« 「西郷どん」 9月2日放送分まで見て | トップページ | 「西郷どん」 10月7日放送は、BS地上波ともに 「無血開城」…見たよ!感想だよ! »

2018年9月29日 (土)

「ノーバディ・ラヴス・ユー(愛の不毛)」 が永遠に伝える、ジョン・レノンの絶望

 ジョン・レノンが1974年に発表したアルバム、「ウォールズ・アンド・ブリッジズ(心の壁、愛の橋)」 のほぼラストに位置する 「ノーバディ・ラヴス・ユー(愛の不毛)」。 ヨーコとの別居によってジョンが直面した、限りない絶望が聴き手の胸を打つ曲だ。 この曲の出だしはこうだ。



 打ちひしがれているとき、誰もおまえを愛さない
 有頂天になっているとき、誰もおまえを見ていない



 キリスト教を巡るバッシング、逆風のなかでのヨーコとの再婚、バンドの解散、ヨーコとの平和運動への無理解、そしてアメリカ移民局との戦い。
 それまでどんな状況下にあっても表面上はけっしてふて腐れたりしてこなかった男が、ヨーコだけでなく、世界中に向かって不満を表明しているような過激さを、私はこの冒頭の2行に感じる。
 ここにいるのは、自らの不幸を嘆き、自分が必要としている人からかまってもらえないことにいじけ、世を拗ねているひとりの男だけだ。 そこには、世界を牛耳ってきたスーパースターの片鱗すらない。 なんと等身大で虚飾のない、丸裸な歌なのだろう。

 これと精神構造的に似ている曲は確かにビートルズ初期の作品群にも散見される。
 ファースト・アルバムの 「ミズリー」 では、「世界中が僕につらく当たる。 みじめだ」 と歌っているし、成功後の4枚目のアルバム 「フォー・セール」 のなかの 「アイム・ア・ルーザー」 もタイトル通りネガティヴな自己否定の歌だ。
 ビートルズ後期でも、「ホワイト・アルバム」 のなかの 「ヤー・ブルース」 に至っては、「寂しい、死にたい」 とまで叫んでいる。
 こうしてみると、後年ポールが 「ビートルズは反社会的なことを歌わなかったのがよかった」 と回想しているのはちょっと間違いであることに気づくだろう。 まあ、「自己否定」 というのは反社会的ではない、という見かたもあるが(「死にたい」、などというのは自殺者を助長する?)。

 ともあれ、ジョンが歌う歌のなかには、元来から 「自分をネガティヴに捉える」、という方向性があったことだけは確かだろう。
 ポールがそれと比較して 「楽天的である」 と評されてきたのは、ポールの作る歌には悲しいものもあるが、けっして自分を悲観したりしない傾向が見て取れるからだ。 「エリナー・リグビー」「シーズ・リーヴィング・ホーム」 は最後まで救われない歌だが、客観的な情景を歌っているだけで、自分の心情にまで言及はしていない。
 それに対してジョンは 「パーティはそのままに」 でも、「自分ががっかりしているところを見せるのは嫌だ」 と歌い、「悲しみはぶっとばせ」 でも 「みんなが僕のことを笑っている」 と後ろ向きの感情をあらわにしている。
 ジョンはビートルズ初期から自分の弱さと直面し続けた。 ポールは悲しみにぶち当たったとき、「そのうちだんだんよくなるさ」 と前向きに捉え、内面の危機を克服していたように見えるのだが、ジョンは悲しみをそのままダイレクトに受け止め、絶望することで創作意欲を発揮していった。 「ヘルプ!」 はその最も端的な心の叫びの投影である、と言える。

 これはふたりの家庭環境がそうしているような気もする。

 ポールの父親ジムは 「1トンもあるような重たいことなら脇に置いとけ」 とポールに諭していたという。 ポールの生き方には父親ジムの人生哲学が深く根ざしているように思われる。
 対してジョンは両親から実質的に捨てられた環境で、体裁を気にする伯母と軋轢を抱えながら育ってきた。
 ジョンの精神構造を鑑みるとき、そこには 「誰にもかまってもらえなかった」 という、トラウマに近いものが存在している気がする。 「誰かに大事にしてもらいたい、かまってもらいたい」、という欲求がジョンを突き動かしていたと私には思えるのだ。 もちろんそれが、ジョンをミュージシャンに向かわせた動機のひとつと捉えてもいい気がする。

 1973年暮れ、ジョンは突然、ヨーコから 「出てって」 と足蹴にされ、ふたりの住まいだったニューヨークから単身ロサンゼルスへ渡り、そこで酒びたりの 「失われた週末」 と呼ばれる自暴自棄の生活に突入する。
 ふたりの関係が破綻した原因については近年、ヨーコによって様々に明かされているが、もともとかなりの困難のなかで一緒になったことの疲弊が極まった、と理解すべきだろう。

 ここで興味深いのは、ジョンは自分が愛する女性に捨てられたとき、自分の母国であるイギリスには帰らなかった、ということだ。

 私が想像するに、これはジョンがヨーコと地続きの土地にいたかった、ということの表れだと思うし、アメリカを自らの理想の国だと考えていたからこその行動だ、と思う(当時係争中だったアメリカ永住権の関係もあったのだろうか)。
 イギリスに帰ることはその理想を諦めること、すなわち自らの本当の敗北だ、という意識がどこかで働いたのだろう。
 ジョンはロスでリンゴ・スターやニルソンなどという半アル中(笑)みたいな連中と、毎晩飲み明かした、とされる。 リンゴも当時は酒に溺れていたからなあ。

 「失われた週末」 における失意のなかで、おそらくジョンは世間の人々が持つひとつの残酷な傾向と向き合ったに違いない。
 いくらビートルズの一員として世の中のトップに立とうとも、女房に三下り半を突き付けられて酒場でへべれけになっている男には、何の価値も見出さない、ということにだ。

 そしてその飲み会についていってる連中も、実は自分と同じ、弱い心の持ち主たち。

 おそらくジョン自身も酔いが回ってくれば、自分につきまとっている連中も、自分をただ利用しようとしているだけに見えてきたことだろう。 そして見るもの聞くものすべてに、腹が立ってきたことだろう。 彼は飲酒でたびたび問題を起こし、店からつまみ出された時もあった。 苛立ちと怒りが、彼を蝕んでいたのだ。

 カネも人気も権力も、あるところにはみんな寄ってくる。
 そうなると多かれ少なかれ本人は有頂天になってしまうものだが、みんなが見ているのはカネと人気だけで、なくなればみんな離れていく。 本人のことなんか、最初から誰も知ろうとなんか思っていない。
 そして表舞台から消えれば、波が砂を洗うように、すぐに消えてなくなってしまう。
 人気者として君臨し、曲を書き、文化を作り出し、こんなに自分が世の中に与え続けてきたというのに、なくなるのはあっという間だ。 まるで夢を見ていたみたいだ。

 自分が他者に対して貢献してきたことと、他者から何かをしてもらったか、ということを両天秤にして考える、という思考方法は、実はものすごく危険なことだ、と私は考えている。 人間はいつも、自分のしてあげたことはよく覚えていて、他人からしてもらったことは忘れやすい傾向にある。 だからこの両天秤は、けっしてポジティヴな比較検討結果を生み出さないのだ。

 「ノーバディ・ラヴス・ユー」 の思考理論の柱にあるものは、実はこの危険な比較である。 この絶望的な曲は、こう続いていく。

 「僕は世界中を旅してきた。 いろんなものも見てきた。 持っているものは全部見せてきた。
 それなのに、まだこれ以上欲しがるっていうの?
 みんな自分のことばかり(自分の誕生日がどうとか)。
 たぶんおまえが愛されるようになるのは、おまえが死んだあとだろう(要約)」。

 途中で一人称にはなるものの、「ノーバディ・ラヴス・ユー」 というのは、「ユー」 つまり 「おまえ」 に対して歌われている曲ではない、というのは自明だろう。 この曲は客観視された自分を 「ユー」 に見立て、ジョンはあくまで自分に向かってこの曲を歌っていると解釈できる。
 蛇足だが、最後の1行、「君が愛されるのは、君が死んだあとだろう」、というのは、ジョンの暗殺直後に曲やアルバムがチャート1位になった1980年終わりや、死後に神格化されていく自分に対する予言ともなってしまったわけだ。

 ところでこの曲は冒頭のアコギ1本での弾き語りから、比較的穏やかで、ジョン自身が 「シナトラ的(後述する)」 だと自嘲する感傷的なアレンジで進んでいくのだが、途中いきなり、ジョンのフラストレーションが一気に爆発したような曲調に、豹変する。



 朝起きて、鏡に映った自分を見る、ooo wee!
 暗闇の中、もう眠れないって分かっている、ooo wee!



 そして曲は、何事もなかったかのように穏やかで諦めに満ちた当初の静けさに戻り、1ヴァースを経て、そのまま終わっていく。 頼りなげなジョン自身の口笛とともに。
 最初にこの曲を聴いた中学生の頃、私はこの違和感だらけのパートは不要なんじゃないか、と考えていた。
 だがやがて、当の自分が打ちひしがれたときにこの曲をギターで歌ってみて、何より共感できるのがこの部分だ、ということに気付いた。
 鬱々とした心情を諦観たっぷりに歌うことは、自分を慰めるものだが、実は屈折した感情はその静けさのなかでは押さえつけられたままだ。 その我慢できない怒りが吐き出されるこの一瞬を、この曲は待ち続けていたのだ。

 私はここに、ジョン・レノンの非凡さを見る。 ともすればこの名曲をぶち壊しにするこの2行を挿入することの勇気、判断力。 この2行がなければ、この曲は世間を斜に構えて皮肉る、自己肯定の歌で終わったことだろう。 ジョンの天性の才能はその危険性を無意識のうちに回避し、この曲全体に流れるヨーコや世間に対する恨み、自らに対する憐憫の気持ちをいわば、「否定」 しにかかったのだ。

 そこまで考察してしまうとこの曲はけっしてネガティヴなだけの、唾棄すべき曲ではないことに気付くのだが、この曲が作られてから6年後に死んでしまうまでの間、この曲に関するジョン・レノン自身の肯定的な感想は、今のところ私の知る限りでは存在しない。

 この曲についてジョンは、死の2か月前(1980年10月)に語られた米プレイボーイ誌のインタヴューで、こう発言している。
 「そう、タイトルがすべてを語っているよ。 ヨーコと離れていたこのころの僕が、まさにこの通りだった。 僕はいつも、フランク・シナトラがこれを歌ったらどうなるだろうって思っていた。 理由は分からないけどね。 でもこれはいわゆるシナトラ風だよ。 彼ならきっと完璧に歌いこなすだろう。 聞いてるかいシナトラ君。 この曲を君にあげるよ。 だけどお願いだから僕にプロデュースしてくれなんて言わないでくれよ(笑)」。

 ジョンが生前持っていたフランク・シナトラへの評価というものは、必ずしも高いものではなかったはずだ。 ロックンロールとポピュラーミュージックとは、その精神性において、そもそも対極の関係にあるからだ。
 そう考えると、この曲をシナトラにくれてやる、ということは、ジョンがこの曲に対してけっしてポジティヴな評価を与えてはいなかった、ということになるだろう。
 それは、インタヴューのなかでも語られているように、この曲がヨーコとの18ヶ月の別居期間を象徴する曲だったから、ということも大きい。
 この曲は、ジョンがあまり知られたくない自らの心の闇でも、最暗部を晒してしまっている曲であり、同時にヨーコへの限りない不信をも暴き出してしまっている曲だ。 ヨーコとの不仲が解消した6年後のジョンにとっては、まさしくそれは、「人生の中で乗り越えたトラブル」 についての曲だったに違いないのだ。

 しかしジョンは、インタヴューの同じ部分で、「君(シナトラ)にはなんの意味もない曲"以外"のものが必要なんだ」、とも語っている。
 これは 「シナトラ君の歌ってきた歌なんか、みんな意味のないものだろ」 という、ジョンのシナトラへの強烈な侮蔑が含まれているとはいえ、ここにはジョンのこの曲に対する前向きな評価が潜んでいる、と考えることもできる気がするのだ。 「なんの意味もない曲 『ではない』」、ということなのだから。
 そこにこの曲に対する、ジョンの少しばかりの許容の萌芽を私は感じる。 もし彼が射殺されずに現在まで生きてこられたら、おそらく彼はこの曲の持つネガティヴ性を評価し直したことだろう。 彼が生きていたらおそらく幾度かのライヴを絶対に行なったであろうが、そのセットリストにこの曲が入る日が、いつかは来たのかもしれない。

 この曲は、限りなく絶望的で、他者に対する限りない失望を歌にしている。
 だからこそ、この曲はものごとの本質を、かなりシビアに突いている。
 多感だった少年時代、この曲は暗かった私にとって、バイブルのような曲だった。 今も落ち込むことがあると、この曲の持つ暗黒に癒される時があったりする。 私も 「かまってもらいたがり」 であり、いじけたり僻んだりばかりの性格だからだ。

 ジョンがこのような絶望に直面したとき、彼が逆に創作活動を活発にした、という事実は注目に値する。

 つまり内面の崩壊に直面したとき、人間は自らその危機と闘うために、その危険から消極的に逃避しようとすると同時に、自らの居場所を見つめ直し、もう一度信じることで、危機を克服しようとするのだ。

 ジョンにとってその居場所とはまさしく音楽であり、創作活動であった。

 この曲を擁したアルバム 「心の壁、愛の橋」 は全米で久しぶりの好セールスを記録した。 当時はそのトータル性、完成度を評価されるものが多かったが、実際のところはジョンが曝け出した内面の絶望が聴き手に受け入れられたものだ、と私は考えている。 ビートルズ回帰の向きにも支えられた感もあるが。

 いずれにせよこの曲は、イメージ的に世間的に作られた 「愛と平和」 のジョン・レノンが直面した、ネガティヴな本音が凝縮しているがゆえの 「傑作」、なのである。

« 「西郷どん」 9月2日放送分まで見て | トップページ | 「西郷どん」 10月7日放送は、BS地上波ともに 「無血開城」…見たよ!感想だよ! »

ビートルズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「西郷どん」 9月2日放送分まで見て | トップページ | 「西郷どん」 10月7日放送は、BS地上波ともに 「無血開城」…見たよ!感想だよ! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ