« 「重版出来(じゅうはんしゅったい)!」 第1回 黒木華の 「腰の重さ」 | トップページ | 「OUR HOUSE」、何がそんなに悪いのか »

2016年4月19日 (火)

「世界一難しい恋」 第1回 「エラソー男」 の生態観察

 大野智クンが一流ホテルのゴーマンなトップを演じるラブコメドラマ。 相手役の 「あさが来た」、ヒロインの波瑠サンの民放復帰第1作、という話題性も加味しています。
 「あさが来た」 でその波留サンの下で働いていた亀助さん(三宅弘城サン)が今度は波瑠サンの上司で出てるほか、「まれ」 で主人公の親友を演じていた清水富美加サンが波瑠サンの同僚とか、朝ドラつながりの布陣が目立つ気もします。

 まず、名実ともにトップクラスのライバルホテル経営者の北村一輝サンに激しい対抗意識を燃やしながら、気に入らない従業員をいとも簡単にクビにしまくる大野クンの 「ヤナヤツ」 ぶりが展開していきます。 この 「ヤナヤツ」 ぶりは前クールの 「家族ノカタチ」 での香取クンを思い起こさせる。 ジャニーズって最近、「ヤナヤツ」 を演じるのが流行っているのかな(笑)。

 しかし香取クンの 「ヤナヤツ」 ぶりって、設定的にもあまり笑えなかったクリスマスキャロルレベルだったのと対照的に、大野クンのほうはあくまで 「コメディ」 に寄り添っている。 ここらへんは阿部寛サンお得意の 「偏屈男の滑稽さ」 に似通ったものを感じます。

 ただ大野クンは言っちゃなんだが(言うけど)、阿部サンとは対照的にそんなに背が高い方ではない(気ぃ使って言ってんな…笑)。

 ところが大野クンはそれを逆手にとって(大野クンが逆手に取っているのか演出が逆手に取っているのか分からないが)、まるで性格のせせこましさと身長のせせこましさをリンクさせながら視聴者に、この男のコミカルを見せているような気がしてならない。
 見る側はあたかも、主人公の気持ちの小ささを生態観察でもするような気分で、ドラマに没入できるシステムになっているような気がするのです。

 それをどうして実感できるのか、というと、このゴーマン経営者のそばについているふたりの役者に、かなりできる役者が配されていることに原因があるのではないかと。
 そのふたりとは、秘書の小池栄子サンと運転手の杉本哲太サン。

 小池サンは非常によく出来た秘書で、ゴーマン大野クンにある程度ズケズケ本当のことを言っても許されるほど、彼の操縦術に長けている。
 だったら大野クンはこのよく出来た小池秘書と結婚すりゃいーじゃんか、という話になりそうなんだが、彼女は大野クンに恋をするというよりも、その滑稽な生態をときには運転手の杉本サンと一緒に観察して楽しんでいるような、そんな側面が感じられるんですよ。
 彼女は大野クンと結婚して、莫大な資産を手に入れようとかいう野心があまり見受けられない。 そこに今回の、大野クンの相手役である波瑠サンの入り込む隙がおおいに出来ることになる。

 しかし今回の波瑠サン。

 外国のホテルで修業をし数か国語に堪能、というアビリティを持っていながら、第1回目ではその全容がなかなか姿を現さない。 時折フランスだかの?恋人(ベルギー人とかいってたな)から酷い内容のメールが入っていて、こっそり泣いたりしている。 他方で行きつけの銭湯で牛乳を飲むのが日課になってたり、そんなあけすけなところもある。 とてもベールのかかった女性という感覚なんですよ。

 大野クンはそんな波瑠サンに、はた目から見れば非常に分かりやすく好意を寄せていくのですが(笑)、大野クンの手の内を視聴者側は生態観察してじゅうぶん把握しているのに、波瑠サンの気持ちがいつまでたっても掴めない苛立たしさが発生する。 「はぁ~、びっくりぽんや」 という単純明快な部分がないんですね。 いつまでたっても割り切れない未知数。

 しかしその波瑠サンが、牛乳がキライな大野クンの涙ぐましい努力に、空が晴れ渡ったような笑顔を返すんですね。

 この笑顔を見るためには、なんだってしちゃうぞ、というのが、男ってもんではないですか(笑)。 そのからくりがとても共感できる。

 もちろん基本的なスタンスはコメディだから、気楽にドラマを見ることが出来ます。
 なんか最後まで、ちゃんと見ること出来そうなドラマです(最近ちっとも最後まで見る気が続かんのだよな~)。

 ついでのようですが。

 いくら掃除がちゃんとされてるかのチェックとは言え、あそこまであっちこっち触りまくりでは、ホテルは大野クンの指の跡だらけになるのでは(ハハ)。

« 「重版出来(じゅうはんしゅったい)!」 第1回 黒木華の 「腰の重さ」 | トップページ | 「OUR HOUSE」、何がそんなに悪いのか »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

またオジャマします。このドラマはコミカルで面白いけどそれ以上に波瑠がますますカワユイのがイイ!
朝ドラ出る前はなんてことなかったのに、
いい役に恵まれてみんなに愛されるとこうなるのか。
「こんな子いたら誰でも惚れるわ!」

だけど「重版出来」もそうだけど意地の悪いヤツを
ギャフンといわせるとこや、上司にいいたいこと
言って観てる人がスッキリするなんてとこは
単純だけど楽しいですね。

あ、もう一枚借りてきたんです。図書館で。
大橋純子、たそがれマイ、ラブ。
いつも鼻歌で歌ってたんですが
タイトルがわかんなくて歌詞を言って探して
もらいました。この係りの女性も
とても親切でした。ワタクシ知り合うことが
無かった真面目で控えめなヒト。
コーユーヒトは(図書館で働く若いヒト、ミンナ)
いい人とめぐり合ってほしい、と、
おやじは思うのであります。

ドラマ大すきおやじ50才 様
コメント連投、ありがとうございます。

私が朝ドラ以前の波瑠サンでいちばん印象に残っているのは、クドカンの 「ごめんね青春!」 で失踪しちゃう、主人公の憧れの人。 いまにも消え入りそうな儚さと、クドカン特有の男っぽさが同居する女性でした。

しかし朝ドラの半年間を通過したあとの今回の彼女。

んーなんか、おやじ様もご指摘のように、「一皮むけた」、という印象がしますね。 存在感が段違いに増しているんですよ。

大橋純子サンは 「たそがれ」 ともうひとつ、「シルエット・ロマンス」 だけの人、という残念な印象なのですが(あと「シンプル・ラヴ」 もあるか)、それがことごとく、段違いの名曲であるのがすごいですよね。 こういう大人の歌い手は、もっともっと世の中は評価しなければなりません。 こういう人が評価されないのは、日本がコドモ社会である証拠だと思うのです。

リウさんこんばんは。
ヤフーの感想欄に投稿してみました。
苦労の末やっとできました。
コメントするよりずっと大変。
リウさんの苦労は記事の長さから
恐ろしいレベルと推察します。
なにやらスランプだとか・・・
納得できないんでしょうけど
あまり思いつめないでネ。
書く難しさを知った初心者より。

ドラマ大すきおやじ50才 様
コメント下さり、ありがとうございます。 相変わらず週末バタバタが続いて返信が遅れました。 申し訳ございません。

まあ、スランプというよりも、4本も同時に書いちゃったものだから結局アッチャコッチャに目移りして何を書きたかったのかを忘れてしまった(笑)。 そして時間がたつにつれてメンド臭さが倍増した(笑)。 そのうちに次回が放送されてマヌケになってしまった(笑)。 そーゆう構造であります。 その次回分を見てから前の回のレビューに書き足そうとすると、これがまたメンド臭さが倍増するんですよ(笑)。

しかし私も失礼ながら、軽い気持ちで 「ヤフー感想欄に」 などと書いてしまったら、ホントーにやっておしまいになるとは(笑)。

それだけの向上心があると、将来有望ですよ! 票が入ったらもっとやる気が出るでしょうね!

リウさん、こんばんは。
そうでしたか、よく読んでみると感想欄に
2,3行書く位のかんじで、となってましたね。
まぬけに「まじか、先生がそう言うのなら・・・」
と、かきこんだんだぜ~~(すぎちゃん元気?)。
結果としてリウさんやここにコメントされる方々の
やさしい言葉しか知らない赤子のようなワタクシが
誹謗中傷のネットの世界を知り、つくずく
良くして頂いてたんだとただただありがたく
感じています。
これを期にコンプレックスであるコメントの中身を
先生であるリウさんをお手本に
ヤフー感想がんばっていきつつ
こちらにも寄らせてもらいま~す。

ドラマ大すきおやじ50才 様
コメント下さり、ありがとうございます。

え~、なんかネガティヴコメントでも貰ったんですか? まあ気にしないでいきましょう。

ネットを跋扈している魑魅魍魎の類は(ハハ)まずネットで発言している自分以外の人間を 「エラソーに…」 と思ってる(笑)。 そして自分がそれ以上にエラソーにしていることに気付かぬ 「自分見えない人間」 であることが多いです。

要するに 「コドモ」 なのです。

ネットでの発言は基本的に評論という性格を逸脱できませんから、エラソーに見えるのはもう、どうしようもございません。 「コドモ」 はそこに目くじらを立てる。 「オトナ」 はそういう考え方もあるんだな、と捉える。 一歩進んで、すべての人の考え方を尊重できるようになると、もうこれは 「ホトケサマ」 という境涯なのであります(笑)。

リウさんこんにちは。
先日のアドバイスとてもためになりました。
みんなの感想は幼稚な中傷と
うまいなと思うのがそれぞれあって
かたよっていてもおかしいし
楽しくみれるようになりました。
この前までは文句があるなら
見なけりゃいいだろとおもってたのに。
ラヴソング感想欄はシリアスな内容だけに
観ていて勉強になります。
メールアドレス作ったので書いておきます

ドラマ大すきおやじ50才 様
コメント下さり、ありがとうございます。 わざわざアドレスを張っていただいて、信用されている証拠だとうれしく思います。

なんかたいしたアドバイス…アドバイスと呼べるものでもございませんが、参考にしていただいて恐縮です。

ネットだと相手の顔が分からないじゃないですか。 相手の素性も分からないし。

エラソーにしてたのが、実は中学生だった、とかいうケースも、あると思うんですよ。 だから 「コドモ」 なのは当然で(笑)。

私も実は51才ではなくて73才かもしれない(笑)。 いや、73才だったらもっとヒマなはずだ(爆)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/63507204

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界一難しい恋」 第1回 「エラソー男」 の生態観察:

« 「重版出来(じゅうはんしゅったい)!」 第1回 黒木華の 「腰の重さ」 | トップページ | 「OUR HOUSE」、何がそんなに悪いのか »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ