« 「海月姫」 「先入観」 という名の邪魔者 | トップページ | 「西郷どん」 とか、冬ドラマいろいろ(「スニッファー」「アンナチュラル」「FINAL CUT」「海月姫」「BG」) »

2018年2月 3日 (土)

「BG~身辺警護人~」 木村拓哉、カッコいいのか悪いのか

 長い間、イケメンの第一人者として名を馳せてきた木村拓哉。 彼の評価が曲がり角を迎えたのは工藤静香と結婚してからだと思うのだが、彼に対する批判というのにはいつも、「手のひらを返す世間」 というものを感じている。

 「なにを演じてもキムタク」、という批判はよく聞かれることだが、そんな俳優など世の中にはたくさんいる。 事務所の力で主役を張る俳優、というのも芸能界では普通のことだ。 それが彼の場合、そうした俳優のなかでもとりわけ強い世間からの逆風となっているように感じる。 それは彼が芸能界で君臨していた影響力の強さと期間の長さが、もろに反作用となって現れているように思うのだ。 これは木村が所属していたSMAPの解散劇を経て、ますます悪化している。

 私などはその潮目が変化するあまりの極端さに興味を惹かれ、特に逆風が彼に吹き始めた頃から彼のドラマを見るようになったのだが(ウィキの出演作リストを見ていて、2005年の 「エンジン」 以降は9割がた見ていることに我ながら驚いた)(それ以前は1作たりとも見ていない)、人気絶頂の頃に遠目から見ていた 「ある種のハスッパ、ある種の頑固」を彼が貫き通していることには感心している。

 そして同時に感じるのは、彼の周囲に渦巻く 「ある種の忖度」 である(キムタクへのソンタクってか)。 木村をカッコよく見せるために、ある種の不自然な力がいつも働いている、という感覚。
 それでも、やはりここまで彼への評価が逆転してしまってからは、「どうにかして彼をカッコ悪く見せよう」、という逆の思惑も働いているように思うのだ。 「あまりに彼ばかりカッコよく描いては世間の批判をかわしきれないし、なにかと不都合だし」、みたいな。 まあこれも、逆の意味での忖度とも言える。

 今回のドラマでは、そうした作り手のなかのせめぎ合いみたいな空気を、とても強く感じる。 とても近いイメージで言うと、数年前の 「安堂ロイド」(TBS) みたいな感覚だ。 木村はそのドラマでアンドロイドを演じたのだが、だからと言って超万能、というわけではなく、「旧式モデル」 という 「カッコ悪さ」 を身にまとっていた。 それは木村の 「加齢」 という問題も孕んでいたのだが、今回も 「ボディガードをやるのは何年かぶりで、体力的におっついてない」、というハンデを身にまとっている。 第1回目からたいして体力のありそうもない犯人の新聞記者と格闘して結局ボコボコにされてるし、第2回目は近年ウルトラマンをやってた人(石黒英雄)といい勝負だったけど、やっぱりそのあとは足を引きずってた。

 それだのに、第3回では瞬発力と体力やたらいりそうな 「高架橋での宙吊り」 みたいなことを、やらんでもいいのにやったりしてるし。 いくら犯人をおびき出すためとはいえ、「高所恐怖症なんだよ~!」 と笑かしにかかるんならやらんほうがいいだろう(笑)。
 これは、脚本家が木村のカッコいいところと悪いところを同時に見せて世間の風当たりを緩衝しようとしている結果だと思うのだが、それをやらせるために、いかにドラマ全体のリアリティが失われていることか。

 まあ別に、ドラマだからいいんだけど、多少の想像力の暴走は。

 しかしそれを可能にするためには、物語がある程度のリアリティの鎧をまとっていなくてはならない。 第3回ではこれまでの回になくそのボロが目立ったのだが、例えば偽装誘拐にしても、誘拐犯人がその仲間とダブルで計画失敗のボタンを押してしまったりしている(要するにかなりおバカ)。
 第2回でも、元ウルトラマンは被害者家族なのにもかかわらず自らその恨みを裁判官に対して募らせる、という短絡的思考だったのが気になった。 しかもまわりくどいことにその裁判官の妻にちょっかい、ですよ。
 第1回から登場している、失言ばかりしていた、かの元女性防衛大臣がモデルと思われる石田ゆり子も、アホなのかまともなのかのキャラがどうもおぼつかない。 あの石田ゆり子にしては、迷いながら演技している印象を強く受ける。

 つまり、物語全体の詰めが甘いのだ。

 これは、私がかねてから感じている、「テレ朝発ドラマの詰めの甘さ」 という問題と同根の問題ならば話は楽なのだが、どうもそれとは違う気もする。

 このドラマを見ていて思うのは、「テレ朝は、そして木村は、このドラマをシリーズ化したいと考えているのか」、という点だ。 テレ朝ってそういうのばかりでしょう。 だからヤなんだけど。
 しかしこのキャストの豪華過ぎる点とか、これをシリーズ化したらかなり大変だろう、というのも感じる。 江口洋介、上川隆也、そして斎藤工ですよ。 みんな主役級じゃないですか。 毎回ゲストも豪華だし。

 ただこのドラマのいいところというのは、ドラマ全体の詰めが甘いから、あまり深く考えないで楽しめる、という点にある。 ゲスト出演者たちの 「人情」 に立ち入った話が中核にあるから、人間模様ととらえれば、それはいつものテレ朝モードのドラマだ。
 深く考えないで見始めると、木村拓哉の存在についても、彼が主演だったこれまでのドラマと比べると深く考えないで済むようになる。
 いくらイケメンでも、年を取れば劣化はする。 そんな当たり前のことを、世間では取り沙汰し過ぎる。
 問題は、なにかを失った後にも、世間から注目されるものをどれだけ発信し続けることができるかどうか、なのだ。

|

« 「海月姫」 「先入観」 という名の邪魔者 | トップページ | 「西郷どん」 とか、冬ドラマいろいろ(「スニッファー」「アンナチュラル」「FINAL CUT」「海月姫」「BG」) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

これ、観てます。観てますが、一話完結すっきり。くらいしか感想ありません。
でも、木村拓哉が頑張っているのはわかります。
生身のキムタクと虚像のキムタク。
どちらも木村拓哉です。
シリーズ化ですか?テレ朝の覚悟次第でしょう。(笑)

投稿: ささ | 2018年2月 4日 (日) 09時59分

リウさんおひさしぶりです。
「西郷どん」はいつものようにクササレテるんだと
思い、あえて見ないようにしてますので
新しい記事はありがたいことです。これは、
単なるボディーガードではないところがいいかな?
気遣いができて、謙虚、几帳面で、仕事は完璧。
この調子で警察SPとめでたく結束と
なるんでしょうが・・・。
ワクワク楽しみに見てるのは
「越路吹雪物語」!!!、ダメな心情を映す
ドラマの方がわたしは好きです。

投稿: ドラマ大すきおやじいつの間にか52才 | 2018年2月 4日 (日) 15時39分

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

「アイムホーム」 とか、木村クンが出ていたこれまでのテレ朝のドラマと違うのは、シリーズ化が目立つテレ朝ドラマのカテゴリの中にすっぽり収まっている点です。 シリーズ化ともなれば、あと20年弱はこれで食っていけるはずだから。 目指せ水谷豊、沢口靖子、とはいかないまでも(笑)。

木村クンはそうした安定志向ではなかった今まで。 チャレンジの人だった。 でもSMAP解散で方向性が変わってきたかもしれない。 そこらへんを見極める分水嶺のような気もするのです、このドラマ。

投稿: リウ | 2018年2月 5日 (月) 07時10分

ドラマ大すきおやじ様
コメント下さり、ありがとうございます。

よくお分かりですね(笑)。 クサしまくってますぜ!(ハハハ…)。 コメント欄なんか見ないほうがいいですよ(爆)。 今んとこ褒めてるのは渡辺謙だけですから(笑)。 渡辺謙がいなくなったらもうボロクソだあッ!(爆)

つーか、ほかのドラマでも最近褒めてるレビューがほとんどないっていう…(笑)。 「越路吹雪物語」 は、たぶん滝本美織チャン目当てで見てるんでしょうおやじ様(笑)。 私はもう、週オビの連ドラきつくて、「わろてんか」 よりよっぽど面白かったんですがリタイアしました。

投稿: リウ | 2018年2月 5日 (月) 07時19分

リウ様

ご無沙汰でした。BGも終わっちゃいましたね。課長役の上川さんが亡くなったのは残念でしたが、最終回の終わりに「アシガール」の若様?だった健太郎さんが、新人としてキャスティングされていましたね。
ということは、少なくとも続編は製作されるのでしょうね。

今回、木村くんは、ちょっとカッコ悪い「おっさん」の役でしたが、それなりに演技できていたと思います。今までとは異なる役柄でしたけれど、格好いい役だけというわけにはいかない年齢であるのも確かですし・・

劣化しているとか、今の世の中、妙なバッシングが蔓延してますが、生き物はみんな老化するのです。

冬クールは、ドラマのレベルがまあまあ高かったように思います。
「Final cut」「アンナチュラル」「anone」
は最終回まで見ました。「99.9」はこれからですけど、見る予定。

年度末でお仕事もお忙しいでしょうけれど、リウ様の総括が読めると、嬉しいなと思ってます。

ではでは

投稿: rabi | 2018年3月17日 (土) 00時27分

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

えっ、上川課長死んじゃうんですか。 まだそこまで見てないぞ(笑)。 シリーズ化ともなるとそんなにみんなレギュラー化させていられない、という事情もある気が…。 江口サンにしても石田サンにしても、レギュラーで一緒に出てるということ自体がすごい気もしますし(「Hero」 でもせいぜい北川景子サンどまり)。 テレ朝、資金が潤沢なんだろうなー。 誰かを死なせたり部署替えしたりすることで延命を図るのって、「相棒」 みたいですよね。 山口智子サンとのコンビは 「ロンバケ」 以来でしたっけ。 本文にも書いた通り、私は近年になってから木村クンのドラマを見だしたクチなので、あまり感慨というものはなかったけれど、見てた人にはありまくりだったんだろうなー、という感じで。

「ファイナル・カット」 と 「アンナチュラル」 はあと最終回を残すのみなのですが、「海月姫」「anone」 はかなり回数が残ってます。 総括を書くのはまだまだ先ですかねー。 最近疲れが酷くて、仕事から帰って寝てばかりいます。 パソコンもよう見ません。

投稿: リウ | 2018年3月18日 (日) 12時56分

リウ様

課長が死ぬところまで、まだご覧になってなかったんですね。ネタバレしてしまってごめんなさいcoldsweats02

シリーズ化されるかどうか。キャストを見ると経費がかかりすぎでしょと思いますしね。でも、きっとスペシャルドラマくらいはやるような気がしてます。
そうじゃないと、最後に新人のBGが入ってくる設定が理解しがたいですもんね。

「アンナチュラル」最終回、良かったですよ〜。
石原さとみちゃん、しっかり法医学者になってましたね。今までの回の伏線を拾いつつ、いい感じに締めていました。こちらのドラマの方がシリーズ化しやすいような気がしますね。

年度末で仕事が忙しかったり、三寒四温の気候で体調管理が難しい季節です。総括はボチボチとで結構ですので、リウ様もお体に気をつけてお過ごしくださいね。

投稿: rabi | 2018年3月19日 (月) 22時28分

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

上川課長が太ももを撃たれた回までは見てたんですが、まさかそれが致命傷で次の回冒頭がもうお葬式、というのには驚きました。

それにしても、上川課長の携帯やICレコーダーなど、都合の悪いものを隠そうとする警察にはウンザリ。 昨今の公務員全体の質の低下に思いを致さざるを得ませんでした(飛躍してますが)。

つらつら思うに、不況だの氷河期だのがあまりにも続いたせいで、猫も杓子も公務員になりたがり、挙げ句 「安定した仕事」 を手に入れた連中の甘っちょろい精神構造が、このところの公文書書き換え騒ぎや年金の入力委託などに感じられます。 人生、楽なほう楽なほうに流れた結果がこれでしょう。 まあ、真面目にやってる人が大部分なのでしょうが、「事なかれ」 が蔓延しているから忖度が生じる、といっていい気はします。

この冬ドラマの内容でも、そんな公僕の話が結構見受けられたのではないでしょうか(気のせいかな)。

投稿: リウ | 2018年3月20日 (火) 08時31分

リウ様

返信ありがとうございます。今日は関東方面は雪だとニュースで取り上げられてましたね。三月は東京で雪が降ることは多いのですけれど、今年は結構、広範囲になったみたいですね。

今期の冬ドラマは社会性が濃い内容だったように思います。もっとも、この年齢になると恋愛ドラマよりは、その方が有難いですね。

公僕というものは、理財局長が答弁してたように元来、上の方にお仕えするのが仕事なのですが・・・ 上の方(政治家)の資質のレベルが、どんどん低下してることも問題の根幹にあるような気がします。
それと並行して、モラルの低下というか自分を律する力がなくなっているんでしょうね。

善悪を判断する力の無さというか、強面の人には従っとかないとという忖度?が当たり前のようになってしまっている社会が恐ろしいです。
正直者が馬鹿をみる社会になってしまっているのが問題なんじゃないかと思います。

行政関連の職場は3〜4年に1度は異動が生じます。その担当から外れてしまえば責任がないかのようになるので、その場しのぎに終始することになっちゃうのでしょうね。

とにかく日本の世の中全体が、悪い方向に向かっているような気がしている今日この頃です。日本人の良さが失われていってるような・・・

春ドラマ、なかなか面白そうなものがありますね。もうチェックされましたか?

今日は冷え込みましたけど、もうじきお花見cherryblossom 風をお召しになりませぬように・・・

投稿: rabi | 2018年3月21日 (水) 18時15分

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

政権が長期化すると腐っていくのはよく言われるけれど、今回もその轍を踏みまくっている感じですよね。 特に安倍サンなんか、「佐川に全部なすりつけてこっちは反省する態度を見せていれば、そのうちうやむやになって沈静化するよ」 というのが透けて見える。 よく言えば 「真摯に謝罪する」、悪く言えば 「謝っときゃいいんだろ」。 「だって不信任をいくらされたってほかの野党になにが出来るのよ?(笑)無責任に衆院解散したって結果は同じだよ、外交だの防衛だの、オレが今まで頑張ってきたことの10分の1でも野党の連中が出来るのかい?(笑)」 みたいな。 真摯に謝れば自分に責任の中心が来ることはない、と考えている。

でも、そもそもは昭恵サンが名誉校長なんかなってたから引き起こったことでしょう。 なんかすごく分かりやすく思えるんだけどな。 大阪航空局とか? よく分からん(笑)。 なんで航空局がしゃしゃり出てくるのか?

選挙なんかしちゃイカンですよ。 あんなの、「ほかにいい人がいない」 という選択肢なんだから。 「ほかにいい人がいない」 という選択肢で自分たちが選ばれていることに、おバカな政治家はいい加減気付かなきゃならない。 国民は 「究極の選択」 をさせられてるわけだ。 ウ○コ味のカレーかカレー味のウ○コか、みたいな。

日本の未来を考えると絶望的になるので春ドラマのことでも考えますか(笑)。

古沢サン脚本の月9は注目でしょうかね。 「コンフィデンスマンJP」。 ニノが医者の日曜劇場 「ブラックペアン」。 吉高由里子の検事モノ 「正義のセ」。 30分でいつも物足りないがNHK土曜ドラマ、「ヤケに弁の立つ弁護士が学校で吠える」。 題名がすでに可笑しい(ハハ)。 そのほか、江口サンが出てくるのとか上川サンが出てくるのとか、「BG」 出身者が主役のドラマ…ホントみんな主役級なんだよな…という感じで。

朝ドラも見るつもりですけど、なんか 「重版出来!」 に出てくるマンガ家の1ケースチックになりそうな予感…。

冬ドラマは私もやはり、恋愛モノが全滅でした。 「海月姫」 はいちおう恋愛モノだったかな? とにかく 「この人とこの人がペアなら見たい!」 という若手の俳優さんがサッパリいないからですね、恋愛モノに食指がのびるのは当分先になるのではないでしょうか(ガッキーと星野源、というのはその点で秀逸でした)。

三寒四温とは言うものの、今年はあまりに極端すぎませんかねェ? 昨日は 「なごり雪だ、ワーイワーイ」 みたいな(笑)。

投稿: リウ | 2018年3月22日 (木) 08時07分

リウ様

春ドラマ、リウ様チェックのドラマはみんなみるつもりですよ〜。
それ以外だと、中谷美紀さんの「あなたには帰る家がある」菜々緒の「Missデビル」 岩田剛典、戸田恵梨香の「崖っぷちホテル」
あとは「シグナル」韓国ドラマですけど・・、「モンテ・クリスト伯」「ヘッドハンター」 
でも、こちらではテレ東は見られないので・・

3/21に放送されたNHKの「スニッファー」のSPを録画していたのを、昨日、見ました。阿部さんも香川さんも、とっても面白かったです。さすがの鼻男でした。またまた続きが見たくなりました。脚本も演出も音楽も良かったです。久々に大笑いさせてもらいました。
リウ様はご覧になりましたか?

今週は気温高めになるみたいですね。東京はすでに満開だとか。今年はかなり早いです。四月の桜と言えなくなりそうな季節の移ろいですね。楽しめる日数が長い方が良いですけれど、今年は期待薄ですね。

投稿: rabi | 2018年3月25日 (日) 21時27分

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

「スニッファー」 は見ました。 阿部サンはやっぱり、こういうすっとぼけた役がいちばんハマる気がします。 レビューはそのうちに…(笑)。 しかし気付いたらもう2か月近く書いてないんだよなー、レビュー。

rabi様が見られないテレ東のドラマでは、「孤独のグルメ」 の新シリーズとかありますね。 「ボッタクリなんとか」 とかいうドラマも、なんか題名が面白そうなので見ます(とかいって覚えとらんやんか~)。

投稿: リウ | 2018年3月26日 (月) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/66349690

この記事へのトラックバック一覧です: 「BG~身辺警護人~」 木村拓哉、カッコいいのか悪いのか:

« 「海月姫」 「先入観」 という名の邪魔者 | トップページ | 「西郷どん」 とか、冬ドラマいろいろ(「スニッファー」「アンナチュラル」「FINAL CUT」「海月姫」「BG」) »