« 「スーパーサラリーマン佐江内氏」 藤子Fマンガとマニアックギャグとの相性 | トップページ | ムッシュかまやつさんの訃報を聞いて »

2017年2月 5日 (日)

2017年冬ドラマ、私の見た範囲で(「カルテット」「A LIFE」)…以下次号

 ほんとうは前の記事 「スーパーサラリーマン…」 もこの記事に入れようとしたのですが予想以上に長くなってしまったので別記事にしました。
 忙しいのでなかなか最新の回まで見たドラマが少ないのですが、とりあえず自分の見た範囲内で感想を書きたいと思います。

 まずはリタイア組。 TBS火曜22時 「カルテット」。 「Mother」「それでも、生きていく」 の坂元裕二氏脚本、ということだったけれど、この人のドラマでいいと思った最後は 「最高の離婚」 だったろうか。
 「最高の離婚」 の主役はヘンなこだわりだらけでかなりウザい男だったが、それが逆に哀しくて可笑しく、コメディドラマとしての根幹をつかさどっていたからこそ成立出来ていた。 しかしそれ以降の坂元氏の作るドラマというのは、個人的にそうした 「ヘンなこだわり」 が鼻につくようになる。
 それまで坂元氏のドラマで秀逸だったのは、「例え話」 の 「あるある感」 だった。 その例えにキレ味があったからこそドラマの中の登場人物に共感できたし感情移入もできた。 でもなんか、ずれてる気がするんだよな、ここ数年。
 それと、ドラマ設定のムリヤリ感がここ数作多いような気がする。 そうした齟齬が生じたまま、坂元氏はどんどん自分の世界の中に入ってしまい、登場人物がみんな坂元氏の心の代弁者みたいになってきて、性格は違えど同一人物みたいに思えてきてしまう(そもそも自分の中にもいろんな性格が入り混じっているのだから当然ではあるが)。 言葉(セリフ)にこだわるあまり、その言葉(セリフ)に呑み込まれていくような印象。
 これって、山田太一氏の全盛時を過ぎたドラマを見ていたときの心境と、どこか重なるところがある。 設定のムリヤリ感と話し言葉のヘンな違和感。 それがその脚本家の作るドラマの世界なんだよ、と言われれば話はそこまでだが。 満島ひかりの言ったセリフじゃないが、なんか見ていてミゾミゾするんだよな(意味不明)。

 リタイアしたのってこれくらいか。 フジ火曜21時の草彅クンの 「嘘の戦争」 や月9の 「突然ですが、明日結婚します」 は開始10分でやめたからリタイアにも当たらないというか。 あとは刑事モノとか事件モノとかそもそも別に見る気もなしというドラマばかりなので語りようがない。

 ただ、草彅クンのドラマを10分リタイアしたくせに、木村クンの 「A LIFE~愛しき人~」(TBS日曜21時) は見ている(2回目まで)。 なぜかなというのは考えたくなる。

 正直なところ、木村クンのドラマは内容的にさほど大したことはないように思える。 草彅クンのドラマのほうが見る人が見れば面白いのだろうけれど、私はどうも 「何を考えてるか分からない」 草彅クン独特の表情にミゾミゾするものを感じてしまうのだ(ミゾミゾが流行ってるぞ自分の中で)。
 それに比べて、木村クンのほうは 「顔で気持ちを表現してしまう」 みたいな部分があるように思える。 だからドラマで何か展開するたびに、彼の表情を追ってしまうのだ。

 重ねて書くが、ドラマは内容的に特段優れているとは言い難い。 そもそも心臓外科医が脳外科もやんのか?とか、父親が心臓の重い病気でそれを治したと思ったら今度は娘が脳腫瘍かよ、とか、ちょっと素人目にも 「あり得ないでしょ」 の連続だからだ。
 しかし木村クンが出てくると、それらがみんなスッ飛んで木村クンの動向に注目してしまう。
 これって巷間言われていることを無視しても、すごいことなんじゃないかな、と思う。 こういうのが、スターとしての素質、というヤツなんじゃないのかな、と思う。

 翻って、ことに自分の場合、草彅クンに関しては彼の心の奥底が読めない、という気持ちがある。 バラエティなんかの草彅クンも、最近は見ないが昔はよく見た。 だから彼の素を知っている気になっているのだけれど、実はなんか、彼はまだどこかで仮面をかぶっている、という気持ちが抜けないのだ。 これは彼がかつて起こした逮捕事件の不可解さから続いている。 彼の中には、どこかに底知れぬ闇があるのではないか、という。

 彼の出るドラマには、そんな闇をまるで増幅したかのような役が多い気がする。 つまりそこにあるのは、彼のキャラクターから来るリアルな怖さなのだ。 草彅クンがそんなものを表現できる役者であることがまず驚異的だが、私はどうも敬遠してしまう。 彼の中にある闇を見るのが怖いからだ。

 話は 「A LIFE」 に戻るが、そんな出来がいいと思われないドラマの中に、また力量のあるふたりの役者が放り込まれている。 浅野忠信と松山ケンイチだ。
 これを無駄遣い、と言えるのかどうか。 私の目下の興味の中心は、どうもそこにあるらしい。
 つまり、浅野はスーパー外科医マンである木村クンにただただ嫉妬する役なのだが、自分の妻の竹内結子が木村クンと仲良かったからとかそういう単純な動機なんだな。 それで一度は木村クンを病院から追い出したのだが、帰ってきて手柄を立てる木村クンを見てまた嫉妬し、壁をぶっ壊したりする。 その、自分が開けた壁の穴を、わきに飾ってあった絵画の額を移動して隠そうとしたり、ちょっと油断して見てるとただ笑えるだけのシーンなのだが、浅野はここに自らの狂気を表現しようとしていたようにも思えたのだ。

 私が見ている範囲(第2回まで)では、話の荒唐無稽さは相変わらずだが、浅野がこの単純な嫉妬の構造の中でどのように自らの役に狂気を含ませていくかに腐心しているような気がしてならない。 いわばこれは、木村クンアゲが目的で自分のために作られていないドラマの中で、自分をどれだけ木村クンのスターのオーラに対抗させようか、という戦いなのではないか、という。

 そして松山ケンイチ。 私が見た第2回までの時点では彼は完全に、「ほかのドラマじゃ絶対どうでもいい若手役者がやるような役」 というスタンスに甘んじている。 しかし彼がこんな、「自分のために作られていないどーでもいいドラマ」 に出るわけがないように思える。
 たぶん第2回の蹉跌をばねとして、木村クンにとって今後大きな脅威(もしくは強力な味方)となってくるのではないか、と私は予想しているのだが。 味方じゃつまんねえな。 あの平清盛だよ。 ど根性ガエルのひろしでもあるが。

 このひろしが出てるドラマより今回は裏番組の 「大貧乏」 のほうが面白い気がするのだが、ちょっと今日は力尽きたのでまた別の機会に書くとします。 書く予定としてはあと、「東京タラレバ娘」 と 「下剋上受験」。 気が向いたら 「幕末グルメ ブシメシ!」。 たぶん書かないだろうというのは 「雲霧仁左衛門3」。 これがこの冬ドラマで私が見ているものすべてであります。 「タラレバ」 はひょっとするとリタイアする可能性も…。

« 「スーパーサラリーマン佐江内氏」 藤子Fマンガとマニアックギャグとの相性 | トップページ | ムッシュかまやつさんの訃報を聞いて »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

「カルテット」バッサリですか(笑。

面白く無くは無いですが揚げ足取りの言葉遊びや
主要人物の粘着気質な性格を延々と描くとか
御指摘のように脚本家がちょっと
自分の世界に入りこみ過ぎている感が…。

私はキムタクはどうでもいいので「嘘の戦争」派。
「銭の戦争」は韓流ドラマのアレンジでしたが
これはオリジナルらしく往年の「赤のシリーズ」的
なものを狙っている?

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

「カルテット」 は、序盤の 「鳥からにレモンをかけるのかけないの」 の時点でもう、ほぼ見る気がゼロに近づきました。 「ああ~ッ、メンドクセエっ!」(笑)。 セリフを吟味し過ぎ、こねくり回し過ぎ、推敲し過ぎ、だので見ていて疲れる、というのが主な感想です。 伏線だの布石だの、昔は面白かったけれけどもいまはもう面倒くさい、そういうのは深読みしたい人がすればいい、というのが今の私のドラマを見る姿勢です。

草彅クンを見ていると韓流を思い出してしまう、というのも私が草彅クンを敬遠するひとつかもしれません。 私は差別主義者ではありませんが、このところの慰安婦の問題などを含め、かなり努めて冷静に考えてもお隣のイメージが悪いので。 もう関わらないでおこう、という気持ちが草彅クンにも(お門違いですが)波及しているのかもしれません。

ワタクシの推しの「嘘」と「カルテット」がバッサリやられてましたね・・・。こうなったらおんな城主にがんばってもらわないと。今回の春ドラマだめなの多いけど「大貧乏」は「ア・ライフ」を録画してるのでリアルタイムで観てます。ぜんぶひっくるめると
大河が観ていて一番ワクワクするし見ごたえがある。おとわ役の二人どちらもすばらしいので。そういえば
レビューがないな・・・。待ってますよ~~。

「おんな城主」もレビューしてたんですね。初回のころのものがあったのを再発見しまして。あまりに前にみたので忘れてましたがコメントのやりとりではまたもや不評のようで・・・。なんともワタクシがスルーしたスーパーサラリーマンを一押しのようですが。好きなものはひとそれぞれ。でもまずはリウさんがレビューしてくれることが一番ですから。

ドラマ大すきおやじ51才 様
コメント下さり、ありがとうございます。

「カルテット」 に関しては、そのあとネットでの評判を読むにつけ 「ディスって失敗したかな~」 と思っておるところでございますが、「いや、自分の思った通りに書けばいいのだ!これでいいのだ!」 と自分を鼓舞している状態ですcoldsweats01

ほかの記事でのコメントにも書いたのですが、「登場人物たちがキライ、こーゆー奴らキライ」、ということに尽きます。 昔の自分を見ているようで嫌なんですよ。 自分の感性に酔って、同時に嫌悪してる感覚。 まあ詩人などと自称するヤツはたいていこういう自己満に囚われるわけですが。

「嘘」 についても言い訳…いや、本文でしてますね(笑)。 草彅クンのリアルな闇を垣間見るのが怖いんですよ。 「カルテット」 にしても 「嘘」 にしても、なんか私自身の気持ちを逆なでされるようなザラザラとしたドラマで(ミゾミゾと言ってることが変わらん…笑)、特に坂元サンのドラマは私の肌に合わなくなってきたことを痛感しました。

そうそう、「おんな城主」 はコメント欄で、最初のうちは子役がキライダとか散々言っても仕方ないことをほざいておりましたが、ここ数回の私のコメントは、「結構いいぞコレ」 というものです。 ちゃんと最後までお読みくださいまし(笑)。

いつも参考にしてます!
僕はカルテット、ダメ派です
(でも坂元先生のファンです・笑)
ちゃんとドラマ評するようなレビュアーの中で
カルテットがダメって人がおらず
同じ感覚のリウさんの言葉に救われました(大袈裟)

リウさんのおっしゃる通り
坂元先生のセリフそのまま代弁してるような役者さんしかいなくて
坂元先生のセリフを超えてこないっていうか、、、
みなさん迫真の演技だとは思うんですが、、
例えば
最高の離婚など坂元作品にも出てますが
山田太一作品の常連、八千草薫さんが
癖ありまくりの山田台詞を八千草さんだけは自然に演じるだけじゃなく、むしろかわいらしいキャラクターとして昇華してくれるよな
坂元先生のキャリア以上の締める役者さんがカルテットにいたら全然違ったのでは?と思っております
名作すいかの浅丘ルリ子さん的なポジションの人?とか

tvw様
はじめまして。 コメント下さり、ありがとうございます。

私の 「カルテット」 貶し記事に賛同して下さってホッとしています(笑)。 この記事に賛同してくださるかたがいないので本文中で書いた 「以下次号」 も書く自信を失っていました。 というか、世間の 「カルテット」 の評判をネットで読むたびに自尊心を傷つけられた、というか(笑)。 そうなのです、私の心も坂元氏が書く登場人物並みに自意識過剰ではたから見ればウザいレベルなのです。 だから同じダウナー傾向があるこのドラマに嫌悪感を抱いてしまう。

tvw様は山田太一サンのドラマにも精通なさっているほどドラマにはお詳しい、とお見受けいたしましたが、山田サンのドラマでも 「演出家と役者の咀嚼能力があればもっと良くなったのでは」、と思われるドラマはいくつかあった気がします。

ただ 「カルテット」 がそれと同じカテゴリなのかどうかは、ちょっとしか見てないので批評のしようがありません。 なにしろ 「カルテット」 の主要人物4人は皆 「芸達者」 認定がされてますし、演出は名の通ったかたらしいですから。

まあ、ドラマ好きが推す 「SPEC」 なども10分リタイアしたクチでしたし、「肌に合わない」、という単純な理由でもいい気はするんですけど(笑)。

御無沙汰してます。

リウ様は3連休じゃなかったのですね。
お疲れ様でございます。代休も取れないのでしょうか?過労で倒れないようにくれぐれも体にはお気をつけてくださいまし。

年度末で、私の方も少々仕事が立て込んできました。

冬クールのドラマも終わりましたね。
「A LIFE」は最後まで見てました。最終回はなんだかなぁと思いましたけど、まあ全体としては良い出来だったように思いました(上から目線ですねcoldsweats02
キムタク頑張れと思って見てた私としては、視聴率がさほど落ちることなく、終わってホッとしました。

「カルテット」「タラレバ娘」はほぼ見てました。「タラレバ」最終回、金髪男のKEYくんと・・・私的にはちょっと残念だったかな。

「カルテット」は唖然とする展開の連続。台詞回しも演技の達者な役者さんたちのおかげで、なんとかうまく?いってた感じだったかなぁ。これは好き嫌いがはっきり分かれるドラマではありましたね。

「下剋上受験」は途中でリタイア。「嘘の戦争」「視覚探偵」「就活家族」は最終回のみ視聴。なんちゅう見方やと言われそうですが・・coldsweats01

春クールのドラマ。まだ私もチェックするところまで行ってないのですが、リウ様推しのドラマがありましたら、またボチボチupしてくださいませね。

楽しみにお待ちしています。happy01


rabi様
大変、大変返信が遅れました。 伏してお詫び申し上げます。

出張から帰ってPCを開けてみればrabi様からのコメントが。 こりゃ出先でもこのブログをチェックできるようにしとかんとイカンな~、と痛感した次第です。

「おんな城主」 も3週くらい見てないし今回のクールのドラマも、ほとんどまだ最終回を残してるし、まともにコメント返信できる状態ではありませんので、ちゃんと見てから返信いたしたいと思っております。

ただ年度末を過ぎないと余裕がない感じなので、しばらくお待ちいただけると幸いです。

かさねがさね、失礼をいたしております…。

>「カルテット」は好き嫌いがはっきり分かれるドラマ
殺人事件を匂わせて勘違いオチとか、話を意図的に面倒くさい方向に持っていき視聴者を「煙に巻いて」内輪で楽しんでいる感じですね。私も、そういうのは好きじゃない。
「あまちゃん」の最終週サブタイ『オラたち熱いよね』等と同じで内輪で楽しんでいたら周りも観ていて楽しいだろうという勘違いした感覚。(ただ「カルテット」は最終回の演奏で観客の半数が途中退場する辺り自己への客観性はあるか?)

リウ様

年度末でお忙しくされているようですが、体調管理にはお気をつけてお過ごしくださいね。気温の寒暖差も大きくて体がついていかなくなりそうですから・・
私のコメントは大したこと書いてないので、お返事が遅れても大丈夫ですよ〜smile
(と言いつつも、お返事がないとリウ様のことが心配になりますけどcoldsweats01

先週末は特番で「LEADERS2」「そして誰もいなくなった」等々、見てました。
「LEADERS」は前回も全編見てたので・・・
いい作品で、トヨタ自動車の歴史や日本の歴史(国策)等がよくわかりました。役者さんたちも素晴らしかったですね。

「そして誰もいなくなった」は渡瀬恒彦さんの最後の作品ということで、お亡くなりになる1ヶ月くらい前の出演でしたが、渾身の演技だったように思いました。
内容的には、特番で時間が不足していることもあったのか、もの足りない感じがしましたけど。

「直虎」は、直親が謀殺され、井伊家の重臣たちも死んでしまって、おとわが還俗する回でした。これからが本番といったところでしょうか。

少しずつ春めいて、桜が待ち遠しい季節になりました。のんびり花見cherryblossomができるようになるといいですね。note

rabi様
返信にまた遅れが出ております…。 大変失礼の繰り返しで…。

ただ昨日、ようやく冬ドラマの最終回を見倒しました。 ただいまその総括を執筆中。 「おんな城主」 はまだ先になりそうですが、春ドラマの展望も含めてアップする予定です。 気長にお待ちいただけたら幸いです。

東京は開花してから寒い日ばっかりで(夜勤ばかりで昼間のあったかいのを実感できないというのもありますけど…笑)1分咲き?にも満たない?感じですね~。 まあ、花が楽しめる期間が長いというのはいいことです。


巨炎様

「カルテット」 、お気に召しませんでしたか。 私は見てないので何ともコメントのしようがありませんが、どうもこの坂元ワールドという特殊世界に入れなくなっているようです。 ジジイの証拠でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/64851751

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年冬ドラマ、私の見た範囲で(「カルテット」「A LIFE」)…以下次号:

« 「スーパーサラリーマン佐江内氏」 藤子Fマンガとマニアックギャグとの相性 | トップページ | ムッシュかまやつさんの訃報を聞いて »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ