« 「正義のセ」 悪趣味だが、元凶探し | トップページ | 冬ドラマいろいろの話の続き(「アンナチュラル」「FINAL CUT」「海月姫」「BG」) »

2018年4月15日 (日)

「半分、青い。」 第2週 残されていく独特な余韻

 第2週の終わりまで子役で繋いだこのドラマ。 主人公の片耳が聞こえなくなる。
 「片耳が聞こえなくなるくらいなんだっていうんだ? もう片方は聞こえるんだし大したことじゃないじゃないか」 と思いたくなるところであるが、診断を下した医師によってそれは予想以上に大変なことであることが両親に明かされる。 ただそのことが分からない子供時代の主人公、楡野鈴愛には、その重大性がピンとこない。

 私も重度の難聴であるが、正直なところ耳鳴りは両方で起きたときから寝るときまでずーっと鳴っている。 もし誰かが 「君の名は。」 みたいに私の体と入れ替わってしまったら、そのうるささに死にたくなってしまうだろうと思うほどだ。
 しかし当の本人ははたち前からずっとこの状態で、年々ひどくなっているのだろうが徐々になので慣れっこになってしまっている部分がある。 その重大性に気付かないのは本人だけなのだ。 だから健康診断で 「耳鼻科に行くように」 と言われても、いっこうに行こうという気にならない。 いや、正直に告白すると、何十万もする補聴器を買いたくないだけだ。

 一時それがかなりひどくなった時があって、片耳がほぼ聞こえなくなったときは、さすがに医者に行った。 そしたら原因は分からんがメニエル病の疑いとか。
 それが今回の朝ドラの主人公と同じような状態だったから、片耳のリスクには共感できる部分が多い。
 なにしろ、めまいがする。
 平衡感覚がなくなる。
 幸いその状態は改善されたのだが、重度の難聴という状態は変わらないので、仕事をしていても不便を感じることは多い。 はじめに 「耳が聞こえにくいので」 と断らなければならない面倒があるし、それでもわざとなのかぼそぼそしゃべってくる人間には、適当に合わせている場合もある。 相手によっては、「橋本はこちらの言うことに適当に答えるいい加減なヤツだ」 と不快に思われている向きもあるのではないだろうか。

 個人的な話が長くなってしまったが、「片耳聞こえないくらい別に大したことないじゃん」 ではないことは、ご理解いただけたかと思う。 特に音の立体感が失われるのは危険を伴ったりする。 この子は人生において結構なリスクを負うことになったのだ。

 母親の松雪泰子は医者からその大変さを詳細に聞いたときから、かなり悲観的になる。 ドラマのなかではいちばん絶望し、「そこまで悲しまなくても」 と思うほどなのだが、この松雪の哀しみには、この週の前半できちんと理由づけがなされている。
 いわく、「自分の娘は鈴愛(スズメ)という独特な名前のせいでいじめられていたのに、その名前を付けた自分を思いやって黙っていた」、というくだりだ。

 そしてこのドラマの優れたところは、そんな松雪の絶望に対して、周囲の人間があれこれと強引な修正を松雪に求めてこないところだ。
 悲しい時は、泣けばいい。
 松雪の夫である滝藤賢一はそうやって松雪を慰める。

 鈴愛は鈴愛で、別に自分の片耳が聞こえなくなった、と聞いても悲しくなかったし涙も出なかったが、それを母親を始め家族が悲しんでいることが悲しくて、律の前で大泣きしてしまう。 それは鈴愛の、母親や家族に対する優しさなのだ。

 悲しい時は、泣けばいい。

 その、「自然に受け入れていけばいいよ」、というドラマ全体の優しさによって、見る側の涙腺は緩むのである。

 そして、ドラマがいたずらに暗い方向にならないのは、子供時代の鈴愛と律がしゃべる、一種奇妙な昔言葉である。 「承知した」 など武将言葉なのはこの物語の舞台が戦国時代の中心だった岐阜だからか、とも思われるが、特に鈴愛は男言葉を使うことが多い。 これは助けたり助けられたり、という出来事のなかで、特に鈴愛と律のあいだだけはその立場がときどき逆転することの象徴なのかもしれない。 一方的な関係ではないのである。 互助関係なのである。

 その奇妙な言葉のやり取りはこちらの心を和ませ、そして奇妙な読後感をこちらに与えてくれる。 不思議なドラマだ。

 気が強くお転婆で人の心を思いやることのできる鈴愛であるが、第1週に続いて今週も、また恐ろしい夢を見たようだ。 先週は 「3本足のムーミンパパ」、今週は 「3つの月」 だ。
 ここで共通しているのは 「3」 という数字だが、「あり得ない、いつもと違う」 ということに対する恐怖が、鈴愛のなかに存在している可能性がある。 これも奇妙な引っかかりを見る側に残していく要因のひとつだ。

 次週から本格的に出演することになる永野芽郁。
 どのように成長した鈴愛を見せてくれるのだろう。

|

« 「正義のセ」 悪趣味だが、元凶探し | トップページ | 冬ドラマいろいろの話の続き(「アンナチュラル」「FINAL CUT」「海月姫」「BG」) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様
こんにちは。

そう言えば、「御意」も出てましたね。
てっきりネタ元は「ドクターX」からかと思いましたが、そっか~。リウ様おっしゃった、戦国物のメッカ、岐阜県が舞台だからという視点、気づきませんでした。そう言われてみると、確かに、律くんの醸し出す軍師感がハンパありませんなあ。
鈴愛を守ることが自分の使命と心得てるところなどは、まるで秀吉に対する竹中半兵衛の思慕の情といいましょうか。

永野芽衣ちゃんは、UQモバイルCM三姉妹の末っ子だったり、時々清野菜名ちゃんとの区別が付かない事がありましたが(笑)、映画版「俺物語!」の演技はかなり良かったです。原作の、「絶対現実にはいねーだろ!こんな娘」という
ヒロインを見事に3次元化していました。

前作は早々に脱落しましたが、今回は先が楽しみですね。

投稿: Zai-Chen | 2018年4月16日 (月) 18時57分

Zai-Chen様
コメント下さり、ありがとうございます。

いや、私のほうは 「ドクターX」 見てなかったのでそっちの発想のほうがありませんでした(ハハ…)。

「俺物語!」 の映画ばかりか原作までお読みなんですね(笑)。 いやーもうあらゆるジャンルに興味の幅がおありで羨ましいです。 私なんかもう、最近はマンガを読んでも内容が入ってこない(笑)。 アニメとか見ても妙に薄っぺらく感じてしまうことが多く…(「ピアノの森」 には少々がっかり)(「ルパン三世」 の新シリーズは、若干レビューしてみたい気もしますがどうかなァ)。
「俺物語!」 と言えば、鈴木亮平サンもこの映画に出ていたくらいでは、当ブログでこんなに言われることもなかったのに(いや、鈴木サンのことは、小生けなしておりませんですよ…笑)。

清野菜名チャンと言えば、このドラマにも出るとかどこかに書いてた気がするなァ…。

投稿: リウ | 2018年4月17日 (火) 08時31分

>人の心を思いやることのできる鈴愛
子役時代はそういうキャラだったのですか。
最早、聴覚障害という事で甘やかされた
自己中ヒロインとなりさがっております。
自分に都合が悪くなると逆ギレと自信満々な屁理屈、
周囲には謝らせるけど自分は謝らない。
「あまちゃん」「まれ」に続くバブル期の
ノリが良ければ許される悪ノリ作劇です。

投稿: 巨炎 | 2018年5月23日 (水) 07時35分

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

えー、律君の京大の受験票を鈴愛がもってっちゃったとこから見てません(笑)。 まあほかの春ドラも連休明け以降ちーとも見てないのですが(それでも昨日あたりからぼちぼち見てます)。

私はどーも、今回の朝ドラは見ていて少々かったるい気がします(まあ私が見ているところまでは)。 だから積極的に見ようとあまり思わない。

でもまあ、朝ドラクオリティって普通このくらいじゃないですか? 夢中になって見るのには物語にかなりの周到さが必要だと感じます。

巨炎様の書きようから想像するに、鈴愛は 「半分」 どころか 「だいぶん、青い。」 ようですね(笑)。 まあ青いから、ってことで、許してあげましょう(ハハ…)。

投稿: リウ | 2018年5月24日 (木) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/66611368

この記事へのトラックバック一覧です: 「半分、青い。」 第2週 残されていく独特な余韻:

« 「正義のセ」 悪趣味だが、元凶探し | トップページ | 冬ドラマいろいろの話の続き(「アンナチュラル」「FINAL CUT」「海月姫」「BG」) »