 とかいう理由で原発をやめらんない連中。 結局高くついてんじゃん(イカン、言葉がぞんざいになっとる)。 おまけに何十万年とかゴミだけが残るし。

 「死ね」 とか言われて躍起になって。 程度が知れる、というものです。

 復興は、遠い。

« 「真田丸」 第8回 信繁が開けた 「大人への扉」 | トップページ | 「真田丸」 第9回 「人の命を失わないこと」…なんて、当たり前じゃん? »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

5年前の3月11日、思えばあの日も今年と同じ金曜日でしたね。
私は震災後、気仙沼へボランティアに行った際、現地の人と復興に何年かかるかと聞いたら、「15年?いや20年はかかるかもね・・」と話されてのが心に深く残ってます。

他にも岩手、宮城、福島と物資を運んだりする手伝いもしましたが、その時感じたのは岩手宮城の人の思いと福島の人の思いが少し違う事でした。それは原発事故が関連してます。

テレビであまり取り上げませんが、福島県のある都市ではパチンコ屋が凄く賑わってる。理由は原発事故の避難民が東電からの賠償金で得た人達が多いと。でもその人達を一方的責めれない部分もあると感じます。

復興にはまだまた時間かかる。東京オリンピックにしても何で簡単に国立競技場を壊してしまったんだろうな?もっと他に金廻すとこあるだろうに。。


話は変わりますが、昨日のコンサート、残念ながら最後SMAPの唄う場面のみで番組に気づいて、ほとんど見逃してしまい悔やんでおります。再放送ないかぁー

會津風雅堂、昔一度浜田省吾の公演で行きましたが結構立派なホールでしたよ。昨日のコンサート観覧希望が75倍だったとか…凄い

ちなみに今日のNHKのど自慢(福島県広野町)も綾瀬はるかがゲスト出るみたいですねぇ。

まほろ様
コメント下さり、ありがとうございます。

私は福島出身なので、里帰りした際は出来るだけお金を落としていこう、と思っています。 それでも 「それって支援としては結構消極的」 という思いはありますね。 ボランティアを実行できるまほろ様は素晴らしい。

「賠償金でパチンコをしている」、といって非難の対象になるのも無理からぬ話ですが、「そんなはした金もらっても家も買えないからパチンコで当ててやる」(笑)。 …これは冗談ですが、もしかするとそういうケースだってあるかもしれないですよね。 働こうと思っても仕事がないからパチンコで増やそうと思っちゃう、とか(想像ですので一概には言えません)。

「想定外の出来事」 とかよく言うけど、そんなレベルで考えていること自体がおかしいのだ、と最近の原発差し止め裁判で判決にありましたよね。

ホントにその通りだ、と思う。

もともと原子力なんて、廃棄も含めて人類の手になんか負えない代物なんじゃないか、という気は、いつまでたっても消えることがありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/63336765

この記事へのトラックバック一覧です: NHK 「震災から5年 明日へコンサート」 SMAPの存在を実感する契機:

« 「真田丸」 第8回 信繁が開けた 「大人への扉」 | トップページ | 「真田丸」 第9回 「人の命を失わないこと」…なんて、当たり前じゃん? »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ