« 21年目に考える 「もののけ姫」 | トップページ | 秋ドラマ感想②「獣になれない私たち」 »

2018年10月28日 (日)

秋ドラマ感想①「僕らは奇跡でできている」

 デジタルの音痴で旧世代の私が、新しいPCを買ったことが契機となりTVer、という民放テレビ番組見逃し配信サービスをようやく使えるようになったので、録画機が壊れてこのところ止めていたテレビドラマの感想を書くことができる。 録画機が壊れたのなら直すか新しいのを買えばいい話じゃないか、ということなのだがまあ経済的な事情で優先順位がありましてですね。

 TVerを使い始めて気付いたのは、このサービスには字幕がなく高速見というのもできないこと。 録画機ではいつもこれをしていたのだが、いざ始めてみると役者たちのセリフがかなり聞き取りにくいことが分かって。 でPCの音質操作をしなければならない羽目になった。 それでも1割程度は聞き取れない。
 もともと耳の聞こえが極端に悪い私であるが、これってどうなのだろう。 どうにも損した気分になる。

 「僕らは奇跡でできている」、フジテレビ(関西テレビ)火曜21時。 高橋一生がちょっと個性的すぎる大学講師を演じる。
 個性的すぎる、とは書いたが精神の発達障害が少し入っている感覚だ。
 つまりひとつのものに夢中になりすぎるとほかのものが目に入らなくなる。 その彼が虫歯で通うことになった歯科の先生が榮倉奈々。 榮倉はふたつの歯科医院を掛け持ちしているせいか、羽振りはいいみたいだ。

 このふたりのキャスティングは実にハマっている気がする。 高橋は知的なイメージがあるが、それをレインマン的な役に振り分けることで、この主人公の語る知識に大きな説得力を与えることとなった。 いっぽう榮倉はクールなイメージだが、自分は常識人で自分の考えていることは正しい、と信じて疑わないようなこの女性歯科医に、よく当てはまっている気がする。

 高橋の両親は亡くなっていて、おじいちゃんの田中泯に幼い頃は育てられていたが、今は独立して家政婦の戸田恵子と暮らしている、という設定。
 この田中と戸田の存在が、高橋の演じる主人公にとってはゆりかごのような安心感に通じている。 田中は陶芸家であるせいか、人にとって大切なものはなにかをわきまえているようで、発達障害でみんなに合わせることができない主人公の大きな味方となってきたし、お節介焼きの戸田は主人公の意に沿わないことを時々やらかしたりするが、それでも最終的には主人公のことを認めている、主人公にとってはスパイスのような役割を担ってきた。 このふたりがいることで、ドラマは見る側にとってとても癒やされる空間として受け入れられる。 人とは少々違っててもいいんだよ、まあ世間のみんなは普通こう考えるんだけど、というふた通りの許し、自己肯定の道を与えてくれるからだ。

 その、主人公を取り巻く 「家族」 とは違う価値観で動いていくのが、私たちの住んでいるこの世界だ。 つまり、「こうでなければならない」、という常識に縛られてしまう世界だ。
 それを体現しているのが榮倉が演じる歯科医、ということになる。
 歯科医はかなり細かい予約時間によって仕事をしている、と同時に、急な患者にも対応しなければならない。 そこでは主人公のような、時間に対してとてもルーズになるしかない障害のある患者というのはとてもやりにくいところがある。 榮倉は高橋のそういう特殊な性格をたぶん把握しているはずだが、それでもその自由奔放さに苛立ちを隠すことができない。

 その榮倉は、高橋の行動に苛つきながらもその生き方に触れていくことで、自分を取り巻いている常識もしくは自分を縛っている思い込みに対して、徐々に疑問を抱いていく。 これがこのドラマの興味深い部分だ。
 榮倉は恋人と高橋のふたりから、自分の優位を見せつけている、と指摘され悩む。 まあ高橋の場合榮倉のことではなく 「ウサギとカメ」 のウサギについてしゃべってただけなのだが。
 確かに榮倉は自分のおごりでいつも恋人に連れて行ってもらっている居酒屋ではなく高級な店で5万とか6万とか(値段忘れた)のメニューを注文し、「久々においしいものを食べた」「自分へのご褒美」 とかナニゲにしゃべってた。 それってまあ当てつけだと思われても仕方ないが、羽振りはいいけどそれなりに頑張ってるわけだし。
 ということは、榮倉が付き合ってる男が榮倉と不釣り合いだ、ということになる。 けれども榮倉は 「自分はどこかで間違えてしまっている」、という方向に考えてしまう。 ここがいいのだ。

 そう榮倉に考えさせるのは、たぶん高橋の、物事にとらわれない考え方に影響されている。 このドラマで最も面白いのは、動物行動学を教えている高橋の、いろんな動物に関するさまざまな知識だ。 高橋のいる大学には同じような変わり者がドラマのなかでは約2名いるが、研究者のオタク的な傾向と高橋のこだわってしまう性格というのはどこかで共通しているのだろう。 ここで発達障害の線引きが曖昧になってしまう、という面白さが醸し出されている。

 ドラマは高橋の特殊な性格から見える世界から、私たちが普通だと考えている世界の常識のおかしさをあぶり出している。 動物行動学から言えば、実はヒトの行動こそがいちばん不自然で興味深いのかもしれない。 だが高橋にとっては、ヒトの社会こそが自分と相容れない世界なのだ。

 このドラマは、「世間の常識とか普通の考え方から一度脱却してみよう」、という機運にあふれている。 ドラマチックな出来事は起こらないが、それでもじゅうぶんドラマは成立する。 そんなことを教えてくれる。

|

« 21年目に考える 「もののけ姫」 | トップページ | 秋ドラマ感想②「獣になれない私たち」 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウさん、こんばんは。
ティーバ、みのがしの時だけ見てますが
リウさんとおなじ感想です。
うちはレコーダーの優先順位がものすごく高いので
ツーチューナーのをこないだ買いまちた。
老後が心配です。

投稿: ドラマ大すきおやじいつの間にか52才 | 2018年11月 1日 (木) 21時48分

ドラマ大すきおやじいつの間にか52才 様
コメント下さり、ありがとうございます。 いつの間にか若返ったんですか? 確か私と数ヶ月間同い年なはずですが(笑)。

私の壊れたブルーレイも2チューナーで、両方同じ画質で録画できないため、容量の少ないときに2番組予約するときはどちらを高画質で予約するか難儀しました。 ブルーレイが見れないので、せっかく購入したジョン・レノンのイマジンサラウンドも聴けません(笑)。 ビートルズ関係の支出もかさむ一方で、いつになったら録画機に手が回るのか…。

投稿: リウ | 2018年11月 2日 (金) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/67269774

この記事へのトラックバック一覧です: 秋ドラマ感想①「僕らは奇跡でできている」:

« 21年目に考える 「もののけ姫」 | トップページ | 秋ドラマ感想②「獣になれない私たち」 »