« 秋ドラマ感想②「獣になれない私たち」 | トップページ | 「西郷どん」 11月11日放送分まで見て »

2018年11月 4日 (日)

秋ドラマ感想③「大恋愛~僕を忘れる君と」

 TBS金曜22時。 若年性アルツハイマーに罹った女医の戸田恵梨香と、元小説家のアート引越センター従業員ムロツヨシとの恋愛ドラマ。

 この恋愛ドラマのキモは、これまでふざけたような役ばかりだったムロが、恋愛の真面目な当事者になったことだろう。
 恋愛ドラマではたまに、こうした 「ちょっと外した」 キャスティングで視聴者の興味を惹かせるパターン、というものがあるように思う。 古くは 「おくさまは18才」 での石立鉄男とか、「101回目のプロポーズ」 での武田鉄矢、というケースだ。 彼らは一様にイケメンではない男の哀愁を背負っており、どこか滑稽にならざるを得ない悲劇を纏っている。

 ムロはこのドラマで元小説家、というだけあって、少々ニヒルでナイーヴな陰のある男を演じている。 けれどもこれはおそらく脚本家の大石静氏のアテ書きによるせいだと思うのだが、相手のリアクションに軽いボケとかツッコミが思わず出てしまうところが、いかにも、という感じだ。
 それはことのほか、この深刻なドラマにおける一種のガス抜きになっている。 そしてそこに、そこはかとないリアルが生じている。 その匙加減がいい。

 この恋愛ドラマを深刻にしているのは、先に書いたように主役の戸田恵梨香が罹った若年性アルツハイマーのせいだが、ここで大石静氏は視聴者の共感度を極限まで上げる、ある方法をとっている。

 それはこの進行性の病気の悲劇度を高めることではない。
 ムロと向き合っているときの戸田を、無邪気な子供のように描く、という方法によってだ。

 彼女は母親の草刈民代と一緒の女医になり、同じレディスクリニックで働いている。
 そのせいか普段はかなり冷静な判断能力の持ち主で、草刈がドラマ第1回目で持ちこんだ、精神科医の松岡昌宏との縁談に際しても、お互いに過干渉なく事務的役割分担的な、無味乾燥とした結婚生活を望んでいた。 戸田は、人生に対してとても醒めたような性格設定のように思えた。

 それが、である。

 自分がかつて夢中になって読んでいた小説、「砂にまみれたアンジェリカ」 の作者が引っ越し業者のムロだったことが分かると、戸田は途端にそれまで全開にしていたATフィールド(まあ自分と他人との壁みたいなもんか)を解除するのだ。

 このドラマのもっとも魅力的なところは、その完全武装解除した戸田恵梨香の、無邪気さ、かわいさにあると言っていい。
 戸田はもともとクールな役が多い気がする。 そんな戸田が、デレデレになるんですよ、そんなにイケメンとは思えない、頭モジャモジャのちょっと小太りの男に。 鳥みたいなキスをするんですよ、なんだこの明るいかわいさは!
 この現実離れ感というか浮遊感。 自分だけに見せる別の顔、とかいうのに、弱いんですよ世の男は。

 女性の視聴者側からしても、ムロの持つフツーさというのには安心感が生じるだろうし、リアクションの楽しさにも好感を持つだろう。
 つまり、現実にはなかなかあり得ないだろうけれど、そんななかにちょっとだけあるリアルに、視聴者が惹かれる要素が詰まっている。
 そこに、毎回タイトルバックにあるように、記憶の象徴である砂がこぼれていく悲劇が潜んでいる。 その切なさに、見る側は胸を痛めるのだ。

 「好きになったらしょーがない」。 戸田は確かこんな風なセリフを言っていたと思うが、いや、このセリフには共感する。 好きになるのに、美男美女であるとかカンケーないですから。

 物語は、戸田が恋に落ちたのとアルツハイマーを発症したのがほぼ同時だったため、かねてからの松岡昌宏との縁談がなんの後腐れもなく解消した。 そこで大きな問題とならなかったのはドラマ的には面白くなかったがまあめでたしめでたし、しかも松岡は若年性アルツハイマーの権威だし、渡りに船だ、言うことないじゃん彼に治療してもらえば、

 …となるはずだった。 が、ドラマはそう単純に物事を運ばせない。

 お互いに事務的な結婚関係なんて醒めたことを考えていた松岡だったのだが、その後に親が用意した縁談とか戸田の検査だケアだのをやってるうちに、なんか戸田のことが本格的に好きになっちゃったみたいなのだ。

 しかしここで、大石静氏は松岡をあまり得体の知れないパラノイア的人物に描こうとしない。 松岡は普通に悩み、普通に自分の恋を戸田に打ち明ける。 ここにも好感が持てる。 ここで松岡が冬彦さんみたいになってしまっては、ドラマのリアルが吹き飛ぶからだ。 もちろん吹き飛ばさせる、という方法もあるが、このドラマはあくまで常識的に進行していくのだ。

 ところが第4回の終わり際、ムロは突然戸田に別れを切り出す。 たぶんムロは、戸田が松岡と付き合ったほうが治療のためにはいい、と思ったのだろう。 そこらへんのムロの心の動きが少し雑に描かれていたのは残念だが(つまりトートツに見えた)、来週以降どう回収されるのかが逆に気になってきた。 前回もそうだったが、終了間際にガツンとショックを与えさせて視聴者の興味をつなぐ、というのはうまいもんだ、と思う。

 大石氏の 「受けるドラマはこうやって作るのよ」 という方法論が分かって、脚本家を目指す人には大いに参考になるドラマなのであろう(笑)。

|

« 秋ドラマ感想②「獣になれない私たち」 | トップページ | 「西郷どん」 11月11日放送分まで見て »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウさん、こんばんは。FULUで見てるくせに
最新回まで見てる、おもしろいよねー、これ。
戸田。ムロ。松岡、みんなに感情移入できる。
確かにムロが別れを告げたのは「えっ」だったけど
次回の予告で結婚してたからよしよし、と。
この男気が試されるようなナサソデアリソな話
大好き。実際当事者ならきついけど、ドラマとして
戸田にはムロといっぱい愛し合って
ムロと松岡は二人で支えてあげてほしいな。

投稿: ドラマ大すきおやじいつの間にか52才 | 2018年11月 6日 (火) 22時05分

ドラマ大すきおやじ 様
コメント下さり、ありがとうございます。 あれ、やっぱり52才だな(笑)。 私の記憶違いでしたか、失礼いたしました。

今の世の中、夫と妻はひとりずつでなくてはならない、というルールがありますが、この大常識というのは果たして頑丈に動かないモラルなのかな、と思うときがございます。
この大常識を支えているのは、もしかすると凝り固まった独占欲と、経済的要因だけなのではないか、という。

独占欲に関しては、女性より男性のほうが強いように思われる。 男性は女性に対してとても愛情が深くて、生まれ変わってもまた巡り会いたいとか結婚したいとか思う傾向が強いですが、女性はあまり拘ってないパターンが多い。

つまり恋愛というのは常に男性からの一方的な思いで成り立っている(悲劇…笑)。

だったらおやじ様のおっしゃるように、松岡もムロも一緒にナオを支えればよい、と私も思うんですよ。 男にとってはキツいシチュエーションですが、女性は幸せだと思うなあ。

アンモラルな話でスミマセン。

投稿: リウ | 2018年11月 7日 (水) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/67342881

この記事へのトラックバック一覧です: 秋ドラマ感想③「大恋愛~僕を忘れる君と」:

« 秋ドラマ感想②「獣になれない私たち」 | トップページ | 「西郷どん」 11月11日放送分まで見て »